000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~URARA'S PASSION DIARY~              ~東久留米市の英会話教室~ウラウライングリッシュ

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

・・タイ・カンボジア 2016

June 16, 2017
XML
チェンマイの革細工屋さんで1,000円くらいで買った時計。

電池が切れてしまって、ああ、もうダメか。。。とがっかり。

ダメ元で電池交換に行ったら、できた!

電池は3年保証付き!

大事に使おう!







Last updated  June 16, 2017 05:13:02 PM
コメント(0) | コメントを書く


October 30, 2016
10月30日

プッツァ君の家で、お昼を一緒に作ることになりました。
これこそ私の見たかったモノ。

コンロに薪をくべて火をおこすところから始まります。



手前にある瓶は、水瓶。





鶏を二羽、私たちのために用意してくれていました。
それを、スープに、煮物に、炒めものに、揚げ物に、全てに無駄なく使います。



心配気に見る子供たち。



野菜は市場で買ってきました。
プッツァくんのバイクの後ろに乗って行ってきました。



こちらはスイカを買っているところ。


きゅうりを切っています。


お母さんの良い笑顔。




どれも本当においしい。
どれも手が込んでいて、香草やスパイスをふんだんに使います。
プッツァ君が、町や外で食べるどこの料理よりも、お母さんの料理がおいしい、
と言っていたのが分かりました。


子どもたちに慕われ、料理もお母さんの片腕になって手伝い、奨学金で大学に行き、
ホテルで働き家を支え、そんなプッツァ君の夢は、貧乏で学校に通えない子供たちのために学校を作ること。
「お母さん、自慢の息子だね。」と通訳してもらいました。
伝えるプッツァ君も、それを聞いたお母さんも、本当に照れながらも嬉しそう。
言葉は通じなくても、同じ子供を持つ母親としてお母さんと気持ちが通じた感じがしました。
もっともっと母親談義をしたかったな~。
また訪れることを約束して別れました。次回はもっとゆっくりとおしゃべりしよう。






Last updated  November 15, 2016 09:13:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
10月30日

宿泊しているホテルのマネージャーのプッツくんの村へ。

最初は一生懸命誘ってくれているのですが、
早口なのと、まだカンボジアの英語に慣れていなくて70%位しか理解できなかったのですが
両親と暮らす村での生活を見せてくれることになりました。

トゥクトゥクの運転手さんが道を間違えてだいぶ大回りで1時間もかかって
のどかな村にあるプッツ君の家に着きました。

家の裏にはフルーツの木が生い茂っています。



カンボジアの牛はとってもスリム。



こちらはお父さん。



こちらは前の日の未明に生まれたという11匹の豚の赤ちゃん。
身体が透き通るようなピンク色です。



おっぱいを飲むところを見たかったのですがお母さん豚はごろんと寝転んでしまいました。
一日5回の授乳と決まっていて、こうして、おっぱいをあげ過ぎないようにしているんだそうです。




プッツ君の姪っ子姪っ子たちも一緒に暮らしています。
豚にすっかり慣れています。




トゥクトゥクに7人も乗り込んで山へ。
真ん中はお母さん。




あまりにも美しい景色に、トゥクトゥクを止めてもらいました!



雨期の時に水の量を調整できるようになっているダムのようなところ。




プッツ君の弟。
子どもたちが仲良し~。



槇を運ぶこんな光景もカンボジアらしい。



こちらは橋を作っている人たちの船。


職人さんたちが休憩している間、船を貸してもらいました。




気分最高\(^o^)/







Last updated  November 15, 2016 08:48:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 29, 2016
10月29日

アンコールワットからキムさんの待つトゥクトゥクに戻り
ちょうどお腹がすいたところで
屋台で「豚ごはん」の朝ごはん。
これがまたおいしい!



ここでは英語も通じないのでキムさんが頼んでくれました。







こちらはタ・プローム。




ガジュマルの木が遺跡を包み込んでいる光景はものすごいインパクトです。



まるで生き物のように、遺跡を「破壊」しているのは木。
進行形で木が育っていて、もしかしたら数年後には立ち入り禁止になってしまうかも。







Last updated  December 28, 2016 10:15:13 PM
コメント(0) | コメントを書く

10月28日

「明日、アンコールワットで朝日見る?4時半出発だけど。」と、娘。

ええ?明日って、もう今日でしょ。4時間後?
でも、すっかりカンボジアのプランを任せた私としては
「うん。頑張って起きる。」と言うしかない。

知り合いのトゥクトゥク運転手さんが迎えに来てくれるのだそうだ。

コケコッコ♬ の声で目覚める。
あ、カンボジアの鶏は、「コケコッコー」と語尾を伸ばさず「コケコッコ」と止める。
(これは後にカンボジア在住の友人に聞いたところ、たまたまだろうということでした( ;∀;))


トゥクトゥクの運転手のキムさんはもう外で待っていた。
走り出すと、真っ暗な中、トゥクトゥクやバイクや自転車や車で
たくさんの人たちがアンコールワットに向かっている。

30分ほどの凸凹道を行くと巨大なチケットセンターが出現。
ついこの間までは、小さな券売所しかなくて、いつも長蛇の列ができていたそうです。
世界NO.1とも言われる観光地となって、それに対応して開発が進んでいるのですね。

まだアンコールワット事態、注目を集め始めて20年余り。
ウラウライングリッシュでも10年ほど前にツアーが組まれたっけ。
その頃は私は子育て真っ最中で行かれず涙をのんだ。
偉大な遺跡に感動したと、メンバーが口々に言っていたのを思い出します。

そのアンコールワットに
娘と2人でとうとう来た\(^o^)/
しかもご来光を拝める。。。

と思ったが、あいにく曇り空で
5時50分くらいの日の出時間の太陽は雲に隠れていました。



だんだんお天気が良くなって
今は雨期の終わりですが雨も降らず
カンボジアにしては暑さもまあまあの時期です。



広大な遺跡群をキムさんが上手に案内してくれます。



この日、私は携帯を宿に置き忘れてきてしまったので
娘の携帯で撮ってます。














Last updated  November 8, 2016 04:10:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 28, 2016

10月27日

タイマッサージが気に入って、午後のフライトの前に
今日はオイルマッサージを受けることに。

10時の開店に合わせて予約しておき
お気に入りのLogHomeでライスボウルの朝食を済ませて
お店に行くと
まだスタッフが来ていない。。。
これがタイなのか。

マッサージはホットコンプレスという
ハーブを布に包んで蒸したものを体に押しあてるというのもプラスして
超満足。



出発までの束の間、町を歩くとこんなファンタジックな店先に出ました。




バイクレンタルがいっぱい。
チェンマイでは自転車代わりにみんな借りているそうです。



チェンマイを発ち、バンコクへ。
バンコクからCちゃんは帰国。
そして、娘と合流。

「着いたかな?」と娘にLINEすると
「プレミアムだったから、今ラウンジ。」と驚きの返信。
航空券購入した私が、なぜか間違えてしまったみたい。。。
バンコクーシェムリアップの往復が
行きはプレミアム、帰りはビジネスになっていたのでした。


娘はカンボジアは5度目なので、すっかりお任せです(*^▽^*)
まずは娘の定宿へ。
2人で2,000円の安宿なのだかれど
トゥクトゥクの出迎えサービスを受けて、満面の笑み~。









Last updated  November 8, 2016 11:15:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 27, 2016
10月27日

チェンマイ滞在中の朝食は、380バーツ(約1200円)のホテルブレックファストが高く感じて
(すっかりタイ感覚)
こちらのカフェでライスボウルとカフェラテの朝。
これで165B(約500円)



もう、洋食は要らない。。。



おかゆにハマった二人でした。

そして、チェンマイではタイマッサージで
ゆっくりと旅の疲れを癒しました。

マッサージ店を物色してぶらつくのも楽しい。

そして、夜は、タイ舞踊を楽しみながら食事。



かんぱ~い!



チェンマイではこんな霊柩車みたいな形のトラックを改造した車がたくさん走っていて
タクシーより安いので、往復これで。




チャーミングな山岳民族のダンサーと。







Last updated  November 7, 2016 04:45:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 26, 2016
10月27日

チェンマイではエクスペディアのランキングを参照して
ちょっと良いホテルを選んだ。

と言っても、一泊税込み7,500円。
日本ではビジネスホテルの金額で
気持の良い熱帯樹に囲まれた、プール付きのホテル。
部屋のバスタブに浸かりながら外が眺められる~!



バンコクほど暑くないので外の空気も気持ちが良い!



ベランダからは熱帯雨林!



そして、こんなプールで一人泳いだ~!
最高のタイの夕暮れ。




濡れたままの髪で、今夜はCちゃんの友人の友人とお食事。
Cちゃんも初対面の、アメリカ人とタイ人のカップル。

リバーサイドの素敵なタイ料理のレストランでごちそうになり
ナイトマーケットに繰り出しました。









Last updated  November 7, 2016 04:29:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
10月26日

昼過ぎの便でチェンマイへ。

空港で昼食。
パッタイの値段がいきなり空港価格!5倍位(@_@)



チェンマイの町をぶらつくと
引き込まれるように入った不思議な店。
店員さんがいない。



商売っ気のない、ただ、気が流れるような空気。

と、数軒先のこんな店に



オーナーがいた!



その名はJohn Monoon。
1980年にこの店をオープンさせたアーティスト。
彼のアートはどれもスピリチュアルな匂いがする。

「日本人ですか?」「はい。」
「ははは、僕も日本人。」
と言われ、すぐに引っかかってしまった私( ;∀;)
こんな出会いも旅ならでは。






Last updated  November 6, 2016 10:56:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 25, 2016
10月25日

モーチット⇒サイアム(日本の銀座)
サイアム⇒サパーン・タクシン
BTSを乗り継いでチャオプラヤ川の船着き場へ。

王宮界隈の混雑を見込んで船に乗って大正解。
船も、王宮へ参拝に向かう人で大混雑ですが
道路の渋滞のように動かなくなることはありません。

こちらがワットポー。



仏塔が美しい。






美しい文様に、ズームアップ。



いたるところに国王の写真が掲げられていて
国王のブロマイドなどが売られています。

エメラルド寺院の周りは交通規制で一方通行のため
ワットポーからエメラルド寺院を通って徒歩でタマサート大学王宮キャンパスへ向かうと
王宮の外でも記帳場があったので記帳。
たくさんの炊き出し場があり
私たちも果物などいただいてしまいました。

この特別な時期のタイを訪れたことも忘れられない思い出になります。







Last updated  November 6, 2016 10:31:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.