2015年05月23日

伊勢神宮 春の神楽祭 その3

春の神楽祭 その2の続きです。


胡蝶(こちょう) 右方 四人舞

ises025.jpg

平安時代の中頃、宇多上皇が童相撲をご覧になる際、

藤原忠房が曲を、敦実親王が舞を作られました。

曲の中ほどからは、蝶が花から花へと飛ぶ様子が現されています。


装束は、蝶の刺繍が施された萌黄色の袍を付け、

背には極彩色の大きな蝶の羽を背負います。




長慶子(ちょうけいし)


ises026.jpg


平安時代中期の雅楽の名手、源博雅の作曲と伝えられます。

舞を伴わないものの舞楽曲です。

舞楽終了の際には、退出を催す退出音声(まかでおんじょう)として

奏でられています。




参集殿では、お能も奉納されていました。

ise029.jpg



参集殿の横でふるまわれていたお抹茶をいただき、しばし休憩。

ises030.jpg


お菓子は、伊勢神宮の神文の形。

ises031.jpg


このあと、神宮茶室の庭上拝観へ。


この続きは、また次回に。






TWITTER

最終更新日  2015年05月23日 21時24分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[スピリチュアルパワースポット] カテゴリの最新記事