2005.02.18

雨で暗い日

(1)
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は少し気持ちが落ち込み気味です。
楽しい事を考えましょう…。

私はイタリアが大好きです。デザインといえばイタリア!!華の都イタリアです。

最初にイタリアに目覚めた理由は大学で第二外国語をとりたかったから!フランス語
やドイツ語や、いろいろあったけどイタリアってデザインで有名だし、おっしゃれー
な感じがしてとってみました。その授業に出てみると…訳がわからん!(おっと関西
弁がでてしまいました)男性名詞?女性名詞?なぜ椅子が女性で机が男性なの?…悩
みましたが、えーいいってしまえ!とばかりに市からの姉妹都市ツアーに参加し、姉
妹都市で筝演奏し、その後にイタリアに連れていってもらいました。

姉妹都市よりイタリアに到着、空港でターンテーブルに乗ったスーツケース…開いて
る!つぶれてる!盗まれてる!…他の人のだ!着物を入れていた私の荷物は?…大丈
夫。手付かずで帰ってきた。
イタリアは恐ろしい所だ!前途多難だよと、皆で凹みながらバスに乗りこみ、街へ。

茶色を基調に彩られた絵本のような街を眺めていると、喉元過ぎれば…で、徐々にテ
ンションは上がる。食事の後何人かで街に出てみました。
ライオンの顔の蛇口とか、埃だらけのポンコツ車の走る道とか、おいしそうなパンの
並ぶ街を見ているうちに…ここどこ?!
迷子です。地図見ても自分がどこにいるのかわかりません。やばい!誰に聞く?あ、
子供連れの家族!きっと悪い事しないはず。
「(すいません、ここはどこですか?)」イタリア語で聞いたら
「べらべらべら-!!」
あ、ちょっと、ちょっと待って…あかん、訳わからん…しゃべられへん…(また関西
弁が!)
困った私は地図を指差しもう一度、
「(私達はどこにいますか?)」と聞いたら一生懸命しゃべりながら地図のはみ出た
部分を指してくれました。
無事にホテルにたどりついた私達。もう少し勉強しないと役にたたないなあ、でもな
んか楽しかった。

そしてすぐ後、敗者復活とばかりにまたもやイタリアへ!あ、なんとなく通じる、気
持ちが通じ合ってる!なんだあ、イタリア人っていい人じゃない。

そして何時の間にかどっぷりとはまった私はその後もイタリア旅行に通い、しまいに
はジュエリーデザインの勉強に短期留学するのでした…。(つづく)





TWITTER

最終更新日  2005.02.18 16:27:29
コメント(1) | コメントを書く