コア・トランスフォーメーション日記

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

2010年08月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりのコアトラ。
お題は、なんかあったま来てしまう瞬間。


今回はライブではなく、床に一つ一つ、パートの欲しい物を書いて位置移動しながらやってみた。これが、かなりいい!

なにより、忘れないし一個一個の場所から、先に進んでいる感覚がある。
そして、コアステートを持った状態で、遡るときに、
コアから始めるとどういう体験になるかを、じっくり時間取れる。

さらに、元の場所に戻ったときに、90度回転して未来と過去のタイムラインを決めて、親のタイムラインの再体験まで、一連の流れで可能だった。

背中のゆるみ加減、肌の色の変化、意識しないのに穏やかな言葉遣い。
決してハイテンションではないんだけど、なんか雰囲気変わったねと言われた。

これが、このまま何日持つのかは、お楽しみ。

昨日の日記で、若干コアトラのめんどくささを書いたけれど、
いや、何て言うか深い感じするわ。
久しぶりに本格的にみっちりやったら、ものすごい可能性を感じた。

コーチングでは、目の前の問題をどうやって対応するかハッキリさせるけど、
コアトラでは、無意識から行動を変える方を重視している。
それぞれの特徴として、相互補完が可能かと思う。

んー、コアトラを受けてみようかな。
人にやってもらうと、それも又違う体験ができるかもしれない。





















最終更新日  2010年08月23日 22時15分04秒
コメント(2) | コメントを書く


2010年08月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
日記を4年もほっておいたら、すごいことになってる。
コメントがメチャクチャ(ToT)

そして、4年の歳月の間にコアトラ認定コースなんかができていて、
世の中変わったよね。

NLPもすっかり資格商法になってしまっていて、ゲンナリですよ。


さてさて、私はといえば久々に読み返した日記を見て、
うはー、すごい効果出てるってあらためて実感した。

今じゃ、すっかり嫌でもない事が、当時は嫌だったんだねぇ。
コアトラすごい。

でも、それでは飽き足らなくて、結局会社辞めてコーチになった。
そして、コアトラの肝だったリアルな思い出しが、
最も重要だったって事が、コーチの学習を通してよくわかった。

さらに、コアまで行くよりも簡単に済ませた方が、
現実的な変化を起こすことができる場合もあるってのもわかってきた。

特に会社の人間関係なんかは、コアトラより立場変換の方がいい。
コーチとしては、なるべく早く成果が出る方がいいから、
次の日に少しでも変化があって、長期的なやりたい目標を実感してもらわないとならない。

自己追求が好きな人ならまだしも、今の会社の人間関係を何とかしたいのであれば、組織的な部分の自己認識を変えた方が、やれることが見えてくる。

なにより、コアトラは今のところコアまで行かないと、成果を出すのが難しいんだけど、コーチングは一個一個進めていける。
そして、一人一人のやりたい事に合わせられるので、コアトラのように型にはめなくても済む。それがいいところもあるんだけどね。

やっぱ、肯定的意図を延々追っていくのが苦手な人もいるし、そもそも枝分かれが多いと混乱したり、うんざりするでしょ?

コアまで行かないと変わらない事もあるけど、そこまで行かなくても変えられることもある。今ぶつかってるのがどのレベルかによって、変わるよね。
まぁ、そんな感じで久々に、自分の日記でコアトラの結果に驚いたわけです。

4年前と比べて、今の自分はものすごい安定感と、へこたれなさを持ってるんだなぁと、ちょっと自信ついちゃった(^u^)






















最終更新日  2010年08月21日 00時55分45秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年11月05日
最近は、頑張ってコアトラをやろうという気負いはほとんどなくなって、
なーんとなく、日常でコアトラっぽく考える程度です。

でも、プログラムは外部公開しないなら書けるレベルになったし、
苦手意識を変えることや気持ちの安定には、非常に役立ってるなぁと思います。

なにより、何かが生じた時も、コアトラやれば落ち着けるという安心感がデカイ!

諦められるようになったというのは、いい事なのかは微妙ですが、
現実の仕事の場面では、非常に有効です。

実は、まだ会社は辞めてません。

上司が暴走して、中途半端な新規事業を次々立ち上げ、
それに意見したら干され、気分で賞与削られ、あげくに上司は辞職。
事業整理の後始末に追われる日々が、ほぼ終わったところです。

コアトラやってなかったら、正直とても耐えられたもんじゃなかったです。

で、最近犬飼ターボさんの本を読んだら、
コアトラではないんですが、NLPの2つのパートを合体させる、
ビジュアルスクワッシュの技法が出ていました。

そのなかの、「がまん」と「ひっつき」の説明がわかりやすかった。

本の中では、「がまん」はマーズ(星占いで言うところの火星パワー)
「ひっつき」はヴィーナス(星占いで言うところの金星)で例えられていました。

なるほど、うまい例え方だなぁと。

ロゴスとエロス
論理と感情
男性性と女性性
父親と母親

普段で使っている言葉は、どうも論理が先行して、
しっくりこないなぁと思っていたところだったので、
いただき!なーんて思ってしまいました。

あと、ハートが欠けている下りの部分は、
簡単ですがコアトラの元になっている、
肯定的意図を探すことが描かれていました。

コアトラ本の技法的な部分から「あ、なるほど!」と、
腹に落とすのに役に立つ本だと思います。

最近同僚に丸くなったねぇと言われたり、
色々なグチを話してくれる人が増えました。

おそらく、ちょっと前は「がまん」がたっぷり出ていたんだと思います。
それは、初めての就職の時、自分を変える為に友人との連絡を絶つ!
そんな決意をした事が、大きな原因だと思います。

平和で楽しいけど、ダラダラと何ら生産的でなかった学生時代の気分を、
断ち切るというのは、まさにヴィーナスを切り離した瞬間です。
当然「がまん」街道一直線(^。^)

いくら働いても、幸せを感じないわけです。
そこから、サラリーマンは奴隷だという世界観が形成されてしまうとは、
夢にも思いませんでした…。

ここまで簡単に説明している犬飼ターボさんの作品ですが、
深い部分についての変化は、さすがにちらっとさわった程度でした。

でも、深い部分は自覚できない。
何故かイライラする他人としてしか感じられないと言うのは、
これまた、非常にうまい説明だなぁと思います。

なかなか自分を許すことのできない人に対しての、
解決志向的な質問も、言い回しが非常に的確です。

無理な相談かもしれませんが、オレンジレッスン2で、
さらなる深い問題解決にあたって、
コアトラを描いてくれたらなぁなどと、
思ってみたりしてます。

オレンジレッスン。
オレンジレッスン。






最終更新日  2006年11月05日 13時02分33秒
コメント(59) | コメントを書く
2005年04月09日
一昨日のコアトラ、どうもうまくいってない(TT)
反省点は、学生時代のやな事を思い出したのに、
それを分岐として扱わなかった所だと思われる。

パンドラの箱を開けた感じ…。

一昨日から、居心地が悪くなった来た。
なにか落ち着かない。

そういえば、学生時代は勉強が嫌だった。
無意味に暗記させられるのが、何よりムカついた。
仕事でも勉強はしなければならないんだけど、
実地とセットでやる場合は、違う回路が働くのか、
まぁ、必要な分はやる。

しかし、暗記能力はあって得するのは間違いないし、
学習効率も上がるだろう事は、想像に難くない。

英単語の暗記とかも嫌だったなぁ、
プログラムは英語…。

まぁ、避けては通れないなぁ。
ってことで、まずはこの何か落ち着かない感じを、
コア・トランスフォーメーションしてみる。
------------------------------------
■なにか、落ち着かない感じ。
(背中の中央辺り、やや左寄りにピリピリしているような違和感。
 同時に鳩尾が少しキューッと絞まる。その感じを感じないように、
 体を固めているのでそのパートに挨拶をしてみる。
 胸の重みに変化した、これはかなりやな感じだ…。)

・胸の重みに、何をしてくれようとしているか聞く。

●やる気をなくさせる。(否定的表現)
・やる気をなくすことで得られるいいことは何ですか?

●嫌なことをやらなくて済む。(否定的表現)
・嫌なことをやらなくて済むと、どんないいことがありますか?

●自分に選択権があることを証明できる。(ここでやっと肯定的表現)
(自尊心と自由の問題らしい。学校の宿題がそういうところに引っかかってたのかと、
 妙に納得する。今は、学校の先生も40人を管理する立場で、
 学校側からも評価されるとはわかるが、子供の時はそう思えなかった。
 自由に宿題を出して、期日を指定してやらせる権力者だったわけだ。
 気分や機嫌で宿題の量も変わるし、全員に一律だった。
 学習能力の向上もあるだろうが、管理の楽さや、
 パワーハラスメントな部分も含まれていて、それがやだったんだと思う。
 宿題やらないと体罰もあったし…。)

・自分に選択権があることを証明できると得られるより高い目的はなんですか?

●自己主張が出来る。
(社会主義か民主主義かという話になってきた(^^;)
 選択権がなければ、当然自分の意見など言えないわけで、
 どんなばかばかしい規則も、強制的に黙って従う他ない。
 ズボンの長さだとか、髪の毛の長さだとか、通学用のかばんだとか…。)

・自己主張が出来ると得られる、より高い目的は何ですか?

●自分らしくいられる。
(好きなステッカーを学生鞄に貼ることやら、リュックで登校することやら、
 大した自己主張でもないけど、そんなことが自分らしさの一つの現れだと思う。
 そして、その中から特に自分にとって重要ならしさが身に付くんではないだろうか?
 もちろん、社会人となった今も変わらないところだし、
 さらに、仕事やライフスタイルの選択も、自分らしさを形作っている。)

・自分らしくいられると得られる、より高い目的は何ですか?
---------------------------------------
■じゃまするパート発生! 
自分らしい仕事に引っかかったようだ(^^;)
あと、自分らしくいられるために、お金がかかることもある…。

●自分らしくいると金稼げないじゃん!(否定的表現)
(自分の好きな絵を描くより、クライアントの意向を反映しないと、
 ネームバリューが出来るまでは、なかなか仕事にはならない。
 ネームバリューも出来るかどうかわからない。
 とりあえず、すぐにはお金にならない。そんな意味。)

・金を稼げたら、どんないいことがありますか?(asifでリフレーム)

●意味を感じる。
(お愛想は言ってくれても、赤の他人が、なかなかお金はくれない。
 社会的評価や必要性、役立っていることの客観的評価として、
 お金を指標としているらしい。だから、意味があるとなってるようだ。
 これだと、ボランティアや下積みや練習や親切は、
 このパートには、意味がないことになるだろうな…。)

・意味を感じることで得られる、より高い目的は何ですか?

●積極的になれる。

・積極的になれることで得られる、より高い目的は何ですか?

●一見無駄なことにも、労力をかけられる。
(直接的に効果がなくても、間接的に、将来的に役立ちそうなことも、
 ちょっとでも役に立ちそうなら、ドンドンできるという意味。)

・一見無駄なことにも、労力をかけられる。より高い目的は何ですか?

●地力がつく。
(周辺領域も含めた経験や知識がつくこと。
 ベテランになるとか、詳しくなるとか。
 引き出しが増えるような意味。小さなノウハウが沢山身についてる状態。)

・地力がつくと得られるより高い目的はなんですか?

●安定して成果を出せる。

・安定して成果が出せることで得られる、より高い目的はなんですか?

●落ち着く。(コア)
(安心感でもあり、信用を得ることでもあり、背筋が伸び、下腹がしっかりする。
 ホッと安心した以上の、ゆったりと深い落ち着き。とてもいい感じ♪)

※ここから、さかのぼる。で、再開
-------------------------------------
・自分らしくいられると得られる、より高い目的は何ですか?

●居心地が良くなる。

・居心地が良くなると得られる、より高い目的は何ですか?

●自分のことが、わかってもらえる。
(自分の表現やあり方が、そのまま出せるので、
 当然だれがみてもわかりやすい(^。^)

・自分のことが、わかってもらえる。事で得られるより高い目的はなんですか?

●人間関係が楽になる。
(誤解もされないし、間違っても修復も楽になる。
 なにより、意識的な構築ではなく、自然に出来る。)

・人間関係が楽になる。事で得られるより高い目的はなんですか?

●気を使わないで、正直でいられる。

・気を使わないで、正直でいられることで得られる、より高い目的はなんですか?

●一体感を感じる。

・一体感を感じると得られる、より高い目的はなんですか?

●聖なる感じ。完全な感じ。

・聖なる感じ。完全な感じ。を感じることで得られる、より高い目的は何ですか?

●喜び(コア)

-----------------------------------
なんだか、最後は宗教的な感じになった。

【喜び】

でも、特定の宗教観と結びついているわけでなくて、
ただ、高揚感であり広がりであり、光る感じでもある。
ただ喜びなのだ。

特に、誰かといて、非常にいい感じになった時のことを思い出したが、
それら全ての共通する感じのようだ。

これは、そもそも一昨日のコアトラとか、
学生時代の勉強が嫌だった事と、どう繋がるのかてんでわからない(爆)
とりあえず、今回はここまで。
昼間にやった方が、時間に追われない分落ち着いてできた気がする。













最終更新日  2005年04月09日 18時28分48秒
コメント(1) | コメントを書く
2005年04月06日
プログラムが書けたらいいなぁ~♪
そんなことを思って、一体何冊の本を買っただろう。
C言語、javascript、JAVA、php、VB、VBA、actionscript…。
どれも3日と持たないで挫折。

とにかく動かないのが嫌で、コマンドを打ち込むのが嫌、
コマンドを覚えるのも嫌。
そんなことでは、出来るわけがない。

でも、プログラムを書きたい…。

で、何か妙なイライラ感があることに気がついた。
綴りを間違うとイライラ。
動かないとイライラ。
細かいところを、いちいちチェックされて、
否定されているような感じになっているみたいだ。

間違ってるってわかるなら、児童でなおして欲しい!(爆)

残念ながらまだ、開発環境はここまで進化していない。


しかし、会社のプログラマーが退社することになった。
社内で、他にやろうとする人間もいない。
自分に出来るのか?
挫折続きで、この先もやれるかどうか不安。
まぁ、プログラム専門会社ではないので、
そんなに大げさなことではないんだけれど…。

で、コアトラせざる負えない事になった。
---------------------------------------
■プログラムの勉強しているとイライラする!
そのパートに挨拶して肯定的意図を探す。
・イライラすることで何をしようとしてくれていますか?

●自由になる。
(うわー、やな事を思い出した。中学の英語の宿題、国語の感じテスト…。
 あの時の、毎時間宿題とテストの繰り返しの緊張感や強制感を感じているらしい。)

・自由になることで得られる、より高い目的は何ですか?

●広くて高い視野が得られる。

・広くて高い視野によって得られる、より高い目的は何ですか?

●瞑想状態(コア)
ここから逆にさかのぼる。

---------------------
あれ?今日はあっけないほど短く終わってしまった…。
これでいいのか、ちょっと心配。
プログラムの勉強が、何か変化したかは、
明日検証してみます(^^;)









最終更新日  2005年04月07日 03時49分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年04月03日
鳴かず飛ばずの新規事業の部署で、文句タラタラやっていて、
コアトラで何か変化が起こらないかとやってみたら、
3月度は、前月比900%アップ!(元々少ないから伸び率がでかい)

事業化目標値の14.6%までこぎ着けた!ので、ご報告。

心理系の「信じれば成功する」とか、
根性系の「成功するまで頑張れ」とか、
疲れちゃうし、それでできれば苦労しない。

自己啓発セミナーで感動しても、短期的に営業がんばれるようになっても、
継続的にそのままでいられるのは難しい。無理するからね。

コア・トランスフォーメーションのいいところは、
自分で出来るからお金がかからないことも大事だけど、
細かいことを考えず、日常の心の引っかかりをコアトラすれば、
あとは、自然に自分が変化する事だと思う。

それだけだと宗教と同じになる。
心の平安だけでは生きていけない。
仕事では、数字で成果を問われてしまうのだ(TT)

で、コアトラは職場のコミュニケーションに役に立つのは、
心理学系なので当たり前だが、売り上げにも効果があるかやった。

仕事の成果がでない…。そんなことにコア…

ちょうど新規事業が鳴かず飛ばずで、どうにもならないと思っているから、
効果があれば、今後のコアトラの励みもなるでしょ(^^;)。

当たり前だけど、仕事も人間がやっているから、
自分のメンタルなところが変われば、仕事のやり方も変わって、
現実の数字に結果もでる実証が出来ると、実証できたらいいなぁ~。
で、一応こうなった。

コアトラで売り上げが上がったぞ!

結果的に3月は事業化目標の14.6%を達成。
コアトラやったのが、3月3日なので大満足である。
途中、変な気分落ち込みもあって、それもコアトラしたので、
新規事業に関しては、コアトラを2回やったことになる。

今後も、仕事の成果に繋がるコアトラをやっていくと、
どうなってくれるか楽しみだ。

冷静に考えると900%の伸び率を維持するのはありえないし、
5月中に事業化目標を達成するのは無理だと思う。

10%ずつ上がったとしても、9ヶ月かかるので、
事業化するまで気長に出来るかどうかは、
経営者の胸先三寸って所だ…。
片手間の仕事なので、本業が忙しくなれば出来なくなってしまう。

しかし、鳴かず飛ばずの閉塞感から、
14.6%という数字としては微々たる数だとしても、
変化があったのは、仕事に手応えを感じるすばらしい変化。

それと、一人で出来る範囲なので、
メンバーや上司とのコミュニケーションに障害がなかった。
本業の方でコアトラでやるには、
当然2回で明確な数字の成果が出るかどうかわからない。

今後は、安定している本業でより成果のでるコアトラをやるか、
新規事業を継続するために、経営者に話が通じない部分をコアトラするか、
悩みどころだ。








最終更新日  2005年04月03日 21時51分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年03月21日
なにかする、どこか行くのは、おっくう。
でも、家にいても、どこかつまんない。

こう、パーっと生活が変わるような、
すごく面白いことないかな~。

なんていう期待のような、諦めてるような、
もやもやした気持ちで三連休を過ごした。

いや、実は久しぶりに友達と会って、
gameに燃えて、その後も流れで三国無双4にはまってしまった。
だが、初代三国無双ほど面白くないのだ。

面白くないけど、12時間ついついやってしまう…。

自分が代替え満足に浸っているなぁと思いつつ、
コアトラもせずにダラダラ過ごしてしまったのは、
ちょっと残念だったかもしれないと、
この日記を書いている今、ようやく思いいたる…。(遅い?)

ってことで、面白くもないゲームにはまるコアトラをやってみる。
------------------------------------
■面白くないのに三国無双4をついついやってしまう。
・三国無双4をやると、どんないいことがありますか?

●とりあえず先に進める。
(あー、現実生活では、ゲームほど短時間の間で明確には、先に進めない。
 先に進んでるって実感が欲しいのか?)

・とりあえず先に進むめる、どんな目的が得られますか?

●次にやりたいことが明確になる。
(あー、アイテム取ったりすると、その威力を試したくなる。
 取れなければ、次でそれを取りたくなるってことですね。)

・次にやりたいことが明確になると得られる、より高い目的は何ですか?

●とりあえず、それを達成する。

・とりあえず、それを達成する。と得られる目的は何ですか?

●達成感を感じる。
(あー、ここで何か日常生活に足りないものが明確になった。
 コアトラとは少しずれるけれど、コーチングとか目標達成だったら、
 ここまでで十分目標を設定できそう。)

・達成感を感じる。と得られる目的は何ですか?

●やる気がでる。
(自分の力でできたから、この先もできるだろうと言う実感です。
 ゲームでも難しすぎたら嫌になっちゃうし^^;)

・やる気がでる。と得られる目的は何ですか?

●積極的になれる。

・積極的になれる。と得られる目的は何ですか?

●自ずと動く。
(意識しなくても、すっと動き出せる状態です。)

・自ずと動く。と得られる目的は何ですか?

●新しい体験ができる。
(普段やっている範囲を越えて、何かを見に行ったり、
 やったことがないことをやったり、
 チャレンジしたりできる。しかも、それは頑張ってやるようなことではなく、
 やってみたいとか、欲しいとか、見たいとか、
 とてもシンプルな状態。)

・新しい体験ができる。と得られるより高い目的は何ですか?

●ワクワク・ドキドキ・感動する。
(誰かに話したくなる。
 特別のことでなくても、自分が新鮮に感るので、
 気持ちもいい意味で活性化される感じ。
 マンネリを打破したいのか?)

・ワクワク・ドキドキ・感動する。と得られるより高い目的は何ですか?

●生きている実感を感じる。
(うわ、急にディープな感じの所に来てしまった…。
 でもまぁ当たり前で、心臓がドキドキする時ほど、
 生きている実感がある。
 ジェットコースターやギャンブルなんて、最たるものだ。)

・生きている実感を感じると得られる、より高い目的は何ですか?

●元気がわき上がってくる!
(ぱーっと視界が明るくなって、胸から上がすーっと軽くなって、
 下っ腹はしっかりしている感じ。手先足先まで、なにか血が通ってる。)

・元気がわき上がってくる!と得られる、より高い目的は何ですか?

●楽しくなる!

・楽しくなる!と得られる、より高い目的は何ですか?

●心を開ける。

・心を開ける。と得られる、より高い目的は何ですか?

●神を受け入れられる。

・神を受け入れられる。と得られる、より高い目的は何ですか?

●心の底から落ち着く。(コア)

ここから逆にさかのぼっていく。
やばい、5時すぎてしまったので、
今日かここまで(TT)
 



















































最終更新日  2005年03月22日 05時13分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月16日
新規事業準備は、遅々としながらも進んでいるのだが、
5倍も10倍も数字が出てきて、

『欲を出してこのまま行ったらすごい!』

などと、捕らぬ狸の皮算用を楽しんだ次の日、
通常レベルのちょっといい程度の売り上げに落ちた…。

ショック、俺の夢も希望も、全てが頭から押しつぶされる感じ。
もうダメダ、これ以上やっても意味がない。
やっぱりダメだったんだ。こんなもんだ。失敗だ…。



などと、部屋で倒れ込みながら落ち込むこと5分。

あー、こういうのこそ、コアトラだな!
そう思えるのが、嬉しかった(^。^)


実は、手前勝手な理想パターンから見れば、
確かに夢やぶれる状態なのだが、
元々、虫が良すぎる皮算用で、現実的でないのは、
100も承知だったはず。

そう思いながらも、何となく期待がドンドン膨らんでいたようだ。

平常、実績のいい状態が毎日続けば、それを成功というのだが、
5倍も10倍も延びた日があると、ついつい期待してしまう。

で、意味なくショックを受ける感じを、
コア・トランスフォーメーションする。

-------------------------------------
■思ったようにうまくいかないショック状態。
(頭の上から重しを載せられたように、思い。
 越えられない壁が目の前に立ちはだかり、
 上から大きな石を落とされて、押しつぶされている様な感じ。)

・ショックを受けることで得られるいいことは、なんですか?
(当所、この部分が結構迷った。 まぁ、コアトラ唯一の一番辛いところだし、
 致し方ないのだが、ショック状態の中では、なかなかパートを受け入れられない。)

●むやみに動かないようにする。
(え?一瞬なにを言っているのかわからなかった。
 ショックを受けて動けなくなっているのは、嫌なことだったのに、
 それが目的だったとは…。)

--------------------------------
むやみに動かないを、指示的な言葉に入れ替える。 
「何々ではない。」の形式の言葉は、何を指すのかがわからないので、
「何々である。」の形式に、パートと話し合って変更する。

むやみに動かない→じっとしている。
--------------------------------

・じっとしているとどう成れますか?(以後、今回は質問の言葉をカスタマイズ実験)

●冷静になれる。
(なるほど、売り上げが思うように伸びなくて、焦って色々やったり、
 早合点するのを、とりあえず防ごうとしてくれているらしい。)

・冷静になる目的はなんですか?

●対策を考えられる。
(冷静になると、今うまくいかない穴や季節変動、曜日変動などの要因や、
 そもそも、期待値が大きすぎるなど、判断も出来る。)

・対策を考えると、どうなれますか?

●何もわかっていない事を思い出す。
(NLPでも、相手のことを何もわかっていないつもりで、
 話を聞くことを重要視する。なんでもそうだ。
 自分の期待や予測を脇に置いておくことで、
 あたりまえの事実に初めて気がついたりする。)

・何もわかっていない事を思い出す目的はなんですか?

●偏見のない目で見られる。
(これが結構大事。NLPで相手の心の内容を予測するなと言う。
 勝手に相手の気持ちを決めつけるのは、だいたい当たらない。
 顔の表情がどういう意味を持つのか、笑顔一つとっても、
 かなり多様な意味合いを持つので、一つ一つ確認をしないと、
 本当のところはわからないのを知った。)

・見のない目で見る目的はなんですか?

●どんな結果も受け入れられる。
(NLPの話ばかりで恐縮だが、NLPではどんな結果もフィードバックだと言う。
 何かのアクションで得られる結果がどんなものか、それだけだと。
 うまくいかない方法を発見したので、
 欲しい結果が出なければ、別の方法をすればいいだけと言うことだ。)

・どんな結果も受け入れられると、どんないいことがありますか?

●リラックスできる。
(何に対しても、最近リラックスできるようになってきた。
 これは、コアトラのすごい成果だと思ってる。
 リラックスしてやることは大事だと思っていたが、
 自分の言葉でいうとそれは、緊張感がないという言葉になった。
 如何にわざわざリラックスしないように、自分に緊張を強いていたかの証拠だった。
 きつくはないが、緊張感を持っていないと罪悪感を感じるようなので、
 そのうちこのパートもコアトラした方がいいだろうと思う。)

・リラックスできると得られる、より高い目的はなんですか?

●柔軟になれる。
(臨機応変に対応できると言う意味。
 波動と言う言葉にはアレルギーがあるのだが、
『波動干渉と波動共鳴』と言う本を読んで、
 その柔軟性に結構驚いた。
 安藤隆という著者は、いろいろな事をやっているみたいだけれど、
 この本の内容は、ほとんど波動という言葉でNLPやってる。
 ハッキリって読みこなすのは難解だけれども、
 何度も読み返して、仕組みを理解すると、柔軟さにすごく役立った。)

・柔軟になれると、どんないいことがありますか?

●流れに沿える。
(目の前で起こってることが全てで、その出来事に合わせて、
 自分のやり方を変化させていくこと。
 髭を剃るときに、髭の生えている向きに合わせて、
 剃る方向を変えると、うまくそれる。
 そんな感じで、自分の姿勢や心構え、やり方を変化させる。)

・流れに沿える。と、どんないいことがありますか?

●楽に進んでいける。

・楽に進んでいける。と得られる、より高い目的は何ですか?

●何も考えない。

----------------------------
・何も考えない。とは、何をしている状態ですか?
(「何々ない。」形だったので、指示系に言い直す。)

●感じることに集中する。
(見えるもの、聞こえる音、体の感じ、そして浮かんでくる、
 内的イメージや感覚に集中する。)
----------------------------

・感じることに集中する。と手に入る、より高い目的はなんですか?

●無(コア)
(白い光のような、すごく気持ちいい感じ。
 前に書いたコアの無とは、ちょっと違って、
 暖かいような、やさしい感じもある。)

ここからさかのぼって行く。(省略)

---------------------------------------
いつも思うが、コアトラが明確にこれに効いたとわかるのは、
とても難しい。あまりに自然で、問題があったこと自体を忘れるからだ。
今回のコアトラも、次回同じような時にショック受けなかったら、
まったく気がつかずに、そのままの日常生活が進行する気がする。

効いているほどわからないとは、
うまくいったセラピーの特徴でもあるが、
なんとも皮肉なものだ。

そうそう、他人にコアトラをやったら、
一番最初の問題のパートがやろうとしている、
目的と行動を分けることが、
結構難しいらしいと教えられた。
コアトラの本だけだと、そこはわかりにくいのだろうか?



































最終更新日  2005年03月17日 04時22分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月12日
そうそう、3月3日の「仕事の成果が出ない」というコアトラだが、
成果が出た!確実に出たと言える変化があった。
詳しくは言えないが、計画を実行して確実な結果を出せる証拠が手に入ったのだ。

3月3日のコアトラ以後、地力を上げる様な方向で業務を進めていたら、
鳴かず飛ばずだったものが、12日の今日には、
イベントや広告費とかは一切なしで、
事業化月間目標値の5%の成果が上がったのだ。

今までは、イベントの予算組んで7%どまり(利益なし)。
通常2%を越えたことはない。

あと、18日あるのでこのまま行ければ、
10%ないし20%の成果は出るだろう。
しかも、イベントや広告予算は組んでないのだ!

実は、3年ほど前から多少なりとも同様の事をやっていて、
あまりの成果のなさに、事業化を見送っていた案件。

今月の成果いかんでは、再来月には事業化目標値を狙える可能性も出てきた。
もう、正直いって驚くやら、嬉しいやら、平常心ではいられない。(^。^)y

コアトラによってやり方を変えたし、
自分の感情も変化したからこそ、
この成果に結びついたと言えるだけに、ちょっとビビってもいる。

コアトラ効きすぎだ!

まぁ、まだ数日の成果だけなので、あまり楽観視は出来ないが、
現実の数字として成果が出たことをご報告いたします。






最終更新日  2005年03月13日 04時09分49秒
コメント(0) | コメントを書く
音楽なんて聴いたって、何の役にも立たない。
聴いて終わりじゃないか。
その時間に、何か生産したわけでもない。

コンサート行って、騒いで、憂さ晴らししておしまい。
酒飲んでクダマクのと同じぐらいの価値しかない。
まったくもって下らない。
あんな物に夢中になるのは、ばかばかしいことだ。
ましてや、CDを沢山買ったり、ライブに何万も費やしたり、
マスメディアに乗せられた、愚かな消費者行動だ。


って、本気で言ったら相当狂ってると思う(^^;)


だって、絵画だって見るだけ、映画だってビデオだって、
その他のあらゆる経験が、音楽と同じく時間体験なのだ。

音楽だけに、その無価値感を証明したい部分が、
残念ながら実はあるみたいだ。

音楽のことはよくわからない。
あまりCDも聴かない。
極力関わらないようにしていることを、
最近妻に指摘されてわかったのだ。


取り立てて日常で問題にならないが、
おそらく相当の楽しみも失っているだろう。
何より、音楽好きの妻と、音楽の話が出来ない。


そしてさらに、自分が最高潮に調子がいい時は、
音楽は欠かせない要素だったりする。
やたら聴きまくっているのだ。

(NLPで言うところの、VAKという3つの経験がそろって初めて、
 強烈な体験となるのは、間違いないと実感する。)


沢田研二
小沢健次
ブラインアン・イーノ
サザン
ウェス・モンゴメリ
ヴァンゲリス

これが、乏しいながら自分の好きだといえるアーティストだ。
すごく嫌いで、あんまり嫌いで、なんでこんなに嫌いなのか探るために、
沢山聴いてたら好きになったり。

よくわからないまま、いいよと言われてさんざん聴いてみたら、
なんか癖になったり。

特に能動的に音楽を探して見たわけでもないので、
正直このくらいしか知らないとも言える。
あまり聴いてないのだ。

で、まぁつべこべ言わず、コア・トランスフォーメーションしてみる。
---------------------------------------
■音楽なんか下らない!
 そういえば高校の頃、バンドやってる奴らとかがいたが、
 本気でプロになるわけでもないし、
 かといって勉強はおろそかにしているので、
 結構反感があった。

・音楽が下らないと決めると、どんないいことがありますか?
(まずはパートの肯定的な意図探し。鳩尾のあたりに黒っぽい固まりイメージ)

●劣等感を感じなくて済む。(いいこと出はないので、いいことにひっくり返す。)


・どうなることが出来ますか?

●平然としていられる。
(バンドやってる友達は、当然いろいろなバンドのことや曲を知っている。
 で、疎外感や劣等感を感じたんだと思われる。)

・平然としていられると得られるより高い目的はなんですか?

●高尚な人間でいられる。
(自分でもちょっと引く言葉だ。如何にこのころ劣等感があったかを思いしらされる。 
 劣等感を隠すために、俺はおまえらとは違って高尚だと思ってなければならない。)

・高尚な人間だと得られるより高い目的は?

●自分の好きな事だけやっていられる。
(他人の趣味に合わせる必要はない。しかし、同時に狭くなることでもある。
 まぁ、深く広くが理想だが、この考えだと狭すぎて、ちょっと窮屈。
 他の人から新しいおもしろさを教えてもらうことができない。)

・自分の好きな事だけやっていられる。より高い目的は?

●オリジナリティーを発揮できる。
(まぁ、そういえばそうだけど、嫌いなことをやることで見える、
 好きなことってのもあるから、好きな事だけやってオリジナリティーを、
 運良く見つけるのは、相当難しいだろうな…。我ながら、困ったものだ。)

・オリジナリティーを発揮できる。よりたかい目的は?
(ここでちょっと詰まる。最近は詰まると気分転換してしまうようになった。
 窓の外へ行って、外の景色を眺めて、全然関係ないことをしてきた。
 これでいいのかわからないが、その後はすんなり出てきた。)

●本当の自分を表現できる。
(うまくやるとか、上手にやるとか、出来なかったらどうしようとか、
 あらゆる作為のない状態での表現という意味。
 NLPで言うところの不一致のない状態やリソースフルな状態での表現)

・本当の自分を表現できる。より高い目的は?

●完全な状態
(自分と他人や、自分と物との隔たりがなくなる感じ。
 自分は肉体ではなく魂であり、他の人も魂であり、
 日常生活は、肉体によって行われてい事がわかっているような状態。)

・完全な状態だと得られるより高い目的は何ですか?

●自分の中に宇宙の全てがある感じ。
(これは面白い。自分の人型の中身が全宇宙なのだ。
 その外は、普通の日常=全宇宙なのだ。
 いわゆるフォログラム宇宙論の、すごく陳腐な表現なんだが、
 妙にリアルなイメージ)

・自分の中に宇宙の全てがある感じ。のより高い目的は何ですか?

●永遠の静けさ(コア)
(宇宙の紺色で深い部分があって、そこに静けさがある。
 やるらぎと言うと、どうも人間くさい感じがするが、
 静けさに人間らしさはほとんどないんだけど、
 人間らしくないわけでもない。)



※ここから戻るんだけど省略。

-------------------------------------

今日のコアトラは、頭がスッキリする。
音楽に対して、如何に変化があるか楽しみだ。






















最終更新日  2005年03月13日 02時35分38秒
コメント(2) | コメントを書く

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.