054205 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

UPUPの名馬達の伝説

PR

X

Profile


UP↑UP↑

Favorite Blog

長老コンチキチの『… 長老コンチキチさん
ねぶそくんの競馬ウ… ねぶそくんさん
なまけものぶぶっち… ぶぶっち放牧中さん
ヒラメキ?キラメキ☆… ターボチャージャーさん
馬翁薬師の遊び三昧 馬翁薬師さん

Freepage List

Category

Comments

名無し@ Re:サクラローレル(名馬伝説) ライスシャワーと違いステイヤーとしての…
obasan@ キーストン こどもの頃から、「競馬なんて普通の人が…
海のくまさん@ チン型取られちゃったw http://onaona.mogmog55.net/gv5tkmw/ 俺…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…

Calendar

Archives

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2006.09.20
XML
カテゴリ:名馬伝説
3強によるダービーでの対決

誰もが3強によるデットヒートを期待し待つ。
そこには万全な状態で出走してくる
3強の姿があった・・・・。








皐月賞3着後は日本ダービー直行が決まっていたトップロード

テイエムオペラオーに負けはしたが
やはり恐いのは
アドマイヤベガ

これが渡辺の考えであった。

やはりあの一瞬の切れ味は恐いものがある

テイエムオペラオーに関しては
眼中になく負けただけ
実力はトップロードのほうが上

そう考えていたのである。

実際これはこの時点では間違っていなかったと言って良いだろう。

皐月賞に関して言えば
トップロードは全力で走りきれていない上に
苦手な荒れた馬場

それに比べて力を出し切ったテイエムオペラオー

この差はあまりに大きい。

実力さえ出し切れば
これがトップロード陣営の考えであろう。

テイエムオペラオー
アドマイヤベガ
ナリタトップロード

3頭は共に
皐月賞から日本ダービー直行コースをとる。

いったいどの馬が勝つのか。
ファンもみなが3強の動向に注目していた。

さらに成長の一途をたどるトップロード
貫禄が見えてきたテイエムオペラオー
復調著しいアドマイヤベガ

人気はわれて当然だった。

1番人気は安定しているトップロード
2番人気には体重が戻ったアドマイヤベガ
3番人気にはまだフロック視されていたテイエムオペラオー

この3頭のレースになることはレース前から目に見えていた。

レース直前
1番人気という重圧が渡辺を襲う。
冷静を装っていたが
重圧は相当のものであっただろう。
それは和田も同じである。
この2人の若者が

かたや1番人気で
かたや皐月賞馬で

あの日本ダービーに向かうのだ・・・。

人馬ともに成長させる。

まさにこの2人は発展途上なのだ。
名馬でめぐり合い
大レースに挑み
重圧に耐えながら成長しているのだ。

しかし、アドマイヤベガのジョッキーだけは違った。
そう武豊である。

前年にダービーを制した時に武豊は


「ダービーの勝ち方が分かった気がする。」


こう周りにもらしたという。



レースが始まった。
先頭はこれまた若い幸騎手騎乗の
ワンダーファングが大逃げを目論んだ。

この後ろには岡部騎手騎乗のマルブツタンゴ

かなり縦長の展開
中団につけるのは
テイエムオペラオーとトップロード
トップロードは
テイエムオペラオーの少し後ろで
マークする形になった。

この時渡辺はオペラオーのことで
頭がいっぱいになってしまったのだ。

レース前はあんなにアドマイヤベガに注意していたのに

そのアドマイヤベガは最後方でじっくりと脚をためていた。
弥生賞の時は惜しくも届かなかったが
ダービーでは400mある。

届く

それが武豊の狙いであった。

レースは流れ残り1000mあたりで
前はまだ余力を残している状態であった。

これ以上前に楽をさせていけない。

こういうときに動くのは
マークされる馬の宿命である。
このレースの場合
1番人気はトップロードであったが
事実上レースの鍵はテイエムオペラオーが握っていた。

早めに動いたオペラオー
前を一気に捕まえにいく。
脚が先行していた馬とはまるで違う。
しかし、トップロードはそれを標的に上がっていく。

皐月賞の逆のことをやれれば

渡辺の策は見事にはまった。
オペラオーはあっというまに前の馬全てを捕まえ
先頭に立とうとした瞬間

外からトップロードがやってくる!!

残り100mで見事にオペラオーを差しきる!

その瞬間横にはアドマイヤベガ!!

「ナリタトップロード!ナリタトップロード!先頭はナリタトップロード!
外からアドマイヤ!外からアドマイヤ!ナリタトップロード!
アドマイヤベガ!
アドマイヤだぁ!!!アドマイヤベガです!!
母ベガの2冠達成から6年!またもその息子が輝く一等星に!アドマイヤベガ!!」



忘れていた存在だった。

武豊は虎視眈々と狙っていたのだ。

前2頭は早仕掛けだった。
テイエムオペラオーは前を捕まえるためとはいえ
ナリタトップロードは完全に
オペラオーを標的に上がっていってしまった。

交わしてからの残り100m

粘りに粘ったが

予想外の敵と戦う力は残っていなかった。


またも消えていた存在にゴール直前で勝利を奪われた・・・・。


騎乗ミスなのか・・・。
呆然とする渡辺。

沖師の前で立ちすくむ。

そんな渡辺を見て沖師は一言だけかけた。


「よくやった。実力出し切ったじゃないか。」


こんな師だから。だからこそ
ダービーという称号をあげたかった。

こみ上げてくる悔しさと
自分の未熟さへの怒り

最後の一つ

菊花賞だけはどの馬にも譲れない。

こみ上げてくる気持ちを抑えきれない渡辺がいた・・・・。

ブログランキング







Last updated  2006.09.20 14:20:22
コメント(1) | コメントを書く
[名馬伝説] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


こんにちわ♪   カズキング1031 さん
ナリタトップロードにはダービー獲ってほしかったですね!!
その分菊花賞獲った時は嬉しかったですが。
種牡馬になってからも貴重な血統ですし頑張ってほしいです!!
幸いいい感じですけどねぇ(^^♪ (2006.09.21 13:40:23)


© Rakuten Group, Inc.