227043 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お氣楽極楽日記

翌シーズンのために・・・

翌年は125/250CCのダブルエントリーすることにした。

そのために体力トレーニング、スキルトレーニングももう少し本格的にすることにして、、その手始めにライディングスクールに参加することにした。

今も続いていると思うけど、全日本選手権9回チャンピオンに輝いた東福寺保雄選手(当時は既に監督さん)が開催していた「東福寺スーパーライディングスクール」だ!(今はスクールの名前がかわっているかな??)
それは富士山の麓、御殿場の特設コースで開催されていた。

当時はスーパークロス全盛期ということもあり、ジャンプセクションはまるで壁みたいで、しかもそれがいくつも連続してる(!)

こんな所を走るの?飛ぶの??大丈夫なのか~

というのが第一印象・・・しかしそれこそ一番知りたいことだったんだ!

そしてそこでのトレーニングは、これまでの走り方に抱いていたイメージを根本から覆されることになる・・・

1 根性だけでは本当に速く安全に走れない
2 怖い時にはムリをしない
3 コーナリングの誤解
4 同じ事を何回でもできること
5 環境が人をつくる

といったところだろうか?
随分昔のことだからね(笑)


1と2は関連しているけど、単に勢いや恐いことを我慢していても良いことは何もない。仮にブレーキを我慢してコーナーの進入でリードしていたとしても、その後の加速区間で遅れてしまってはどうしようもない・・・
このようなライン取りや、加速重視の走りの組み立てにしても安全に、かつ速く“強い”選手になるには必要なことのようだ。

それだけに“恐い”感覚から目を背けてはいけない・・・その感覚こそ大切にしなければならない感覚なのだ。 その感覚は、何か誤りがある時のセンサーになる。

それを感じる時には、その原因を探り出して進めば更に上のステージに進むことができるそうだ。地道なトレーニングも必要だけどね(笑)





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.