018374 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

STELLA

全71件 (71件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

2005.04.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
またもほったらかしベルン旅行記、今回は日本の外人の話し
今日はアルバイト先のセルフサービスのコーヒーショップに年配外人が団体で来た。

春なので旅行らしい。

少しカウンターから離れたところであっちやこっちを指さしている。五人ものカサの
高い外人達がレジ前にふさがってしまっては、お客さんが注文できないので…
「Can you speak Japanese?」と聞くと「No! you speak english!」って喜ばれ、わ
いわい盛りあがって注文して飲み食いして「アリガトゴザマシタ!」と帰っていっ
た。
年配団体でそれで旅行すんなって。しかもセルフサービスの店に入るなって…私達が
アメリカなんかに行くと英語はできて当然!という顔をする彼らは日本では日本語は
できなくて当然らしい。
平等じゃない!
日本語が難しい事はわかるけど、英語は学校で習ったけど、でも姿勢の問題、日本に
来るなら、日本語話せない事に申し訳ない気持ちを持って欲しい。

前に私が知り合ったイギリス人、自分もその連れの母親も日本語は全くわからないく
せに日本を私に案内されながら、どうどうと「おまえはもっと英語を勉強すべきだ
!」と言った。
だったらあんた達だけで観光したらどうだ?と思ったが接待中だったのでそうも行か
ない。しかもその外人を連れてきた本人は英語は全くわからない、私が説教されてる
事すらわからなかった。

イタリアでイタリア語を話していたら、珍しく英語もできるイタリア人に出会った。
「私はもっとイタリア語がわかるように勉強したい」という話しをしたら「イタリア
語じゃなくて英語を勉強すべきだ」と諭された。ほっといて欲しい。私はイタリア語
が好きなのだ。しかもイタリアの田舎では英語は通じない。私がいたのは田舎だった
のに。

そんな人ばっかりじゃないけどどうして英語だけがそんなに優遇されるんだろう。
アメリカ人やイギリス人は英語だけで他国語ができなくても普通。
でもそれ以外は皆英語が話せなかったら馬鹿呼ばわりされる事が多い。

私の場合勘は良いので一人で外国でなんとかやっていけます。
全く話せないわけでもないが自由に英語が使える訳でもない。
それでも発音だけはいいらしくよくネイティブのようだとほめられます。だからって
ぺらぺらじゃなきゃ意味ないんだけど、街で迷ってる外人には私が外国で困った時に
助けてもらったように、出来る限り助けてあげようと心がけていますが、かたくなに
母国語しか使わない外人達、せめて気持ちだけでも、旅行ガイドの「日本旅行の為の
日本語」でも持って旅行して欲しいもんだ。
それでもわからない事はいくらでも助けてあげるのに。

まあ、今日の外人達は感じは悪くなかったんだけどね。英語、たまには使ったら忘れ
なくていいんだけど…でもやっぱりなんか不公平だなーと考える私でした。






最終更新日  2005.04.14 18:01:06
コメント(0) | コメントを書く


2005.04.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、先代先生のお墓参りに行きました。
毎年バスをチャーターし、30人前後の人で行きます。ついでにちょっと遊んで帰る
事になっています。
最初はキリンビールの工場見学に、その次は…どこだっけ…?

今年は天の橋立に行きました。
近いのですが私は行った事が無く、初めてあの有名な「股のぞき」を経験しに行きま
した。

バスが駐車場に到着し、降りたらすぐに大きな神社があり、まずはお参りをしまし
た。
すぐ横におみくじが…
「いやだめだ、お正月大吉だったんだから」と思ったのですが
【七福神おみくじ】(お財布に入れる小さな金の七福神がついている)だったので
やっぱりひいてしまいました。
私は芸能の神様、弁財天様が欲しかったのです。
開けてみると…

やったー!弁天様だー!
音楽、弁舌の才や智恵、福徳の神、財宝授与の仏神として古くから信仰を集める…と
の事。
上手になるかな、お筝…。

おみくじは
「晴れ渡る 月の光に うれしくも 行手の 道の さやか なりけり」
(闇くて見えない道も月がさし初め 明るくなる如く幸福次第に加わる運ですからあ
せらずさわがず静かに身を守って進むべき時に進んで何事も成就すべし)

ええやん!
【願事 あせらず騒がずゆるゆる進めばよし】
ゆるゆる進むってなんか楽しそう 笑

上にケーブルカーで登って、股のぞきをして…風が強くて飛ばされそうだったけど…
逆さまじゃなくても絶景なんですけど…?
やっぱ股のぞきする事に意義があるの?でも皆やってなかったけど。
私が逆さまにのぞいてみたら「もっと足開いてのぞくねん!」って言うとおりにした
らガニマタでかなりぶさいくな格好になっちゃった。そうかそれで皆やんないんだ。

帰りはリフトで桜の中をゆるゆると降りていい感じでした。
でも私が降りてすぐにリフトは≪強風の為運行停止≫…あれ?大丈夫だったの?私?






最終更新日  2005.04.11 15:51:20
コメント(2) | コメントを書く
2005.04.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
これが目的でした。世界最大級の時計・宝飾品展示会!!!
本当にすごかったです。BIGSITE並、国際展示場並の建物が6ホール、1ホールの一
階分に約150店、1ホールにつき二階、三階とあり…ああ、もう吐きそう。

時計は有名所で言えば、BVLGARIからもちろんROLEXやらすごい事になっていました。
ジュエリーもLapponiaやclio blueやPlatinam Guild Internationalと
か…
山のような宝石達に日本の展示会でもふらふらになる私は本当に嬉しいめまいが…

会期は3月31日~4月7日までのたった一週間程の事ですが素晴らしい店構えで、
あれ、本当に壊してしまうのもったいない!
その辺の店なんかよりずっと完全なデザインされた、作りも立派なブース。
一体いくらかかってるんだろう。そして一体いくら儲かっているんだろう。儲けに対
して、あれを作るはずだからやっぱり大きい所はかなりな儲けなんだろうな。
やる事もすごい。ブースの広さもすごいし、コンパニオンのお姉ちゃんもすっごい綺
麗で、嬉しがって一緒に写真をとってもらった私はでかいべっぴん二人に挟まれ、
すっかり「捕らえられた宇宙人」。

二日間通いましたが全然見切る事はできず入っていないホールもありました。
でも私の目的のジュエリーのホールはなんとか見切りました。もうほんと足が棒。頭
の中宝石だらけ。

良い作品もたくさん、いろんな人に出会いました。
とりあえずイタリア語が話したくて(忘れてしまっているので思い出す為に)イタリ
アのブースを見つけては雑談しに行く私でした 笑

日本の展示会ではうじゃうじゃの人に押され疲れてしまうのですが、広さゆえかゆっ
たり見る事ができました。
終了時間になるとかなりな人が追い出されていたのでやっぱりすごい人だったんだな
あ。

新しい流行りや、新しい技術が集大成され…
ちょっと笑えるものではバフかけロボット…これはわかる人にしか笑えないのです
が…一昔前の「ロボット」みたいなのが檻の中でリングの内、外にオイルをつけ、バ
フを段々細かくしてかけて…だからどうだっていうやたらカサの高いロボットでした
が…売ってる人がちょっと笑いながら説明してるのはきっと自分達でもウケねらい
だったんでしょうか。かるく何百万円としてましたけど…。

初めて記憶合金が実際に動く様を見て、私は過去にデザインコンテストで記憶合金の
ジュエリーを企画した事があり、その頃は現実離れしているデザインだと思いながら
考えましたが、本当にできるかもしれないとわくわくしました。
その時のデザインはイタリアに留学する前にコンテストに応募し、行ってる間に受賞
したらしく、イタリアから帰ったらクリスタルのタテとその旅費に相当するくらいの
賞金が来ていて「ラッキー!」でした。
その時は受賞を考えずに楽しさだけで、ただ描いては送り、していましたが立て続け
に賞金が入っていたので本当においしい思いをしました。「コンテスト荒らしで生計
がたてられるんじゃないか?」なんて甘い事も考えてました 笑

最近はいろんな規定ができてコンテストに送るのも難しくなり、ちょっと残念なので
すが…今回はせっかく行ったBAZELの勢いでまた何か描いて、創って送ろうと思って
ます。

そして明日はベルンの街、バーゼルの街、話に続く…(まだ続くのか?!)






最終更新日  2005.04.08 17:28:42
コメント(8) | コメントを書く
2005.04.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
いろんなトラブルもあり、やっと帰りました。
今回はドイツ語なので読めないってー!笑
英語も通じたけど中にはドイツ語しか話せない人もいる。なんとなく勘を働かせ、イ
タリア語(これならわかる)も試してみたり(スイスはドイツ語、イタリア語、英
語、フランス語だとか)イタリア料理が多いのでイタリア語も使えましたが。

長いので今日は国外脱出までの経緯だけ…

まずは伊丹空港からなのでバスに、甥が一緒にバス停まで(私の)母と来てくれまし
た。大騒ぎで自分も飛行機見に行くと聞かずすねてしまい、発車したバスから母を困
らせるのが見えました。ちょっとなんか寂しい…。
私が子供いたらもう遠くにはいけないんだろうなあ。寂しくて。

いろんなものを乗り継いでやっと成田へ。社長のご意向で近くのホテルで泊まらせてもらいま
した。
成田は空港に入るまでの道で、バス内でパスポートコントロール、ええ!大丈夫?よ
その国の国境みたいな感じ。ここを車でバーンとつっきると映画みたい…と思ってい
ると、乗り込んできた警備員(?!)若い!かっこいい!笑
思わずパスポート出すのてこずろうかと…。
たぶん制服にもだまされてますけど、でも私好み…うーん、いいねえ。

空港からシャトルバスでホテルに、朝に出るときまた、パスポートコントロール…も
ちろん期待!!
あれ?…おっちゃんやん…しょうもなあー、がっくり。

空港で保険をかけて…
チケット受け取りの場所に行き、並んでいると後ろになんかかっこいい夫婦が。旅な
れた感じでかっこいい。服も私好み。美男美女やなあ…。
と思っていると「誰かいた?○○さんに挨拶した?」
あれ?○○さん?同姓かな…と思っていると今回の統括役の社長の名前でした。そう、
偶然にも今回一緒の人でした。

・統括役のジュエリーデザイン3Dソフト開発と金属屋さんのMさん
・宝石職人のOさん
・真珠屋さんのTさん
・宝石道具屋さんのSさん夫婦
・ジュエリーデザイナーの私

以上の6人。私以外は皆社長…あれ?なんか私、めっちゃ場違い?






最終更新日  2005.05.20 23:25:37
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
この時間だと携帯に配信されてないので昨日のに書き込みます。

今からやっとスイスです。まだ成田空港にいますが、成田はすごく人が多いです。外人がとにかく多い。
昔は伊丹空港から今なら関空からしか海外にいきません。
でも、かなり前に成田から行った時があります。あれから何年たったかな、初めてお箏を弾きに海外に行った時。こんな空港だったかな、もう覚えてないです。
あのワクワク感は変わりませんがだいぶ年もとり、旅慣れた私がいます。楽しい旅行だったらいいな、とりあえず伊丹→羽田→成田の空港はしごだけでさすがの私も結構疲れました。

あ、そうそう成田のワシ○ト○hotel、イケてないです。従業員がかなり。…てゆうて私が支払ったんちゃうし文句ゆうたらあかんか(*^_^*)てへっごめんなさーい!
いってきます♪






最終更新日  2005.05.20 23:28:38
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週末だと思っていたらあさってから私は国外逃亡です。
すごい久しぶりに。前は一年に何回もいろんな国行っていたのに、なんだか忙しくて
何かと予定がうまく行かなくてこんなに久しぶりになってしまいました。何年ぶりか
な。

ツアーが大嫌いでいつも飛行機の格安チケットだけとって、着いたその日のホテルだ
け決めて後は帰る日だけ決めて行きます。どこを回るか、二日目からどこに泊まる
か、全く決めず、ぎりぎりになってから親に言うのでいつも親は「ええ!」っとびっ
くりします。留学する時も何も言わず、どんどんイタリアからFAXや郵便物が来るの
で何?と思っていたら突然に「留学してくる」と言ったらしく、怒られました 笑

今回は東京の会社からのお誘いです。
以前その会社が主催するジュエリーデザインコンテストで入賞し、それから東京の展
示会でブースの一角を貸してもらって商品を売ったり、国内では大きい宝飾展示会の
仕事をもらったりしていました。

最近あまり創れて無かったけどそれでも声をかけてくれ、いつもよくしてくれる社長
が「バーゼルに行きませんか?」と言いました。バーゼルと言えば世界最大有名宝飾
展示会のあるあのバーゼル!関係者しか入れません。

と言ってもイタリアにいた時はこれも関係者のみの大きな展示会で、だめもとでなん
のバックも無しに飛びこみで行きました。
扱うものが高価な宝石だけに警備は厳重。かなりもめましたがジュエリーデザイナー
として認めてもらえ、やっとの思いで入ったのでした。無料で 笑 お金さえ払えば
そう大変な思いはしないで済むんでしょうけど。

何か新しいものが見つかるかな。すごい宝石が見たい!
心が惹きこまれるような…。

スイスはすごく寒いらしい。どんなもんかな、トランジットで行ったチューリッヒの
空港内しか知らないなあ。物価が高いのがやだけどチーズおいしいかな。チョコレー
トとか…。

あ、違った宝石見に行くんだった。仕事仕事…。






最終更新日  2005.03.29 18:29:45
コメント(0) | コメントを書く
2005.03.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
風の様に来店し、そのまま今日は健康診断らしく私に渡すだけ渡して、急いで行って
しまったグァテマラ人。

今日はデザート!
開けてみるとシロップに浮かんだ、レーズンと丸いお月様みたいなふわふわ。
メールによると「略…今日でさと ちさいなべ入れてあたためて。はこいつも横おい
て、こぼれてご注意」
ちょっとかわいくないですか? 笑
ちなみに訳すと{今日はデザートです。小さなお鍋で温めて食べてね。入れ物は横か
ら汁がこぼれるのでまっすぐにして持ってね}という感じですね。

お鍋であたためて透明なお皿と黄色の大きなお皿を重ねて。
外は揚げてあって中はプリンみたいにとろとろ、でも粉ものっぽい…中にもレーズン
が入っていて、外にもレーズン、味つけにクローヴも入っています。
甘すぎないシロップに漬かっていて、これもおいしかったです。

グァテマラってどんなお菓子なんだろう?わからないけどこれは私の知ってる範疇で
考えるとフランスデザートみたいな味でした。上品なおいしいお菓子。
私のイメージ南米ってもっと激しいもののイメージ。だってコスタリカのサンホセで
見たケーキ屋さん、青いクリームとか毒々しかったよ。食べて見たかったけどね。
全然違うおしゃれお菓子でした。

この二日、おうちでグァテマラ旅行みたいな感じ?笑






最終更新日  2005.03.25 17:16:55
コメント(3) | コメントを書く
2005.03.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
ってどんなんか知らないけど、グァテマラってどこやねんっていう人も多いでしょう
が、今日アルバイト先の常連のお客さんに手料理をいただきました。

彼は毎日、カプチーノとマカココクッキーを買い、英語だかなんだか書かれたぶあつ
い本を読み、帰っていくのでした。ある日レジにたつ私の名札を見て「○○さあー
ん」と嬉しそうに読んだので、「漢字が読めるんですね、イタリアの方ですか?」
というのも私はラテン系濃い顔の彼がカプチーノを飲む=イタリア人=忘れかけたイ
タリア語が使いたい!という訳で話しかけるチャンスを狙っていたのです。彼から
しゃべってきたので「やったあ」とばかりに話し出しました。

そうすると彼は「いいえグァテマラです」
前に(南米)コスタリカに行った時、皆がグァテマラはいいよー近いし寄ってきな
よーという言葉を何度も聞きました。「うわ、グァテマラ行ってみたかったんです
!」なんて話で仲良くなりました。

昨日の夜夜なべして作ったらしい。「一時過ぎまでつくりました」ってさ。
「明日君にこの料理をあげたい、タラの魚ビスカイナのスタイル。レシピはせんぞが
教えてくれた…略」
少し片言の日本語でメールをもらいました。

今日彼はヨドバシの紙袋をわたし、「レンジで…」あたためるのね!中を覗いたら、
うーんタラ生ちゃうん?
フライパンで焼く?「…ああ!…フライパン…そう!…ヤク…?んー」オーブン?
「オーブン?」あかん言葉が難しすぎた!スペイン語(グァテマラのスペイン語)で
は説明できないよ!
わかったわかった。大丈夫。ありがとうーなんて言って先ほど晩御飯に食べました。

結局タラは火は通っていたようなので電子レンジでちーん!お、おいしい。
トマトと…オリーブと、ガーリックと赤ピーマン…後はなんやろ?
ソースはスペイン料理のSOPA DI AJOみたいな感じ。そこにタラが入りましたとい
う。いやしかしおいしかったよ。少し塩が強いのは南米で暑い国だからだね、きっ
と。
電子レンジでちんしたから少しタラが堅くなったけどあのソースでスパゲティも食べ
れそう。うん、おいしかったよ。どうもありがとう。ごちそうさまでした。






最終更新日  2005.03.25 17:21:35
コメント(2) | コメントを書く
2005.03.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
地元の元酒蔵での筝アンド尺八の演奏会に行って来ました。
20代の若い人達で主催は27歳の男一人が筝と十七弦、賛助に尺八二名、十七弦一名でした。
結論から言うと私的にはよかったです、これからも頑張って練習しようね、って感じでした。
今回は現代曲(いわゆる今生きている人の作曲の曲)ばかりでした。
前には一般的な古典ものも弾いているようです。
写真はその休憩時の調弦の模様。
(勝手に使ってごめんなさい)

その場所がとても感じのいいところで白壁にこげ茶の柱が綺麗で、ちゃんとした会場とは全く違っていましたが土床に椅子が並べられ、無理に入れれば100名くらい入れそう。(椅子があればの話)
厳しいのは底冷えする事。
冬は底冷えするのに暖房はないので寒く、夏は風が通らないのでめちゃくちゃ暑いらしい。ただいい時期を選べば本当にすごく感じのいい場所です。

私の地元はお酒作りで有名なので、それにまつわるものがいろいろあります。
会社はもちろん、蔵もあるし、地酒や地ビール、姉妹都市のビールなんかが飲めるレストランもあります。
そこでは酒かすのピザとかも有名です。

…話しがずれましたが、その会場は美術館と、工芸センターに隣接されていて、早くついた人なんかはそこで時間をつぶす事もできます。
蔵の全体は旧○○邸と呼ばれ、昔は人が住んでいた素敵な家です。今は中を無料で見せてくれます。入り口から入ってそのまま進むと蔵があり、見学に来た人をそこの管理の方が呼び入れてくれます。

前前から気にはなってました。

えー感じの所やなあ…演奏したらどんな感じかな。ここなんか和風やし、おこと弾いたら絶対感じいいよね、でも音響ひどいかもしれんよね、なにしろ蔵やしい…。

師匠に「リサイタルをやりなさい」という嬉しいお話をいただいて約三年、いろんな障害を考えて無理だと結論を勝手に自分で出していましたが、今回、また師匠はお話してくださいました。
「とりあえずあそこで一回やってみたら?あそこでリサイタルっていうのはいけないけど、ちょっとしたコンサートとして」

めっちゃ考えてましたよ!ここでやってみたいなあと。
リサイタルって銘打つ前にやってみたいなあって。
とにかく寒さと暑さは来てくださる人に悪いから季節はよく考えないと。
ここで書く事と違うかもしれませんけど、でもここで発表しておこう、新しく障害が出た時に気持ちがなえない様に。

うさぎコンサートやってみます。(いつやろ?)






最終更新日  2005.03.20 19:31:44
コメント(3) | コメントを書く
2005.03.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
話題になった【セカチュ-】、読みました。
私の意見としては「泣くっていうか…」っていう複雑なものでした。
よくできた小説と思うけどあそこまで話題になったのはなぜ?

「泣きました!」とか言う感想を聞く度、「どこで?」と聞いてしまいます。
そうすると血も涙も無い人の様な目で見られるのです。

確かに彼女が空港で倒れた時にはぐっとなりましたが、話の流れ的にそこで大丈夫
だったら後で大変な事になってしまうじゃない、と心配で…こんな事は読んだ人にし
かわからない話ですが。

ある本に【セカチュー】の話しが載っていました。
≪あの本で泣ける人は純愛を知らない人≫…そうか、そうなのか?
それで若い人の方が泣ける?
泣けない私がひどいやつなのではなく純愛を知っていたって事?
…まあ、その書いた人のデータによるだけの話しですけど。

近頃は、純愛に焦がれるけど、実際にはできない人が多いらしい。
その純愛ブームは【東京タワー】現象もそうだと。でも今の人達は我慢が足りない、
と。

一概には言えませんが、すごく見た目普通のむしろよく頑張るいい子も突然ぶちっと
怒ったり(キレ方はそれぞれですが)するのを目の当たりにしていて、私は私で
ショックなのです。
このままこの子はやっていけるのだろうかと。大きなお世話なのであえて本人には言
いませんが。
テレビをにぎわす話題は「小学校に殺人鬼が入った」「子供を誘拐した」…
恐ろしいマンガやゲームの世界と現実の区別がつかなくなっているとか。

…純愛は必要な事のその一つに耐えることが含まれると思うのです。
我慢することができなかったら純愛はなかなか成立しにくいのはないでしょうか。

テレビの番組で
恋人達の彼が「彼女の友達もいいなあって思ったので…やっちゃいました!」
その友達は「なんかあー○子が楽しそうでー羨ましかったからいただきました 笑」

完璧な△関係ができあがっていたのですけどあまりに我慢たりなくないですか?
しかもなんでテレビでばらすんですか?浮気は内緒にしてください!

…もう、おばちゃんにはよくわからない世界だなあ。






最終更新日  2005.03.20 10:14:46
コメント(4) | コメントを書く

全71件 (71件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.