544869 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

uniawabioyoyoの前立腺がん日記

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


uniawabioyoyo

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

uniawabioyoyo@ Re:シニア六法(2) 交通事故を起こしてしまった(09/24) 衰えているのは、目だけではありません。 …
ていえいも@ Re:シニア六法(2) 交通事故を起こしてしまった(09/24) 高齢者は先ず目の機能が衰えますので、咄…
ていえいも@ Re:目立つ家庭内感染・八戸市(09/11) 子供の感染は身につまされますね。可哀想…
ていえいも@ Re:年老いた知り合いの現状(09/07) 身につまされますね。 実は私も昨年暮れく…
ていえいも@ Re:新規感染56人、八戸でクラスター/青森県内(09/06) 青森県もジワジワ感染者が増えております…

フリーページ

ニューストピックス

2021.08.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
*  二人目の女性は、進行した膵臓がんを患うKさんです。9回目の診察です。次男も同席しました。

  この日は、がんの告知を受けた時の振り返りから始めました。

清  ワークシートを見ながら、『膵臓がんて診断を受けられたんですけど、「とても冷静だった」と』

K  『そうですね。何もしなければ半年。抗がん剤をやっても1年と言われて、「どっちにしても1年なんですね」と、投げやりな感じで、主治医の先生に言ったのを覚えています。

  余命のこととか、どうしようとか、涙も流さなかった』

清  『強い自分を、崩しちゃいけないって』

K   『そうですね』

清  『ずっと、こう、押し込めていった・・・』

K  『そうです、そうです。みんなの前で、弱い自分を見せられないっていう感覚だったのかな』

*  Kさんは仕事をしながら、3人の息子を育ててきました。息子さんたちは皆、少年野球から高校の部活動まで野球一色。

  一身に子供たちを支えてきたKさんの夢は、息子たちの結婚式に出て、また、孫を抱くことでした。

K  『何か「幸せにならなければいけない」とか、「何かをしなくちゃいけない」とか、「(家族を)支えなくてはいけない」っていう思いが強くて・・・』

 ~~文字が出る~~ ”強い母親”にとらわれていた ~~

~~ 清水さんが、診察室ではないところで、カメラに向かって言います。 ~~

  『Kさんは強い自分であろうという一方で、すごく悲しいとか、怖いとか、悔しいとか、そういう感情を、最初はあまり出されなかったんですね。

  「どういうお気持ちなんですか」っていうふうに聞いたら、ちゃんと悲しいっていう感情が出てきて、あぁ「泣けてよかったんですね」っていう事が、カウンセリングの場では起きたんです。

  それを、せっかくですから、ご家族ともそういう話をしたらいいんじゃないかっていう事で、徐々に家族に、自分の本当の気持ちを出すっていう事を、されていったんだと思います。

~~ 診察室の場面に戻ります。 ~~

K  『ちょとずつ、ちょっとずつ、会話が出来るようになって・・・。うーーん、本当に考えられない1年、私が発病する前だったら。 

  今だと、ご飯の後にちょっと話したり。それも普通の会話じゃなくて、突っ込んだ会話をしたり。私の病気のことも聞いて来るので、三男とかも。そこで、説明したりしますね』

*  カウンセリングを重ねることによって、家族の関係性が変わったといいます。

K  『何か今は「支えなくても大丈夫じゃん」って思えるようになった。それは多分、会話をしているおかげっていうのも、あるかもしれない』

清  『こうあるべきって形よりも・・・』

K  『今』

清  『自分がやりたいように』

K  『そうですね』

清  『そうやっても大丈夫なんだって・・』

K  『うん、そうですね。安心できるようにしてくれた、息子たちも』

清  『すごく、自分も、周りの人も、信頼できるようになたんですね』

K  『あっ、そうです。私、信頼していなかったのかな?自分だけ頑張れば、回るっていうか・・・。「自分が頑張らないといけない」っていう感情が強かったんですけど、

  別に、自分が頑張らなくても、周りの人が助けてくれる』

*  強いお母さんであることから解放された時、Kさんの「したい」の中身も、変わっていきました。

K  『ついこの間、息子と話して、「私、別に、もう孫が見られなくても、結婚式に出なくてもいいよ」って。

  目的はそこじゃなくて、息子たち3人が頑張ってくれて、生きてるっていうのを見せてくれれば、十分かなって。考えが変わってきたんです。』

*  息子の結婚や孫の誕生は大きな出来事。幸せな家族であらねばという「ねばならない」の表れだと気付いた。

清  『今は、病気になった事を、どう思っておられますか?』

Kさんのワークシート:『良かったと思える時がある。ヒトはいつか、誰でも死ななければならないので、そんな事を考えていなかった私に、

  ”もうすぐ死ぬんだよ”と伝えてくれて、その間の猶予を与えてくれたのかと思っている。』

K  『変な言い方だけど、いい1年間。いろんなことがあり過ぎたけど。本当に、貴重な時間をプレゼントしてもらったって思っています』

 ~~ 画面に文字が出る。~~

 ~ Kさんのレジリエンス外来は、今回で終了。9回でした。今だからこそ、叶えてみたい「したい」をすることが出来ました。家族との温泉旅行です。Kさんご家族の、記念写真付きでした。 ~

次回の(4)、最終回に続きます。






最終更新日  2021.08.04 08:00:25
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.