227024 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お氣楽極楽日記

失意のどん底・・・

緊急手術を受けるようになったのは、そのあまりの痛みに耐えられなくなったから・・・

よくよく見ると、足の形をしていない(!)
変な形になっていて、緊急手術をお願いしたのだった。

点滴の麻酔で眠りに落ちる・・・
全身麻酔はこのとき初めてだったけど、まさに落ちていく感じで意識が遠のいていくけど、、遠くで人が話している声が聞こえる。。

医師A「一体どうしたもんかなぁ」
医師B「どうしようもないでしょ・・これは」
医師A「とりあえず引っ張ってみるか?」
医師B「じゃあ、そっち押えて・・・」

「うぎゃ~~~~」

と、遠くで叫び声が聞こえる・・・どうも自分の声みたいだ・・・

その声が止んで少ししたら意識が戻った。

医師A「引っ張ってみたけど、ダメみたいだね。」
   「これ以上となると手術になるよ、いい?」

私「少しでも楽にしてほしいんです、手術でもなんでも、、もう耐えられん」

医師A「じゃあ、用意するから待っててね」

ほどなくして手術が始まる。
そして終了して病室へ、しかし夜になって麻酔が切れ始めると激痛に苦しむ事になった。

処置は終わってるのになぜ??
あまりの激痛に痛み止めの座薬も効かず・・・結局ある注射を打つ事になった。

看護士「この薬が効かなかったら、痛くても我慢してね・・・」

といったのもつかの間、打った瞬間に身体が ぱぁ~っと温かくなり 意識が飛んだ・・・

そして朝を迎える。


その後、実家近くのかかり付けの病院に転院したが、早々に再手術。
そうとう状態が悪かったらしい・・・

しかし、その手術で骨格の整復も終わったため痛みはかなり和らいだ。
お陰でその日の夜は手術の痛みも少なくよく眠れた。

その後キズの状態を聞いて息をのんだ

「まともに歩けなくなるかもしれないよ、状態は君の思っているほど軽いものではない」

と言われたからだ。

  そのとき、自分の中の“なにか”が切れた・・・







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.