コア・トランスフォーメーション日記

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

カレンダー

日記/記事の投稿

2006年11月05日
XML
最近は、頑張ってコアトラをやろうという気負いはほとんどなくなって、
なーんとなく、日常でコアトラっぽく考える程度です。

でも、プログラムは外部公開しないなら書けるレベルになったし、
苦手意識を変えることや気持ちの安定には、非常に役立ってるなぁと思います。

なにより、何かが生じた時も、コアトラやれば落ち着けるという安心感がデカイ!

諦められるようになったというのは、いい事なのかは微妙ですが、
現実の仕事の場面では、非常に有効です。

実は、まだ会社は辞めてません。

上司が暴走して、中途半端な新規事業を次々立ち上げ、
それに意見したら干され、気分で賞与削られ、あげくに上司は辞職。
事業整理の後始末に追われる日々が、ほぼ終わったところです。

コアトラやってなかったら、正直とても耐えられたもんじゃなかったです。

で、最近犬飼ターボさんの本を読んだら、
コアトラではないんですが、NLPの2つのパートを合体させる、
ビジュアルスクワッシュの技法が出ていました。

そのなかの、「がまん」と「ひっつき」の説明がわかりやすかった。

本の中では、「がまん」はマーズ(星占いで言うところの火星パワー)
「ひっつき」はヴィーナス(星占いで言うところの金星)で例えられていました。

なるほど、うまい例え方だなぁと。

ロゴスとエロス
論理と感情
男性性と女性性
父親と母親

普段で使っている言葉は、どうも論理が先行して、
しっくりこないなぁと思っていたところだったので、
いただき!なーんて思ってしまいました。

あと、ハートが欠けている下りの部分は、
簡単ですがコアトラの元になっている、
肯定的意図を探すことが描かれていました。

コアトラ本の技法的な部分から「あ、なるほど!」と、
腹に落とすのに役に立つ本だと思います。

最近同僚に丸くなったねぇと言われたり、
色々なグチを話してくれる人が増えました。

おそらく、ちょっと前は「がまん」がたっぷり出ていたんだと思います。
それは、初めての就職の時、自分を変える為に友人との連絡を絶つ!
そんな決意をした事が、大きな原因だと思います。

平和で楽しいけど、ダラダラと何ら生産的でなかった学生時代の気分を、
断ち切るというのは、まさにヴィーナスを切り離した瞬間です。
当然「がまん」街道一直線(^。^)

いくら働いても、幸せを感じないわけです。
そこから、サラリーマンは奴隷だという世界観が形成されてしまうとは、
夢にも思いませんでした…。

ここまで簡単に説明している犬飼ターボさんの作品ですが、
深い部分についての変化は、さすがにちらっとさわった程度でした。

でも、深い部分は自覚できない。
何故かイライラする他人としてしか感じられないと言うのは、
これまた、非常にうまい説明だなぁと思います。

なかなか自分を許すことのできない人に対しての、
解決志向的な質問も、言い回しが非常に的確です。

無理な相談かもしれませんが、オレンジレッスン2で、
さらなる深い問題解決にあたって、
コアトラを描いてくれたらなぁなどと、
思ってみたりしてます。

オレンジレッスン。
オレンジレッスン。






最終更新日  2006年11月05日 13時02分33秒
コメント(59) | コメントを書く
[コア・トランスフォーメーション成果] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.