000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ららのミラクルな毎日

全10件 (10件中 1-10件目)

1

マヤ

2010.04.16
XML
カテゴリ:マヤ
マヤ暦では
時間は過去ー現在ー未来 と一直線では考えてないって言ったよね。

そうでした
時間って、時ってそれぞれに意味があって、性質が違うものと考えられてる。

だから生まれ落ちた時で、人もその性質を持つということも
詳しく書かれてあるんですね。

それがものすごく複雑なので
しばらく読めなかったけど
なんとこれが、英語になるとピンと来る事に気がつきまして…

イラストにしてみました。

100416_2317~0001.jpg

Yellow Human
Red Skywalker
White Wizard

100416_2318~0001.jpg

White Wind
Blue Night

100416_2319~0001.jpg

Yellow Seed
Red Serpent

なぜ日本語だとピンと来ないのかはわからないけど
どんどん訳されて行くうちに
微妙に何かがちょっとづつずれて行くのかもな~って思いました。

さらにこれにGalactic Toneが加わるから
解読はすごく複雑になるけど
イラストレーションを見てピンとくる260のケース…

TERAの次の目標はこれかな?

ちなみにUreさんは「青い鷲」Blue Eagleです。






Last updated  2010.04.17 00:12:18
コメント(2) | コメントを書く


2010.03.25
カテゴリ:マヤ
3月25日…マヤ暦では9月19日
今日のこの日を司るのはマヤ暦では
白い水晶の世界の橋渡し、という日。
協力し合う…チャンス到来
物事を普遍化する。
すべてを等しくする。

などらしい。

この日にブレスレット到着。
偶然にご縁があったもの。

MAYABURESU.jpg

細めでとても美しい。
非常にセンシャス!いい感じ
そして色が気分で変わる、ベビーピンク~ベビーブルー。
大好きな色ですがな!


実は昨日のこと
Ureさんのハートアートを塀の中で…との話があって
もちろんそれは少年なのですが
(来た物はやるしかない、だってキューピットだもの)
って思ってた時でした。

昨日は
赤いスペクトルの蛇
心を溶かす、解き放つ、生命力を生き残す日

それはきっと楽しいよね!






Last updated  2010.03.25 21:09:44
コメント(6) | コメントを書く
2010.03.23
カテゴリ:マヤ
古代マヤの暦の膨大な天文資料に惹かれて、検証中だったUreさん

知り合いの知り合いというJさんが生年月日を話すので

「あ~白い犬、という刻印で銀河の音が1ですね
 不思議と犬、と関わったり愛したりするみたいで……
 ……中略………
 銀河の1は……………
 ……………独断独善的に気をつけて、うんぬん」

と言うと、一瞬………
『昨年妻に先立たれ
 その時に、「あなたの前世は犬、私はあなたを人間らしくするためにそばにいたのよ」
「独断的にならないでね」と言い残して旅立ちました。』

その愛する奥様の言葉を確認させるための出来事だったのでしょうか。
奥様の心をもう一度言わせたのでしょうか

そんな気持ちになりました。
深い愛情のこもった言葉だったのだと思います。
 

密林のマヤの遺跡の彫り物をUre流で描いてみました。
(イメージですよ、たんなるこれ)
MAYA.jpg
持っている物が、ライフルみたいだなあと思ったら
王家のしるしの筒らしいですね。

これが元になった遺跡
maya2.jpg


いやいやいや、知れば知るほどすごい。
だからこそ、何事も分を知るというところに戻ります。
知ることは偉大です。自分の小ささを教えてくれます。

3/21春分の日のマヤ






Last updated  2010.03.23 16:30:32
コメント(2) | コメントを書く
2010.03.19
カテゴリ:マヤ
古代マヤの時の流れを考えているうちに

NHKラジオドラマの倉本聰さんの「マロース」のメイキングをTVで見ていたら
ちょっと引き込まれてしまいました…
いや、引きずり込まれてしまいました。

最後のコメントを、Ureは聞き逃さなかった。
「自然が人間と決別をしたら、すべては終わり二度と春は巡らない」って。

意味不明の何かに襲われ
私はドーンと落とされ、這い上がれなくなってしまいました。
落ち込むって、表現するとまず
寂しい…ですね。
孤独感
恐怖
うわわ………
または身体がスカスカのように実体を感じられなくなる
または自分のいる場所が無いような感じかな。

(数時間と持たない落ち込みを知っているのに)

13-400.jpg
これが古代マヤの13の意味のひとつ。
人間はそのパーツを13の繋ぐもの(関節)で出来ている。

20は指の数
(まだまだあるのですが、今日のところは)

時の流れは、過去現在未来…の一直線方向だけじゃない。
自然の中に感じるリズム、ウエ~ブ、流れ
今、ここを中心とした放射状の物
シンクロニシティ

で、何を言いたいのかというと
60分12時間24時間のワクの監獄で生きるのではなく
13…という時のワクを超えた部分を生きる。
フリーズされた時を自在に溶かす…シンクロニシティ
自然の流れこそ…13というどうにも不可思議な割り切れないものだからね。

60:12ではこの世は戦いの連続でしかなく
13という自然の持つ大きな不可思議さ、素晴らしさを感じて生きる。

Ureさんはどうやら
2012・12・21というマヤ暦の終わりは
そういう風になって行く…
戦いのネガティヴから、自然と生きる、助け合うという
13のポジティプに変換する時なんだと思うよ。

以上、古代マヤ、終わり!


ちなみにラジオドラマ「マロース」の再放送は、NHK-FMで3月27日(土)の後4・00~4・50。またドキュメンタリー番組はNHK総合テレビで3月20日(土)の深1・50~2・40にも再放送される。






Last updated  2010.03.19 19:14:48
コメント(6) | コメントを書く
2010.03.17
カテゴリ:マヤ
花粉症は多くの人たちの悩みでもあるんだけど
アレルギーの悩みでは
ダントツにアトピーがあげられるよね。

これは人間の皮膚の表皮が健康な普通な組織にならない
つまり破壊されたまま…という
本当に辛いこと。

地球を生命体として呼ぶとき、ガイアと言いますね。
ガイアの表皮のバン・アレン帯が今壊れてて、
生物にとって有害な宇宙線がこの地面に届いている。

地球の上に生きている生物が、地球の健康は気にならない…なんて
そんなバカな。

Ureさん、東京にいた時、いつも感じてたのは
電車が何秒おきにガンガン走ってるとき、ホームだってガガガガって振動してる、当然。
この振動はどこに行くの?
そう思ってた。

例えば
地球(ガイア)は多くの水に満たされてる。
その通りに、人間も70%は水分。
そこにはイオンを含んでる海水も人体も…
ってことはイオンといえば、磁場ができてる、どんなに微細でもね。

東京みたいな大都会で多くの人間が集団で移動する時
大量の水分が動いてる。
そこにはある磁場が出来てるっていうか
磁場が乱れてるといってもいい。
繊細なセンサーを持っている人たちが
人ごみに居られないのは実はすごく電子レベルの根本的な話なのよ。

海水で言えばエルニーニョ現象。
磁場の乱れ。

さて、またもやマヤの教え(Ure解釈ね)
自己のエネルギーを地球の自然と同調させよう、共鳴させよう。
例えば
小さい頃ブランコをこいだ?
その時、その動きに共鳴する。
楽に大きくこげた?
そう、その反対に、動きに同調出来ない子もいたはず。
でも一緒になろうとしたら、そのコツがいつかつかめたよね。

流れをつかむ。
それは何に置いても
流れに逆らわず流れに溺れず流れを自分そのものにする
どう?






Last updated  2010.03.17 16:36:49
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:マヤ
地球が太陽等からの電磁気的な高エネルギー放射線とか
別格に強い宇宙線から守られてる…
地球上の生物が地球の皮膜…バン・アレン帯に守られてるからですよね。

宇宙が磁場であることや
秩序を持って営われている生命体だとみたら

人間は真逆の営みでその地球の皮膜を壊しているわけですよね。

責めるわけにはいかない、 Ureさんもその真逆の恩恵にどっぷり暮らしている。

さてそこで、古代マヤの教えが出て来るんだけどさ

シンクロニシティこそ宇宙の時間だとわかるとすれば

個人的な視点でわかりやすく言えば
感性による自然のリズムを活かしすことによって
(自分自身の心にうそがない状態)
ハッピーな出会いと、驚きに満ちた毎日を過ごせる。
自分の持って生まれた(使命)を果たせる道に近道に入れる。
無駄の無い人生の時間…ということになる。

適材適所適時間

心にうそがなく、自在に生きる
何を持ち帰るのか…それは
やりとげたよ、がんばったよ、たのしかったよ、との言葉でいいんじゃないかな。






Last updated  2010.03.17 11:12:34
コメント(2) | コメントを書く
2010.03.16
カテゴリ:マヤ
中南米の密林に巨大ピラミッドや現代の天文学に匹敵する~~~
古代マヤ暦を研究中のUreさん。

NHKアーカイブ「出雲大社の謎」
maya113.jpg
maya2.jpg

マヤは天空? アステカともなるとポリネシアン?
海洋民族が大陸にあがる……この出雲の儀式も不思議な感じを受けました。

古代マヤには文字というものがないのがまず謎で
多くは絵文字で語られてます。
これが暦。
左上、ゼロの文字がある。
始まりは1。
だけど
なにもない…というカタチを知っている。
maya1.jpg

Ureが特に興味を持つのが、(古代マヤの時間の感覚は先日も書いたけど)
過去、現在、未来という直線な時の流れではなく
自然の中に流れるリズム、
あるいは、自分の(いま、ここ)を中心とする放射線状の時間感覚。

このリズムを思い出しそうなのに
思い出したいと思えばだめなもので
何でもそう
シンクロを起こして行きたいところに直線で行くことを
繰り返していればきっと………

思い出す…んじゃないかな。

maya11.jpg
この写真のコメントに(スペイン人の侵略によって滅びる)とありますが
それは…………

しかし、こんなこと、小学校や中学校時代に興味を持ってた古代文明の謎(^^)
またまたいまさらです。
今だから感じる別な意味…それが、「時間」なのかも。






Last updated  2010.03.16 23:26:06
コメント(2) | コメントを書く
2010.03.11
カテゴリ:マヤ
時間というものにしばられる自分から
時間を自在にあやつる自分というものに変容していくのなら。

んん~か、どうやら古代マヤに惹かれてたのはこれだったんだなって。

時というのは、人間が創った精巧な機械・時計では瞬間瞬間の積み重なりかなって
実は私もそう思ってたひとりです。

マヤではそうではなくて
流れそのものであると。
意識でもそのように変えると何かが変わる。

流れている時に乗る。
よく聞くのは優れた気功師が空間から流れを捉えて持って来る…なんて
聞いてました。こんなやつが中学の時の同級生にいたりするんですよ。
今鎌倉にいますけどね。

時はただ流れているんじゃなくて
ダイナミックなリズム…それは世紀を超えて
で、その中にリズムがあり、またその中にリズムがある。

それらを体感出来るようにするためにはまずはこの地球の回転を体感することが
大事ですよね。

まずはパソコンの前で
重力を感じてみよう。
まわりのモノがテーブルに置いてあってもひとりでは動かない
それは地球に重力という物があって
人間や動物が押しつぶされない、自由に歩けるくらいの…
そしてモノをある程度持ち上げられるくらいの重力がかかっている。

これも奇跡。

さて、なにかを持ってみて。
そして地球の重力を感じて。

そして夕陽を見る。
太陽が沈むのではなく、地球の、あなたの足下が持ち上がっているのを体感しよう。

そして大きな星空をゆっくりと眺めて
あそこにいこう!と決めたら
その場所から地球を見ることができるよ。

時間というダイナミックなベルトを見ることもできる。

体験しよう。
生きているときだけの特権!







Last updated  2010.03.11 14:03:45
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:マヤ
時空…って言いますよね。

時間…時とはなんだろうと思いませんか。
私たちは常に時計を見ながら暮らしている。
東京の電車に乗ると時々アナウンスがありますよね。

「予定の時間より3分ほど遅れております。
 皆様には大変ご迷惑をおかけいたします」

…………シーン……………

あのコメントってなんだろう?って思いませんか?
海外の人たちからは結構な笑い話なんですよ。

(えーと)

私たちは時というワクの中でがんじがらめになってる…
気がついてる方も大勢いらっしゃるとは思いますが。

時というのは後になったり未来になったりするもので
使いこなす人たちもまたいっぱいいます。

時というのは時計が刻々と刻むものだけじゃない、実は。
タイミング、というイング系にすると時を自由に扱える。
リズムという周期感覚にすると予知することもできる。
できる人間とはこういう感覚がある人のことを言うのじゃないかな。

ある本から引用……
イチローがオバマさんのサインが欲しいなと思った
偶然にオバマさんの足下にイチローのボールがコロコロと。
すると、大統領が
「このボールにサインして返そうか?」

イチローが思考したのは数週間前だったそうで
シンクロしたのは時をその時戻したんだろうって…(^

時計ではない宇宙から与えられてきた、自分の時間の中を自由自在に生きる
この感覚、取得したらまたお知らせします(^^;)






Last updated  2010.03.11 13:16:35
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.09
カテゴリ:マヤ
最近むちゃくちゃ古代マヤの暦を検証中のUreさんは
先日東京でYOUareEARTHの篠崎由羅さんとハートアートのことでお会いしました。
そこが開催するシンポジウムのエハン・デラヴイさんのブログを拝見していたら
このようなマヤのピラミッドに遭遇。
シンクロ…?
国会議事堂設計者不明(いろいろな説)というのが最も謎です。

国会議事堂.jpg






Last updated  2010.03.09 22:00:15
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

Profile


Ure

Calendar

Favorite Blog

★新型コロナウイルス… New! みお&ゆきさん

なにが見えてる? nannzanwomiruさん
ほん本ほん 心のままさん
Higher than BLUE amanita93さん
サインワールド Black and Blueさん
~地図にないMIU… rirumiuさん

Recent Posts

Comments

lala@ おばさんのはなし  その叔母の仮設住宅を訪ね、その御位牌…
Ure@ Re[1]:今日は天皇誕生日ですね。(12/23) みお&ゆきさん こんにちは、本当に大変な…
みお&ゆき@ Re:今日は天皇誕生日ですね。(12/23) 髪型も表情もよく似ていらっしゃいますね…
Ure@ Re:みおです 下記感想入れてきました(07/16) みお&ゆきさん フムー、そうだねーーー遠…
みお&ゆき@ みおです 下記感想入れてきました 師匠のブログ経由で拝見しましたが、師匠…

Category

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.