011656 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

西子情

PR

プロフィール


rubulo9124

カレンダー

バックナンバー

2022.06
2022.05
2022.04
2022.03
2022.02

カテゴリ

カテゴリ未分類

(41)

美容

(1)

教育

(6)

家居

(0)

健康

(11)

家電

(1)

科技

(2)

饮食

(1)

育儿

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.12.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




糖尿病は、主にインスリンの欠陥やインスリンの生体機能の低下によって引き起こされる代謝性疾患である。 糖尿病は糖質だけに関係しているに違いないと思っている人が多い。 糖質をコントロールしたいのであれば、甘いものを食べるのは控えたほうがよいでしょう。 実は、この考え方は間違っているのです。 糖尿病は一度発症すると、その後の人生に大きな影響を及ぼします。 実は、糖尿病はさまざまな要因が関係しているので低升糖米、単に甘いものを食べないだけではダメなんです。 人生には、気をつけなければならないタブーがたくさんあります。 では、具体的にはどのようなものなのでしょうか。 今日は詳しく説明します。

糖尿病患者が食事で気をつけるべきことは?

1.食事の回数を調整する:通常、1日3回の食事で毎日の食事は確保できますが、糖尿病の方の場合、一度にたくさん食べ過ぎないようにする必要があります。 空腹を感じやすい人は、食事の回数を減らすとよいでしょう。 毎食後2時間程度でスナックやフルーツを食べても良いのですが、これらは一度に食べ過ぎないように注意が必要です。

2.水を多く飲む:糖尿病の人は、ブドウ糖が排泄されるときに通常より多くの水分が奪われるため、喉の渇きを感じることがよくあります。 これはもう、体内が脱水状態になっている証拠です。 水を飲まないと、血液が濃縮されてしまうこともある。 やがて、過剰な血糖値が蓄積されることで、さらに想像を絶する結末を迎えることになるのです。 ですから、飲む量を増やして排尿量を増やすことが、水分摂取量を減らす悪い方法だとは思わないでください。

3.大豆製品は区別する:大豆や大豆製品はタンパク質、ビタミン、無機塩類を多く含みますが、糖尿病や腎臓病の人がタンパク質を摂り過ぎると腎臓に不可逆的な影響を与えるので、豆や大豆製品をコントロールし、摂り過ぎないように注意しなければならないのです。

4.粗粒の適切な消費:糖尿病患者は、彼らが食物繊維が豊富であり、また、排便や血糖値を下げることができるので、主食はまた、粗粒に頼るべきである、あまりにも多くのお粥を食べることができないが、あなたがあまりにも多くを食べる場合、それはまた、他の栄養素の吸収に影響を与えます、消費を制御することを忘れないでください。

糖尿病では、おいしいかおいしくないか、どのような方法で、どれだけの食材を入れるかまで、厳しく管理しなければならないことが多いと言ってよいでしょう。 今日は、どんな食べ物が本当に糖分の多い食べ物なのかをお伝えします。

まず、揚げ物。 高カロリー、高炭水化物で知られる食品です。 糖尿病患者にとって、摂取は血糖値を上げるだけでなく、心血管合併症の素因となる。

次に、でんぷんを多く含む食品。 砂糖不使用のケーキは、砂糖がないのですか? もちろん、そんなことはありません。 このタイプのケーキは、簡単に言うとショ糖を含まないということです。 また、ケーキ自体はデンプンで構成されており、それを分解するとブドウ糖になるので、砂糖がなくても糖分の多い食品であることに変わりはない。

第三に、もち米を含む食品。 もち米は炭水化物が豊富で、料理や餃子によく使われる。 紅棗や餡子などの小物を添える方もいらっしゃいます。 これらは糖分を多く含む食品であるため、糖質好きには大敵である。 糖質好きが摂取すると、血糖値が急激に上昇する。 だから、これらの食品には 食べる前に本当によく考えなければなりません。


関連記事:


血糖値を上げ、5つの合併症を引き起こす3つの食品、糖尿病は健康の大敵です


糖尿病患者は食事でグリセミック指数に注意する必要がある


糖尿病の人は、この4つの食品を避けるようにしましょう。








最終更新日  2021.12.15 17:26:46
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.