000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ららのミラクルな毎日

全58件 (58件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

無添加の素敵な食べ物

2012.09.05
XML
今回が最初ではありません
もうすでに数回、このようなイケメンすぎるキュウリが出来ております。
いや、特別畑があるわけじゃなく、デザインオフィスの南側の窓を緑のスクリーンにしたいと、
観葉植物がわりです……
適当に春先、苗をふたつほど植えました。

これは長さ45cm。あまりに美しくソファに座っていらっしゃいます。

253135_351560628260502_371839573_n.jpg






Last updated  2012.09.05 17:31:50
コメント(0) | コメントを書く


2011.06.29
本来、大自然とはすごいものです。
本来!すごいすごいものです。

なぜならもう20年近く
ここ、田野畑の山地酪農(やまちらくのう)の生き方を見させてもらっていると

すべて、なにごとにも
大安心とは
こういことか、と思わせてくれます。

化学物質過敏の方が
まだ見た事もない時から
「私も食べられるビーフジャーキーだと感じる」
と言ってくれてから、おまたせ10カ月。

ついに電話がありました。
「できました…」って、田野畑から!

110629_1157~01.jpg
110629_1158~01.jpg


ご連絡はここです。


幸せな牛、健康な牛、と代表の吉塚公雄さんがずっと前から言っていたこと。
ららもやっとわかります。

悲しい牛を食べたいですか?
不健康な牛を食べたいですか?

いいえ、です。

吉塚さんが心を鬼にして冬でさえ自然に放ち
春はチョウチョと遊び、夏は木陰で全員で(何か語り)眠る。
秋は枯れ葉のご馳走で
そして、なんと自分の力で自然出産です。
そして自然の中で人間とも深く愛し愛されます。
しかし、人間と家畜、という深い一線は固く守ります。

役割を終え
肉牛になってくれと牛に伝えます。

牛は喜んでトラックに乗ります。

吉塚さんはトラックの牛に叫びます。
自然に流れる涙のままに

「ありがとー!
おまえのすべてを頂くからなー!
しっぽの先まで、決してムダにしないからなー!」

こんな真実の光景を見た事がありません。

そして、最後の最後まで
一滴の添加物も縁がありません。







Last updated  2011.06.30 00:18:04
コメント(2) | コメントを書く
2011.05.02
地球がこんなですから
早く目覚めないとあぶない!

なんておどかしますが、ほんとです。

実際、ららが化粧品をやめて無添加にし出したら
お肌が時間を逆行……

そんなわけで
製品のデザインなどのお仕事のをしている
福祉作業所・カナンの園の
純粋無添加せっけんをおすすめします。

なんといってもその製品の良さとお値段
いづれも 157円

お皿の洗い上がりのキュキュっとした爽やかさと
お手手のつるるんには
「これが地球か」と思うような共鳴ぶりです。

無添加.jpg

sekkenn.jpg

ここの素晴らしさはこれだけじゃなくて
本当のものだけ創ろうとするところです。

本当のもの?
なんだろうそれは。

この「りんごのいのち」は私が命名しました。

だって、りんごそのも以外はなんにも入っていないんですから

8個ものりんごが詰まってる…
一さじすくったら、りんご一個の命が頂ける
嚥下障害をお持ちの方にもいいでしょう。

そんな製品ができました。

あなたの大事な方に贈っては?
ひとびん 2.000円。もちろんわずかな限定品です。

りんごのいのちクリアボックス400.jpg

りんごのいのちしおりアウトライン.jpg

せっけんと一緒に送ってもらえます。
今なら買えます。
0195-35-2583






Last updated  2011.05.02 13:09:39
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.11
あの、命の田中農園です!
ゴーヤとは

これ

ゴーヤ400.jpg

そしてこれ

ゴーヤ2400.jpg

ゴーヤの実が100%熟したら
あま~くて不思議な味で~すごくエネルギッシュです。
ひとつぶでどんくらい生きられるんだろう、って感じです。

トマトは触れないくらい熱熱で、うまかった!最高。

tomato400.jpg

ここに来るといつも思うんだけど

命がよろこんでいる。
そんな感じがします、とっても。

喜んでいる命を頂くのも
野菜たちは喜ぶからほんとに素敵!






Last updated  2010.08.11 10:41:57
コメント(2) | コメントを書く
2010.01.30
この地上で生命が生きるとはどういうことなんだろう…って
この過酷な地球上で命が生き続いて来たことって。

私たちは今文明の中で、主に石油文明の中で
家を建て
隅々まで暖を取り
ぬくぬくと生きていますが

ここの牛たちのように
四季の移り変わりという(自然)の中で、自らの力で生き抜く…
寒いのもあたりまえ
暑いのもあたりまえ

極寒の岩手県田野畑村 山地酪農まきばの今日!
雪と牛500.jpg

お天気に.jpg
牧場のこどもたちは、牛さんのために祈る…

だけど必ず春は来る
牛たちもそれを知っている
みんなで身を寄せ合って生きようよ。
ひとの社会にもほんとの幸せがなにかを
厳しく教えてくれているよ………ね。








Last updated  2010.01.30 18:48:25
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.28
スープです。
これはただかぼちゃを煮てつぶして、山地酪農牛乳でのばすだけ!
ほんとに塩コショーも入れなくても
マジ!美味いんですが
今日は先日スイスの妹から届いた(なんかミラクルな)ペッパーをサラっと!

DSC02964.jpg
DSC02963.jpg

DSC02968.jpg
山地酪農牛乳が株式会社になりました!パチパチパチ!
新しいパンフの更正しに、代表の吉塚さんが我が家に。

実際にお味見をして欲しいので、Ure作のビーフシチューとスープをお出ししました。

これが実物
yamatibeef.jpg

……で、この子かもしれません。花、食べてた。
春n牛.jpg


生まれてから最後まで、自由に生きた牛。
なにものにもとらわれず
山を駈け、林に休み、雪解け水を飲み

吉塚さんたち酪農家は懸命に自然の中で100%生きることができるように
一生懸命シバを植え、冬支度をしてやり………
いつもいつも、牛乳をありがとうってこえをかけ
遠くから眺めながら
うんうんうなずき
『あ~牛がゆったりと草を食っている
  うれしいなあ、オレはこれがしたかったんだ!』って叫ぶ。

牛たちはみんな健康そのもので自然体でやさしくて
その肉は脂肪ゼロ%に近いアスリートたちです。

一度召し上がれ。
山地酪農






Last updated  2010.01.28 10:39:15
コメント(2) | コメントを書く
2009.12.25
ho240.jpg

できました!ほおずきリキュール。
これが実際なんというか、むちゃくちゃうまいんです。

ho500.jpg
そして、すでに品物がないんです……………
作った方も、まさかこんなに上等なものに仕上がるとは…なんて思ってたらしく
数が少ないんです。
そりゃそうだ、日本には質のいいフルーツほおずきそのものが少ないんだからね。

それを見込んで、Ureさん買い占め!
なんて、それほどでもないんですが~
昨年2本ほど見本で頂いて、え、えーこれ日本酒!?
フルーツほおずきの濃厚なトロ~リと溶けるワインじゃないの?
って思ったほど
珍しく入れ込みました。

きっと藤原紀香もたっぷり飲むんじゃないかな。
なんというかこう、女性ホルモンというような感じのオーラある!やっぱり。
色も黄金だしね(ほんとです)
ほんと、飲ませたい!
一本680円

早野商店でまだお取り寄せできるかも!(Ureさん実家)
実家には遠方から4時間もかけて買いにくる方もいるそうです。すごいね!

皆さんが実家からお取り寄せ頂いて
ありがとう。感謝です。






Last updated  2009.12.28 12:35:49
コメント(6) | コメントを書く
2009.12.02
春風亭小朝の「越路吹雪談義」、まあ死をテーマにして
よくあれくらい爆笑させるものと思ってしまいました。
小朝と離婚したのが泰葉。林家三平の次女でしたっけ。
小朝ほどの男…なにがどうあれ、もったいない。

今日の夕食。
春風亭小朝の「越路吹雪談義」を泣き笑いして聴いて来たら
届いていたミラクルな冷麺です。

ほ、めん300.jpg
これは、あるフレッシュフルーツを練り込んでいます。
ほのかなフルーティな酸味ともちもちとつるつるな食感。

ほ、めん材料300.jpg
自由なトッピングが楽しいです。
真ん中のソルティーアイス知ってますか?
地中のミネラル塩分を吸い取る不思議な野菜です。
だから生きてるサラダ!
これ、この冷麺にまじ、合う!!

フルーティなカブ
岩手産の上質な豚肉のソテー

で、これが茹でる前の出来立て麺です。
menn300.jpg

美味しく頂きました!フルーティな麺は東北の清らかな水と
カナダのソルティーアイスがよく似合いますね。
北国が真冬でも冷麺をあたりまえに食べるのが不思議?

コンサート後とか温泉後のクール&ヒーリングな優しさの冷麺。






Last updated  2009.12.05 23:14:56
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.15
奇跡の田中農園のキャベツです。
重さ?5キロ以上でした………
5キロのキャベツ、どうやって食べるんでしょう、Ureさん。

DSC02532.jpg

ハダさん、こんちは。
キャベツです。よろちく
DSC02530.jpg
(………)無視される!キャベチン

青森で「奇跡のりんご」の話などありますが
ほんとうに、このように、無農薬で土の声を聞くだけで
こんなに生命がその力を10倍も生かせることが出来るんですね。

人は自分が信じた通り、オリジナルの生き方を神に与えられてる。
人と違っても、それが自分の道…と信じられる。

もしかしたらそれに気づかせてくれてるのが
今、なんじゃないかな。

人と違う生き方
そしてみんなと仲良し

田中さんも私の親友たちもみんなそうなのかもしれません。

その陰の汗と涙と努力ハンパじゃなく…そして女神が微笑む(ンダ!)






Last updated  2009.11.16 14:50:34
コメント(2) | コメントを書く
2009.11.12
Image260.jpg
スマイル君。

なんだと思いますか?
ピーマンなそうです。

とってもやさしい姪のひとりミスケさんから送られて来ました。
(なんとUreちゃんには姪しかいない、それも7人も。
 年の離れた兄に4人&姉に3人…)

野菜にはハートがありますネ!
リンゴの切り口とかハート。

きっと野菜ってやさしいんだね!

とってもとってもやさしく微笑みかけてくれてるのかも。

ピーマンのガクをザックリ切り落とさないで
ギリギリを切ってみて
もしかしたらどのピーマンもスマイル見せてくれるかも…

Image257.jpg






Last updated  2009.11.12 11:03:05
コメント(4) | コメントを書く

全58件 (58件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.