000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ばんばら工房

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄







アンケートモニター登録

フリーページ

ニューストピックス

2014年03月28日
XML
カテゴリ:商用利用
ハンドメイドの布小物などを販売する際
気にかけなくてはならないことのひとつに
生地の商用利用が挙げられます。

「このブランドの生地は商用利用できます/できません」といった記事を
書いてらっしゃる方もおられ、私も参考にしています。


それでも商用利用が可能かどうか分からない生地の場合
販売店に問い合わせて、購入するかを決めています。


先日、海外の生地について、とある販売店に問い合わせたところ

「国内の仕入先が商用不可だとしているし
 グレーゾーンだから、うちでも不可としている」

というコメントをいただきました。


製造メーカーが「商用可能」としている生地であっても
そのような対応にしているとのことでした。


後日、国産の生地について、別の販売店に問い合わせたところ

「うちで取り扱っている生地のうち
 商用不可のものは商品ごとに、その旨を記載している。

 記載がなければ商用可能」というコメントをいただきました。


ところが、製造メーカーが商用不可としている生地が
商用可能とされている(=不可との記載がない)ものを数点みつけました。

あやうく、商用のために買うところでした。



このように
製造メーカーの判断と販売店の判断に
ズレが生じることがあるのだということを学びました。

もちろん、従うべきは製造メーカーの判断です。


このような事例は、珍しいことではないかもしれませんが
商用でハンドメイドをされる方の参考になればと
記事にしてみようと考えました。


私もいずれ
「このブランドの生地は商用可能です/不可です」といった記事を
書いてみたいと思いますが、製造元に問い合わせていないものについては
相当の責任が伴いますので見合わせているところです。


製造元に直接、問い合わせたもの(のうち、他サイトでの情報が見当たらないもの)については
記事にしていこうと思います。






最終更新日  2014年03月28日 11時57分19秒
[商用利用] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.