4773256 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

南風のメッセージ

全1635件 (1635件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

鳥(カワセミ、鳥撮りコレ以外)

2021/01/22
XML
最近は西村京太郎、今野敏、碇卯人などを読んでいますが、碇卯人以外はあまりおもしろくなかったです。
碇卯人は「杉下右京」シリーズだったので、5冊ほど、さくさく読めてしまいました。
一方、以前はおもしろかった西村京太郎はストーリーがちょっと突飛だったり、素直に入ってこないことが増えてきてもう読まないかもしれない。(西村先生、どうしちゃったのだろう?('◇')ゞ)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりにホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)に会いました。
羽の色はまだ淡い感じ。(グレーっぽい)
曇り日の午後でしたが、どよんーんとした感じでした。('◇')ゞ




なに?この丸い物体は?









『あーん?なんだかうるさいなー。』










「あら、おこしちゃいましたか。ごめんなさい。」


 






『ま、いっけど。』

「わー、やさしい方なのですね。」(#^.^#)







『いやー、それほどでも~。』

頭ひっくりかえして照れててかわいい。( ^)o(^ )







『かわいいって? あまり言われないけどね。』

あくびなのか?口をあけるとちょっと怖い感じになりました。('◇')ゞ






最終更新日  2021/01/22 05:30:05 AM
コメント(12) | コメントを書く


2021/01/21
ヒヨドリがメジロやシジュウカラを追い払ってしまうので、しばらくミカンはお休みしました。
が、どうしてもかわいそうになってしまい、またミカン復活。
場所を二か所にしました。
それでも、ヒヨは2羽で来て、それぞれの場所を占有しようとします。
あいかわらず、ヒヨを見れば追い払う日々となりました。('◇')ゞ



ころんとしたメジロがやってきました。
お待ちしてましたー








以前と同じ場所には、二羽が。

「いい、いくよ。位置について、よーい・・・」








「どん!」

はい、仲良く食べ始めました。








食べ終わりの頃は、こんなになってしまいます。
さかさまで「ばー。」







もう一か所、ミカンをつけました。
この二羽、そっくりですね。('◇')ゞ







ちなみに、メジロは2ペア、シジュウカラも2ペアが来ることがわかりました。









ヒヨが来ると、メジロはすぐに追われます。
ボケメジロでごめんなさい。(ちなみにこの木はボケです。)







追い払えば、なんとか逃げるヒヨドリ。
でも、家にひっこむとまたすぐにやってきます。( ;∀;)






最終更新日  2021/01/21 01:04:48 PM
コメント(12) | コメントを書く
2021/01/19
今シーズンはなかなか会えなかったコガモに、年末になってやっと会えました。
それまでは、「カモがいる」と思うと、みんなカルガモ。
たまにヒドリガモ。
遠くのハシビロガモに一度。
そういえば、スズガモのメスみたいなのにも一度。
オナガガモには、まだ出会えていません。





左はカルガモ。
右にコガモのペアです。
やっぱりコガモは小さいですね。






左がコガモのメス。
真ん中がコガモのオスです。








上がメス、下がオス。








上のオスは羽づくろいの途中。








コガモのオスを大トリミングしてみました。
顔の模様がなんともおもしろい。
翼鏡は緑です。






過去写真ですが、オスの水浴び後のはばたきです。






最終更新日  2021/01/19 05:50:04 AM
コメント(12) | コメントを書く
2021/01/18
いつもは前日にブログの予約投稿をしています。
昨夜はAmazonプライムで「マチネの終わりに」を長々と見てしまい、布団に入ってから「あ、ブログ書いてない」と思い出しました。
眠いので、「ま、いいか。明日、早起きしてやろう。」と。

朝は6時過ぎに目が覚めましたが、寒いので布団からなかなか出ず。('◇')ゞ
ということで遅くのアップです。
まとめて何日分か予約してあったら楽だろうなと思うのですが、どうも前日に翌日分のみ書くのが性に合っているようです。


さて、今年は庭にハクセキレイが来ました。
これまでは、上空を飛んでいくのは時々見かけましたが、庭に立ち寄ることはほぼなかったのです。




意外と逃げません。
こうやってじっくり観察できるのも楽しいです。








はたと立ち止まりました。










今度はこっち方面へ。









胸を張って足を上げていちにいちに。
虫を探しているのでしょうね。








あ、何か見つけました。

これからも、また来て来てくれるといいなあ。







昨夜の月はこんなにシャープ。
厳しい寒さを感じさせられました。






最終更新日  2021/01/18 07:15:42 AM
コメント(12) | コメントを書く
2021/01/17
以前はピーナッツリースを作ったこともあったのですが、今年はまだヒマワリの種が残っていたので、当面、それをシジュウカラに与えることにしました。
メジロ用にみかんをさしてありますが、そのすぐ近くにエサ入れを吊り下げました。




さっそくやってきたシジュウカラ。
あら、なんだかかわいい感じ。(#^.^#)








とりあえずみかんのところに行きましたが、ちょっと口をつけてすぐに移動。
ほぼ、みかんは食べませんね。








で、お目当てはやっぱりこちら。
ひまわりの種です。








くわえたら、すごいスピードで木の中に運ぶのでなかなか撮れません。









「いくよー」
あ、まってまって。








次のコマだともう写っていない。( ;∀;)









くわえていた種をここで足でつかんで嘴でとんとんたたきます。
中身を出して食べるのです。
後ろでヒマワリの種には興味のないメジロがぼーっとしています。('◇')ゞ






ペアでやってきますが、このように並んでとんとんするのはなかなかないです。






最終更新日  2021/01/17 05:50:05 AM
コメント(12) | コメントを書く
2021/01/14
ずいぶんコサギにも会えていませんでした。
一月に入ってすぐにコサギの群れに遭遇。
うれしかったですよー。
お年玉がわりかも。('◇')ゞ




わーいわーい、たくさんいるなー。(#^.^#)









おーっといきなりデュエットでしょうか?
いえいえ、これはバトルでしょう。








同じ高さに飛び上がっていました。










これは、上の鳥の勝負あったのかな?
その後はあっさりと何事もなく。








一羽のコサギが少し離れたところへ移動しました。
飛ぶと黄色い足先が見えます。







もうすぐ着水します。
ブレーキをかけるときの独特の羽の形。







「あの秋はどこへいったのだろうか。」としばし物思いにふける??









飾り羽が少し見えます。









最後にカルガモと大きさ比べをしてくれました。
やっぱりコサギは小さいです。
白いサギでいえば、コサギ、チュウサギ、ダイサギ・・・と次第に大きくなります。






最終更新日  2021/01/14 05:30:05 AM
コメント(12) | コメントを書く
2021/01/12
厳しい冬場は、野鳥にとってつらい時期です。
外出自粛もあり、庭撮りをすることに。
メジロの好きなものを用意しました。





まずは、ロウバイの木の上の方にやってきます。
今年は特にヒヨドリが花やつぼみをむしってしまい、あまり咲いていません。( ;∀;)








さて、意を決して降りてきます。










二羽でみかんを食べます。








正確にはギザギザの舌にみかんを絡めて食べています。










すぐにヒヨドリがやってきます。
急いで逃げるメジロ。
ヒヨドリはメジロを徹底的に追い払ってしまいます。
そのヒヨドリを私が追い払う。






警戒すべきはヒヨドリだけではありません。
仲良く食べていたはずですが、急にもう一羽(ここではむかって右の子)をつっついて「あっちへいけ」といいます。








いなくならないと、さらに攻撃?










意地悪されたメジロはみかんから離れました。
なんだかかわいそう。






最終更新日  2021/01/12 05:50:05 AM
コメント(12) | コメントを書く
2021/01/10
とあるお寺でジョビコちゃんに会いました。
予期していませんでしたので、とてもうれしかった。(#^.^#)

出会いは鳴き声から。
「カッカッカッ」というような声が聞こえて、「おお、これは」と探しました。
すると、藪のようなところにいたのです。




はい、ここにちょこんといるのをみつけましたー。\(^o^)/









次は、逆光の、こみ入った木の中へ。










さらに追いかけると、たぶんサンシュユの木に。
見返りジョビコに。








時々、お寺の石碑を読んだり・・・。









しっかりお賽銭の見張りをしたり。(えらい!)









石灯籠は滑り台にならなくてつまらん。









黒い実が落ちたところにも。









万両のそばの姿もかわいかったです。(#^.^#)

ジョビコちゃん、遊んでくれてありがとう。(大みそかの日でした。)






最終更新日  2021/01/10 05:20:05 AM
コメント(13) | コメントを書く
2021/01/06
エナガの続きです。
先日のエナガは投票ではないので、特にカウントはしませんでしたが参考にさせていただきました。
今回も同じような感じでならべていきますね。


1やっぱりまるっこエンゼル









2名残の紅葉でにっこりこん










3ちょい下向きもなかなか











4どうよ、この顔









5こんにちはー










6とびおりちゃおっかなー



エナガのかわいさは特別です。(#^.^#)






最終更新日  2021/01/06 05:50:04 AM
コメント(13) | コメントを書く
2021/01/05
年末年始などのテレビでなかなか気に入ったものを。

1「ライジング若冲」
若冲(中村七之助)と相国寺の大典(永山瑛太)との深い友情を軸に、のちの丸山応挙、池大雅なども登場。
若冲が相国寺におさめた「動植綵絵(どうしょくさいえ)」がすばらしかった。

2「岸辺露伴は動かない」(1,2,3)
「ジョジョの奇妙な冒険」からスピンオフした荒木飛呂彦の同名漫画の映像化だそうだが、何も知らないで見てもとてもおもしろかった。
主役は岸辺露伴(高橋一生)という漫画家で稀な力の持ち主。お付きの編集者は泉京香、ほかにも平井太郎(←江戸川乱歩の本名、中村倫也)などなどユニークな人たちが登場。

3「天気の子」
「君の名は」に続くヒットがうなづける。
コロナ禍に生きるにも似たような。

4「京都千年蔵 京都大原勝林院」
仏像、絵画、法具、古文書、合計1853点の寺宝を初めて調査したところ、織田信長、明智光秀、浅井長政らとの関係があきらかに。
比叡山の焼き討ちの意味なども違ってきた。

5「おかしな刑事 スペシャル」
リモートお見合いなどを使うなど、まさに今の世情に沿って。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イソヒヨドリの来訪の3回目です。
これも、年をまたいでしまいました。m(__)m




かわいいイソバウアーポーズで。









「うーん、うーん」と悩み顔。









「ワレハ、ナニヲナスベキカ。」









別の木に移りました。
ちょっと横止まり風。







「降りるよー。」

コウモリみたい?('◇')ゞ







「はい、降りた。」

また虫を探すようです。






最終更新日  2021/01/05 06:34:54 AM
コメント(14) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1635件 (1635件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.