229286 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お氣楽極楽日記

スーパークロス!

アメリカで始まったこのモータースポーツは、野球場などに土を持ち込み特設コースを作り上げ、そこでレースをするというもの。

コース設定はトリッキーで小さなターンの後すぐにジャンプが現れてみたり、ジャンプをすれば高さ7~8メートル、距離20メートル(ぐらいだっけ?)を一っ飛び!

はじめて見た時のインパクトといったら・・・
しかも、選手の名前もろくに知らなかったけど、決勝では当時王者と言われていたホンダのエース「リック・ジョンソン」と、ヤマハの秘蔵っ子「デイモン・ブラッドショー」との一騎打ち(笑)

すっかりはまってしまった!
ずいぶん古い話だけど、自分の人生を変える(?)には十分なインパクトとを持っていた!

いきなりモトクロスといっても、マシン・トランスポーターなど、用意しなければならないものも多く、いきなりはムリ・・・
そこで、ショップでモトクロスをやっている人に練習に連れていってもらうことにして、競技用のバイク(モトクロッサー)もかなり古いモノを借りた。

最初はコース脇の広場で遊んでいたけど、そのうち
「コース行ってみようか~」
と誘われ、おそるおそるコースイン!

ところが、ジャンプも急な下り坂も何となくこなせてしまい、病みつきに(笑)
それからピッカピカのセローは、ほどなくしてキズだらけになり、モトクロスの世界に入っていくのだった・・・


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.