2019年11月05日

イオンモバイルがシニア向けサービス&スマホを提供 ターゲット特化で大手キャリアに対抗

カテゴリ:モバイル通信
すこし前にイオンモバイルからシニア向けの携帯電話料金プランが発表されました。

月額1,980円は一見すると楽天モバイルやYモバイル(キャンペーン終了後料金)より約1,000円安く使えます。実はこの料金プランは通常の音声SIM 6GBプランと同じ料金なので、殆ど電話をかけない人は通常プランの方がお得だと思います。このプランは要するに10分間以内の電話で会えば何度かけても月額850円でいいよ、というプランなのです。

楽天モバイルは最初から10分間かけ放題プランが付いていて月額2,980円(データ通信2GB/翌月繰越しあり)なので、同じ使い方なら料金もそう変わらないということになります。

イオンモバイルがシニア向けサービス&スマホを提供 ターゲット特化で大手キャリアに対抗





イオンモバイルは、イオンへの来客者の世代がシニア層が多いことに着目してプランを設計したということです。シニア層はまだまだ音声電話が中心でLINE利用者は少ない、ということなんですかね。
利用者のセグメントにあわせてプランが選択できるのはいいことだと思います。
楽天モバイルも、10分間かけ放題を外してその分月額を安くするプランを作ってほしいです。







TWITTER

最終更新日  2019年11月05日 18時11分51秒
コメント(0) | コメントを書く