海外生活、英語学習、海外保健関連支援などに有用なサイトを紹介するサイト

Freepage List

全141件 (141件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 15 >

海外生活

Apr 18, 2009
XML
カテゴリ:海外生活
外国(特に、途上国)生活では、まあ、いろんなことが起こるものです。3年住んでいて快適だったアパート、先週、突如として退去することとなりました。
理由は、周囲の環境の変化。

1)どうもアパートにロシア人居住者がどんどん増え、週末や夜などに飲んで騒がしいことが増えてきたこと
2)ロシア人居住者が増えると時を同じくして、インターネットが、かなり繋がりにくくなってしまったこと ADSLで快適だったのが、ここ数週間、2MBファイルのダウンロードに5時間などかかる超ナローバンドになってしまいました。  ロシア人増加との因果は不明ではありますが、彼らが容量を奪いきってしまっている可能性も十分にあると考えています。 

 もともと、ここ数ヶ月間、どうやらアパート内のコンピューターが、 オフィスのLANのようにつながれているようで、互いのコンピューターが見えてしまい、セキュリティ上に不安を感じつつ、つかっていたのですが、いよいよ、あやしげ。特に、ロシアの会社が買収した現地IT会社のコンピューターが、アパート内のネットワークに存在し、 なにやらサーバー?のような振る舞いをしている様子。いずれにしても、気味が悪いです。 

3) なんといっても、マネージャーが上記に対して、対処をしようとしないこと。  マネージャーの言い分は、「インターネットを提供する義務はアパートにはあるが、それをテナントがどう使うかについては、テナントの責任である。アパート側ができることは容量のモニターのみ。」というのが言い分。

さすがに、2MB 5時間では、仕事ははかどらず。マネージャーに交渉しても埒が明かず。 住み慣れたアパートではありましたが、転居の決意をしました。

まあ、いろんなことが起こる、途上国です。もともとが無法地帯、法的フレームワークが乏しく、すべてのインフラ(ネット含む)が脆弱。 こういった地域を活用したい人たち (たとえば、スパムを送る人たち?) が好んで住んでもおかしくはない、と実感。

3年も住んでいましたし、日本人だということでいくら交渉しても値段は下げてもらえず、1ヶ月あたり300ドルも多く支払ってきましたし、ネット環境だって、以前のマネージャーだったとき、ロシア人居住者がいないときは、それなりに快適でしたかあら、言いたいこと、不満は山のようにありますが、 仕方がありません。 
 結局、交渉しても埒が明かない場合は、自らの側が「そのアパートに滞在しない、お金を落とさない」というチョイスをするしかない、のが現実です。 
 
この件については、日本人コミュニティーには、広くひろめて、通常、”アパートにとって上客”である 日本人が以後一切つかわなくなる、 というのがリベンジになる、と考えています。 






Last updated  Apr 19, 2009 09:06:59 PM


Mar 24, 2009
カテゴリ:海外生活
このごろ、世界のあちこちで、暴動があったり、大型デモがあったり。落ち着いていると見えているような国でも起こっているので驚きます。

通常、今問題がないかぎり、ニュースにはならず、ニュースになるころには、大問題がおこったとき。 
 つまるところ、将来的にリスクがあるのかの想定というのは、それほど容易ではありません。 したがって、「社会不安の可能性の高い国がどこであるのかの予測」は、参考になります。

Economist 
Where the risk is greatest that economic distress will foment social unrest
色分けマップ

The Political Instability Index 2009/10
世界165カ国の表

もちろん、国ごとに比較する なんとか指標というもの、指標に入れるもので、順位も変わってきますから、盲信はせず、参考にする、程度に見ていますけれど。
落ち着いているようにみえて、観光客もきているけれども、Instability indexで上位の国もあり、要注意です。






Last updated  Mar 25, 2009 01:07:59 AM
Mar 22, 2009
カテゴリ:海外生活
4月12日あたりは、タイではソンクラーン(旧暦の新年)になります。タイのみならず、カンボジア、ミャンマー、ラオスもこのときが、新年休みとなります。

Wiki ソンクラーン
タイの日本大使館のカルチャーコーナー


これらの国人々や、これらの国に長期滞在している外国人も休みとなり、休暇をとるわけですから、これらの国、そして周辺国のホテルが混み合います。

ちょっと出遅れると、ホテルや航空便が予約しずらくなります。ミャンマー、ラオス、カンボジアとも、直通でいける外国は限られており、タイ経由の航空便で、諸外国にでかけることが多いことから、タイを通る航空便は本当に混みます。

こんなとき、ねらい目なのは、クアラルンプールやシンガポール経由にすること。ま、それでも、十分込んでいますが。

ホテルは、一般的サイトが予約しずらい場合には、
ロンリープラネット Lonely Planet
で安ホテルやゲストハウス(二つ星ホテルや、ゲストハウスなど)、現地の人が使う安価なホテルを探します。

ネットで探しやすい、一般的な中級、高級ホテルとちがい、現地の人が使うようなゲストハウス、安ホテルには空きがあることが多い傾向です。


蛇足ながら。 各国の大型連休について 

2月は、中華正月(春節)で、中華圏 -中国、台湾、ベトナム、シンガポール、香港がお休み。 ⇒ ただし、休みの日取りは、各国により微妙に異なる。
4月は東南アジアの北のほうの小乗仏教国がお休み
5月は、中国のゴールデンウィーク

こういった混雑する時期をはずして、旅行を組むのがコツですね。これらの国にもリッチな人は多くなってきており、これらの国の方で混みますので。

参考となるのは、
世界の公休日
JETRO 世界の祝祭日






Last updated  Mar 22, 2009 08:53:50 PM
Mar 21, 2009
カテゴリ:海外生活
東南アジアのビーチリゾート、いいところがたくさんあります。
日本から行くと、高価なパッケージツアーになっていますよね。
特に、日本人向けには、ホテル料金が高価であるように見受けられます。
(まあ、せっかく、はるばる東南アジアまで来るのだから、ある程度良いところに泊まろう、という心理をついているのでしょうね。)

東南アジア在住者は、近場や隣国で、しかも気軽に安上がりに行くことが出来ます。

強い見方は、現地国で売っているパッケージ。
航空券、ホテルがセットになった2泊ツアーなどがあり、お徳です。
現地旅行代理店を使う場合と、航空会社がやっているサイトで、ダイレクトに出来る場合もあります。いまどき、ネットやカードで、遠隔地や外国からも、普通に予約できますし。


たとえば、マレーシア。

ティオマン島、レダン島といった、美しいビーチリゾートあり。
ベルジャヤ航空、ベルジャヤホテルがセットになったツアーがお勧めです。
(KL発、シンガポール発あり)
パッケージとなっていてお得ですし、一式航空券などは、空港で受け取れるようです。 しかも、日系旅行会社から同様のものを買うのよりも、もちろん安いです。

Great Holiday Escapes

バンコクエアウェイズ では、タイ サムイ島 の
バンコク -サムイ島 航空券、サムイ島ホテルのパッケージを持っています。

泊まるところにこだわらないのであれば、こういった現地航空会社が扱っている航空券+宿泊のパッケージは、けっこうお勧めです。 ただし、キャンセルポリシーなど、いちいちチェックは必要ではありますが。






Last updated  Mar 25, 2009 01:26:08 AM
Mar 15, 2009
カテゴリ:海外生活
東南アジアに住んで5年以上になります。雨季と乾季の時期は、東南アジアでも国によって、けっこう違うんですよね。住んでいる国についてはよくわかりますが、ちょっと近隣国に旅行しようとおもっても、雨季、乾期には気をつけるようにしています。 

 東南アジアの北半球側 タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマーは、今から4月ぐらいが乾季の終わり。とくに4月は時に暑期といわれるぐらい、これらの地域は暑いですね。 5月頃から雨季に入ります。 (つまり、日本の冬が、この地域の乾期なので、旅行に向きます)

一方、南半球は、逆で、バリなどインドネシアは、4-9月が、乾期になります。(つまり日本の夏が乾期なので、旅行に向きます。)

マレーシアは、半島の東と西で、雨季乾期が異なります。日本が春夏の時期(3-9月)は、、マレーシアの東海岸(ティオマン、レダン)やボルネオ島が、乾期。 日本が冬の時期(11-4月)には、マレーシアの西海岸 アンダマン海側 (ランカウイなど)が乾期で旅行に向くシーズンになります。

マレーシア政府観光局サイト ビーチリゾート比較表 が参考になります。

シンガポールは、あまり雨季乾期がはっきりせず、また都市ですしリゾート、というわけではないので、1年中いつでも行っても問題なしです。
タイも マレーシアのように、基本的には、東海岸側(サムイ島)は、日本の夏が乾期、 西海岸側(アンダマン海)側は、日本の冬が乾期でベストシーズンです。

同じ8月に、ティオマン、 ランカウイに行ったことがありますが、ランカウイでは、雨に降られてリゾート気分半減でした。 一方、ティオマンは、毎日晴天。乾期、雨季は、とくにリゾートの時に、要注意です。

 もちろん、雨季とはいっても、一日中雨が降るわけではなく、スコールのことが多く、広大な海の一部だけスコールが降っていたり雨雲があったりするのを見るのは、また乙なものではありますが。海の透明度が下がったり、雷や雷雨で海に入れなかったりするので、せっかくリゾートまできて、何も出来ないと、残念に思うこと必至です。






Last updated  Mar 15, 2009 10:32:47 AM
Mar 7, 2009
カテゴリ:海外生活
仕事がら、成田空港を使うことが多いです。朝 はやめの航空便のときは、前日、成田空港近く泊が安心。少なくとも、成田空港周辺の5つのホテルを試してみました。

結局、今、リピーターとして使っているのは、

成田エクセルホテル東急

です。

早割達人 39Days☆お一人様3,900円
海外前後泊応援朝食付!21時以降チェックイン限定割  朝食なしシングル5900円

など、宿泊プランが充実していて、禁煙フロアも選べます。
値段、サービス、空港ーホテル間のバス、お部屋の綺麗さ、これらバランスが取れている、と思います。嫌な思いをしたことがない、というのがリピートする理由ですね。






Last updated  Mar 15, 2009 11:13:41 PM
Mar 4, 2009
カテゴリ:海外生活
海外で働いているので、海外ー日本、働いている国ー近隣国 の行き来が多く、人よりも旅行、移動が多い生活です。

世の中には、多数のホテル予約サイトがありますけれど、楽天トラベル を使っていて不便はありません。 日本(東京、成田) や、海外(上海、シンガポール、香港、マカオ) などで使ってみましたけれど、これまでトラブルはなく、予約されていない、といったトラブルは皆無。

また、個人ページで 変更やキャンセルでき、キャンセルポリシー、何が料金に含まれているかなど、明らかなのが便利です。 以前、外国でクレジットカードトラブルに会った経験からも、事前に、クレジットカード決裁は、せず、現地で、支払うようにしています。 楽天トラベルでは、現地決裁できる ホテルが充実している印象です。

一方、外国のホテル予約サイト (特に、最低価格保証とか、安いことを売りにしているサイト) は、私は使いません。 使わない理由は、

1) どこの国に本社があり、どの国の法律が適用されるのか不明なことあり
  ⇒ トラブルが起こったとき泣き寝入りせざるをえないかも。
2) Hidden cost 費用が隠れている (もしくは分りにくい)ことあり
  ⇒ たとえば、手数料、税金、サービス料。またキャンセルポリシーなどについてもこれら、あまり明示されていないことあり ⇒ トラブルは少なくないと思われる

3) 事前にクレジットカード決裁要のこと多し 
  ⇒ 自分は信用していない。現地にいってからの決裁が安心

と考えています。






Last updated  Mar 4, 2009 09:57:45 PM
Mar 3, 2009
カテゴリ:海外生活
仕事柄、途上国の人を 東京に連れて行ったり、東京で受け入れたりすることが多いです。 日本で人気の場所は ずばり

1) 100円ショップ
2) 秋葉原 
3) 東京都庁の 展望室

だと思います。 
 途上国でも、リッチな人もいるわけですが、通常は、Cost consciousなこと多し、一方、家族や親類が多いので、たくさんのお土産を買わねばなりません。ということで、お土産を買うのに、100円ショップ (特に 何でも揃う大型店)に連れて行くと喜ばれます。 






Last updated  Mar 4, 2009 09:29:18 PM
Mar 1, 2009
カテゴリ:海外生活
海外長期滞在者に、お土産を持っていくときは、奇をてらわない普通のものが喜ばれると思います。

人気があるもの

* 日本の雑誌や本 (気軽に読めるもの) 
* スーパーで売っている食品類(お茶、ダシパック、ゴマ、昆布、海苔、梅干、乾燥わかめ、ちりめん山椒 半生讃岐うどん、稲庭うどん など)  
* お菓子類 ( カントリーマームなどの個別包装のホームパック、柿の種、おかき系、 カステラ、100円ショップで売っている、ちょっとノスタルジーなレトロなお菓子系 いちごみるくキャンディー、キャラメルとか。)

* ちょっとマニアックですが、納豆や生卵 よろこばれる場合あり。ただし、これは聞いてからもっていったほうが良いでしょう。 多くの国(暑い途上国)では、サルモネラの危険あり、生卵たべられないんですよね。

実際に、長期滞在を経験したことのある人は、上記、わかるので、自然とニーズに合うものを持ってきてくださること多し。 

 一方、 すごーく高価とか、珍しいものは、そんなに必要ないんですよね。また、暑い環境で溶けたり悪くなるものも不可。 保存が利く系統のものが○です。  
 一度、英語の本を買ってきてくださった方がいて、 英語の本なら海外の方が (日本よりも) 安いことがほとんどです。頂きものとはいえ、なんだか、とても、(申し訳ないのですが) もったいなく感じてしまいました。 

もちろん、空港で売っている、 明太子やうなぎなど、水産物系は、もってきていただいたらそれは、もちろん喜ばれます。 ですが、これは、直行便の際のみ、ですね。 乗り継ぎがある場合には、「水 リキッド」 があると、乗り継ぎの際に、手荷物チェックで 没収されるので、要注意です。 私も一度、「鮭フレーク」をバンコク空港で 没収されそうになりました。水というよりも、若干、油分があったので。 どうにか、交渉の上、没収は免れましたが。 水分、油分があるものは、要注意です。 

転勤妻のサイトにも、「海外への食品のおみやげ」 喜ばれるもの、として例が挙げられています。 自分の経験上よろこばれるものと 似ているので、上記、比較的、どの日本人にもよろこばれるのでは? と思っています。






Last updated  Mar 5, 2009 12:23:45 AM
Feb 22, 2009
カテゴリ:海外生活
3連休を利用して、シンガポールに行って来ました。途上国生活をしていると、博物館など文化的な施設が少ないので、「先進国」に行くときには、博物館めぐりは楽しみです。

シンガポールには、いくつか博物館があります。
アジア文明博物館の東南アジアルームは、シンガポールのみならず、タイ、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、インドネシアなど、近隣国の仏像などが充実しています。

今回、素晴らしかったのは、プラナカン博物館の 特別展


青州仏像展示会Serenity in Stone The Qingzhou Discovery

素晴らしい仏像で保存状態もよく、驚きました。私は仏像など素人ですけれど、それでも、素晴らしいのが伝わってきました。

期間限定ですので、チャンスがあればぜひどうぞ。
小型の博物館で、静かな環境で、なかなか良い雰囲気でした。 


他のサイトの 同展示の概要説明 (日本語)

プラナカン博物館の概要説明(日本語)






Last updated  Feb 22, 2009 12:02:13 AM

全141件 (141件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 15 >

PR

Profile


日和ひより

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Calendar

Archives

Feb , 2020
Jan , 2020
Dec , 2019
Nov , 2019
Oct , 2019

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.