018378 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

STELLA

全71件 (71件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

カテゴリ未分類

2005.07.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
前述の長い間、言っていた四つ葉の会が無事終了しました。
もう私のレポートは…あまり話したくない 笑

結論:瀬音って難しい…楽譜に「秘曲、難曲とされるのでその心得にて演奏されたし」とあります。まさにその通り、しかしその心得はあっても手が言う事聞きませんでした。

一番問題は師匠が来て下さいました。舞台袖で開場を待っているとモニターに師匠のお着物姿が!!ああもうだめだ、後は運を天にまかせて~…

300人程入るホールはまだまだ空席が目立ち、満員には程遠いくらいでしたが内容が濃いお客様が多かったです。
それぞれの先生方…聞き手としては申し分のない格調高いお客様で埋められているのでした。

新しいホールで見た目も綺麗な幕のない舞台です。
ですが少し音響が…響きすぎるというか…品のない音に聞こえるようです。
やはり邦楽で筝や三弦、尺八といえば上品な音を奏でて欲しいと思うもの。元気いっぱいや激しさも下品な迄行くとあまり誉められたものではありません。
ただその辺りはそれぞれの個人の好みの問題ではあると思います。
下品なのが好きな人もいるでしょうし、上品なのをおもしろくないと感じたり元気がないと感じたり。ただ私の師匠は上品なのがお好みだった様で、それに関しては私達の瀬音は「上品な良い音がしてよかった」そうです。それだけでもかなりな救いでした。

私はよく音が小さいと言われそれが悩みの種でした。体もさほど大きくないし、細い方だと思うし、運動大嫌いな私は筋肉もないし。大きな音を出す程の指の力が足りない。
常に「音が小さい」だの「楽器が鳴らない」だの言われつづけた私はもう「音さえ大きければいい音じゃなくてもいい」くらいの気持ちになっている時期がありました。
でもやっぱり琴線に触れるような良い音で、奏でたいと思い直しています。

今回の瀬音、リハでも本番でも「音が小さい」感があった様子。それは筝である私の問題でしょう。
でも師匠が「音が聞こえないって事はなかった。上品で良い音だった」
そう言ってくださったのですから、この調子で頑張って行こうと思います。
いつかまた瀬音を弾ける機会があったらもう少し上手に瀬を流す事ができたらなあって…一生の課題かな。






最終更新日  2005.07.18 15:35:44
コメント(2) | コメントを書く


2005.07.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
ここ最近何年かジュエリーデザイナーの私にIJT(国際宝飾展)(正確にはその企画会社)からのあるお手紙が来ます。
こんな時期になぜにこんなでっかい封筒…と開けてみると、

「IJTに出展しませんか??」でした。

おいおい冗談はよしてください。
IJTといえば、東京ビッグサイトでのでっかい受注の為の展示会。

二種類スペースはあり、3m×2.7mでひとコマと、2m×1.7mでひとコマ。

一体この貧乏デザイナーになんぼ払えというのだ!!てゆうか何を売ればいいのだ!

私が行ったらもし売れてもすぐに商品なくなって「後どうする?」って事になりかねないし、売れなかったらたったこれだけの商品でお客のハートを射止める事もできやしない!

この二つのちっさいスペース、だいたい50万前後です。出稼ぎに出るって言っても高いってば!






最終更新日  2005.07.11 19:59:32
コメント(2) | コメントを書く
2005.07.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
そりゃそうなんだけど、当然なんだけどまたもや先生に「かなわない」。

今回も又、聞いていただきました[宮城道雄作曲 瀬音]。
これは秘曲とされる曲でおこと弾きには憧れの素晴らしい曲。でも難しくてなかなか弾けないのですが、今回二度目の挑戦ができる事になりました。
前述の四つ葉の会という演奏会で弾きます。

「じゃあちょっと聞かせていただこうかしら」
この一言に全身の毛が総立つようなびびりを感じ…毎回の事ですが…聞いていただきたいけどやっぱやだ、みたいな。

またもや今回もメタボロでびっくりするくらいの演奏になってしまいました。ビビリ過ぎ。おことも糸が緩くて弾き難い、申告した速さが思いがけず遅くなってしまっていてリズムを打って下さる速さが弾き難い、いろいろあったけどこれも言い訳でしかない。

現実逃避してみたり、なんか気分がすっきりしなかったりで少し練習具合がいけてなかったのでしょう。それがハッキリ出ただけの話。

そして先生は指導されながら「ちょっとよく覚えてないけど」とおっしゃりながらぶあーっと弾かれるのです。ち、違う…違いすぎる…一音一音が…輝いてる。
私のはしょぼくれすぎ。
「今更弾き方変わらないんじゃないかしら…後一週間でしょ」と言われながら、それでもいつもなら一日前に大幅修正をいただいていた私は一週間もあるよくらいの気持ちです。
先生の手を穴が開くほど見つめましたがやってみたら「そうじゃない」。
そうですね簡単だったら今まで散々ご一緒させていただいて先生の演奏見てるし聞いてるんだから、今更困らない。

少しでも{きらっ}とした音が出せたら、そう思います。
一回一回が少しでも成長できたら会に出る意義もあるってもんじゃあないですか。

でもそんな事気にしすぎて失敗したら…先生もおっしゃいました…それよりも無事に弾ける事が先じゃない?…でも頑張りたいんです。
という訳で十七弦を弾いてくれる相方さん失敗したらごめんなさい。
野心の塊の私でごめんなさい。

今回(も)えらいことをやっちゃうかもしれません。






最終更新日  2005.07.10 12:45:56
コメント(6) | コメントを書く
2005.07.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日はすごい雨が降りました。お昼頃お天気だったのですが確かに天気予報では雨だ
と言ってました。
ここ最近毎日くらい雨が降り、暑いのと湿気で三弦を開けるのが恐ろしい。

私の気持ちもなんだか晴れない。
昔保健室に行った時、症状や考えられる理由を書く紙に、理由の欄に「天候」って
あったのを思い出す。
そう、今みたいな天候は確かに病気になりそうな、気持ちがすっきりしない。

昨日のは晴れた空に真っ黒な雲がみるみる迫り、電車の中から見ていても「なんだこ
れ」と思う程の映画で不吉な事が起こるまえぶれのような空。

私が家にたどり着いたと同時に大粒の雨がばちゃばちゃばちゃー…。
そして雷が鳴り出したのです。

伊丹は雷の通り道らしく、近くの避雷針によくががーんと落ちています。
昨日も例に漏れず、激しかったのですがその時にうちに来ていた甥(3歳)が不思議
とあまりこわがらず、でもすごい音響に窓の外を見ていました。ただいまおむつ離れ
レッスン中ですのでトイレに行ってそのままトレーニングパンツとTシャツでうろう
ろしていたので

「雷 鳴ってるやろ?あれはな、雷さんゆう恐い神さんが来てはるねん。雷さんって
な、おへそ出してたらとりにきはるんやで。おへそでてるんと違うか?ちゃんと隠し
てへんからきはったで」

「…えっ」

やっぱりなんか怖いらしくそっとTシャツのすそをひっぱりおへそを隠して又窓の外
を見ていたので

「ちゃんとズボンはいて隠しておかんとおへそなくなるで…」とだめおしにささやい
てあげました 笑

そおっとズボンを探しに行く甥っこ。そんな素直さが大好き。彼の中では雷神さんは
どんな姿なんだろう?
今度絵描いてもらおう。 
サンタさんはいくつまで信じているだろう。できたらずうっとそんな素直さ持ってい
て欲しいけど…いい年になったらただのアホ扱いかしら??






最終更新日  2005.07.08 17:01:29
コメント(2) | コメントを書く
2005.07.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日ちょっとした演奏に行ってきました。

最初から最後まで、選曲から曲順等すべて依頼者に相談にのって頂きながら決めてい
きましたがこれが本当に大変でした。
今回、私の演奏する「おこと」は弦が13本しかなく、しかし、チュ-ニングを替え
るだけでかなりいろんな音を作る事ができます。高い音の並びも低い音の並びもでき
るのでその曲に合わせて全く違うチューニングにするのです。
それは便利ですが不便な点でもあります。

昔は耳だけの頼りでチューニングをしていましたが今はチューナーが便利でかなり完
璧な(に近い)チューニングができるので専らチューナーを使ってやっています。で
すが今回は一時間の演奏の中で次々と曲を弾いていきたい。そうするとチューニング
に時間をとると興ざめしてしまうし、13本分の音を出すのはあまり格好良くない
し、できるだけ替えずに演奏していくのがパーティー演奏では必須です。
BGMで演奏するならもちろん、今回は一応BGMではなく「演奏披露」の扱いでしたので
多少の「間」は構わなかったのですが…。


まず弾ける曲、知ってる曲をリストアップし、その中からその場にふさわしいモノを
選択。今回は海外の方の集まりだとうかがっていたので外国の人にも受けそうなも
の。

そしてチューニングの具合のいいもの…上記でおことはいろんな音が作ることができ
ると書きましたが、弦(糸)の締め方によっては出せない音がでてきます。

***例えば有名な「春の海」だと一番下の弦をBでとります。
***これはかなりゆるく糸を締めなければ出せない音です。

***そうすると基本的によくあるチューニングの形だとその一番下の弦はたいてい
***Dにとりたいので糸締めがゆるすぎて変な音がするのです。
***「ぼーん」ではなく「ぼよーん」みたいな感じ。

***ですからこの楽器はこの弦を高い音にする曲に使えません。
***この辺は演奏者の許容範囲にもかかるのですが、私は嫌なので。

それを踏まえて、選曲、更にスマートにチューニング替えができるように曲の順番を
決め出すともう頭はくらくらです。

絶対音感があって、すごい良い耳の持ち主だったら、チューナーを使わずしてちゃっ
ちゃと替える事ができたかもしれませんが他の音が邪魔になったり緊張した耳ではや
はり気持ち悪いチューニングになるでしょう。

…私はそんないい耳を持っていないのでそもそも無理なんですけど…
本番用の楽器がたくさんあって楽器をその曲ごとに替えれるならすごく良いんだけ
ど。
でも曲の分だけ楽器を持っていくってすごい数になってしまいますよね。ただでさえ
大きな(縦約180cm)楽器なのに。今回弾いたのは6曲と尺八独奏2曲…6面?
ありえない!!

ああー、こんな時って、皆どうしてるんだろう?選曲中はほんま{げえー出そう}で
したわ。いや本番もチューニングがうまく行くかはらはらで。ただでさえいっぱい
いっぱいなのに、演奏以外の心配事なんかいらんわー!!






最終更新日  2005.07.06 11:43:13
コメント(2) | コメントを書く
2005.06.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日の夜8時から何も口にできず、喉が乾いても水を飲むことさえ許されないので
す。
胃カメラの検査の為に!
検査は朝9時から。ですから約半日私は何も口にできないとなると、このクソ暑い中
で私は百舌の餌のようにひからびてしまうんじゃなかろうかとかなり心配しましたが
意外に大丈夫なもんでした。

たまたま行った家の裏の病院は国内でもまだ珍しい鼻からの胃カメラです。
「痛みが少なく、苦しさもほとんどない」と待合所に新聞記事が貼ってありました。
逆に(痛みが少ない?…って事は無いわけじゃないんじゃん…)。

まずはエコーで検査、まるで「ほらここに赤ちゃんの顔が…」みたいな 笑
だってドラマでやってるし、周りで友人達に見せられる「これこれ!かわいいでしょ
?やっと○週に入って…」って私にはどう見てもホラーにしか見えない黒いエコー画
像を見せられていたので腸の検査で使うなんて思ってませんでした。エコーはすい
臓、たんのう、腎臓…なんかそんなんを見てもらい、こちらは「綺麗なもんや」と言
われました。

とうとうメインの胃カメラ!
胃の中の泡を消す薬にえづき、鼻にしゅっしゅと鼻血が出にくくなるというなにかを
投薬され待っていると、
「では胃のぜん動を和らげる為の薬と気持ちを落ちつける薬を入れますね」って出
たー!!
注射やん!!!やだやだー!とは言えませんでしたが、
「刺した時に指にぴりっとした痛みがあったらいってくださいね」
(何?そんなに痛い事があるの?どきどき)
「薬入れるときちょっと痛いですけどねー」
(!!いったーい!!)言われてる尻から痛いー!!
「痛いですねえ、ごめんね、ちょっと量多いからね」謝ってもらったって痛いよう!

終わってしばらくもかなり痛くてちょっとこれ大丈夫なん?!くらいの痛さにかるい
めまいを覚え、早く横にならせてちょうだいよ!(←かなりの痛みに貧血気味)と悪
態をつきそうになっていると看護婦さんから横になるよう指示があり、今度は鼻に
ジュルジュルの麻酔をいれられ、(い、息ができない!)
片方の鼻が完全に蓋された状態。最初は透明の15cmくらいの細い管を入れられま
す。
そこで事件が!!

「あら?あら?入らないわ。…あー鼻腔が小さい人がいるのよ…ああ、入らないわ、
あなた細いのね」
(え、それってこんなに痛い注射したのに検査できひんって事?!ありえへん!)
反対側も試してみたら左の鼻には入りました。ああ、よかった。

やっと先生登場で(エコー以下ここまで看護婦さんとのやりとり)管を抜き本物を…
先に電気がついたホースがずるずるっと鼻の中に!麻酔が効いていてつるっと入り、
「はい飲み込んで」の言葉にごっくんと先に進んでいき、うわ!胃で何かが動いてる
感じ!!いやー気持ち悪いー!お腹いっぱいって感じ!
十二指腸は大丈夫でした。
問題の胃は…
画面に写る胃の表面に血がてんてん、「あれ怪しいなあ」と思っていると「胃炎やな
あ、ひどい胃炎や。この点々がなあかんねん。胃炎はストレスやからな。一回ひどく
悪くなってるみたいやな」
でも潰瘍はなかったようです。よかった…。
ただ胃の中がしっかり血で豹柄だったのでよっぽどひどいんだろうかと思ってます。
一番ひどいところでちっちゃいマジックハンドみたいのを入れて表面の粘膜を取って
はりました。
これがちょっとおもしろかった。
「はいひらいてー、はいつかんでー、もっかいひらいてー、つかんでー…」
何遍繰り返しとんねん!って先生と看護婦さんにつっこみそうになりました 笑

今の技術ってすごいなあ…注射が痛くなくなったら本当に簡単に検査できるんだ。
(注射が大ポイント)確かにそう痛くなくて簡単で時間にして全部入れて一時間程。
自分の目で胃の中を確認しながら見てもらえるなんてすごいなあ。
でもその後なんらかの薬に目がかすんだり、喉がすごく乾いたりする人がいるような
のでその時には運転とかしないでね、と言われたとおりにすごい目がかすみ、喉が乾
きました。わかりやすい私。

関係ないけど昔好きだった豹柄、最近また欲しくなっていたんだよね。自分のお腹の
中にあったから欲しくなってたのかしら…そんなバカな。






最終更新日  2005.06.29 15:00:13
コメント(4) | コメントを書く
2005.06.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日人生で初めて点滴をしました。
とにかく針が大嫌いでインフルエンザの予防接種するくらいならインフルエンザにかかった方がいいようーと叫んでいた小学生は、点滴なんかするくらいなら寝ておきます。

しかし、今日は前回にひきつづきまたもや吐き、下してしまったので仕方あるまい。
病院の先生に「若いのに大きなストレスもってるんやな」と言われました。何も言ってないよ、私…。

昨日のお昼からもう何も食べていません。お腹がぐーですが「食べたら出るよ」と先生に脅され、今は水でしのんでいます。お腹すいたー!

できたら今日のお仕事は休みたいところだけど私がいないとちょっと困る様子なので遅れて行きます、事務仕事。あーあ、休みたいな。さぼりたいな。

自慢じゃないですけど来週は胃カメラです。うーんどきどき。






最終更新日  2005.06.22 11:09:52
コメント(6) | コメントを書く
2005.06.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
誰かのブログでもそのお話がでていました。偶然にも私も行くはめになったのです。

毎日毎日ちょっとしたストレスをかかえながら、すごく働いて、いろんな事に忙しく
していたら、ある日突然疲れが押し寄せ、肩が痛い→頭が痛い→気持ち悪い→嘔吐→
お腹も下す→起きていられない
状況に陥り、普段からココ何年か、吐く事もなかったし、かなりタフに生きていたの
に、どうしたのでしょうか私は、去年の年末にも咳だけの風邪をこじらせ駅員室で休
ませてもらうような状況になったり、これって年のせい?
やっぱり無理が利かない体になってきたのでしょうか?

もうその日は何もせず(というかできず)寝て、次の日もバイトを替わってもらい、
休みました。夜のうちに散々吐いたのでもう吐くものも胃液くらいしかないように
なっていたから次の日には結構元気でした。

でもなんとかしておかないとまたこんな事になっても自分の体のコントロールがきか
ないなんて生活に差し支えます。どうしよう…病院?どこにいけばいい?でも今元気
だし…
と悩んだあげくカイロプラクティックに行く事にしました。

そう、吐いてカイロってちょっとおかしいですよね 笑
でも私の家では…いえ、私の母は…病院嫌い?そして信用してない?信用はしてるの
かなあ…よっぽどでないと行かないと決めているような頑固もので、ちょっとした風
邪では絶対に行きません。
だから私が病院行くのもそんなに賛成ではなさそうです。もちろんカイロにも。

でもそんな事言ってられない、数日前から気づいていた体の左右の崩れが要因の一つ
じゃないかと思ったわけです。腰骨にくっつく足の骨の出っ張り方が鏡で見ても全然
違うのです。もちろん触っても。ここまで出てたらきっと背骨もおかしいぞ、という
事でいってみました。

前から目をつけていた近所のカイロ、ちょっと高そうだったけど本物って感じがして
気になっていたのです。
入り口を開けて入ったら患者さんは私一人、大丈夫?と不安になったものの、受付で
症状を伝え「ではどうぞここで着替えてください」と荷物をロッカーに入れ、ルーム
ウェアのようなものに着替えました。

丁寧に問診があり、まずは体をほぐすことから。もう既にここで気持ちよくてそれで
終わりになるかと思ったら「では替わります」と先生登場。そうかあんなにうまかっ
たのに彼はどうやら見習いさん?もしくはアシスタント?
やっぱり先生はうまいし、{ほぐす}ではなく{治療}でした。
カイロはボキボキ言わされるわけではなく、ぐーっと痛くない程度に伸ばしたり縮め
たり、押したり。すごく気持ちよかったのです。「そこ!」と叫びそうになる程ベス
トポジションを押してくれます。
何より最初から最後まで人の手である事が重要です。
電気の治療や(これもやってるようですが)赤外線当ててというのはどうも楽をされ
ているようで。
手の感覚って本当に治っていくような感じがしますし、気持ち良いのです。

初めての時はお風呂も浸かり過ぎてはいけないそうです。全身をほぐしたので、だる
さがでるのだそうです。

結局今日二度目のカイロに向かいました。
というのは、本当は最初の一週間は3回くらい来れるのが理想と言っておられたから
です。
「無理です」と即答したものの治したいし、何より、椅子に座っても足を組まないと
やっぱりしんどいのです。一回では歪んだ骨格は治らないと知っていますが、ここで
足を組まなくなったらかなりよくなるのではと、思ってはいたので。ですが足を組ま
ないのがしんどくて気分悪いって感じで負けてしまうのでしっかり正しい形に直して
もらいたくて。

診断はやはり骨盤と背骨の歪み。
それから首にも少し。骨盤が歪むので足の骨が出ているように見えるのだそうです。
たぶん腰のくびれとかも違うと思いますよ、と言われていたのでお風呂に入る時、見
てみるとほんとだ!左右のくびれが非対称だ…。

二回目の今日は帰って鏡を見ると対称になっていました。でも今ごろまた元に戻って
る?
少しづつ歪んだ骨は正しい位置に戻してもすぐに歪んでしまいます。
何回か正しい位置を教えてやると元に戻っていくのだそう。歪んでいる事に心当たり
のある方は少しでも早く矯正に行く事をお勧めします。

さて私は何回通えば元の正しい位置に戻ってくれるのでしょうか?
そしてなぞの嘔吐アンド下痢は骨格を治す事によって再び襲う事はないのでしょうか?
その後の私のレポートをお楽しみに!(ほんとに書くのか?)






最終更新日  2005.06.16 22:41:53
コメント(2) | コメントを書く
2005.06.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
七月の某日にある団体の演奏会を開催します…って今更中途半端な書き方すると訳がわからないのでちゃんと書くと(最初から書けって?)

7月16日(土)午後6時30開演 代々木HAKUJUホールにおいて
NHK邦楽技能者育成会48期卒業生による「1stコンサート 四ツ葉の会」を開催します。

私は48期の卒業生なのでこの会に出演参加するわけですが、この会に私の師匠が聞きに来てくださるそうです。
師匠、及び私は兵庫県在住なのでこれに行く為には飛行機だか新幹線だかなんらかに乗って遠出をしなくてはいけません。宗家を動かしてしまうなんて私ってすごい! 笑

このNHK邦楽~では卒業できた暁には卒業演奏会というものがあり、それにも師匠は来てくださいました。その時もすごく嬉しくて学芸会に親が来てくれるようなわくわくするような、こそばいような、なんとも言えない感じを思い出しました。

学芸会は失敗してもよくがんばった!と誉めてもらえそうですが前述の通り、私が先生に(師匠)誉められる事は無いので、せめて「だめじゃない!」と怒られないように頑張りました。

卒業演奏は団体なのでよっぽどの失敗をしない限り、先生にはばれませんが、今回は自分の音が先生の耳に届いてしまうのです。
そう思って練習に練習を重ね、腕が筋肉痛になったりもしますけどいっこうに変わらないのです。弾くだけで精一杯、音を奏でる所ではないのです。
これじゃあだめだよ…。

そう思っていたらとうとう夢を見ました。
全然うまく弾けない夢を。

「深層心理の氷山の一角が夢に現れるのです…」って大学の心理学の授業で習ったけど、氷山の一角でも深層心理でもなんでもない、、、すぐ表面に現れた心配事。

どうか先生私の努力を感じて!
下手だけど、充分に練習はしたのね…そんな感想でもいいです、この際。

私の大事な筝の相方を、うちの先生と初お目通し、失敗に終わらせないよう、やらなくては!






最終更新日  2005.06.08 23:43:21
コメント(4) | コメントを書く
2005.06.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日から目が赤い。うさぎさんだから仕方がないのだけど(関係ない)左の目がなんか重い。それって…目バチコ!?

…って「目バチコ」でわかる方が何人いるのでしょう。関東の人には通じなかったです。こちらではもう一つ「目イボ」「メボ」ともいいます。これはわかる人が更に限定されてきますけど。

結膜炎…とも少し違うのです。
メバチコ、は目のまぶたの裏なんかにできものができて腫れ、ひどくなると病院で切ってもらって膿を出します。
結膜炎はばい菌が入ったりして目がかゆくなり、目の白目部分が真っ赤になる事です。

症状自体が全然違いますね。

私のは?目が赤いから結膜炎かも…。

どちらも寝不足したり疲れたりすると特に出るようなのでお昼寝(夕方寝?)してみましたけど変わらない!うーん明日になったら治ってるかなあ。

もともとちょっと腫れぼったい目なもんで、目バチコになってもわからんのよね。
でも目頭ではなく目尻から二重の筋がでてきた。それってやっぱり腫れてる?






最終更新日  2005.06.06 23:04:31
コメント(2) | コメントを書く

全71件 (71件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.