000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

UPUPの名馬達の伝説

PR

X

Profile


UP↑UP↑

Favorite Blog

長老コンチキチの『… 長老コンチキチさん
ねぶそくんの競馬ウ… ねぶそくんさん
なまけものぶぶっち… ぶぶっち放牧中さん
ヒラメキ?キラメキ☆… ターボチャージャーさん
馬翁薬師の遊び三昧 馬翁薬師さん

Freepage List

Category

Comments

名無し@ Re:サクラローレル(名馬伝説) ライスシャワーと違いステイヤーとしての…
obasan@ キーストン こどもの頃から、「競馬なんて普通の人が…
海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/gv5tkmw/ 俺…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…

Calendar

Archives

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2006.09.14
XML
カテゴリ:名馬伝説
変則二冠の厳しさをあなたは分かりますか?

真の最強馬を証明しきれなかった馬の無念さが分かりますか?

確かにそのとき大王は降臨した

キングカメハメハ

父:キングマンボ

母:マンファス

キングマンボはいわずと知れた名種牡馬

母マンファスは、キングカメハメハの後もレースパイロットなどを産んでいる。

馬主もいわずと知れた金子氏

期待されてデビューを迎えた

キングカメハメハ

2003年の京都の新馬戦をなんなく勝って見せると

次にエリカ賞へと出走してくる

このエリカ賞は

出世レースとして有名で

過去に勝った馬には

タヤスツヨシ、アドマイヤグルーヴ、アドマイヤベガ

クロフネ、エアダブリンなどがいる

そのレースをこれまた完勝してみせる。

年が明けて2004年

ついに陣営は重賞出走に踏み切る

京成杯である。

しかし、フォーカルポイントの3着に敗れてしまう。

初めての敗北であった。

ちなみにこのレースの4着は

天皇賞春を勝つことになる

スズカマンボである。

なんにせよ

初めての敗北である。

しかし、陣営は気落ちするどころか

よりいっそう積極的にレースに使う。

すみれS

毎日杯と

2連勝

ちなみにすみれSの2着はストラタジェム

この2連勝により

順調に賞金を加算したことにより

陣営は

皐月賞回避を決定!そして

NHKマイル→日本ダービー

の「変則二冠」達成を目指すのであった。


変則二冠

この言葉を聞いてまず思いつくのが

松田国英調教師だ。

この調教師が

「芝でならクロフネよりも良い脚を使う。」

とキングカメハメハのことをたたえていた。

これは

キングカメハメハにとって

最高の賛辞だと言えよう。

ついにNHKマイル

しかしG1はそう簡単には勝てないだろう。

だれもがそう思ったが

それはキングカメハメハにとっては

失礼な言葉だった。

完勝

この一言に尽きるレースだったといえよう。

そして

ついに変則二冠達成なるか!!??

タニノギムレットはダービーを制し

クロフネはNHKマイルを制した。

3度目の正直

その夢を背負いキングカメハメハの

勝負が始まった。

レースは1000mを58秒という

ハイペースから始まった。

そして

前を走っていた馬が疲れたところで

大王の降臨

そこからはただただすごいの一言

アイネスフウジンの作ったダービーレコードを

14年振りに更新したとともに変則二冠を達成

ちなみに2着はハーツクライ

夏の間は休養し

秋は天皇賞秋→JCという王道を歩む予定だった。

復帰緒戦の神戸新聞杯を完勝し

天皇賞秋を2週間後に控えた時

競争馬の宿敵

屈腱炎を発症

これにより引退を余技なくされる。

その年の天皇賞秋・JC・有馬記念という王道は

大王なき戦いであった。

善戦マンであったゼンノロブロイの素質が開花し

そして新王者へと上り詰めた。

まさに出世街道であった。

しかし、その道は王が歩くべき道で

出世街道であってはいけない道である。

ゼンノロブロイが歩いた道を

大王が悠々と歩く姿をぜひ見てみたかった。

ブログランキング
これからも応援お願いします!

あさってか、明日にはナリタトップロードをUPする予定です。






Last updated  2006.09.14 16:29:21
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.