コア・トランスフォーメーション日記

NLPってなんだ?

NLPとは、難しく言うと神経言語プログラミングといいます。
簡単に言うと、脳の言葉であるイメージや5感を使って、
新しく好ましい選択肢を増やす技法です。

普段気づかないでやってる癖や行動パターンを、いったい何でそうなってるのか調べ、もっといいものに変えたりできます。

元々は、心理療法の研究から出発したのですが、現在は心理療法にとどまらず、研究や実践が進められています。

ふつうのカウンセリングと違うのは、短期間で成果を上げるところです。
過去のイヤな思い出を延々思い出すような事はなく、
時には一瞬で恐怖症がなくなってしまうような事もあります。

一般に書店にある本では、ベーシックな初期の技法が紹介されています。
相手と呼吸や姿勢を合わせるペーシングや、信頼関係づくりの技法。
自分や相手のが、どのような感覚(5感)を使っているか、
目の動きで解読します。

そういったベーシックな技法を、
営業で使おうなどという本もありますが、
はっきり言ってオススメしません。

日常生活で使いこなすのは、相当大変です。
役には立ちますが、よっぽど才能がないとできないと思います。
そもそもが心理療法から発見された技法なので、
ベーシックな技法は、そういう特別な役割に適しているからです。

それよりも、NLPを自分に使った方が、よっぽど役立ちます。
特に、イヤなことを思い出したり、葛藤があったりすること。
たばこをやめたいことにも、効果を発揮します。

でも、とてもすばらしNLPですが、実は不満がありました。

最新の技法は、ちっとも翻訳されないのです。
天才の戦略なんていうのもあるんです…。
天才がどんな頭の使い方をして、それをどうやったら自分にも使えるか、
興味深いです。

そして、もう一つの不満は、どうしても狭すぎるところです。
何か具体的な事に対して、明確に反応を変えたりする事はできるのですが、
長続きしない場合もあります。もちろん理由は色々あるんですが…。
それはなんでなのか?いったいどうしたらいいのかが、
見えてこなかったからです。

そして、NLPが人生の指針にはならないことも、不満でした。
何かの術ではあっても道ではない。非常に日本的な言い方ですが、
道になる部分が、NLPには必要だと思っていたのです。

そんな時に待望の、コア・トランスフォーメーションが翻訳されました。
これで、道という方向性を実現できるのではないかと、
非常に期待しています(*⌒▽⌒*)ノ


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.