9392862 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シニアのためのデジタル活用術 アンクル・トム

PR

全124件 (124件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

NetBook・Android

2012年09月26日
XML
カテゴリ:NetBook・Android
「これより良いものがあるだろうか」――来日した米Google会長のエリック・シュミット氏は9月25日、Androidタブレット「Nexus 7」の発売にあわせて都内で記者会見し、Nexus 7とAndroidエコシステムの優位性をアピールした。

シュミット氏は、日本のスマートフォン普及率が20%に上っていると指摘。スマートフォンを通じて多くの人がネットにつながることで、未来が変わると語る。「テクノロジーで生活が変わり、国や地球が変わろうとしている。最先端を行く日本では、多くの人が、新しいコネクティビティの世界に入ろうとしている」

Androidの強みは「オープン性」、「競合よりはるかに速く成長」――Googleシュミット会長が来日

  • l_yuo_nexus_01-s.jpg


日本製品も例にあげながら、コンシューマー向けハード・ソフトの進化を語る。「第1ステージはウォークマンの時代。音楽がパーソナルになり、ビデオデッキによって自宅が映画館になったが、操作が難しかった。第二フェーズはテープやCD、MP3などソフトの変化。操作が簡単になった。今、第三フェーズ、ネットワークとプラットフォームの時代に入ろうとしている」

モバイル機のOSで重要な地位を占めるのがAndroidだ。初のAndroidデバイスが2008年に登場して以来、Androidのエコシステムは「予測もしなかった成長を遂げている」という。「毎日130万台のデバイスが新規登録されており、累計ユーザーは5億以上。これは競合よりはるかに大きい規模だ。われわれは競合よりはるかに早く拡大・成長している」とシュミット氏はアピールする。






最終更新日  2012年09月26日 07時16分48秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年09月25日
カテゴリ:NetBook・Android
米Googleが9月25日、日本のGoogle Playでオリジナルタブレット「Nexus 7」を発売した。価格は16Gバイトモデルが1万9800円。

Nexus 7は、Googleが6月に米国、カナダ、イギリス、オーストラリアで発売した7インチのAndroidタブレット。

Google、日本でオリジナルタブレット「Nexus 7」を販売 1万9800円で



AndroidのバージョンはAndroid 4.1(コードネーム:Jelly Bean)だ。台湾ASUSが製造パートナー。7インチで1280×800ピクセル表示のIPS液晶ディスプレイ(216ppi)とクアッドコアTegra 3/12コアGPU、1Gバイトメモリを搭載。120万画素フロントカメラ、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth、NFC、micro USBポート、ジャイロセンサー、加速度センサー、GPS、マイクを備える。サイズは198.5×120×10.45ミリ、重さ340グラム。

米国での販売価格は、8Gバイトが199ドル、16Gバイトが249ドルだ。

Google Playで同端末を購入すると、期間限定でGoogle Playでの2000円分のコンテンツ購入が無料になる。







最終更新日  2012年09月25日 18時40分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月20日
カテゴリ:NetBook・Android
東京国立博物館と電通国際情報サービス(ISID)、クウジットは19日、位置情報などのIT技術の活用により東京国立博物館における鑑賞体験をより深めることを目的に、「トーハクなび共同研究プロジェクト」を発足。同日、Androidスマートフォン向け博物館ガイド「トーハクなび」アプリを無料で一般公開した。

「トーハクなび共同研究プロジェクト」は、東京国立博物館の監修のもと、様々なユビキタス関連技術を活用して未来の街づくりに向けた実証実験に取り組むISIDと、独自のAR技術や位置推定技術を用いたサービスを展開するクウジットが協力し、先端のIT技術を活用することで、来館者へのより一層豊かな鑑賞体験の提供を目指すプロジェクト。


IT活用で鑑賞体験を深める、アンドロイド向け博物館ガイド「トーハクなび」アプリ

  • s-192899.jpg


プロジェクト期間は2013年3月末までの1年間を予定しており、「トーハクなび」アプリを通じて、先端のIT技術を身近に体験しながら展示品の鑑賞を楽しめる機能を順次提供していくとしている。

「トーハクなび」アプリは、昨年1月から4月の間、東京国立博物館にて貸出サービスとして実施した位置連動型博物館ガイド『とーはくナビ』がベースとなったアプリ。博物館の総合文化展を巡る5つの見学コースを収録しており、来館者は滞在予定時間や興味に合わせてコースの選択が可能。見学コースは、「建物めぐりコース(30分)」、「日本美術入門コース(30分)」、「日本美術の流れコース(45分)」、「スペシャルコンテンツコース(45分)」、「法隆寺宝物館鑑賞コース(30分)」。これらコースのうち「日本美術入門コース」、「日本美術の流れコース」では、来館者の位置に応じて自動的にガイドが再生される。

初回配布版には館内回遊を促す施策としてスタンプラリー機能を搭載、館内指定の3箇所をまわると自動的にデジタルスタンプが取得され、全て集めると、「トーハクなび」オリジナルのノベルティ(同館所蔵の風神雷神図屏風をモチーフとした缶バッジ)がプレゼントされる仕組みになっている。






最終更新日  2012年04月20日 13時03分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月30日
カテゴリ:NetBook・Android
アルクの子会社、アルクネットワークスは2012年1月23日、同社の運営する語学学習/情報サイト「SPACE ALC」を Android 端末に対応させた。これにより、Android スマートフォンでも「英辞郎 on the WEB」が閲覧可能になった。利用料は無料。

これまでは、iPhone 向けに「英辞郎 on the WEB for iPhone」があったが、Android 端末には非対応だった。


語学サイト「SPACE ALC」「英辞郎 on the WEB」、Android で閲覧可能に

ALC

SPACE ALC は、語学学習情報を提供するアルクのポータルサイト。英語をはじめ日本語、中国語、韓国語の学習情報や、語学教師、翻訳/通訳者、受験生に向けた情報を発信している。「英辞郎 on the WEB」などのデータベースや英会話表現、TOEIC テスト対策問題なども掲載されている。







最終更新日  2012年01月30日 07時43分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月09日
カテゴリ:NetBook・Android
BIGLOBEは8日より、スーパーデフォルメ(SD)化されたアニメキャラクターなどを、待ち受けキャラクターとして設定できるスマートフォン向けアプリ「スマキャラコレクション」を、Android搭載端末向けに提供する。

第1弾として、「とある魔術の禁書目録」の“インデックスたん”を提供し、今後は、新作アニメを中心にキャラクターを追加していく予定。


BIGLOBE、Android向け待受アプリ「スマキャラコレクション」を提供開始

biglobe


「スマキャラコレクション」は、2~4頭身程度にSD化された人気アニメキャラクターが、端末のホーム画面上を動き回る待ち受けアプリで、Androidのライブ壁紙機能を利用して提供されるもの。キャラクターは、利用者がキャラクターをタップした時、端末の電池残量が減少した時、利用者が端末を充電している時、端末の電波状況が悪化した時に、怒る、ご飯を食べるなど、キャラクターならではの異なるアクションをする。また、他アプリ起動時にも、一定の間隔でキャラクターが画面上を横切ったりするアピールモードも提供される。

1キャラクター350円で提供し、アプリ内にコレクションできるキャラクター数に制限はない。また、アプリには無料で利用できるキャラクターとして、アニメ「ゆとりちゃん」から「田中ゆとり」(無料版)がプリセットされている。






最終更新日  2011年12月09日 07時52分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月08日
カテゴリ:NetBook・Android
米Googleは12月6日(現地時間)、同社のモバイルアプリストア「Android Market」からのアプリダウンロード本数が12月第1週の週末に100億本を超えたと発表した。


GoogleのAndroid Marketからのダウンロードが100億本突破 人気アプリを10円で販売

android


Android Marketは2008年10月に、初のAndroid端末「G1」の発売に合わせてオープンした。スタート当時の公開アプリ数は約50本。ダウンロード数は2010年7月にようやく10億本を超え、その後は2011年3月に30億本、7月に60億本と順調に伸びた。

Googleは100億本(10 billion)突破を記念して、同日から10日間、日替わりで10本の人気有料アプリを10セント(日本では10円)で販売する。






最終更新日  2011年12月08日 01時27分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年11月17日
カテゴリ:NetBook・Android
米調査会社Gartnerは11月15日(現地時間)、第3四半期(7~9月期)の世界携帯電話市場に関する調査結果を発表した。スマートフォンの販売台数が前年同期比で42%伸び、携帯電話市場に占める割合は前期より1ポイント拡大し、26%になった。

携帯電話の販売台数は前年同期比5.6%増の4億4050万台。販売台数シェアをメーカー別でみると、トップ4社は前期と変わらずフィンランドのNokia(23.9%)、韓国のSamsung(17.8%)、韓国のLG Electronics(4.8%)、米Apple(3.9%)で、前期にカナダのResearch In Motionと並ぶ5位に立った中国のZTEがRIMを抜いて単独の5位(3.2%)になった。

GoogleのAndroid、世界スマートフォン市場でシェア過半に――Gartner調べ

android

Nokiaは、デュアルSIM端末や新興国市場での好調により、前期から1.1ポイントシェアを回復した。同社は11月16日に欧州の一部で米MicrosoftのWindows Phone搭載端末「Lumia 800」を発売しており、第4四半期(10~12月期)にはさらにシェアを回復できるとGartnerはみている。

スマートフォンのOS別販売台数では、首位の米GoogleのAndroidがシェアを前期より9.1ポイント伸ばし、ついに50%を超えた(52.5%)。上位6者の順位は前期と変わらないが、2位のSymbianと3位のiOSの差がわずか1.9ポイントに縮まっており、「iPhone 4S」が発売された第4四半期にはiOSがSymbianを抜くのはほぼ確実とみられる。韓国SamsungのモバイルOS「bada」は前期から0.3ポイント増、Microsoft(Windows MobileおよびWindows Phone)は前期から0.1ポイント減だった。






最終更新日  2011年11月17日 07時00分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年11月16日
カテゴリ:NetBook・Android
パナソニックは11月15日、耐衝撃/対水設計を採用したAndroid搭載タブレット端末「TOUGHPAD(タフパッド)」を発表、11月16日より受注を開始する(発売時期は2012年5月予定)。標準モデルの「FZ-A1BDAAZAJ」と3G通信モジュール搭載モデルの「FZ-A1BDAAEAJ」の2タイプを用意、価格はともにオープンだ。

同社製の堅牢ノートPC「TOUGHBOOK」シリーズの技術力をベースとした企業向けのAndroid端末で、防塵/防滴/対振動性に優れた堅牢設計となっているのが特徴だ。液晶パネルは1024×768ドット表示対応の10.1型タッチパネル液晶を搭載、屋外でも高い視認性を得られる高輝度仕様となっている。


パナソニック、10時間駆動/堅牢設計のAndroidタブレット端末「TOUGHPAD」

TOUGHPAD


OSはAndroid 3.2を導入、メモリは1Gバイト、ストレージは16Gバイトフラッシュメモリを内蔵。ほかIEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、GPS、Webカメラ(計2基)などを備えるほか、暗号鍵の改ざん/漏えいを防止するセキュリティプロセッサを標準搭載した。

バッテリー駆動時間は約10時間。本体サイズは266.3(幅)×212(奥行き)×17(高さ)ミリ、重量は約0.97キロ(デジタイザーペンを除く)。






最終更新日  2011年11月16日 08時02分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月31日
カテゴリ:NetBook・Android
XOOMを採用したKDDIがiPhone 4Sを取り扱い、ほどなくMotorola自身がGoogleに買収されることが決まるなど、逆風が大きすぎました。


米Motorola Mobilityは10月27日(現地時間)、第3四半期(7~9月期)の決算を発表した。この発表で、同社が2月に発売したAndroid搭載タブレット「XOOM」の同四半期中の出荷台数が、わずか10万台であったことが明らかになった。第2四半期の出荷台数は44万台だった。

一方、米Appleの同四半期中のiPadの販売台数は1707万台だった。なお、カナダのReseach In Motion(RIM)のAndroid搭載タブレット「PlayBook」は6~8月期に約20万台出荷されている。


Motorola、タブレット「XOOM」の7~9月期の出荷台数は10万台


Motorola XOOM MZ600 【アンドロイド 3.0を搭載】モトローラー ズーム

また、米Amazon.comは、ホリデーシーズンに発売する予定のAndroidタブレット「Kindle Fire」への予約が予想以上になっており、予定より数百万台増産すると発表している。

Motorolaの同四半期の売上高は前年同期比11%増の33億ドルで、純損失は3200万ドル(1株当たり11セント)。前年同期の純損失は3400万ドルだった。同社は米Googleによる買収に合意しており、買収手続きは2011年末から2012年初頭に完了する見込みだ。






最終更新日  2011年10月31日 07時28分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月30日
カテゴリ:NetBook・Android
ニフティが10月27日、テレビ番組表Androidアプリ「みるぞう」をリリースした。価格は無料。

みるぞうでは、Twitterと連動した「盛り上がり度」に応じて番組表が色分け表示され、注目の番組が一目で分かる。色分けは4段階となっている。


Twitterと連動して盛り上がっているテレビ番組を表示――「みるぞう」

miruzou


「番組タイムライン」機能では、同じ番組を見ているユーザーのツイートを見ることが可能。自動で更新・スクロールされるため、番組視聴時に操作を必要としない。ツイートの量に応じて速さが変化したり、視聴中は他のユーザーが付けたハッシュタグを追加したりできる。「ツイート投稿画面」では、視聴中の番組に対するツイートが投稿可能だ。

現在は関東地方1都6県のテレビ局を対象としているが、2012年春には全国への対応を目指し、同時期にiOSアプリもリリースする予定。番組表は地上波と、WOWOWやスター・チャンネルを除いたBSに対応。

動作環境はAndroid OS 2.2以上。10月24日時点で「GALAXY S SC-02B」「GALAXY S II SC-02C」「Xperia acro IS11S」「HTC EVO WiMAX ISW11HT」で動作確認されている。







最終更新日  2011年10月30日 12時22分25秒
コメント(0) | コメントを書く

全124件 (124件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.