840257 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Ureのミラクルな毎日

PR

X
2012.09.06
XML
カテゴリ:ミラクルな日々
宇宙というパーフェクトな法則という存在のなかで
こんなちっぽけな未熟な人間の頭では
美しい朝の光、夕暮れ、雲の輝き山々の頂の尊さこそ
神様の現れだと思い、朝日などに手を合わせる。
だけども、夜の闇、雷、嵐、大地が揺れ動く
それだって同じ自然の法則の中を生きているだけの事。
どちらも同じ宇宙という法則。
人間が思っている神とはその法則
銀河系の果てから、さなぎから蝶になるあの姿から、ハエを拡大すると手足に
太い剛毛が生えているように
宇宙も胎内もどちらも同じ。同じ大きさ。

細かいこの世のくだらない話など頭の片隅にも置かないで
夜の闇に抱かれよう。
朝がくるまでの貴重なひとときは闇に抱かれよう。
その闇こそ神です。






Last updated  2012.09.07 01:25:24
コメント(0) | コメントを書く
[ミラクルな日々] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.