000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

毒舌吐く吐く

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

タレント

2006/02/09
XML
カテゴリ:タレント
釈由美子、また電車のドアに顔をはさんでしまったらしい。

鼻が腫れている。
すごい腫れ方である。
あまりに腫れすぎて、誰だかわからなくなってしまっている。
晴れがぜんぜん治まっていないのに仕事には穴を開けない釈由美子、立派である。

いったいどのようにはさんだのであろうか。
目まで影響を受けてしまったのか、ちょっと垂れている。
あまり無理をしないでいただきたいものである。

これからもおっちょこちょいの釈由美子は電車のドアに顔をはさみ続けていくのであろうか。






Last updated  2006/02/09 08:59:58 AM
コメント(2) | コメントを書く


2005/11/06
カテゴリ:タレント
『大奥』を見た。
小池栄子が出ていたのだが、ちょっと見直した。
演技、上手くなったねえ。

ワタクシの中で小池栄子は「乳タレ」の分類。
乳さえ大きければタレントになれるのね、というか、乳がなかったら今の位置にいないよね。
ほかにMEGUMIとか、井上和香とかがこのグループに属する。
乳があり、器量はいまひとつだが、それを補う口達者。

以前『下妻物語』にちょこっと出ていた小池栄子は、実に演技が下手だった。
ひとり『下妻物語』の中で浮いていた。
所詮乳タレ、こんなもんなんであろう。
そう思っていたのだが。

『大奥』での小池栄子は薄い眉毛で目玉をひんむいて頑張っていた。
低い身分出身でありながら処世術とカラダでのし上がってきた側室の役。
実に小池栄子とかぶる
側室が自分の地位を守るため身分の高い姫君をいじめたり必死で勉強したりする様子が小池栄子自身の頑張りと重なって見える。
特に興味のない『大奥』であったが、小池栄子見たさに次回も見てしまうかもしれない。
すごいぞ小池栄子。
視聴率アップに貢献しているぞ。

乳タレの中では小池栄子、頭ひとつリード。
生き残れるか?






Last updated  2005/11/06 01:22:45 PM
コメント(1) | コメントを書く
2005/08/25
カテゴリ:タレント
ピロコ。
彼女は2ちゃんねるでこう呼ばれている。

デビューした時、清楚で奥ゆかしくてきれいで、結構好感を持っていた。
ちょっとさびしそうな笑顔もいいと思った。

橋の助と結婚すると知った時、「何で?」と思った。
はっしーはスキャンダルが多すぎて心配だったのだ。
梨園は浮気隠し子同性愛あたりまえの世界だし。

おすぎだかピーコだかが
「梨園で近藤サトがダメだったのに三田寛子がやっていけるのは性格が悪いからよ。」
と言っていたけど。
どうもこれホントらしい。

友人のコドモがピロコのコドモと同じ幼稚園に通っている。
ピロコ、それはそれは、素敵な方だそうだ。

「子供の送り迎えは私毎日やっています。」
テレビでそうおっしゃっていた。
が。
子供の送り迎えは、ほとんどお弟子さんがやっている。

「子供のお弁当は毎日手作りです。」
テレビでそうおっしゃっていた。
が。
友人いわく「ウチ、給食よお。」

ピロコ、耳が悪いらしく、友人他ママの皆さんが挨拶しても聞こえないそうだ。
ピロコ、目も悪いらしく、友人他ママの皆さんが挨拶しても気がつかないそうだ。
でも、園長先生の姿や声は見えたり聞こえたりするらしいけど。


梨園の世界は特殊な世界。
しかし、ピロコならきっと上手に泳いでいくことであろう。
シカンも安心しているにちがいない。
立派に男の子を3人も産んで安泰だし。
ただ長男の肥満具合だけが、ワタクシ心配である。


ちなみに、たまに登場するはっしーは目も耳もいいそうだ。







Last updated  2005/08/26 01:23:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/12
カテゴリ:タレント
タワラちゃん。

じゃなかった、ヤワラちゃん、だっけ。
どうも米俵に見えてしまって間違えてしまう。

「タムラで禁、谷で禁、」まあ、ここまではいいとしよう。
しかし「ママでも禁が現実のものとなってきました」ってあーた。
言い過ぎ。
取れてからいい給え。
もし取れたとしても、全然祝福する気になれないけど。

昔からタワラちゃんを見ると軽くうざさを感じていた。
強いし、いつもニコニコしているし、口が悪いわけではないし、何でうざいのだろうと不思議だった。

妊娠したから記者会見……。
そうだ、うざさの原因はこれだ。
だれももとめていないよ、そーゆーの。
求めていないものを押し付けられてる感があるのだ。
ゴーカな披露宴をテレビでやっちゃったり。
しかもそれがすんごく趣味悪いの。
不気味な真っ青の地球型ケーキにナイフ入れる代わりに船さしてみるわ。
ご本人出演の出会い再現ビデオつくっちゃうわ。
ご本人デザインのドレス着てみるわ。
あのドレス、素材はいいんだろうけどねえ。
デザインがねえ。
あのデザインのドレスが店頭で売られていたら、買うのはきっと天童よしみくらいじゃないか。

そのうち出産会見、やるな。
七五三会見。
お入学会見。
次々やりそう。
タワラちゃんの脳内では「国民の皆様が求めているわ」ってことなんだろうけど。
タワラちゃん、松田聖子くらいの気持ちでいるのであろう。
聖子の私生活はみんな興味津々かも知れないけど、タワラちゃんに求められているのはスポーツ部分だけなのだが。

聖子といえば、『噂の真相』で後輩に暴露されていたタワラちゃんの男性遍歴は聖子級だった。
すごかった。
これが全然意外ではなく、妙に符に落ちたのだった。










Last updated  2005/07/12 08:49:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/07
カテゴリ:タレント
いくつになっても「少年」隊、なんでしょうか?
若そうに見えて、結構おっさん入っている気がするのはワタクシだけでしょうか?

久々に少年隊をテレビで観てびっくりいたしました。
ニシキオリ様、頭どうなさいましたか?
以前から「たまに」少年隊をテレビで見かけるたび、ニシキオリ様の前髪前線が後退していくような気がしておりましたが。
頭髪の後退だけでなく、過疎化もすすんでおりますのね。

3人3様の年のとり方をなさっているようです。
ニシキオリ様は「たまに」少年隊としての活動でしかお見かけしません。
あまりに「たまに」なので、ヘアスタイルの変化が極端に感じてしまうようです。

ウエクサ様は橋田スガコ氏のドラマでお見かけしたことがございます。
ご自身で営業をかけられたのでしょうか。
それともジャニーズ事務所の方針でしょうか。
所属タレントの高齢化とともにドラマの内容もオバちゃん向けのものにシフトして仕出しを行うのでしょうか。

ヒガシヤマ様はドラマに司会に多方面でご活躍のようです。
観てはいませんが。
しかし、需要と供給のバランスの取れた露出の仕方ではないように思われます。
事務所のお力により視聴者の希望以上に露出されているようです。
もちろん、実力は認めております。
演技力も運動神経も並み以上におありです。
しかし、実際に一般女性に求められていたのは、もう一昔以上前でしょう。
ビジュアル的にも「おしょうゆ顔」が求められていたのはかなーり前。
無理やりごり押し的な露出が感じられます。
現実にはあまり求められてはいないヒガシヤマ様をメインに持ってくる番組で共演なさるタレントの皆様、必要以上に持ち上げるのはおつらいでしょう。
でも、観ているほうはもっとつらいのです。

タレントですから一般ピープルに比べ「お若い」のですけど、やっぱりおっさん臭いのです。
しかしそれは頭に難点のあるニシキオリ様よりヒガシヤマ様のほうが顕著ですね。
うーん、なぜでしょう。
理由は多分、事務所の力(未来の幹部だから?)が見えちゃってることにより若さではなく若頭感があるからなのでしょうね。

ああ、思わず事務所をしょって立つであろうヒガシヤマ様に丁寧語を使ってしまいますわ。






Last updated  2005/07/07 06:12:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/05
カテゴリ:タレント
ココリコの田中の兄妹、と言ってもいいくらいそっくり。
いや、双子でもいいぞ。
瀬戸カトリーヌはハーフだから、ココリコ田中もハーフ顔ということか?


ワタクシ、割と好き。
感じがいいし、いいヒトそうだし。
ひそかに応援している。

宝塚にあこがれていたそうだ。
背は高いし、歌もうまいし、いい男役になったと思うのだが、宝塚は見る目ないのか?


ココリコ田中とせっかくあそこまで似ているのだから、双子役でドラマとか映画でキャスティングされないかと、実はワタクシ期待している。
これからも地味に活躍を期待!






Last updated  2005/07/05 09:15:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/06/25
カテゴリ:タレント


2005-09-04 02:56:12日本では今ひとつだが、海外では超ビップ扱いの大スターであるらしい。
「東京ショックボーイズ」という名前で活躍し、海外の王室にもファンがいるとか。

海外に紹介したのはデイブスペクター、だったと思う。
アメリカのテレビ番組で「世界でバカなことをやっている芸人」というような紹介のされ方をしていた。
確かにバカなことをやっている。
いつも思うのだが、身体は大丈夫なのか?
うっすら臨死体験のひとつやふたつ、していそうだけど。
あんなことやっていたら保険も入れなさそうだけど。

布団圧縮袋で即身仏とか、さそりを食べるとか、火を口の中に入れるとか。
日本であまり活動しないのはギャラが安いから?


リーダーの南部虎弾がスピルバーグだかルーカスだかに直々にスカウトされて、『スターウォーズ』に出演するという話を昔聞いた。
エピソード1のときに聞いた。
絶対聞いた。
だからエピソード2,3を目を皿のようにして観ていたのだが、出ていない。
あれはガセネタだったのか???
素顔で出演できると思うのだけど。
ぴったりだと思うのだけど。
まあ、出ていたらものすごい話題になっているだろうから、やっぱり出ていないのか。
日本人が素顔でスターウォーズに出演したらすごい快挙だ。
『サユリ』なんて、日本人役を中国人に取られている惨状だしね。

電撃ネットワークの公演、観たいな。
日本でもやってよ。






Last updated  2005/09/04 02:56:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
2005/06/01
カテゴリ:タレント
料理研究家だそうだが。
はっきり言って平野レミの作る料理はまずそうである。
平野レミが売れているのはそのキャラクターであろう。
うるさくて下品でお笑い系の人が良さそうなおばちゃん。
中身はコドモ。

平野レミの料理でぎょっとしたのはクリスマス料理の一品。
料理の名前は忘れたが、ツリーに見立てたサラダ。
白菜を三角形(円錐形)にざっくりカット。
それにアルミホイルを巻き、お皿に立てる。
そこに、串にさした一口大の野菜(ブロッコリーとかゆでたジャガイモとか)を
ぶすぶすと刺していき、最後に上からマヨネーズを「雪に見立てて」ぐるぐると輪に回しかけるというもの。

は?
料理ですか、これは。
コドモの工作じゃないの???

そう、平野レミ、中身はコドモのオバちゃんなのである。

「プレコロッケ」という料理も自慢していたが、どんな料理かというと
コロッケを作っている途中の段階で食べてしまうというシロモノ。
いためたたまねぎとひき肉とゆでてつぶしたジャガイモを混ぜた状態の段階で食べるんだそうだ。
「おいしーのよ、このままでも」とレミはのたまうが。
もう、コドモが料理の途中でつまみ食いしてるとしか思えない。

レミパンという平野レミのアイデア満載というフライパンを売り出しているが
売れていない様子。
よくスーパーで安売りしているが、他のフライパンのほうがはるかに安いし。
平野レミは創作料理やアイデア調理器具なんかより、その特異なキャラクター、コドモおばさんぶりで売れているのである。







Last updated  2005/06/01 12:51:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/05/26
カテゴリ:タレント
言わずと知れた木村拓哉のヨメである。
今の肩書きはまさにそれである。

木村拓哉は家庭のにおいを感じさせないよう努めている。
決してヨメの話もコドモの話もしない。
それは本人が家庭臭や所帯じみた雰囲気を出したくないからであり、
できれば「独身」を装いたいであろうし、一般のファンの前では結婚なんてなかったことにしたいはずである。
それはジャニーズ事務所も同じ意向であろう。

ところが。
工藤静香は木村拓哉のヨメが売り。
他に売りがないし。

みんなの大好きな木村拓哉と結婚したアタシ。
コドモを二人産んでもスリムなアタシ。
自分の親と木村拓哉を同居させてるアタシ。
おしゃれなお店だってやっちゃうアタシ。
おにゃんこで一番残ったアタシ。
パープルなアタシ。
勝ち組なアタシ。

旦那の思惑をよそに、家庭のことを仕事につなげるヨメ。
決して口を開かない旦那に対し、べらべら喋り捲るヨメ。
矛盾している夫婦関係。

コドモの名前がすごい。
「ここみ」だそうだ。
「ココ」って呼んでそうだよ静香。
「うちのココがさあ。」とかね。
もう一人は「みつき」、きっと「ミッキ」と呼ぶであろう。
「うちのココとミッキがさあ。」だね、決まり。
いや、本当のところは知らないのだけど。
そういう匂いがぷんぷんするのだよ工藤静香。

きっと本人的にはどんどん幸せになっていくのであろう。
あのアゴの曲がり具合、幸せ度に比例していると見た。
そして、工藤静香の幸せ度がアップするたびに、木村拓哉の静香臭が強くなっていくのである。
もうカビ菌のように、表面上は独身・木村拓哉だけど、表面下には静香菌が蔓延。
かじるとカビ臭、いや静香臭。
決して除菌されることはないのだ。

工藤静香の本人の考える「高さ」は、世間の考える木村拓哉の「低さ」なんである。







Last updated  2005/05/26 07:53:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/05/19
カテゴリ:タレント
とても幸せそうである。

引退した時期はモーニング娘。が陽が昇る勢いだったときなので、引退をいろいろな番組で祝ってもらっていた。
「うたばん」ではずいぶんたくさん贈り物をもらっていた。

結婚相手のルナシーのドラマーは善人面しているし、お笑いの需要もありそうだしスタジオミュージシャンとしてもやっていけそうだし。
石黒、もともと旦那のファンだったというから芸能界なんて未練もないであろう。
若くして子供を3人も生んで、不幸なことに全員父親似だけど、楽しそうに育てている。
体型も顔も保存状態良し。

モーニング娘。のなかで一番いい人生を歩いていそう。






Last updated  2005/05/19 08:05:32 AM
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.