000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ららのミラクルな毎日

全8件 (8件中 1-8件目)

1

チベット曼陀羅

2009.06.09
XML
カテゴリ:チベット曼陀羅
チベット9-240.jpg
たしか、6月にチベットの木版画曼荼羅展の予定…
私もろくに覚えていないのですが。
たぶんその日に間に合うように帰ってくるでしょう。

チベットはがき.jpg
Ureさんは曼荼羅のポストカードを作ってあげました…

チベット4-400.jpg
チベット5-400.jpg
これは暦かなあ…なんだろう。
moku.jpg
B1(ポスターサイズ)の大きさですから、木をつなぎ合わせて
作っているような木版。木が遠くなる細かさですね!






Last updated  2009.06.09 16:38:21
コメント(5) | コメントを書く


2008.02.01
カテゴリ:チベット曼陀羅
チベット曼陀羅31大s.jpg

大きな曼陀羅です。手漉きの紙は120×80センチ位。
びっしりと書かれた文字らしき記号の羅列。

どれを見ても、ある命のカタチであることはわかります。
これは大きな羽が特徴の生き物…そうです、鳥。

胎内か、と書きましたが
すべてそれらは神の暗号かもしれません。

チベット曼陀羅1-31.jpg

あまりに細かすぎて、これなら目を回す人はいないかな?
大丈夫でしょうか…








Last updated  2008.02.01 18:36:11
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.19
カテゴリ:チベット曼陀羅
Q19.jpg

チベットの過去から今の悲惨現実のDVDを見ると(呆然と見つめるQさん…)
これらのチベット曼陀羅がとても深い深いものに思えます。
Qさんは2月7日ロンゲストロードへ向かいフライト。

manndara19-2.jpg

火に包まれ天に向かって泳ぐ…不思議な亀の甲羅に見えます。
亀神の甲羅になんと十二支が!なぜ?

manndara19.jpg






Last updated  2008.01.20 00:51:39
コメント(4) | コメントを書く
2008.01.17
カテゴリ:チベット曼陀羅
フリーダムチベタン.jpg

1996に行われたチベタン・フリーダム・コンサートのDVDです。
残虐なチベットへの中国の攻撃は、チベットが非武装であり、非暴力であったから…
それはチベットだけの問題じゃない。
戦争という悪魔しかできないこと…
音楽は人の暴力というものの正反対にあると信じたい…
ダライラマは「中国を憎まない。同情である。」と語っています。
人間の悪を超える物はなんなのか。

フリーダム2.jpg

マンダラは愛というシステムそのもののような…
地球はひとつ、そのものの時代がやって来る…来て欲しい…






Last updated  2008.01.17 23:14:29
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.10
カテゴリ:チベット曼陀羅
確かにこれらのチベット曼陀羅を見ていると
宇宙観というよりはすべての暗号とか…

宇宙人のQさんが正月に現れ、そのことを話すと

そうですね、バーコードとかですかね…

manndarajinntai .jpg

私が勝手に付けた名前ー[人体の暗号図]

manndara jinntai2.jpg

すべてはそうだけれど
スピリチュアルなことがらは、人が自立するためのもの。
すがって頼って生きるのはその瞬間だけにして
自分で地に足を付けて生きるためのもの。

頼らせるものは間違いのもと…
自分が確固として生きると決意させるものをチョイスして…

本当の親なら子を自立させてくれるように。

人体の暗号図は
この地球上に完全な形で現れたあなた、という現象。
ひとつの星にも似て…完全無欠という自立したカタチです。

あなたは未完成という完全無欠な存在です(^^)








Last updated  2008.01.11 11:08:31
コメント(4) | コメントを書く
2008.01.01
カテゴリ:チベット曼陀羅
チベットマンダラ2s.jpg

そろそろ、すでに正月気分ぶっ飛びますか。
一年を有意義に過ごすには明けたらそのままスタートダッシュ!(^^;)

デシのQさんが中国大陸へ船で渡り、北へ北へと向かったらチベットへ着いた、と
だいぶ以前(と言っても2007年11月から始まったブログなんですが)書きました。
かなり強いエネルギーだったので
めまいがしたり、くらくらするという反響もありましたね。
あれは「宇宙編」と名付けましたが、
今回のこれはちいさめのもので、サイズは30×40センチくらいです。
色合いもほぼこんな感じで、生成りの紙に手刷りをしていたそうです。
木版画ですがその細かさはとてもじゃないが及びません。

チベットまんだら2-1.jpg

これはなんだか分かりません。
14の環と14の花びら状のもの。
で、あいかわらず、周りは炎。そして文字…

まあ、こんなところから謎のスタート!2008。







Last updated  2008.01.01 22:54:33
コメント(6) | コメントを書く
2007.12.02
カテゴリ:チベット曼陀羅
長いこと見つめないようにね。めまいがしたら大変。

私は平気でオフィスに貼ってありますが…
この宇宙編(勝手に付けた)が一番気に入ってます。
後でネット展示会やりましょう!

TERA[テラ]で、二つの曼陀羅を描いていますので、載せますね。
お楽しみに…

ひとつは逝く時の記憶
もうひとつは来る時の記憶






Last updated  2007.12.02 17:57:51
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:チベット曼陀羅
まんだら11.jpg

Qさんがチベットに行った時は、お金がないので大阪から中国への船があると聞き
それに乗せてもらい、中国から北へ北へと行ったらチベットに行きました。

そんなわけないだろー!!

つっこみたくなりますが、なにしろ日本語が不自由…(^^;)
な、わりに世界語で通じる…

テレポーテーションなどは使わせてもらえないようですが。

満月の夜、月を見ようと約束して出かけて帰って来たら
たくさんの木版の曼荼羅図を持って…
で、ふつーにバイトに出かけて行くひとです。

そしてそれに寝るハダさん…






Last updated  2007.12.02 09:39:03
コメント(7) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

Profile


Ure

Calendar

Favorite Blog

★新型コロナウイルス… New! みお&ゆきさん

なにが見えてる? nannzanwomiruさん
ほん本ほん 心のままさん
Higher than BLUE amanita93さん
サインワールド Black and Blueさん
~地図にないMIU… rirumiuさん

Recent Posts

Comments

lala@ おばさんのはなし  その叔母の仮設住宅を訪ね、その御位牌…
Ure@ Re[1]:今日は天皇誕生日ですね。(12/23) みお&ゆきさん こんにちは、本当に大変な…
みお&ゆき@ Re:今日は天皇誕生日ですね。(12/23) 髪型も表情もよく似ていらっしゃいますね…
Ure@ Re:みおです 下記感想入れてきました(07/16) みお&ゆきさん フムー、そうだねーーー遠…
みお&ゆき@ みおです 下記感想入れてきました 師匠のブログ経由で拝見しましたが、師匠…

Category

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.