2022.07.04

情けは人のためならず・・・著書「あなたの強さは、あなたの弱さから生まれる」から(2)

カテゴリ:戯れ言
※申し訳ありません。アップロードしたつもりの日記が登録されていませんでした。
データが飛んでしまったので
取り急ぎ、第2話からアップロードしておきます。

性別や立場によって捉え方が違いますが、夫婦でも考えは全く違うことが多いです。
人は自分の持っていないものがある人に惹かれる・・そうです。
だから結婚した、だけど意見が分かれるのは当たり前なのですね。
それを何十年も同じものを食べ、同じものを見て似たもの夫婦になる・・・と言われますが、
それでも意見は分かれます。
考えや意見が同じ・・というよりも
こんなことで悩んでいる、こんな苦労をしている・・ということをお互いに理解するだけで良いのだと思います。
著者は、人生は自分を理解してくれる人を探す旅のようなものと述べています。

自分の悩みや苦しみを打ち明けられる人がいるだろうか・・・
私はいつの間にか、こう言った感情を表に出さずに心に仕舞い込んで悶々と過ごすことが多かったです。
多分、自分の感情を表に出してはならぬという昔の教育の影響が強かったのだと思います。
ただ、そういった悩みを打ち明けられると結構、親身に色々な手助けをすることが多かったです。
そうして立ち直ったり、一人前になった人は巣立っていき、別々の道を歩んでいます。
たまにメールで近況報告される程度のお付き合いですが、わからないことを質問すると色々教えてくれるので助かっています。
歳をとると濃密な人間関係を維持することも負担になり、細く長く付き合う方が気楽で良いですね。

歳をとって後進の指導にあたる・・という人がいます。
こんな話を聞くと、すごいな・・と思います。

後進を育てると自分の存在感がなくなってしまうという不安に苛まれます。
どこか打算があって人が寄ってくる・・・というは良い気がしません。
なので、気心の知れた人たちと一緒に仕事をしたいと思っています。

情けは人のためならず・・・と言いますが、信頼関係に基づいて成り立つ話です。
なんとなく自分を理解してくれ(精神的な)距離感が近い人がいるだけで心強く過ごせるような気がします。
周りはライバルで切磋琢磨する時代は過ぎてしまったので、精神的に支え合える友人がいるだけで幸せなことなのかも知れません。





TWITTER

Last updated  2022.07.05 00:44:15
コメント(0) | コメントを書く