016018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

佐賀在住ランナーのランニングブログ(備忘録)

PR

X

サイド自由欄

プロフィール


佐賀在住ランナー

カレンダー

バックナンバー

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.06.25
XML

LT(閾値)ランニングとは?

持久力向上に適したトレーニング「LT(閾値)ランニング」について解説していきます。


【HRmax(最大心拍数)%】

​LT(閾値)ランニングはHRmax「88~92%」で行います。
感覚でいうと「快適なきつさ」(曖昧だよね?)
比較的早く走ってるが、練習なら20~30分、レースなら60分間維持できるペースだとか。。。
分かりずらいからHRmax%を参考にした方がいいかもね。
HRmax%の計算方法はこちらから↓
ランニング強度の目安となる最大心拍数とは?    

【時間or距離】

20分間or週間走行距離の10%いずれかの短い方

【練習効果】

​・血中の乳酸を除去しし、十分処理できる濃度に抑える能力を高める
=LT(ランニングペースをあげていった時に血中の乳酸が急増するポイント)を上げる
=速いペースでも有酸素運動できるようになる
→持久力の向上(比較的長い時間、維持できるペースが向上する)​

【注意点】

​・「きつい」ではなく、「快適なきつさ」が適正ペース(曖昧だよね)
・終わるのが待ち遠しいペース&かなりの距離を持ちこたえられるペース(これも曖昧。。。)
→きつきもちいいぐらいかな?個人の判断に任せます(笑)

【筆者の場合】
頻度的には2週間に1回ぐらいから初めて、秋にかけて徐々に増やしていこうかなって感じっす。
HRmax「88~92%」だったり、「快適なきつさ」だったり、初めての人はペースが分かり辛いトレーニングメニューとなっております。
初回は自分なりの「快適なきつさ」で走ってみて、HRがどれぐらいか確認するにだけにして、次回以降にペースを修正して本格的なLTトレーニングに取り組むことをお勧めします。
(筆者の場合は最初からHRをHRmax88%以上に持っていこうとして、オーバーペースになり練習になりませんでした。。。同じ轍を踏まないようにしてください。その際の記事はこちらから↓)
「LT(閾値)ランニング」180spm以上&170bpm&10分間走【20190623】        

フルマラソンを走ろうと思っている人はLTペース=マラソンペースということを覚えておいて損はないですよ!つまり、曖昧極まわりない「快適なきつさ」で走っていれば、そのペースが徐々に上がっていくということです。
まずは、前回のマラソンペースから始めていけば徐々にLTペースが上がっていって、マラソンのゴールタイムも速くなると・・・思います!

マラソンランナーの方は常に本番で走りたいペースを意識して日々の練習に励みましょう!

kNOw PAIN kNOw GAIN!
犠牲なくして成功なし!成功を知っている者は犠牲の仕方も知っている!     


にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村







最終更新日  2019.06.26 00:21:19
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.