101644 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

シニア雑感

シニア雑感

グレンモーレンジ

最近、食後に良質の蒸溜酒を少量飲むことを楽しみにしています。
蒸留酒とまどろっこしいことを書いたのは、ブランデーが良いと思っていたのですが切らしてしまったのでウイスキーを飲んでみたら、これも美味しかったのでこのような言い方になってしまいました。

グレンモーレンジはスコットランドのハイランド地方にあります。
蒸留所が設立されたのは1843年のことでした。
キリンに匹敵する背の高いポットスチルを用いた蒸留方式が特徴なシングルモルトは穏やかな中にも複雑な味わいを醸し出しています。
箱にキリンの絵が書いてあったのはこういう意味だったのですね。

この蒸留所の大きな特徴にはデザイーナーズカスクがあげられるのですが、
熟成樽による味わいがとても多彩で興味深いです。

テインの男たちによってグレンモーレンジのために原木から選別した樽を使って熟成してからグレンモーレンジが出荷されるそうです。

私が飲んだのはグレンモーレンジ ラサンタ
このスコッチウイスキーはシェリーのオロロソとペドロヒメネスの樽(カスク)で熟成させたシングルモルト。香味が際立ち、濃醇で濃厚な味わいが印象的です。

その他、二種類の樽で熟成させたダブルカスク、貴腐ワインで有名なソーテルヌの樽で熟成させたソーテルヌカスクも飲んでみましたが、シェリー樽熟成が一番良かった気がします。
ウイスキーの味わいををそのまま樽に抱えて熟成しました・・・という感じで
ウイスキー本来の味わいを感じることができました。

ストレートのウイスキーに水を1、2滴加えると美味しくなりますよといわれて試してみたら、雑味がふっと消えてまろやかになりました。
また、フッとバニラフレーバーも感じられました。
説明書きには「バニラフレーバー」と書いてある意味がようやくわかりました。
これは知り合いのソムリエのアドバイスでした。さすがソムリエです。

ウイスキー グレンモーレンジ オリジナル 10年 700ml (79815) ■ 洋酒 Whisky(22-4)


© Rakuten Group, Inc.