261875 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

蒼穹中毒 ver.blog

PR

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

炎神戦隊ゴーオンジャー(2008)

2009.03.02
XML

 ついにゴーオンも最終回。50話の戦隊って何年ぶりだろうか。
 話数の変動は人気なのか、その年の日曜の回数によるのか、そのへん気になる。

 デウス・ハグル・マギアはOP前に破壊。
 3人の台詞は第1話のを再現か。こういうのはニヤリとさせられるなぁ。
 カンカンマンタンガンにエンジンオーの3体ソウルをセットして放つのはもっと多用して欲しかった……んだけど、直列なのね。まぁ踏み切りモチーフだからなぁ。

 つーか、OPが普通にあることに驚いたわ。
 普通、最終話ってOPキャンセルしないか? 去年のゲキレンはナレーションまで変化して非常に燃えたんだけどなー。これはちと残念。

 ヨゴシマクリタインはヘルガイユ宮殿と融合?していつもの廃墟へ。
 この廃墟、最近使われすぎだろうw いつも同じ場所で戦ってるように見えてしまう(実際同じ場所だけどさw)。
 マジレンあたりから目立ち始めた感じ。マジ、ゲキの最終決戦もここだったなー。

 そしてデウス・ハグル・マギアが壊れたので復活する軍平・範人・大翔・美羽。
 ヨゴシマクリタインの足止めはもう少し魅せて欲しかったかな。
 一度変身が解けてから立ち上がり、マスクオフ変身→本人名乗りは盛り上がる。
 だがそれよりもレッドのマスクが踏み潰されたことのほうがインパクトあったりするw

 本人名乗りはみんな上手い。早輝へのアングルがものすごいローだったのが気になるが(ぉ
 回し蹴りも5人ともきれいに振り回してたし、練習したんだろうなぁ。
 ウィングスは、「テイクオフ!」のところも本人だろうか。

 まだ相棒炎神が復活してないのでベアールとバスオンのソウルをウィングスへ渡すのね。
 スーパーハイウェイバスター+ウィングブースター×2、でちょうどソウル3つなのは最初から考えていたのだろうか。

 そして炎神たちも復活しての、エンジンオーG12。
 無敗伝説を樹立したG12にはラスボス・ヨゴシマクリタインも敵わず、あえなく敗北。
 最後は科学忍法火の鳥状態ってどんだけノリノリなんだG12。
 炎神たちは生きているキャラクターなので、攻撃を受けて破損する描写ができなかったのが全体的に見れば残念だったかな。
 ラスボス相手に欠損なしで勝つ最強ロボってのも珍しい気がする。
 ボウケンはメカロボだったのでけっこう損壊描写多かった気がするし。

 エピローグにはベアール、バスオン、スピードル、ヨゴさまにキタさんの声優さんと及川さんが出演w これは嬉しい。
 ギンジロー号は軍平が引き取ってGUNPEIカーにw 最後まではっちゃけてるな! 相棒っぽいところも出てくるし。
 軍平は警察に戻り(刑事に昇進してる?)、範人は以前のようにバイト三昧。
 早輝はケーキ屋に勤め、須塔兄妹は財閥の跡取りとして退屈なパーティ。
 「ルネッサーンスw」で楽しんでるようにも見えるがw
 そして連は走輔のチームメカニックになり、走輔はレーサーに復帰と。

 ……ってカートだこれー!
 しかもツインリンクもてぎ。私このコース走ったことあるw やべぇ懐かしいw
 つーかカートでデビューで仲間を呼び集めるとかどんだけ見得張ってるのかと。

 だがそこに現れるボンパーとスピードル。
 今度はガイアークの大統領が現れたとか何とか。オイオイw
 んで、ゴーオンジャーたちは再び戦いへ。まだまだ続くよー……ってハッピーエンドじゃないよーな。奇しくもキバのラストと似た感じになってるよね。
 まぁ、本人たちが炎神たちといっしょにいられることを喜んでいるので……いい、のか?

 んでEDも通常通り。うーん、なんで特別使用じゃないんですか……。
 ちょっと、最終回っぽさが足りなかったかなぁ。

 そんなこんなでゴーオンジャー終了。
 走輔の突っ走りっぷりが当初は鼻についたけど、慣れるとそれも個性として見れるようになって安定した感じ。
 まさかの12体合体といい、その12体(古代組は鳴くだけだが)の炎神がしゃべるし、いろいろと新しい試みが多かったと思います。目新しいわけじゃないけど今までありそうでなかった感じ。
 何よりも、玩具の魅せ方が非常に上手かった。
 今まではスーパー合体が出るとそれ以前の1号ロボ、2号ロボの扱いが微妙になるものが多かったのに、ゴーオンではいろいろとシチュエーションを変えてそれぞれのロボが終盤でも無理なく活躍しているのが好印象でした。
 こういう満足感は初めてだなぁ、というのが総括印象ですな。
 傑作でした。来年のシンケンジャーVSゴーオンジャーでまた会えるのが楽しみ。






最終更新日  2009.03.03 00:52:43
コメント(0) | コメントを書く


2009.03.01

 もうひと月以上前のことなんだけど……。
 せっかく見に行ったのにパンフレット売り切れとか酷すぎると思いませぬか!
 もっと潤沢に用意しておこうよ……。あーでも売る側としては余ると困るか……。
 電王VSキバのときもパンフレット売り切れて手に入らなかったし、残念すぎる。

 あと、観客が私含めて4組ってのが泣けたw
 まぁ平日のファーストショーだったから、致し方ないか。
 前の席に子どもとお母さんがいて、最終話の予想とか「シンケンジャーってダサいよね」とか聞こえてきたり。
 シンケンジャーの赤は確かにないと思う(苦笑)

 内容のほうは満足でした。
 理央とメレの復活(一時的とはいえ)は嬉しい。仲代先生が一度通った道ではあるが。
 というか、ついにまったく戦わなくなったね、VSシリーズw
 今までは何かしら理由があっていざこざ起こった気がするんだけど、今回は最初から共闘・修行・共闘でまとまってたと思う。

 炎神拳はおもしろい設定だったなー。
 各炎神の口癖が「ドルドル」「オンオン」などの二文字繰り返し語句だから、獣拳の技に合ってる奇遇っぷりがw
 ガンパードだけ「ガンガンガンガガン!」に聞こえたんだけど、気のせいか。

 やっぱり復活したロンはいい悪役っぷりも健在。
 「私の自由のために死になさい!」は切実だw
 ここ数年で最高の悪役だと思うから、見てて非常に楽しめました。
 ガイアークはいつもどおりで、久しぶりのヨゴシュタインに歓喜。

 ゲキレンのロボがゲキリントージャウルフでランの立場が……。
 まぁすぐにサイダイゲキリントージャになったからいいけど。
 ゲキレンはロボで失敗した感じはいまだに拭えん。

 雰囲気としては劇場版になったとはいえいつもどおりのVSシリーズのノリで安心したようなちょっと残念のような。
 劇場版ならでは、ってところはなかったかな。
 ゲキメンバーが変わらない雰囲気で嬉しい。ジャンだけ微妙に変わった気もするけど、ロンを倒してちょっと自信が膨らんだんだろうか。

 最後のライブ映像は蛇足な気がした。
 「みんなもいっしょに歌ってね」→G3プリンセス、はないわーw
 素直にゲキとゴーオン、ガイアークとロン全員でのダンスが見たかった。
 ゲキレッド、ゴーオンレッド、シンケンレッド揃い踏みは燃えたね。






最終更新日  2009.03.02 00:04:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.03

 軍平と範人、そしてウィングスを失い初期メンバーに戻ったゴーオンジャー。
 第2話から軍平&範人が加わるという変則メンバーだったからなぁ。

 ルネッサーンスw
 無限の蛮ドーマを生み出すデウス・ハグル・マギア
 あれ飾りじゃなかったのかと。1年ずっと回り続けてたのに何もなかったよなw

 蛮ドーマ戦での炎神個別戦闘とかも序盤を思い出すなぁ。
 映像は多分使い回し……?
 エンジンオーへの合体も久しぶりにフル映像です。けど武器が剣しかないし、射撃武器がないし、分離してたほうが掃討戦には向いてないか?
 無数の雑魚敵に押されるのではなく時間切れで戦闘終了ってのはいいね。

 そしていつもの採掘場?でのバトル。
 敵味方ともに名乗りを上げるのはお約束だがケガレシアの発音やっぱ違和感w
 タイマンだと大臣も強いなー。キタネイダスが意外と善戦してるのに驚き。
 ケガレシアは前も直接戦闘を何回か見せてるので強いのはわかってたが。しかし及川さんワイヤーアクション頑張ってるw

 みんな一緒に戦ってる、でみんなの武器をそれぞれが使うのは燃えるね。
 ロケットダガー二刀流っていいな!
 そして害水・害気大臣を操るヨゴシマクリタイン。
 「クグツ傀儡政権」はともかくとして「定額給付弾」ってネーミングは皮肉すぎるだろうとw

 今までわからなかったガイアーク本拠地(ヘルガイユ宮殿だっけ?)が無数に出てくる蛮ドーマのおかげで判明するって流れは良い。無理がない。
 ゴーオンジャーが敵本拠地に行くのでその間に街の被害は大変なことになりそうだけども。野暮かw

 使い捨てられるキタネイダスとケガレシア。
 最後の最後で無限ゴミ箱破壊とはやってくれるぜーっ!(テンション↑↑)

キタ「ガイアークの……独裁者はいらないゾヨ!」
ケガ「わらわたちが目指したのは、蛮機族全員が気持ちよく暮らす理想のゴミ世界。仲間を踏みにじるお前に」
二人「「そんな世界は作れないでオジャル!」ゾヨ!」


 ああああキタさんがー! ケガレシアがー!(涙)

 軍平たち分解されて漂ってるのか。だから「解散」なのか。復活フラグ。
 それもこれもキタさんたちが命を賭してくれたから……。
 こいつら価値観が違うだけで、状況によっては仲間になったかもしれないよなぁ。
 いいキャラだったよ……。あの世でヨゴさん、ヒラメキメデスと仲良くね……っ!

 次回最終回。
 マスクオフで名乗るだけじゃなくて、アクションまでやるのか! 早輝の腰が楽しみ(マテ
 ゴーオンジャーがんばりすぎだろうw
 マスク踏み潰されるって初じゃね?

 ギンジロー号が早輝の犬の名前というどうでもいいが驚愕の真実。






最終更新日  2009.02.04 00:02:37
コメント(2) | コメントを書く

 なんか前半の走輔がヒドイと思った。
 ウィングスと今までいっしょに戦ってきて、大翔の性格はそれなりにわかってると思ってたのに「お前はゴーオンジャーじゃないから平気なんだろ!」はちと残念。
 アニキだって、悔しくてたまんないんだぞ……っ。

 で、ヨゴシマクリタインは空腹で帰還ですか。
 むしろその空腹時に一斉攻撃を仕掛けるべきではないかと。
 チラカソーネをそういうタイミングで攻撃したのだから。
 まぁ得体の知れない即死技を持ってる相手は迂闊に攻撃できないか。
 かわせばいいと思うよ!

 いきなり須塔兄妹に引越しフラグw
 最終回でわかれちゃったりするんだろうか。
 しかし最初はただの立体映像だったのに意外とものすごいアクティブになってる炎神たちに吹く。

 最後の蛮機獣は今までのを合体させたケッテイバンキ。決定版ってことか。
 害地系も組み込んでるのが当たり前ではあるが嬉しい。
 しかしなんかまとまりのあるデザインで好きじゃないなぁ。
 もっと逸脱したフォルムにしてほしかった。顔が竜系なのが無難すぎる。

 落ち込む早輝と連を励ます美羽。
 走輔へ本音を明かす大翔。
 あぁ……死亡フラグ立てすぎる……。

 軍平と範人を欠いた名乗りは初か。
 5人で並んで決めポーズしてほしかったなぁ。
 油まみれの2体を分離したウィングスが助けるのは上手い。というか栄えるし燃える。
 分離→翻弄→合体ってテクニックも初のような。
 飛べない炎神たちだとあんまり使えないだろうけど、飛行するウィングスだとかっこいいな。

 そしてヨゴシマクリタイン再び。
 走輔奮戦したんだけどさすがにひとりじゃ無理です……。
 「やめろ、やめてくれっ!」ってすがる姿が悲壮感あふれてて名シーンだと思った。
 しかし正義解散、普通に2連発できるのかよ。

 大翔「ボンパァっ! 最大感度でこの現象のデータを取れっ! 急げボンパーッ!」
 うあああああアニキぃぃぃぃぃぃっ!
 次に繋げるために自ら犠牲になるとかかっこよすぎーっ!
 そして抱き合い消えるウィングス。うぁー、泣けるー。

 そんな絶望的な状況で次回へ。テンション上がりっぱなし。






最終更新日  2009.02.03 23:58:03
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.02

 どうしてラスト数話になって軍平と範人の主役回なんだろうと思ったけど、死亡フラグだったんだね……(汗)

 ついに登場したラスボス・総裏大臣ヨゴシマクリタイン。
 ヨゴシュタインの父親だというが……母親はどうなってるんだろうか。
 ガイアークはメカ生命体っぽい感じだから、親といっても製作者的な感じだったりして。
 ヨゴシュタインのシルエットに近いけど全体的にボリュームアップしてる感じ。
 頭のピストンが3つに増えてるー。

 そして危官房長官チラカソーネ。拳法家なのか。
 ヨゴシマクリタインとチラカソーネの声の人がハリケンジャーのタウザンドとサタラクラ。
 内閣改造、チェンジ、イエスウィーキャン、などなどでキタネイダスとケガレシアは格下扱いに。
 これはヨゴシマクリタインを倒して和解フラグになったりするのかな。

 ヨゴシマクリタインはジャイアン族を壊滅させたそうな。
 まさかジャイアン族の数が少ない理由がここで明かされようとは。そしてキレイズキーのときと連続してキャリゲーターの出番が多いのが嬉しい。
 ところでボエール長官ってジャイアン族ではないのかね。ウィングジャイアン族とかで、キャリゲーターとは別なんだろうか。

 親から見合い話が来て誤魔化そうとするのはいいけどなんで範人の女装……。
 早輝や美羽じゃダメなのか、と思ったけど案外ゴーオンジャー&ウィングスの集合写真とか親に送ってそうだ軍平w
 けど女装はねーよ。

 範人にいろいろ傷痕が。生々しいが「傷は男の勲章」シチュを範人がやるとは予想外で嬉しい。成長してるよなぁ、みんな。

 チラカソーネのエネルギー反射技を打ち破るためには誰かが犠牲になってわざと攻撃を受ける必要があるという結論。
 一斉射撃でも押し切れないならそれしか方法がないなー。
 そしてあえてその役を成す範人と軍平がかっこよすぎる。
 しかしその横でハイウェイバスターやウィングブースターを構えて待っているのはちと姑息な気がしなくもないw

 チラカソーネ巨大化……って、新登場の幹部なのに1話で退場っすかw
 キレイズキーといい、ゴーオンジャーは敵幹部に容赦ないね。
 むしろだからこそ、武闘派ではないキタネイダスとケガレシアが1年生き残っているともいえる。前線に出てたら1クールもたなかったかもしれない(汗)

 エンジンオーとセイクウオーで敵わなかった相手をガンバルオー単独で撃破できるという、なんという主役補正w
 「戦いはノリのいいほうが勝つ」というモモさんの持論はやはり正しい。
 ガンバルオー単体で敵の許容量を勝るエネルギーを出せたってのはキャリゲーターの執念だなぁ。かっこよかった。

 しかしここでヨゴシマクリタイン、必殺技「正義解散」。
 まさか軍平と範人が最初に脱落するとは思わなかった。
 そしてキャリゲーターがいなくなってしまったのでG6~12がいっきに使用不可に!
 これはエンジンオーとセイクウオーでアナザーG6の出番ですね、無理か。






最終更新日  2009.02.03 03:19:45
コメント(3) | コメントを書く
2009.01.13

 ギンジロー号のことだとしても「ポンコツ」は言いすぎだと思うぞ走輔!

 終盤のこの時期にまさかのボンパー回。
 今までふつーにサブキャラとして欠かさず出てたけど、メイン回が用意されるとは。
 最初は変な形のナビメカだと思ってたけど、今は愛嬌のあるかわいいキャラだと思います。
 腕がうにょーんと伸びるのはちと怖いがw

 早輝のゴーフォンストラップはボンパーの自作だったのか。てっきり早輝が勝手につけたものかと。
 第1話から早輝のゴーフォンだけ重そうなストラップついてて気にはなってたんだよね。
 関係ないけど最近の早輝は前髪下ろしすぎてて目が隠れそうである。
 前髪分ければいいのに、と思う。

 ウガッツにも個性があることに驚いた。上司に反抗できるのか……。
 ダンベルバンキは強敵かと思ってたんだけどただのアホでしたw
 産業革命しても腕を動かせないとかただの的でしかないじゃないか……。

 つーか少し前まで肩を並べて哀愁漂わせてたウガッツたちを迷いなく狙撃するボンパーに吹いた。
 なんという容赦の無さ。さすが機械(違
 にしても、ボンパーがマンタンガンを構えていたとき、エンジンソウルの蓋が半開きだったように見えたのだが、あれはああいう仕様だろうか。

 んで、無限ゴミ箱の中からラスボス登場ですね。キレイズキーよい仕事した。
 総裏大臣・ヨゴシマクリタインだそうな。上手い当て字だ。
 最終4部作だそうで。4部編成ってすごいな。つーことは全50話なのか。久々に。






最終更新日  2009.01.14 00:48:20
コメント(0) | コメントを書く

 G5プリンス吹いたw
 アニキ、そんなに歌いたかったのか……。でも当然走輔がセンター。泣けるw

 座敷わらしが出る旅館、ってどっかにホントにあったような気がする。うろ覚えだけど。
 今やってる「ほしうた」にもそういう話が出てたし。

 ……と思って検索してみたら、あったんだけど、このTOPの座敷わらしがホラーっぽくて怖いーw

 しっかしまぁ、本筋とは関係ない話だったなぁ。
 ケガレシアがあっさりG3プリンセス再結成したのもちょっとね。ヨゴシュタイン殺されてるのに。
 それにしても炎神たちは相棒いなくてもG12に合体できるのね。
 ……いや、正月だから特別なんだよな、きっと。






最終更新日  2009.01.14 00:47:32
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.26

 無限ゴミ箱て! ゴミ箱シェルターじゃないのか!
 ひとつだけ名前がおかしいぞ、キレイズキー。

 んでどこでもドア的な無限ゴミ箱のせいでゴーオンジャーは散り散りに。
 走輔・連・軍平、早輝・大翔、範人・美羽・サンタ、の3チーム。
 今までにない組み合わせだなー。走輔たちはあぶれてる感じだが。
 走輔と美羽をセットにして恋心?ネタとか見てみたかったが。

 走輔たちは幼稚園ジャック犯をゴーオンジャーの力で成敗。
 範人たちはサンタの袋を美羽の超感覚で捜索。
 その2つはふつーだったけど、早輝と大翔のペアは結構意外な展開だったな。
 アニキが幽霊ダメってのは……ウラメシメデスのときにちらっとあったような気がする。
 あのときは主にアニキの顔芸披露かと思ってたけどw
 早輝のスマイルスマイル、は全員にやるつもりなのか。

 キレイズキーとの巨大戦はまた合体のバリエーションを披露。
 ガンバルオートリプターとセイクウオーバルカ、か。
 バルカが稲妻ビーム発したのには吹いた。そういう能力ないだろお前w

 ロボが5体で名乗り決めポーズ、はよかったんだけど、その後のフルボッコは酷すぎるwww
 5体で囲んで殴る蹴る、とかイジメにしか見えないぞと。
 そしてトドメはエンジンオーG12。最強はいまだ譲らず。
 前回がなりきり玩具の促販だったので今回はロボ玩具なわけだが、フルボッコの印象が強すぎた感じ。

 キレイズキーは2話で退場かー。惜しい敵キャラだった。
 最後の武器はバケツバズーカだったわけだけど、これまたバケツっぽさはどこにもなかったなw
 んで、キレイズキーが残した無限ゴミ箱から新たな敵が……現れるのかな?

 クリスマス直前で今年最後の放送ということで、前回も合わせて立派に玩具を紹介して、話もおもしろかったので満足。
 構成としては傑作だな、今年の戦隊は。素晴らしいね。






最終更新日  2008.12.27 01:02:50
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.25

 掃治大臣キレイズキー登場。
 ゴルゴ13といいお掃除ウェポンといい、実力はともかく存在がパチモンくさい。強いんだけどさ!
 「お出かけですか。ルルルのル」とかさw
 ショットガンで狙撃したら範人と早輝を一度に命中ってのもさりげにすごいよな。

 ホウキショットガン、ハタキブレード、メンボウクナイ、チリトリシールド、ゾウキングレネード、と装備は多彩。
 ゾウキングレネードがいちばん強いな。攻防に使える。
 他はそれっぽい意匠なだけでホウキっぽさとかハタキっぽい使い方はしないのね。

 というか「ロケットダガー」解禁のほうがびっくりだ。
 やっぱ必殺技は名前を叫んでなんぼだよなぁ。
 DVDでは今まで言わなかったところも叫んでくれたりするんだろうか。

 サンタさんは桜金造さん。
 お江戸でござるはよく見てました。えなりくんがレギュラーだったころに。
 異次元袋は四次元ポケットだよなー。

 なりきり玩具促販、ということで全武器披露で怒涛の攻撃ラッシュ。
 マンタンガン→スーパーハイウェイバスター→ウィングブースター→カンカンバー→カンカンマンタンガン、とホントに全部出したw
 しかもハイウェイバスターは初(多分)のキャリゲーターソウルですよ。
 あぁ、次はボエールソウルだ……。
 敗北してからのリベンジだから演出としても燃える燃える。
 これは玩具欲しくなるわーw

 で、キレイズキーはゴミ箱の中に隠れて攻撃から身を守っていた、と。
 ゴミ箱シェルター、だろうかあれは。

 炎神ソウル、合計28個かよ! 多すぎるだろw
 でも走輔ソウルは含まないのね。
 軍平ソウルは欲しいw






最終更新日  2008.12.25 23:53:34
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.13

 ハルヒネタ自重w
 いくらなんでも特撮ヒーローでそのネタは違う気がする。

 スケバン刑事とか、他にも細かくネタが散りばめられてるのはさすがというか。
 ネタかどうかわからないものもいくつか。

 ビンバンキが魔法の力を得て魔法ビンバンキに、っておいw
 そもそも普通に魔法の存在受け入れられてるのね。
 魔法の呪文が「マージ・マジ・マジーロ」とかだったらなぁ(ぉ

 G9を一撃で倒したのは新大臣か。
 その後でキョウレツオーで戦ったのは素晴らしい采配だと思った。
 G9では勝てないが、G12なら期待できるわけだし。
 この新大臣がラスボス候補かな。






最終更新日  2008.12.14 00:45:04
コメント(0) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.