546561 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

uniawabioyoyoの前立腺がん日記

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


uniawabioyoyo

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

uniawabioyoyo@ Re:シニア六法(2) 交通事故を起こしてしまった(09/24) 衰えているのは、目だけではありません。 …
ていえいも@ Re:シニア六法(2) 交通事故を起こしてしまった(09/24) 高齢者は先ず目の機能が衰えますので、咄…
ていえいも@ Re:目立つ家庭内感染・八戸市(09/11) 子供の感染は身につまされますね。可哀想…
ていえいも@ Re:年老いた知り合いの現状(09/07) 身につまされますね。 実は私も昨年暮れく…
ていえいも@ Re:新規感染56人、八戸でクラスター/青森県内(09/06) 青森県もジワジワ感染者が増えております…

フリーページ

ニューストピックス

2021.08.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
KYODOの記事の転載です。

慶応大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の曽我朋義教授らは3日までに、

唾液による大腸がん検査について、多くの人から採取した検体を一度に測定する技術を開発したと発表した。

精度も高い上、検査に要する時間が大幅に減り、手軽ながん診断へ期待がかかる。成果は国際的な分析化学誌電子版に掲載された。

大腸がんなどの患者の唾液や尿からは、一般の人に比べ高濃度のポリアミンと呼ばれる成分が検出される。

唾液中のポリアミン濃度からがんのリスクや有無を調べる方法は近年普及が進んでいる。

従来は1検体ずつ10分以上かけて調べたが、新たな技術では40検体をまとめて40分で測定できる。






最終更新日  2021.08.04 07:52:49
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.