586146 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

uniawabioyoyoの前立腺がん日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


uniawabioyoyo

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

作業員の知人@ Re:カマド排煙部から大刀出土/八戸・法霊林遺跡(10/14) これから、また八戸で発掘作業のお仕事に…
青森・匿名希望@ Re:カマド排煙部から大刀出土/八戸・法霊林遺跡(10/14) ちなみに、そのベテラン作業員の名前は、…
豆腐の水切り@ Re:「豆腐の水切り」簡単に手間なくできるやり方(12/08) 豆腐の水切りについては、 0896240183 を…
uniawabioyoyo@ Re:シニア六法(2) 交通事故を起こしてしまった(09/24) 衰えているのは、目だけではありません。 …
ていえいも@ Re:シニア六法(2) 交通事故を起こしてしまった(09/24) 高齢者は先ず目の機能が衰えますので、咄…

フリーページ

ニューストピックス

2021.11.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
食べ終わると、マリアさんが厨房から出て来ました。青唐辛子を追加注文した人物に、興味を持ったようでした。

マリア「辛いのが好きか?」
私  「大好きです」
マリア「どうだった?」
私  「少し辛かったけれども、物足りなかった。尾形の南蛮漬けの方が辛くて、より好きです」
マリア「尾形さんのは辛い・・・」
私  「本で読みました。あなたはマリアさんです。お子さんは、5年前に来ました。(慌てた
    ので、いい間違いました」
マリア「5年前ではなく、5歳の時です」

 日本語が正確で、私の誤りを訂正してくれました。日本語が上手いマリアさんへの返礼のつもりで、スペイン語で語ろうとしましたが、会話が出来ません。スペイン語が全く出て来ないのです。

ここで、私とスペイン語の係わりを少し話しておきます。

南米旅行8ヵ月を計画しました。そのために、NHK第2放送のスペイン語講座初級編を、半年間勉強しました。

NHK第2放送の初級語学講座は、半年で一応、初歩の全てを網羅するようになっています。この頃は、昔と違ってCDが発売されていましたので、購入するために1500円*6か月分を出費しました。

言葉の勉強に、毎月300円台のNHKの教科書を払う以外に、お金を払うのは初めてでした。繰り返すのが大切なのは知っていました。

CDを購入したという事実から、私のスペイン語の学習に対する覚悟を想像してみて下さい。

ちょうど6か月の勉強が終わったところで、職業訓練所で「住宅建築施工課」の講習を受けることになりました。失業保険を、より長くもらうためです。

勤めが終了しましたので、日曜大工でも学べれば、という軽い気持ちで応募したのですが、これが三畳間の家を作るという、本格的なものでした。

座学でも設計図を描くソフトを2つ学び、更に、立体的な絵を描くソフトも学びました。家に帰っても、勉強をしなければ、付いて行けない状況でした。

先生も、地元の方だけでなく、大阪府の摂南、九州の飯塚、北九州からもいらしていました。スーパーホテルに泊まりながら、1カ月づつ、教えて頂きました。

職業訓練所で真面目に勉強した6か月後、修了証書を頂き、いよいよ南米に行く時が来ました。10日ほど余裕がありましたので、スペイン語の復習をしようとしました。

ところがです。教科書を再読すると、何も覚えていない事を知りました。1から10までも数える事が出来ませんでした。「はい」も忘れていました。

慌てて、南米には、NHKの教科書を持って行きました。ところがこれを勉強することはありませんでした。

役に立ったのは、「旅行のための6ヵ国語」という本でした。この本は、旅行に関しては、実用的な文章が載っていました。

これらを振り返ると、旅行をするだけの場合では、現在放送されている、NHKテレビの語学講座を勉強した方が、役に立ったのではないかと思います。

2021年、今年のNHKテレビ語学講座は「旅する・・・何々語」となっています。

ラジオ講座は、体系的に教わるのにはよろしいのですが、進行が早く、付いて行くのが大変です。その点、テレビ講座は簡単です。旅行にはテレビで勉強する方が向いています。

さて、スペイン語を全く忘れた状態で、南米に行かざるを得ませんでした。

現地では日系人とのお付き合いが中心でしたが、その他では、どうしてもスペイン語を話さなければなりませんでした。

実地の勉強をさしてもらいました。その結果、スペイン語は、少し話せるようになりました。

この勢いを持続したまま、「VIVA LA  VIDO」行きました。そこでは、スペイン語を全く思い出せなく、悲しい思いをしたことは、は既に話しました。

何とかしようと、1~0までを話しました。ところが、数字の順序が間違っており、マリアさんに、またもや指摘されました。

そこで、知っている文章を話しました。「私は○○歳です」『この都市の地図をもらえますか?」

これで、マリアさんは感動し、周りにいる人たちは、私がスペイン語を流暢に話すと誤解したようでした。皆が、私の周りのに集まって来ました。現実と違うので、困惑しました。

マリアさんには、意図はしていませんでしたが、良い印象を与えたのではないかと思います。次回訪れる時には、スペイン語を、もっと勉強しておくことが必要だと、思いました。

店を出ると、雨が降っていました。そこで話しかけてもらったのが、南部町に住む、妙齢の女性でした。

旧名川町の鳥谷に住む女性で、お母さんの介護のために、五戸に通っていとのることでした。その帰りに、頻繁に「VIVA DE  VIDA]に寄ているのだそうです。

鳥谷は旧名川町の南部にあり、岩手県の金田一と接しています。五戸に通うのは大変でしょう。

五戸駅まで、送ってもらいました。雨が降っていたので、ありがったかったです。八戸に戻ると、本降りになっていました。天気予報通りでした。午前中、雨に当たらなかったのが幸運でした。

音水小屋宿泊の報告はここまでです。お付き合いいただき、ありがとうございました。






最終更新日  2021.11.26 10:13:40
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.