274612 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

JE4QGF Blog

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

2017.11.05
XML
カテゴリ:コンテスト
先週のA1コンテストに続いて、縦ぶり電鍵でのコンテスト、CW王座決定戦、
に参加してきました。

 正午から16時までのスプリントで、しかも7MHzのみのコンテストなので、
移動専門の私には参加しやすくてFBです。

 朝食を済ませてからゆっくり出たつもりでしたが、運用地の呉の
山にダイポールを張り終えたのは10時半ころでした。コンテストまでは
一時間半ほどあったため、あまり出ることのない7MHzのSSBで数局と
QSOして時間をつぶしました。

 正午ころの7MHzは、国内全般が良く聞こえていて、コンディションは
安定しているようでした。呼んで回るべきかCQを出すべきか悩むところですが、
CQを出せそうな隙間があったので、CQから始めることにしました。

 私にとってあまり得手とはいえない縦ぶれ、おっかなびっくりのQSOが
続きました。コールが続くと、ついつい打鍵速度が自分の技量以上に速く
なって、符号が乱れがちになるので、ゆっくり、ゆっくり、と自分に言い聞かせ
ながら運用しました。

 CQの空振りが10分以上続いたら呼びに回ろう、とおもいながらCQを
続けていました。次のCQでコールなければ呼びに回ろう、という状況が
何度かありましたが、それでもぎりぎり最後に呼ばれる、ということが続き、
結局三時半くらいまでCQを続けることになりました。

 最後の30分弱はCQの局を呼んで回りましたが、この時間はコンディションが
すでに下り坂に差し掛かっていて、ナンバーのコピーに苦労することが幾度か
ありました。

 丸四時間キーをたたき続けた結果、コンテスト終了から二時間以上経った今も、
腕や肩がなんとなく重いのを感じています。電鍵操作に変な力が入ってしまっている
ものと思われます。修行が足りません。






最終更新日  2017.11.05 18:21:34
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.