541458 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Tropical East Timor ワニ通信 東ティモール

PR

Calendar

Category

2012年5月12日からの日記 掲載順

(310)

校舎・校地建設のようす

(8)

私たちの学校生活 2013年 1期生入学

(149)

私たちの学校生活 2014年 2期生入学

(115)

私たちの学校生活 2015年 3期生入学

(94)

私たちの学校生活 2016年 4期生入学

(97)

私たちの学校生活 2017年 5期生入学

(85)

私たちの学校生活 2018年 6期生入学

(76)

私たちの学校生活 2019年 7期生入学

(37)

聖イグナチオ学院 図書館便り

(78)

ウルメラ・プロジェクト 村の小中学生の塾

(31)

聖ジョアン・デ・ブリトー教育大学2016~17

(9)

聖ジョアン・デ・ブリトー教育大学2年目 2017

(5)

リキサ県 ウルメラ村 へ引っ越しました

(797)

所在地表示名称変更届 ウルメラ村に変更

(1)

人びと、そして自然

(172)

ライラコ村へようこそ

(52)

マウバラ村の風

(14)

東ティモールのこどもたち

(5)

南洋の島 ときどき観光案内

(56)

ジャコ島 探検隊

(4)

南国の花 シリーズ

(37)

南洋の夕暮れシリーズ

(7)

ティモールコーヒーを飲む

(10)

歴史と政治・経済

(13)

思うこと 考えること

(5)

新聞を読んで 

(6)

ブログ「ワニ通信」  なまえの由来

(1)

ワニ通信 「管理人」 の紹介

(1)

一時帰国 2013年

(22)

2015年 一時帰国

(10)

2016年 一時帰国

(9)

一時帰国

(44)

聖イグナチオ学院HPより 設立の経緯・新着

(1)

聖イグナチオ学院HPより ニュースレター

(1)

聖イグナチオ学院HPより ご協力のお願い

(1)

聖イグナチオ学院HPより 新着のお知らせ

(1)

聖イグナチオ学院HPより 理科実験室建設計画

(1)

Archives

Profile


peterjet8

Keyword Search

▼キーワード検索

全149件 (149件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 15 >

私たちの学校生活 2013年 1期生入学

2013/10/03
XML
 今日で、一年間のすべての授業が終わりました。聖イグナチオ学院は今年の1月15日に開校し、中学一年生が入学してきました。まだ10ヶ月も経っていませんが、東ティモール政府の政策で長期休暇なしで授業をしてきたので、授業日数は足りています。来年度は、1月6日から学校が始まります。その前に、来週学年末試験があります。

03102-13_1.jpg
 ↑ 一年間、みんなと一緒に勉強してきました 今日の7時間目 掃除時間にたくさんの生徒が泣いていましたが、こちらは進級判定が厳しく何人かは進級できないからだそうです 小学校でも進級判定は厳しいようです

熱帯魚 このブログは 東ティモールの聖イグナチオ学院を紹介するHP と連携しています 熱帯魚






Last updated  2013/10/03 05:21:29 PM
2013/10/02
 おなじみのミッキー先生が、「日本からバレーボールを貰ってもらえないか」と言ってきました。聞くところによると、空気を入れても5分と持たず柔らかくなってしまうそうです。7月にオーストラリアから来た高校生がおみやげに新品のボールをたくさん持ってきたけれども、「どれもだめだ」ということでした。

02102013_3.jpg
 ↑ ボールを見てみると、サッカーボールもすべて空気が抜けて柔らかくなっていました

02102013_1.jpg
 ↑ 聖イグナチオ学院のバレーコートは屋外で、荒い砂利引きです コートの縁は、セメントブロックが埋め込まれていて、角が見えています

02102013_2.jpg
 ↑ 私はこの砂利の角で、ボールが傷つくのではないかとふんでいます サッカーボールの方は、歩くだけでもサンダルに棘が刺さり痛い時があるので、おそらく茨の棘にボールが刺さっているのではないかと想像しています 






Last updated  2013/10/02 04:46:25 PM
2013/09/30
 数日前に学校給食制度が始まったことをブログに書きましたが、今日はその続編です。小さな調理場で83人分の昼ご飯をつくています。来年1月からは、新入生が入ってきて180人ぐらいに生徒が増えます。

30092013_1.jpg
 ↑ 調理担当は3人です そのうち一人は政府が雇った人で給料も政府が支給します

30092013_3.jpg
 ↑ 整列して一人ずつご飯をもらいますが、どんぶりにご飯をいれてもらい、その上におかずをのせてもらいます

熱帯魚 このブログは東ティモールの 聖イグナチオ学院を紹介するHP と連携しています 熱帯魚

http://www.jesuits.or.jp/~j_urasj/index






Last updated  2013/09/30 05:00:45 PM
2013/09/27
 今週の水曜日から、突然「学校給食」がはじまりました。といっても、先月、政府から「給食米」が支給されているのを見ましたし、大きな冷蔵庫(と言っても業務用ではなく家庭用の大きなもの)を買ったのも見ていました。これまで生徒たちは毎日弁当持参でしたが、これからは給食になります。近所の公立小学校でも給食が始まったのか、生徒が薪を一本手にして登校するのを見かけます。

27092013_1.jpg

27092013_2.jpg
 ↑ 給食開始前日、野菜の買い出しにでかけました 写真上、パウロ先生 写真下、インドからやって来たシスターとチンタ先生

27092013_3.jpg
 ↑ これが今日のおかずです 生徒83人分です 教職員はたべたらダメなことになっています あくまで生徒対象です

27092013_4.jpg
 ↑ ごはんの上におかずをかけて食べます 

このブログは東ティモールの 聖イグナチオ学院を紹介するHP と連携しています






Last updated  2013/09/27 04:37:04 PM
2013/09/25
 昨日は、来週から引っ越す先のカサイ村の家に泊まりましたが、インターネットの無線モデムを持ってゆくのを忘れて、ブログを更新できませんでした。カサイ村は電波が弱くて、携帯電話も使えないエリアがたくさんあります。インターネットも同様です。すでにオーストラリアからやって来た椅子に生徒が座っているようすをお伝えしました。今日は、搬入の時の写真を掲載します。

24092013_1.jpg
 ↑ パイプとプラスティックでできているので軽く少人数の作業員で仕事をしていますが、実は結構重労働で、最後は先生たちも手伝いました

24092013_2.jpg
 ↑ 先生方が手伝い始めた理由は、このトラックにあります このトラックは生徒の通学用トラックで、下校時刻までに積荷を降ろせそうになかったからです 椅子を運ぶのがこのトラックの本来の使用法です 以前、警察に止められて「これは人ではなく動物を運ぶものだ」と言われたそうです






Last updated  2013/09/25 05:58:04 PM
2013/09/23
 2週間ほど前、オーストラリアのイエズス会学校から、椅子がたくさん送られてきました。そのいくつかを廊下にならべたところ、生徒が休み時間に座ってくつろいでいます。いずれ、搬入のようすもお伝えします。

23092013_2.jpg
 ↑ 7時間目前の休み時間です 楽しそうにしています

23092013_3.jpg
 ↑ もうすぐ中2になります

このブログは東ティモールの 聖イグナチオ学院を紹介するHP と連携しています






Last updated  2013/09/23 06:07:20 PM
2013/09/21
 今日と明日、聖イグナチオ学院の入学試験・面接が行われています。一組15分間です。147人が受験して120人が面接を受けます。募集人数は90名です。さらに来月、3次試験の「集団活動」があります。それは、オリエンテーションも兼ねています。今日の試験にも数名欠席がありましたが、これだけ入試のプロセスがあると、本当に入学したい生徒だけが残るようです。明日は、カサイ村のチャペルへでかけます。

21092013_1.jpg
 ↑ 保護者同伴で、保護者にも質問があります 昨年の面接のときには、生徒一人で来て親を呼ぶ場面もありました

21092013_2.jpg
 ↑ 日本だったら塾が面接試験の指導をすると思います また母親がどんな服を着ていったらよいかなども 

21092013_3.jpg
 ↑ 廊下で順番を待っています こちらは面接時間が長引くようなことはありません むしろ早く終わってしまいがちです

ブログ 日曜日に教会で読む聖書 もあります






Last updated  2013/09/21 04:08:44 PM
2013/09/20
 あと2週間半で、学校年度も終わります。1月15日に聖イグナチオ学院が開校して、長期休暇なしでほとんどぶっ続けで3学期間の授業をしてきました。私の中高での教員としての経験から言うと、授業は落ちついていると思います。今日宗教の授業がありましたが、東ティモールでは三学期の期末考査は総合試験で、一学期と二学期の試験範囲からも出題しなければならないことを伝えました。すると何人もの生徒が、カバンの中から一、二学期の「宗教科」の試験問題を取り出したのには、驚きました。果たして日本の中学1年生が、三学期末になっても一学期と二学期の「宗教」の試験を授業に持ってくるでしょうか。

20092013_1.jpg
 ↑ フェロメナ先生のポルトガル語の授業 週5時間あり、ほとんどの生徒が一年間で「書ける」ようになったと先生がいっていました 来年は「話す」ことをもっと教えるそうです こちらは生徒に板書させることが多いです ちなみに英語は週3時間です

20092013_2.jpg
 ↑ おなじみのジョアン先生の「保健体育」の授業 インドネシア統治時代ディリ市にあった3年制「保健衛生専門学校」出身です だから理科も教えます 当時、3年制の専門学校を出ることはエリートだったそうです






Last updated  2013/09/20 06:15:22 PM
2013/09/18
 日本のある学校の卒業生のお母さん方の集まりから、文房具を聖イグナチオ学院あてに送っていただきました。先生たちには特に3色・4色のボールペンが好評でした。数学のパウロ先生も喜んで使っている一人です。今日は、「文房具を送ってくれた方々に写真を送る」といって撮影しました。

18092013_1.jpg
 ↑ 丁寧な字で、授業ノートをつくっています 日本の中高の「数学の問題集」もあったらなあ、と言っています

18092013_2.jpg
 ↑ 数学の先生らしく、いつも問題を解いています 定期考査はとても難しく平均もとても低いのですが、気にしません






Last updated  2013/09/18 05:10:50 PM
2013/09/16

 先週、オーストラリアから読み語りの先生がやってきて、各クラスで生徒にお話しをしました。この女性のお兄さんは元ジャーナリストで、インドネシアからの独立の混乱の中で、インドネシア軍によって殺害されたそうです。

 

16092013_1.jpg

 


↑ 表現豊かで、生徒は聞き入っています
  
16092013_2.jpg

↑ おおらかな人柄で、別のクラスでは笑い話をしていました

 
このブログは 東ティモールの聖イグナチオ学院を紹介するHP と連携しています






Last updated  2013/09/16 05:12:19 PM
このブログでよく読まれている記事

全149件 (149件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.