4220633 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南風のメッセージ

2020/07/03
XML

タイトルは大げさになっていますが、これまでいただいたコメントにお答えするということで。('◇')ゞ

まず、カルガモは母だけが子育てをします。
繁殖期に入って、メスは10~12個前後の卵を産むそうです。
抱卵も子育てもメスだけが行います。




先日のカルガモヒナたちですが、まだヒナが二羽がいたときにカルガモ成鳥を二羽見かけました。
母カルガモは上に上がっていて、この画面にはいません。
写真に写っている手前の成鳥はオスだと思います。
ヒナたちはこのカルガモには近づきませんでした。





そして、右上が母カルガモ、左下がオスのカルガモです。
このオスがヒナの父親かどうかはわからないし、父カルガモの育児へのかかわりは原則としてありません。(例外もいるようで、父母でヒナを連れているのを一度見たことがあります。)

このオスは母カルガモに興味があるようで、写真には撮っていませんが「懸想」をしていました。(#^.^#)
というのは、頭をぺこぺこと何度も下げることで求愛していたのですが、母カルガモは無関心。('◇')ゞ
そのうち、このオスは飛んで行ってしまいました。

メスが子育てをしている時期、オスたちは別のところで生活し、10月くらいになるとオスもメスも集まって大きな集団を作るらしいです。




ここからは説明のために、以前のカルガモ写真を掲載します。
カルガモの交尾が始まります。
まず、お互いにぺこぺこと何度も頭を下げあって挨拶をしたらOK。
右のメスが姿勢を低くというか平らな形になって、左のオスがそこに乗ります。

さて、ここでオスとメスの見分け方です。
メスは背中の羽の縁に白く太い輪郭がありますが、オスは輪郭が細くて不明瞭。
ひとつひとつの羽は、メスは小さくオスは大きいです。
全体にオスの方が色(特に頭の色など)が濃い気がします。




一方、こちらはメスどうしのバトルです。
お互いにヒナを連れているメスが出会ってしまうと、かなりの確率でバトルになります。
このように顔と顔をつきあわせてのバトルだけで済む場合は良いのですが、ひどい時は相手のヒナを殺してしまうこともあります。
それは、たくさんのヒナがいるとエサが豊富ではないので、少しでも(よそのヒナを)減らしたいからだという説が強力です。




以前、目の当たりにしたメスカルガモがよそのヒナを攻撃するところ。
望遠レンズで撮っていますので近くに見えますが、手を出せるほどは近くなく、ただ茫然と見ているだけでした。






よそのヒナが何かしたわけではなくただ迷いこんでしまったようなのですが、徹底的に攻撃し、動かなくなると、そのメスのヒナたちも母の真似をして動かないヒナを攻撃していました。

あまりのことにショックを受け、しばし声も出ませんでしたが、その後も、似たような場面を目にしたことがあります。
自然界の厳しさは見ていて辛すぎることが多いですね。







最終更新日  2020/07/03 05:30:05 AM
コメント(10) | コメントを書く
[鳥(カワセミ、鳥撮りコレ以外)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   アポ哲 さん
オスは子供を生むための道具なのかな (´;ω;`)ウゥゥ
母親の愛ってむごいけどすごいですね (2020/07/03 05:47:34 AM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   マルリッキー さん
おはようございます♪
確かにカルガモは、お母さんだけでヒナを育てている事が多いですよね。
でも、1~2度、2羽のカルガモの親が、ヒナ達を引き連れている所を見かけました。
小池公園でも、2組の親子がいると、たいていバトルになってしまい、1組は小池公園から移動してしまう事が多いです。

それでは、今日も良い一日をお過ごしください♪
(2020/07/03 06:50:13 AM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   vivagatti さん
おはようございます。
ご説明有難うございました。

前からそのような話は聞いていましたが・・・・他の雛を襲って
殺してしまうまで・・・厳しい野生の世界なんですねぇ(><)

なんだか・・・言葉もない感じです。

自分の子を守るため・・餌の確保・・・いろいろ事情はあるのでしょうが・・・
野生の世界の厳しさを、たっちさんは目の当たりになさったのですねぇ。
そのショックは・・・。

可愛いだけではない世界が野生の世界なんですね! (2020/07/03 09:13:44 AM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   saltyfish さん
雌雄が、かなり良く似ているのですね・・・・区別は難しそう。
種の保存、自分の血統の保存のために必死ですね。人も同じかな・・・ (2020/07/03 09:19:22 AM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   5sayori さん
おはようございます
オスの姿が見えない・・ということは当たり前だったんですね
それにしてもメス同しで争うんですね
自分の子供じゃなければ殺してしまう・・・

残酷なようですが当たり前の世界なのですね (2020/07/03 09:50:44 AM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   京師美佳アメブロ転送用 さん
こんにちは^^
カルガモ可愛いですね

今日も夕方から豪雨に
お天気にご注意下さい

(2020/07/03 10:32:58 AM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   悠々愛々 さん
おはようさんさん。

コメント並びに応援、ありがとなし。

弱肉強食の自然界のルールは、

ある意味で残酷ですよね。



(2020/07/03 11:38:26 AM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   写 素人 さん
カルガモの子育ては雌がするようですね。

野鳥の中にはタマシギの様に子育てには一切雌は関わらず専ら雄が世話する野鳥も居ます。

野鳥の世界は分からない事ばかり、命を繋ぐには色んな事がありますね。
探れば人間の世界も同じ。 (2020/07/03 04:18:45 PM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   空夢zone さん
種を残さないといけないのに、同じ種同士で、ヒナを殺すのですね。
ほんと自然界は厳しいものですね。 (2020/07/03 05:42:32 PM)

Re:カルガモの生態(オスとメス)(07/03)   chappy2828 さん
こんばんわ~♪
カルガモのオスメスはほとんど同じで見分けがつかないのかと思ったけど、ちょっとした違いがあるんですね
それも見比べなきゃ分からないのかもしれませんが・・・・・・・
カルガモの求愛ダンス、見た事はありませんが説明で何となく想像できるような気がします
産卵する卵の数、凄く多いのですね
自然界で生きていく事って本当に厳しい事がいっぱいですね
目撃したとしても手出しも出来なくてショックだったでしょうね

(2020/07/03 07:35:31 PM)

PR

プロフィール


みなみたっち

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

昼顔desu@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! こんばんは。 グラジオラス神秘のお写真…
空夢zone@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! この頃は、グラジオラスの花を見かける事…
写 素人@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! グラジオラスは鮮やかな色の房状の花、特…
和活喜@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New!  こんにちは。 福岡宗像は晴れで34度…
悠々愛々@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! おはようさんさん。 いつも応援ありがと…
saltyfish@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! 蕾の中に、かなり合理的に花が収まってい…
vivagatti@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! おはようございます。 黄色い花って余り好…
5sayori@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! おはようございます こうやって撮影しよ…
マルリッキー@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! おはようございます♪ この写真だけ見たら…
アポ哲@ Re:グラジオラスは神秘的(08/06) New! もっと中にはグラジオラスの妖精が寝てい…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

散歩で撮ったトンボ… New! 大分金太郎さん

ブロ友 。。。 New! 悠々愛々さん

ブログ更新!今日は… New! 京師美佳アメブロ転送用さん

メマツヨイグサ  … New! 昼顔desuさん

梅雨明け後の #旭川 … New! 隠居人はせじぃさん

令和2年葉月6日のブ… New! アポ哲さん

^-^◆ スペースワー… New! 和活喜さん

カレンダー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.