コア・トランスフォーメーション日記

全3件 (3件中 1-3件目)

1

コア・トランスフォーメーション成果

2006年11月05日
XML
最近は、頑張ってコアトラをやろうという気負いはほとんどなくなって、
なーんとなく、日常でコアトラっぽく考える程度です。

でも、プログラムは外部公開しないなら書けるレベルになったし、
苦手意識を変えることや気持ちの安定には、非常に役立ってるなぁと思います。

なにより、何かが生じた時も、コアトラやれば落ち着けるという安心感がデカイ!

諦められるようになったというのは、いい事なのかは微妙ですが、
現実の仕事の場面では、非常に有効です。

実は、まだ会社は辞めてません。

上司が暴走して、中途半端な新規事業を次々立ち上げ、
それに意見したら干され、気分で賞与削られ、あげくに上司は辞職。
事業整理の後始末に追われる日々が、ほぼ終わったところです。

コアトラやってなかったら、正直とても耐えられたもんじゃなかったです。

で、最近犬飼ターボさんの本を読んだら、
コアトラではないんですが、NLPの2つのパートを合体させる、
ビジュアルスクワッシュの技法が出ていました。

そのなかの、「がまん」と「ひっつき」の説明がわかりやすかった。

本の中では、「がまん」はマーズ(星占いで言うところの火星パワー)
「ひっつき」はヴィーナス(星占いで言うところの金星)で例えられていました。

なるほど、うまい例え方だなぁと。

ロゴスとエロス
論理と感情
男性性と女性性
父親と母親

普段で使っている言葉は、どうも論理が先行して、
しっくりこないなぁと思っていたところだったので、
いただき!なーんて思ってしまいました。

あと、ハートが欠けている下りの部分は、
簡単ですがコアトラの元になっている、
肯定的意図を探すことが描かれていました。

コアトラ本の技法的な部分から「あ、なるほど!」と、
腹に落とすのに役に立つ本だと思います。

最近同僚に丸くなったねぇと言われたり、
色々なグチを話してくれる人が増えました。

おそらく、ちょっと前は「がまん」がたっぷり出ていたんだと思います。
それは、初めての就職の時、自分を変える為に友人との連絡を絶つ!
そんな決意をした事が、大きな原因だと思います。

平和で楽しいけど、ダラダラと何ら生産的でなかった学生時代の気分を、
断ち切るというのは、まさにヴィーナスを切り離した瞬間です。
当然「がまん」街道一直線(^。^)

いくら働いても、幸せを感じないわけです。
そこから、サラリーマンは奴隷だという世界観が形成されてしまうとは、
夢にも思いませんでした…。

ここまで簡単に説明している犬飼ターボさんの作品ですが、
深い部分についての変化は、さすがにちらっとさわった程度でした。

でも、深い部分は自覚できない。
何故かイライラする他人としてしか感じられないと言うのは、
これまた、非常にうまい説明だなぁと思います。

なかなか自分を許すことのできない人に対しての、
解決志向的な質問も、言い回しが非常に的確です。

無理な相談かもしれませんが、オレンジレッスン2で、
さらなる深い問題解決にあたって、
コアトラを描いてくれたらなぁなどと、
思ってみたりしてます。

オレンジレッスン。
オレンジレッスン。






最終更新日  2006年11月05日 13時02分33秒
コメント(59) | コメントを書く


2005年04月03日
鳴かず飛ばずの新規事業の部署で、文句タラタラやっていて、
コアトラで何か変化が起こらないかとやってみたら、
3月度は、前月比900%アップ!(元々少ないから伸び率がでかい)

事業化目標値の14.6%までこぎ着けた!ので、ご報告。

心理系の「信じれば成功する」とか、
根性系の「成功するまで頑張れ」とか、
疲れちゃうし、それでできれば苦労しない。

自己啓発セミナーで感動しても、短期的に営業がんばれるようになっても、
継続的にそのままでいられるのは難しい。無理するからね。

コア・トランスフォーメーションのいいところは、
自分で出来るからお金がかからないことも大事だけど、
細かいことを考えず、日常の心の引っかかりをコアトラすれば、
あとは、自然に自分が変化する事だと思う。

それだけだと宗教と同じになる。
心の平安だけでは生きていけない。
仕事では、数字で成果を問われてしまうのだ(TT)

で、コアトラは職場のコミュニケーションに役に立つのは、
心理学系なので当たり前だが、売り上げにも効果があるかやった。

仕事の成果がでない…。そんなことにコア…

ちょうど新規事業が鳴かず飛ばずで、どうにもならないと思っているから、
効果があれば、今後のコアトラの励みもなるでしょ(^^;)。

当たり前だけど、仕事も人間がやっているから、
自分のメンタルなところが変われば、仕事のやり方も変わって、
現実の数字に結果もでる実証が出来ると、実証できたらいいなぁ~。
で、一応こうなった。

コアトラで売り上げが上がったぞ!

結果的に3月は事業化目標の14.6%を達成。
コアトラやったのが、3月3日なので大満足である。
途中、変な気分落ち込みもあって、それもコアトラしたので、
新規事業に関しては、コアトラを2回やったことになる。

今後も、仕事の成果に繋がるコアトラをやっていくと、
どうなってくれるか楽しみだ。

冷静に考えると900%の伸び率を維持するのはありえないし、
5月中に事業化目標を達成するのは無理だと思う。

10%ずつ上がったとしても、9ヶ月かかるので、
事業化するまで気長に出来るかどうかは、
経営者の胸先三寸って所だ…。
片手間の仕事なので、本業が忙しくなれば出来なくなってしまう。

しかし、鳴かず飛ばずの閉塞感から、
14.6%という数字としては微々たる数だとしても、
変化があったのは、仕事に手応えを感じるすばらしい変化。

それと、一人で出来る範囲なので、
メンバーや上司とのコミュニケーションに障害がなかった。
本業の方でコアトラでやるには、
当然2回で明確な数字の成果が出るかどうかわからない。

今後は、安定している本業でより成果のでるコアトラをやるか、
新規事業を継続するために、経営者に話が通じない部分をコアトラするか、
悩みどころだ。








最終更新日  2005年04月03日 21時51分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年03月12日
そうそう、3月3日の「仕事の成果が出ない」というコアトラだが、
成果が出た!確実に出たと言える変化があった。
詳しくは言えないが、計画を実行して確実な結果を出せる証拠が手に入ったのだ。

3月3日のコアトラ以後、地力を上げる様な方向で業務を進めていたら、
鳴かず飛ばずだったものが、12日の今日には、
イベントや広告費とかは一切なしで、
事業化月間目標値の5%の成果が上がったのだ。

今までは、イベントの予算組んで7%どまり(利益なし)。
通常2%を越えたことはない。

あと、18日あるのでこのまま行ければ、
10%ないし20%の成果は出るだろう。
しかも、イベントや広告予算は組んでないのだ!

実は、3年ほど前から多少なりとも同様の事をやっていて、
あまりの成果のなさに、事業化を見送っていた案件。

今月の成果いかんでは、再来月には事業化目標値を狙える可能性も出てきた。
もう、正直いって驚くやら、嬉しいやら、平常心ではいられない。(^。^)y

コアトラによってやり方を変えたし、
自分の感情も変化したからこそ、
この成果に結びついたと言えるだけに、ちょっとビビってもいる。

コアトラ効きすぎだ!

まぁ、まだ数日の成果だけなので、あまり楽観視は出来ないが、
現実の数字として成果が出たことをご報告いたします。






最終更新日  2005年03月13日 04時09分49秒
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.