264456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

蒼穹中毒 ver.blog

PR

全40件 (40件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >

スーパーヒーロータイム(07年の日曜特撮)

2007.11.25
XML

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その39 「ウロウロ!帰らない子供たち」
 メレの双幻士、ピクシー拳とユニコーン拳が登場。
 ……メレが四幻将になる前はこいつら主人不在だったのかな。二人とも謙った口調だが、心中では新参者のメレのことを敬っていないような気がするのは勘ぐりすぎだろうか。

 ミキの子のナツメが家出。原因はエッグタルト。
 そんなことで家出するなよ……。ジャンも迷惑してるじゃないか。反面教師としての立場だろうか。
 ミキの夫は顔出てないw むしろエッグタルト食ったのはこの親父じゃないかと思った。
 それにしてもレツの妄想吹いた。何エロいこと想像してるんだファンタスティックテクニック。

 ユニコーン拳の作戦は子どもを誘拐して親を困らせるという、かなりえげつないが悪の組織としては微妙なスケール。
 むしろミキの強さがハンパないですw 人間体のメレと互角以上ってどんだけ。
 サイダイオーまで乗っ取って、ケン涙目。
 ……前回といい今回といい、幻獣拳って軽いノリでやられるよなぁ。わざわざ双幻士だなんて冠つけずに、リンリンシーを次々とロンが血盟で幻獣拳士にパワーアップさせていく方式でいい気がする。

 キメラ拳の半身白虎さんは前から理央の記憶に出てきてた白虎のひと、ダン。
 ロンによって拉致&改造でもされたんだろうか。
 んでもって人間だったときの役は大葉健二さん! 若さってなんだギャバン!w 戦隊シリーズとしてはハリケンジャーのシュリケンジャー人間姿その1以来ですね。
 次回予告で急展開とのことだが、やっぱダンはジャンの血縁者かなー。

 EDはキャラソンに。
 これはいいCMですね。七番勝負ってことは理央やメレも歌うのか。
 メレの歌は今までの女幹部の歌のようにえげつない歌詞だったりするのかなぁ。逆に理央様ラブラブきゃっきゃうふふな歌だったら間違いなく悶えるw
 理央様の歌はかっこよくなくちゃ許さないよw

□ 仮面ライダー電王 第42話 「想い出アップデート」
 「いいねぇ いいねぇ すごいねぇ」吹いたwww
 前回のモモver.もドス効いてておもしろかったけどウラver.はネタ感がすごい。
 この調子だとキンは「いいんや いいんや すげぇんや」でリュウは「いーじゃん? いーじゃん? すげーじゃん?」(軽い口調)とかだろうか。

 デネブ侑斗に一目惚れした翔子にはウラタロスの釣りテクも通用せず。どことなく不貞腐れてるぜウラw もしかして釣れなかったのは初か?
 デネブはまさか惚れられるとは思ってなかったので動揺しまくり。
 侑斗のことを思っての行動だったのだけど、思慮深さは侑斗のほうが勝ってたわけで。
「忘れられるほうだけじゃない。忘れるほうもつらいんだ」
 わかってはいたが、本人の口から出るときっついなぁ。

 今回のデートは動物園です。デネブは挙動が不審すぎるw
 最初はものすごい距離があった二人が最後は肩を寄せ合ってるのが泣ける。
 しかし現れたタコイマジンが猿山からキーキー言われるのには吹いたw

 OPがウラだったので今回はロッドですよ。
 しかし珍しく苦戦……というか初敗北だろうかロッド。正確には敗北ではないけど逃がすつもりなかったのに逃げられたし。
 デンガッシャーロッドを奪われたり操られたトラックに追われたり。今回のイマジン実力はかなりあるヤツだったんだなぁ。
 ちなみにそのままだと入らないので、マンホールの中では肩パーツ外してますロッド。

 翔子の前で変身。
 記憶がなくなることが前提ゆえの暴露。
 ……つーかデネブが! くるっと回ってデネビックバスターに!
 このせいで笑いどころになっちゃってるよ。
 バトルのほうはやっぱりというか、大きい銃が武器なのに近接戦闘しないといけないのはちょっと見栄えが悪い。ここはゼロガッシャーで戦って欲しかったな。デネブが変形するのはトドメのときでいいから。
 ナイスタイミングで駆けつけたライナーフォームはナイス。
 そしてついにダブルアタック。ちょっとオーバーキルな気もするが。というかデネビックバスター、ライナーに当たってるよね……w

 タコイマジンの本体は足のほうだったんだろうか。
 電車斬りの線路に取り付くとは思わなかった。
 そして何事もなく復活しているマシンデンバード。やはり燃えて海に落ちる程度じゃ壊れないか。
 線路が絡み合って龍になるとか、どんだけハイパワーなんだタコの足。
 しかしそれもキングライナーによる一斉射撃で粉砕。
 電王がキングライナーを使えるようになったんじゃなくて、駅長が来たからってのが理由付けになってていいね。

 翔子からは侑斗の記憶が抹消。
 だとしても、侑斗と良太郎をガン無視するのはちょっと残念というか、何かしらのリアクションは欲しかったな。人に見られてるんだから。
 そして良太郎の後ろで延々と動いてる彼女は何してるんだw

 そういえば良太郎は駅長と初対面なのかー。そりゃビビるわw
 駅長がもってきたケースの中には何が……。
 次回は良太郎、モモたちを拒否? 再登場してるレオイマジン(色違い)はまた所長なのかなー。






最終更新日  2007.11.25 11:14:47
コメント(0) | コメントを書く


2007.11.24

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その38 「ビバビバ!もう一人のレツ」
 うわ……幻獣拳の双幻士って肩書きがすごい名前だけに思えた話だったような。
 とりあえずもうリンリンシーのような新たな怪人は出ないのかな。

 今回はレツ役の高木万平さんの双子の弟・心平さんが出演しての「もう一人のレツ」。
 双子ってホントに似てますなー。よーく見比べると違うけど、パッと見たらどっちがどっちやら。
 双子を使ったニセモノ話といえば、私は「重甲ビーファイター」が浮かびます。双子だと知らなかったので一人二役だと思い込んでいたあの頃。

 ゴウ兄さんが久々に存在感をアピールしたような気がする。
 それでもあんまり目立たなかったけどw
 ゲキバットージャウルフは……取り立てるほどの存在感もなく。むしろそれにあっさりやられた幻獣拳のほうが微妙なインパクトを残したような気がする。
 なんだろう、この「悪くはないけど良くもない」印象はw

 メレ様はフェニックス拳になってパワーアップしてノリノリです。
 でも個人的にはカメレオン拳のときのほうが好きなデザインです。女性のラインっぽさが造形に現れてて。

□ 仮面ライダー電王 第41話 「キャンディ・スキャンダル」
 冒頭の急な坂を使ったコント噴いた。
 ハデでばかばかしいけどかなり危ないよなぁ。転がってくひとたちはスーツアクターさんやスタントマンたちだったとか。当然か。
 ゼロフォームのカードによる影響で愛理さんの侑斗との記憶が消失。錆びついたって演出だったからいつか錆が落ちて復活してくれるんじゃないかと期待したいんだけど果たして。
 桜井さんが分岐点の鍵で消えるわけには行かないから、過去の自分も守るためにゼロノスのカードを渡したのかねぇ。でも諸刃の剣的なシステムなのがなんとも。
 しかしそんな重要な話をするのになんで遊園地。

 デネブは苦悩する姿もギャグにしか見えないw
 どれだけキャンディー持ち歩いてるんだよ。
 今回野宿生活が明らかになった侑斗だけど、デネブもそのままいっしょにいるのね。そしてホットプレート?でキャンディ作りとw
 どうしてデネブはキャンディーを……。あれか、人にあげるものとして簡単に用意できたのがキャンディーだったのかな。
 夜な夜な憑依して配り歩いてセールス活動してるのはデネブなりに考えた結果なんだろう。侑斗はめちゃくちゃ迷惑してそうだけどw

 カイが自力でイマジンを過去に送るのはかなり疲れる様子。
 そりゃそうか。負担がないなら最初から自分だけでイマジンを送ればいいんだし。
 イマジンが人を襲う理由もこれで完全に説明されたわけですね。
 桜井さんがいる時間に繋がる人間を選んで契約し、過去へ飛んで桜井さんを消すのが目的なわけか。

 オクトイマジンは以前のイカとクジラの改造かな? 赤が綺麗だ。
 契約者は翔子という女の子。何か理由があって学校に行けなかったらしいが、過去に繋がるのはその関係か。
 デネブ侑斗に一目ぼれするとは難儀なw

 バトルは久しぶりにソードフォームだけ。
 だけどデンバード乗っ取られたり、後ろから轢かれたりと良いトコなかったw
 デンバードはあれで壊れたとは思いたくないけど……。
 次回はキングライナーでのド派手バトルかな?
 駅長も再び登場するようだ。






最終更新日  2007.11.24 23:05:21
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.15

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その37 「ギャンギャン!お見合い問答無用」
 大した雨風ではなかったはずなのにアンテナがズレたのか、本編の半分以上がザビザビで音すら聞き取れず。序盤でロンが幻獣拳について説明していたらしいけど全然見れない&聞き取れませんでした orz

 話のほうは、なんで今更……といった感じ。
 正直ゲキレン側に焦点あててもつまらないなぁ。
 今回は幻獣拳士との初バトルなんだから、そこに焦点もってくればよかったのに。
 母親に認めてもらう展開は今までの作品にもいくつかあったけど、敵に負けたのにOK出たのは珍しいか。普通は勝利するものだが。この手の話は過激気習得直後あたりで見せたほうがよかったのでは。

 最強のはずのサイダイオーが重力操作?だけで動けなくなったのに唖然。あれだよ、きっとケンが未熟だからだよ……。そう思いたい。
 四幻将はマクと同程度の実力だと思うんだけどなぁ。ロンは別格として。
 それにしても「幻気」は敵が使うネーミングじゃないなw

 メレが唐突にパワーアップして吹いた。修行とかないのね。
 と思ったらどうやら冒頭でロンと何かしたらしいですな。ザビザビで見れなかったシーンか。
 なんか妙にゴテゴテしてしまって、カメレオンのときの落ち着いた色合いもなくなったので寂しい感じ。というか幻獣拳士は全員基本金色?

□ 仮面ライダー電王 第40話 「チェンジ・イマジン・ワールド」
 映像の乱れはゲキレンだけでなく電王にも。
 一部だけだったけど、良太郎とカイの対話シーンがツブれました(涙)
 今年は今のところ全部キレイに録画できていただけにこれはショックだー……。
 迷わず番組最後のDVDプレゼントに応募しましたYO。

 侑斗が消えてデネブは良太郎に憑いたことに。なんという強制修正力。
 ということは、このときのデネブは実体化できないってことかなー。D良太郎はロンゲに緑目でテンション高い、とD侑斗とほとんど区別つかないw これはある意味すごい。だって中身はデネブなんだから憑依する相手が変わっても同一人物なわけだし、それが表現できてるってことだし。

 侑斗は特異点ではなかったのか……。ゼロノスはカイザみたいなもんかね。そう考えるとファイズの設定と似てる部分もいくつかあるような。
 カイの話によると、「桜井侑斗」が分岐点に繋がる未来を決める鍵だとか。
 桜井侑斗の存在を消せばカイの望む未来に繋がると。
 今までイマジンのいるところに桜井さんがいるように描写されていたけど、実際は逆で桜井さんがいるところにイマジンが飛んでいたわけか。
 まぁすべてのイマジンがその目的を理解していたわけではなさそうだけど。ウルフが過去に飛んだら見捨てられたのは、桜井さんがその時間からいなくなったからかな。

 コハナを助けるキンタロスが妙にかっこよく見えて装着変身欲しくなったw
 デネブの仕切りっぷりは長時間続くと不満たまりそう。
 変身を解いたのは良太郎自身がカイと話すためかな。あの状況で3体のイマジンに襲われたらひとたまりもなさそうだけど。
 だるまさんが転んだでクライマックスフォーム再現がまた見れたことが嬉しいw

 侑斗復活のプロセスがよくわからなかった。
 ゼロノスのカードを使うことで時間に侑斗の存在が記録され、そこから復活したってことかな? 「セーブ」は抑えるんじゃなくてゲーム用語のほうかなぁ。
 一時的とはいえ(時間で言うと半日程度か?)侑斗が存在しない時間があったわけだが、その間の記憶は一応リセットされつつ個々の意識に残ってる様子。デネブは侑斗が消えたこと事体知らないようだ。

 プラットフォームでデンガッシャーソードを使っていることに驚いた。
 良太郎が強くなっていることを表すものなのか、ご都合なのかはわからない。組み立てただけならともかく、刃も出てるからなー。
 クライマックスフォームは久しぶり。敵イマジンに「気持ち悪い」言われて噴いた。確かにあれは不気味だ。5重人格のようなものだし、見た目も顔だらけだしw
 欲を言えばイマジンは1体ずつ撃破して欲しかったな。

 ゼロノスは赤いカードを使ってゼロフォームに。
 強化とか進化じゃなくて、錆びた(汗)
 微妙な色合いだと思ってたけどそういう意味だったのか……。今の侑斗の記憶を消費しての変身で、侑斗の中の記憶が錆びていくと。まず真っ先に砕けたのは愛理さんとの記憶ってのがなんという悲壮感。
 デネビックバスターは変形プロセス見せて欲しかったなぁ。デネブがジャンプしたら光ってデネビックバスターに、でいいからw
 ゼロフォームの悲哀を誤魔化すデネブの身体をはったギャグですね。戻れないとかw
 侑斗がつけてたネックレスが錆びて落ちたが、侑斗自身も愛理さんとの記憶に影響出てるんだろうな。錆びたし。
 懐中時計は桜井さんのものだが、それも錆びたってことは桜井さんにも影響でてるかもしれん。

 次回はデネブと少女の話か。
 侑斗にとってはいずれ消えてしまう思い出を作ることになるのか……。
 最終的にデネブの記憶すらも消費して変身しそうで怖いわ。






最終更新日  2007.11.16 01:20:25
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.10

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その36 「ムキュムキュ!怪盗三姉妹」
 このタイミングでこの話は個人的にないわ……(苦笑)
 おちこぼれリンシーが不憫だー。ジェットマンのドライヤージゲンみたいに社会に残って生きていくことになると思ってたのにな。散々走り回って最期はヤツあたりで最強ロボに滅多切りって酷すぎるw
 この時期に総集編するってことは、幻獣拳との戦いで年末商戦販促話はないと見ていいのかな。
 それにしても幻獣拳が現れるというのに今回次回と題名に緊張感皆無なのがすごい抵抗ある私なのであったw

 あと酔拳って、実際にお酒飲んで酔っ払うものではないような。酔ったような動きをするから「酔拳」なんですよね? 確か。
 まぁ、酒を飲むのはジャッキー・チェンの映画の影響なのかw






最終更新日  2007.11.11 01:30:59
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.02

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その35 「ギュオンギュオン! 獣力開花」
 獣力開花はHDDの容量を増やしたようなもんか。
 ナメック星の最長老様に秘めた力を引き出されたクリリンと悟飯のようなものとは違う?

 ラゲク、いつのまに時間移動的な技を得意とするようになったんだw 最初はそんな描写なかった気がするんだけども。
 ともあれマクが臨獣拳を起こした理由が明らかに。
 ……えーと、完全に逆恨みのような気がするんですがw

 ジャンはいちばん強い気を追っていたら理央と遭遇。
 ここで2人が対決する意味は……。結局まともには戦わずに去る理央でした。
 んで、獣力開花ってとくにCGによるエフェクトも何もないのですごいしょぼく感じるのは私だけだろうか。
 拳魔を強く設定しすぎたせいで過激気とかでも対処できなくなったからこじつけるためにやったように見えなくもない。というかインフレでしょうコレ。
 パワーアップもジャン→他4人なのがはっきりいって過激気習得と同じなので盛り上がりにも欠けるわけで。
 つか過激気研鑽されたらケンの立場ねーっすよw
 マクとの戦いはまぁ迫力あったけど……結局ジャンひとりで倒してるようなものなのでなんとも寂しい。中ボスなんだから全員傷つきながらもなんとか勝利、の形でもよかったんじゃないかな。
 サイダイゲキファイヤーはもう、ね。サイとゴリラだけでいいじゃんw
 今までいくつかあったてんこもり合体の中でもかなりまとまりが悪い部類だと私は思う。

 ラゲクはロンによって始末され。
 ロンの正体は臨獣拳を超え激獣拳に勝る「幻獣拳」、幻獣ドラゴン拳使い。
 マクと面識があったのは何故だろう。基礎はブルーサ・イーの獣拳なのか、それとも別物なのか、そこら辺は明かしてもらいたいな。
 んで、理央もメレも幻獣拳習得によって姿が変わるそうで。
 んー。メレって名前なんだからカメレオンに相当した幻獣になってほしいけど、いなさそう。

 七拳聖たちはあっさり戻って超のんびり。お前ら……(汗)


□ 仮面ライダー電王 第39話 「そしてライダーもいなくなる」
 冒頭のパンダラビットイマジンってなんだw
 イマジンたちは一方的にカイから指令を下されるので、カイについては何も知らないのがほとんどっぽい。良太郎を殺すように頼まれていたリュウタもそうだったし。
 今回見て思ったのは、イマジンはカイの目的に沿うように契約者を選んで過去に飛んでるっぽいこと。序盤のコウモリやカメレオンも、ただ無作為に人を選んでるんじゃなかったのかな。
 しかし今まですべてのイマジンが電王&ゼロノスに倒されてるってのはすごいことではあるw 悪事のことごとくを達成できてない敵って久しぶりのような。

 オーナーのスプーンさばきはぜひとも練習してものにしたいです――ってデンライナーの外走るとか自嘲ww
 あのまま置いていかれたりしたらどうするんだ。というか今更だけどデンライナーの運転はオートなのかねやっぱり。

 侑斗はシイタケ嫌いw
 デネブもずいぶん普通に人前に出るようになった。もはや被り物すら必要としない。
 けどこの前半のほのぼのが後半になると落差あってショックでかいわー。

 今回の契約者は侑斗の高校or中学の教師か。ゼロノスカードの代償ですっかり記憶なくなってるけど。
 カイの言う「変わった時間のほうが良い」ということを試すにしては今回のは該当してないような。良太郎にとっては最悪の結果だし。

 過去で死ぬと現在の存在も消える。
 ピアノの男の話で前もって見せておいたわけか。
 良太郎は特異点なので時間の干渉を受けないそうだけど、過去の良太郎を殺しても現在の良太郎は健在なのかなぁ。映画で牙王がしようとしたことはそれだと思うけど、あの場合は丸1日消滅させようとしてたし。

 侑斗の消滅は何というミラーワールド。助けて神埼士郎w
 この演出、平成作品で何度か見るけど使われやすいみたいですね。しゅわ~~っと。
 ゼロノスカードでほとんどのひとが侑斗の存在を忘れているのでピアノの男のように時から零れ落ちることすらないってことだろうか。
 特異点は時間の干渉を受けない代わりに、記憶による時間干渉もできないのかもしれない。

 良太郎が激怒してのマジバトルなんだけど、ライナーフォームが半ばギャグ形態なのでシリアスになりきれないのが残念。
 4両同時の電車斬りだがモモたちが回転イスで酔ってるとか、ここはそういう場面じゃないよぅw

 ミルクディッパーがまったくの別物に。
 愛理さんも性格明るくなって、客層は女性メインに。尾崎さんと三浦さんも似た別人になってるー。

 次回はゼロフォームでデネビックバスターと見所たくさんなんだけど、駅伝だかゴルフだかで再来週までおあずけ。まいったぜ。






最終更新日  2007.11.02 11:48:33
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.26

 やっぱり別々に感想書こうかなぁ(今更)
 ゲキレン書いたけど電王書いてない状態で数日放置してたしw

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その34 「ゴワンゴワンのダインダイン!獣拳巨神、見参」
 だんだん題名が長くなっていくような。
 DVDレコーダーで題名入力するのがさりげに面倒ですよw

 獣幻郷が燃えてるのはいいとして、いきなり肉団子になってる七拳聖に吹いた。
 7対3(というかマク単体かよw)であっさり敗北するとは何事か。結局不闘の誓いってなんだったんだよ。
 しかもマクをパワーアップさせるための材料になるなんて……。

 カタは「力の強い者に従う」という考えだからあんなにヘイコラとマクに頭を垂れてるのか。うーむ、拳魔って最初は同等の存在かと思ったんだけど、マクのせいであれになったよなぁ。
 まぁ、拳魔だけあってさすがに強い。過激気と紫激気の使い手相手に一方的だからなー。というか過激気が大したことがないように見えるのもどうかと思うけど。
 単に「激獣拳の小童」じゃなくて「過激気といえども所詮その程度か」くらいは言って欲しかった。

 ケンだけはラゲクと対戦。
 ……拳魔とタイマンできるってどんだけだよケンw 理央といい勝負ってこと?
 そしてブルーサ・イーの教えはやっぱり「考えるな、感じるんだ」なのか。けどなんか違うような。
 サイダインの起動とかはいいんだけど、なーんかケンのキャラが好きになれないなぁ。努力はしてるんだろうけどそれが伝わってこないというか。
 サイダインとの約束もなんつーか曖昧だしなぁ。
 とりあえず単独でラゲクを撃破したのはすごいですね。カタが4対1でも余裕だったのを考えると余計に。

 サイダインは巨大とのことだけどロボになったら小さくw
 うーむ、デカレンのデカベースロボはちゃんと大きさを合成で表現してたんだけど、予算なのかなぁ。ボウケンのダイボイジャーも小さかったし……。
 サイダイオーへの変形はなかなかおもしろい。防御モードはあんまり変化がないのが寂しいけど。剣を持ってるんじゃなくて腕がそのまま剣になってるのね。ゲキチョッパーとの共通点かな。ライノセラス拳は手刀関係らしいし。

 ここでカタが敗退。マクが登場してからは一貫して小者っぽくなっちゃってたなぁ。そこが残念でならない。デザインやキャラ的には好みだっただけに。

 理央とメレも獣力開花できたようだし、三拳魔とは離反かな。マクへのトドメは理央がやってくれると期待したい。

□ 仮面ライダー電王 第38話 「電車の中の電車王」
 レオイマジンとゼロノスは互角か。
 むしろフルチャージ2連発食らって生きてるレオがすごい。
 というかゼロノスのフルチャージはベルトからカードを出して、チャージして、またベルトに戻してるわけですか。ずっとどこいったのか不思議に思ってたんだが謎が解けた。

 リュウタ良太郎とカイはダンスアクション。ダンサーズは操られ……こいつらがいるってことはこの場所は現代だったのね。
 ダンスアクションはリュウタのほうがかっこいいなぁ。カイも動いてはいるんだけど、なんというかもっさりしてるように見える。
 愛理さんが良太郎の異変に気づいて拒絶したことにショックを受けるリュウタロスへ、侑斗が「しょうがないだろ」とひと言だけ声をかけるのがなんというか、重いなぁ。

 モモ、ウラ、キンはレオトルーパーを撃破。
 それぞれの武器で必殺技を見せてくれたのはすばらしいサービス。
モモ「俺の必殺技、モモタロスヴァージョン!」――刃が飛ばない
ウラ「(何か言ったっけかw)」――ジャンプではなくスライディング
キン「ダイナミックチョップ……生」――高所からの飛び降り
 それぞれ、電王のときよりも弱体化してるのね。
 モモが危うくウラの首を刎ねそうになったのに(汗)
 しかしこのアクションを見てしまうと装着変身モモタロスに武器がないのが悔やまれる……。何か代用できそうな赤い剣ってあったかなぁ?

 オーナーと駅長の食事対決がかっこよすぎる。何あのスプーンさばき。今度練習してみるよ!
 キングライナーが複数あるっていうのはすごいことだよなぁ。特別ってわけでもないし。ライナーフォームの専用列車ですらないのには驚いた。ギガンテス戦で使うときは駅長から借り受けるんだろうか。
 終盤でカイの頭上にいた無数のイマジンをキングライナーで蹴散らすようなことになったら盛大に噴くわ。
 デンライナー&ゼロライナーはキングライナーに食われて制止w
 「フルブレェェェェェッキ!!」の駅長が脳裏に刻まれてしまった。

 カイへの怒りを露にする良太郎。この辺、映画のガオウに見せた姿を連想させますな。良太郎は芯の部分が強いので、いつも情けない姿を見せつつも「ダメだこいつ」って印象にはならないんですよね。かっこいい。
 カイはカレンダーを使って任意の過去へイマジンを送り込めるらしい。しかもその過去にいたカイはイマジンが移動したと同時に灰に。
 侑斗に「お前、人間だろ」と言われて笑ったことも考えると、イマジンでも人間でもないのかなぁ。もしくは特異点かもしれないけど。

 ライナーフォームでデンカメンソードをイマジンに合わせるとそのイマジンの特徴を模倣できる……のかな? 今回リュウタのステップ踏んでたけど、リュウタが乗り移ってるわけではないので良太郎が真似たものと思われ。
 必殺技は電車斬りに見えたけど、どうやらデンカメンソードを投げ刺してすれ違いざまに引き抜いてるらしいです。エフェクト激しくて見えんw
 デンライナーもイカズチになっているので多分リュウタモードでの個別技と思われ。

 リュウタロスが謝ったのが目に見える大きな成長ですな。もう「答えは聞いていない!」は敵にしか使わなくなるかも。モモには使いそうだけどw
 それにしてもモモさん態度でかいw まぁ序盤でそうそうに「っごめんなさぁぁぁい!」と絶叫しただけのことはあるね!

 次回は侑斗がゼロノスになったきっかけの話っぽい。
 ゼロフォームへのカードがっ。

 あとガチャガチャの電王、イマジンだらけの第3弾が出るそうですね。鬼回し決定w
 ボイスサウンドのヤツも出るし、久しぶりに硬貨が減るぜ(苦笑)






最終更新日  2007.10.27 00:41:05
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.22

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その33 「フレフレガッチリ!カンフー忠臣蔵」
 マジメな展開だったのにいきなり時代劇でギャグっぽくなるとはまいったぜ。
 というか流れが悪い気がするー。今回は完全に時代劇やるためだけ(あとゲキリントージャ)の話だったしなぁ。

 とはいえ、深見兄弟のズラの相性は最強w すごい、違和感、ない。
 記憶失くして酒びたりのダメ夫になった理央に健気に尽くすメレがノリノリで吹いた。そりゃあロンも時空を超えて突っ込みに来るわ。

 殴りこみ忠臣蔵といっても、子どもには解りづらいんじゃないかなぁ。興味も薄そうだし、今回の話はターゲットの年齢層が微妙にブレてる気がする。

 しかしそこに現れた二刀流の侍(清水一学?)を見て盛大に吹いたwww
 このひと、「5万回斬られた男」こと福本清三さんじゃないか!
 時代劇が好きなひとにとってはもうひと目でわかる俳優さんですね。そして見せてくれました「海老反り斬られ」。いやぁすげえw

 ゲキリントージャは無理があったなぁ。登場に。
 そんなに強い印象のない敵だったし、過激気と怒臨気を得た二組が力をあわせて戦うような相手じゃないだろう。

□ 仮面ライダー電王 第37話 「俺、そういう顔してるだろ?」
 イマジンに指令を与えている存在、カイが登場。夜空に浮かぶ無数の光は全部イマジンか。数百はいそうだ。

 リュウタロスは姉さんと侑斗が仲良くしてる場面を見て嫉妬というか黒い感情。でも丸くなっているのか暴力に訴えたりはしなくなったなぁ。しかし今回の話はリュウタにとってツラい内容だわ。
 ところで侑斗のコーヒーは何がそんなに笑いのツボにはまったんだろう。以前のイラストのように緑色だったんだろうか(汗)

 ターミナルに到着したデンライナー一行。
 って、オーナーと瓜二つの駅長、声が高い。
 ターミナルは見るからにキングライナーなんだけど、一駅に数台のキングライナーがあるのか。ものすごいな。

 レオイマジン(声が烏丸所長)のカードは無期限?
 それをパスに入れてゼロライナーのデンバードに差し込んだせいでゼロライナーがデンライナーと連結して暴走。しかもパスを使ってしまったために電王に変身できない二段構え。カイ、かなりやる。
 モモタロスたちの前にはレオイマジンの部下であるレオトルーパーたちが。
 ……えーと、何やってるんですかゼクトルーパーのみなさんwww
 ここまであからさまにそれとわかる使い回しは初めて見ますよw
 目がカメレオンみたいになってると思ってよく見たら、片目にひとつづつライオンの顔が意匠としてくっついてるのね。お屋敷のドアノッカーみたいなヤツ。
 なんつーか、これはないわw ネタとしては成功してるけども。

 追い詰められたリュウタ良太郎のピンチに駆けつけたのは侑斗。
 なんだかんだでこの二人接点多いなー。
 ところでここはターミナルの中なんだろうか。






最終更新日  2007.10.23 00:19:17
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.13

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その32 「ゾワンギゾワンゴ!集結、獣源郷」
 全員終結して名乗りを上げる七拳聖。
 シャーフーがなんて言ってるのか聞き取れなかったんだけど、キャット拳じゃあなかったのねw
 他の拳聖たちは普通の手なのにシャーフーだけ孫の手のような猫足なのですげぇ違和感。
 不闘の誓いでどうやって止めるのかと思ったら、激気を布にして拘束。

 三拳魔は「きーんーとーうーん」とばかりにマクの怒臨気で移動。なんでもアリかw
 カタがさり気に目立ってきてるが死亡フラグっぽい気がしてならない。
 それよりも初登場、イキギモ、今回と出るたびに失態を見せているシャーキーが不憫だ。きっと人間のときでも10人の中ではもっとも未熟者だったであろうことは想像に難くない。

 ブルーサ・イーは過激気を使えたと考えていいのかな。そうでもしないとスーパーゲキクローが存在していた理由が(苦笑)。
 彼の激気魂はサイダイオーの石像に宿っている、と。あんな小さな操獣刀で削り出したとか、シャーフー器用すぎるぜ。

 拳聖と拳魔が揉めてる間に理央とメレはサイダイオーの前に。
 そこに追いつくゲキレン5人。
 ……ゴウ兄さんと理央は因縁あったはずなんだが、再開したにしては反応がないなぁ。
 ジャンVS理央はいいとして、残りの4人を一人で食い止めるメレ様すごすぎです。その事実で臨獣殿最強にも見える。だって過激気2人と紫激気、激気研鑽を独力で押し止めてるんだぜ? ものすごいじゃないか。

 そんなところに現れるラゲクだが、なんでラゲクだけ。カタとマクはどうした。
 彼女の術で次元の狭間かどっかへ飛ばされる主役たち。んで、次回は時代劇と。
 ……ゲキリントージャTV初登場だが、ギャグ回になってしまうような気がして不安だ。

□ 仮面ライダー電王 第36話 「憑かず、離れず、電車斬り!」
 良太郎と侑斗のダブル変身、燃える。
 ただ並んで変身してるだけじゃなくて、それぞれが覚悟を決めてのことだからもう気迫というか、こっちのテンションが上がりまくり。
 良太郎とイマジンたちが過去で繋がらなくなってしまったため、プラットで戦わざるを得ない良太郎。デンガッシャーはプラットだと使えないため、ゼロノスがゼロガッシャーをかすことに。
 無手になったゼロノスはデネブと合体してベガフォームになり、肩のバルカンで戦うと。こういう頭使った武器の貸し借りは栄えるなぁ。

 で、リュウタデザイン・オーナー協力(多分発案はウラあたりか)で現れたのがデンカメンソード。
 見た目だけじゃなくて名前もダサいぜw! てんこ盛りを参考にしたんだろうなぁリュウタ。
 それによって、良太郎がメインでイマジンたちがサブに回る最終形態・ライナーフォームが完成。赤と白のカラーリングは軽い雰囲気だったが、動くとそう気にはならないな。へっぴり腰は相変わらずだけども。スーツアクターさんすごいよ。

 必殺技は……良太郎命名により「電車斬り」かw
 公式名は「フルスロットルブレイク」らしいが、本編中にそう呼ばれることはないだろうなぁ。いや、良太郎のネーミングセンスにみんなでブーイングして改名させるかもしれんけどw
 スペックとしてはクライマックスフォームのほうが上なんだけど、必要に駆られたフォームチェンジ演出によって単なるスペック重視じゃない描かれ方が見事ですね。そりゃあ良太郎にサブイマジン、よりはイマジンてんこ盛りのほうが強いだろうし。

 次回はイマジンの黒幕、出るかな?
 あと謎の路線の奥にあるのはキングライナーでしたか。ありゃあもう怪獣メカだなぁw






最終更新日  2007.10.14 00:32:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.07

 9/30 放送分

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その31 「俺たちムニムニ!」
 なんとなく今までとは毛色の違う話。
 これまでは大抵、ジャンたちゲキレンメンバーがいろいろ学ぶ話だったわけだけど、今回は子どもに教える形になってますね。
 というかジャンとケンが無二の親友ってことになってるけどさ。二人が仲良くなった描写って少ないから違和感あるんですよねぇ。メンチカツと激気以外に接点ないし。野生児の感覚はよくわからんw

 理央様はメレとともに獣幻郷へ。
 三拳魔の前にはついにロンが登場。マクと面識があるってことは、拳魔と同じだけの時間を生きてるってことだよなぁ。怪人化してないのに。

□ 仮面ライダー電王 第35話 「悲劇の復活カード・ゼロ」
 ゼロノスがいない分、自分が頑張らなければと強くなる決意をする良太郎。
 ……まぁそれをモモたちに頼るのが間違ってるんだけど。
 「ケンカしません」「ナンパしません」は吹いたw つかウラは生け花まで……。どれだけ器用なんだよコイツw
 リュウタがそういうことに協力するわけもなく、そうなると消去法でキンタになるんだが……滝行中に寝るな(苦笑)
 久しぶりというかほぼ初公開ともいえる着流し姿のキン良太郎。番傘までもって、シトシトと雨の降る中をコハナと歩く後ろ姿が妙に絵になるなぁ。

 しかし向かった場所が次郎さん道場ってどんだけw
 武者修行的な行動好きだなキンタロス。
 キンタが「良太郎は強いやないか」って発言したのは彼の良太郎への信頼感がこもってていいなぁ。さりげにモモやウラたちのことも認めてるし。

 桜井さんがゼロライナーに現れてゼロノスのカードを。
 これって、桜井さんが自分の時間を消費させてカードを作ってるってことなんだろうなー。私は侑斗=桜井さんではないと思っているのだけど、そうなると侑斗がゼロノスに変身するのを躊躇う理由がちょっとぼやける。やっぱり別の時間軸の同一人物ってことかな。
 で、デネブが契約してるのは桜井さんのほうなのね。そのために侑斗に力を貸していると。

 モールイマジンのデザインが今までのイマジンとは一線を画しているように見える。というかものすごいショボい願いで飛んだw そんなのでもいいのか。そしてそんなことのために窓突き破った次郎さんに泣いた。「またかよーっ!」
 過去に飛んで変身するが身体が上手く動かないキンタ。あの謎の路線の影響なのか別の理由なのかわからないけど、とにかく理由ある不調→強化って流れは説得力あるなぁ。てんこもりのときもそうだったが。

 ゼロノス再び。
 デネブの制止を振り切っての変身はラストのカードを使ったときとも相まってますます侑斗がかっこいいぜ。落雷久しぶりだし。
モ「や、やめろ。壊れる!」
侑「壊してんだよッ!」
 このやりとりに痺れた。言い回しがすごいかっこいい。
 必殺技も地面抉り飛ばすほどだし、気合補正すごいなw やっぱゼロノスかっこいいわー。
 しかし再びの変身が何を意味するのか……。最後には丸く収まって欲しいのだが。

 次回はついに最終形態(どうやら最強ではないらしい)、ライナーフォーム登場。
 デンカメンソードといい電車斬りといい、良太郎のセンスには脱帽だ。製作者的な意味でもこれにOKを出したことに驚きだ!

 そして今年のハイパーバトルDVDはタロスズ・ブートキャンプらしいですね。
 それは買うわw






最終更新日  2007.10.08 00:17:09
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.06

 9/23 放送分

□ 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その30 「セイセイでドウドウの女」
 恐竜屋のカレー キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
 まぁVSシリーズもあるし、パラレル的に繋がってるようなものか。スタッフの遊び心もあるだろうし。イキギモのときもプレシャスってあったしなーw

 操獣刀を手に入れるためにロンに唆され、ケンの妹を人質にするメレ。
 えーと、イキギモを手に入れるときにお嬢さんを拉致しなかったっけ? あれは自分じゃなくてリンリンシーがやったことだからカウントしないんだろうか。あくまでも自分が動く場合ってことかな。
 それにしてもケンのキャラのノリが軽いので緊張感が弱い。チョウダと戦ってる3人は空気すぎるし、ゴウ兄さんだって似たようなもんだし。せっかくの5人勢ぞろいでの名乗りもインパクトは弱いなぁ。
 逆に、苦悩するメレが怒臨気に目覚めるシーンはそれなりに迫力あったりするし。ロンが怪しすぎるのもあるが。理央様が大人しくなっているのに臨獣殿のほうが見ごたえあるってどうよw?

□ 仮面ライダー電王 第34話 「時の間のピアニスト」
 ピアノの男の望みや素性を調べるために行動を開始するウラ良太郎。
 こういうときにものすごい便利というか頼れますなウラ。つかどれだけ器用なんだ。ピアノまで弾けるなんて……。
 ピアノの男と関係がある入院患者・奥村について探りを入れるデネブ侑斗。……なんでデネブ? 普通に侑斗でもいいような。案の定空回りしてるし。そこをキレイ(?)にフォローするウラすげえ。しかし看護婦さんに手を出すなw デネブには刺激が強かったようだがw

 ピアノの男はそれなりにすごいピアニストだったはずなのに忘却されてるのは何故だろう。すごい若い時期にだけ活動してたのかな。
 そんな彼の望みは奥村にピアノを聞かせること……だったのかな。病院の前でってことはそういう意味だと思う。
 過去に飛んだクラーケンを追うウラだが珍しく感情昂ってる感じ。バイクのフォローも得て撃破するもののイメージが暴走……って、ギガンテス多すぎ! 軽く十数体は出現してるんだが。
 そして全デンライナー&ゼロライナーを出動させるウラの手腕に吹いた。え、どーやってるのさ。
 レドームガメラアタック、レッコウイズナ落とし、ゼロライナードリル投下などなど、なんかやりたい放題ですw しかも最後は輪になって丸焼きとかw

 ギガンテスの破壊によって過去の世界で死んだひとたちは現在のひとたちの記憶によって復元されるわけか。というか破壊されたという事象が否定されるといったほうがいいのかな?
 しかしピアノの男は誰の記憶にも残っていないので消えたまま。唯一知っている奥村は意識不明のため思うことができず。
 なるほど、電王の世界の「時間」の概念はそういうものなのか。劇場版でのやりとりや結末もここで改めて説明されたわけですね。

 で、消えたピアノの男はデンライナーの乗客に。誰かに思い出されるまではこうやって時間の中を旅すると。けっこう拷問じゃなかろうか……。
 終盤で奥村が目覚めることを期待したい。そこまで回収してくれると嬉しいし。






最終更新日  2007.10.07 00:39:48
コメント(0) | コメントを書く

全40件 (40件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.