海外生活、英語学習、海外保健関連支援などに有用なサイトを紹介するサイト

Freepage List

全141件 (141件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 15 >

海外生活

Feb 21, 2009
XML
カテゴリ:海外生活
途上国で働いていても、首都と地方では、ネットの状況が大きく異なります。首都では、問題なくネットが使えても、地方では、まだまだネット環境が悪いことが多いです。 電気も不安定だったりしますし。

地方出張を終えてかえってくると、ニュースを数日分、まとめて見たい、と思うことがあります。 

そんなとき、
あらたにす くらべる一面 まとめ読み

が便利だと思います。

朝日、読売、日経の3紙を 比較しつつ見ることが出来ます。






Last updated  Feb 21, 2009 11:05:52 PM


Feb 20, 2009
カテゴリ:海外生活
Gmailオフラインには、賛否両論あるようですが、ネットが不安定な場所に住んでいる場合や、便利な機能だと思います。 常時接続が安定している環境ならば、さほど必要ないのかもしれませんけれど。。。   使ってみて、特に不便はありません。 

設定方法はこちら Google Mania オフラインGmailを使うための設定方法
便利な点は こちら Google Mania Gmailのオフライン機能が便利な理由ベスト5 






Last updated  Feb 21, 2009 11:17:01 PM
Jan 20, 2009
カテゴリ:海外生活
よいお店をみると、知人にもおすすめしたくなります。
今回、楽天で、「きものワールド」さんから、訪問着一式を借りてみました。

海外居住者で 一時日本に帰り、結婚式やなんらかの式典にでる方に、お勧めです。

理由1  着物、帯、小物類一式 すべてついてきて、自分で用意するものは何もなし。 さらに、お着物のグレードも値段に合わないほど良く、さらに、帯や小物とのマッチングも良し。

理由2  このお店の対応がとてもすばらしい。細やかな気配り。 メールでのやり取り、配送先の変更などにも、快く応じていただけました。

理由3 遠隔からの指示で 結婚式会場に送ってもらうことができ、海外生活者にとってもとても便利。

理由4 クリーニングなどをせずに、一式、使用した翌日に、送り返すだけと簡便。しかも伝票まで用意済み。 本当に、箱に戻して、伝票をはって、送り返すだけ。 

理由5 海外から一時かえるだけなので事前下見不要と伝えたところ、サイトに書いてあるとおり1000円引きになったのみならず、念のためとして、もうひとつ訪問着を入れてくださった。 すばらしいサービス。 

理由6 これら総合すると 一式おかりし、往復の送料やクリーニング代を含めて2万円というのは非常にお得だと思う。 


本当に総合的に、がんばっているなあ、というお店ですっかり応援したくなりました。 ショップレビューが高得点なのがうなづけました。 







Last updated  Jan 20, 2009 08:02:05 PM
Jan 10, 2009
カテゴリ:海外生活
東京には世界各地のレストランがあるわけですが、海外生活をしていると、その国の食べ物だったり、近隣諸国の食べ物だったり、 かつての植民地の食べ物だったり、と日本ではお目にかかりにくい or 日本では値の張るものを 相当 リーズナブルに食べることが出来ます。 それと、多国籍ホームパーティで、自分では作らない食べ物にであうこともあります。 

 今の時代、名前さえおぼえておけば、「レシピ」を検索して作れてしまうんですよね。”料理の名前”は大事です。  料理本というのは、昔は使いましたが、今は、使わず。 おいしいものを食べたら、その名前をおぼえておくだけでいいですね。 あとはサーチで何とかなります。

自分で試してみておいしくできたもの

チキンライス 
海南チキンライスの作り方

→ シンガポールの名物で、日本人でも好きな方多いはず。
味わいがあるので、作るの面倒では? と思っていたのですが、作ってみると、簡単にできました。 コツは、しょうがとにんにくをある程度、たっぷり使うことですね。

バーニャカウダ Bagnacauda

バーニャカウダ レシピ


 アンチョビ、にんにく、オリーブオイルがあれば、作れてしまいます。 これがあれば、野菜をたくさんたべられますし、パスタにつかってもいいです。冷蔵庫で保存可能。 そうそう、レシピでは、にんにくを牛乳で煮て、と書いてありますが、いきなり、オリーブオイルで、アンチョビとにんにくをいためる簡易版で、十分です。

 途上国でも、「アンチョビ」は、保存食なのでけっこう入手しやすいんですよね。欧米の人がつかうと見えて、それなりに外人用スーパーにおいてあります。日本で買うより安いことが多いですね。 日本人は 海外生活していると、魚味が恋しくなると思うんですよね、なので、魚がおいしくない or たべずらい or 入手が難しい国で、 これはお勧めです。






Last updated  Jan 10, 2009 11:30:47 PM
Dec 28, 2008
カテゴリ:海外生活
海外生活を長期にしていると、「住んでいる国の人々」がどういう行動にでるのか、想定が付きやすくなるので、自分の行動もそれにあわせて変わってしまっています。だけれども、ずーっと住んでいると、自分にとってもそれが当然になってくるので、変わってしまっている自分の行動に気づかないもの。 時に、まったくはじめてきた「旅行者」の行動をみつつ、そうそう、「そうするのが日本人だよね。」などと、感心?したり、驚いたり、します。

先日、私のいるある南国途上国を訪ねた学生さん。 庶民的中華料理屋で食事をだす係をしている若いお姐さんに、「デジカメを持たせて、写真をとってもらおう」と努力しるではないか。 

私 「デジカメをもったこともなく、写真をとったこともない人に、とってもらおうとしても無駄。 それに、下手したら、デジカメ盗まれるよ」 と指導的コメント。
学生 「え、そうなんですか?」 

そっか、日本人の若者にとっては、デジカメがあって当たり前、デジカメを持ってない人、写真とった経験がない人っていうのは、想定外、なんでしょうね。


時々、旅行者が、トゥクトゥクとか、バイクタクシーの おじさんに、一生懸命地図をみせたり、英語のガイドをみせて、説明しているのにも出くわし、笑ってしまいます。

私 「自国語の識字もなく、地図をよめない人にみせたって、意味ない。。。」
お客さんを獲得するために、「No」とはいわず、一生懸命地図やら英語やらを見ている、トゥクトゥクとか、バイクタクシーの おじさん、旅行者の側は、 「分っていない」とは夢にも思わないんだろう、と思います。 

こんなやり取りをみつつ、自らが前提にしているものがいかに、他の国では前提ではないのか、 旅行者を見つつ、学ぶ、(自分も思い出す)わけです。

さて、行動予測に関して、面白い記事を見つけました。

プレジデント[連載] 赤裸々中国――これが15億人の素顔だ!
第15回 ケーススタディで学ぶ中国人の行動予測「涙の新聞配達編」

相手の行動を相当読んで対応しても、その上を行く人々。相手側がタフすぎると、自分の行動予測は、ついていけない、ですよね。 








Last updated  Dec 29, 2008 12:32:48 AM
Dec 27, 2008
カテゴリ:海外生活
1月に兄弟の結婚式にでるために日本に帰国予定。常夏の国から、1月の日本に帰るのは大変。しかも、結婚式となると、服装を考えなくてはなりません。

 何の気なしに、「着物」「レンタル」でサーチしてみました。これが、今や、便利な世の中なんですね。3泊4日、ときにそれ以上、着物、帯、そして、必要な小物(たび、ぞうり、バック)、さらに着付けに必要な小物一式、レンタルできるのだそうです。

 楽天の外と、楽天内で調べてみました。楽天内の着物レンタル屋さんは、安価な価格設定の様子、だいたいフルレンタルで2万円前後。 私のように海外を渡り歩いていてモノを増やせない者にとっては、便利。 日本にいる家人の手をわずらわせなくて良いので気が楽ですし、着た後も、業者に送り返すだけ。 着物って、着るだけじゃなくて、事前の準備や事後の片付け&クリーニングなどもたいへんなわけですが、すべて業者がやってくれると思うと、ラクチンです。何社か比較検討してみましたが、一着一着、柄や色など、選べるんですね。着物ってフリーサイズかと思っていたら、いまどき、背の高い人向けとか、サイズとか、取り揃えている会社もありました。また、事前の下見を数着送ってもらえるところもあるようです。

いやー、おどろきました。ネット、日本の流通インフラ、そして、お金を払う仕組み、あればこそ、ですね。「良い物を買ってずっと持つ」という発想とは、ぜんぜん違い、「モノはもたず、必要なときに必要なものを」ということなのでしょう。 
 さっそく試してみようと思います。






Last updated  Dec 29, 2008 12:13:28 AM
Dec 11, 2008
カテゴリ:海外生活
日本では、外国は海外。 ですが、海外生活をしていると、外国は隣り合っている国だったりして、必ずしも”海の外”ではありません。おかげで、飛行機を使わずとも、陸路などで、気軽に近隣国に行くことができる場合があります。

”(すんでいる国以外の)外国に行く”というと、日本にいる知人や親類から、”優雅なものだねー” などと皮肉をいわれますが、陸路でバスで安価に外国に出ることが出来る、というイメージはご理解いただけないと思います。まあ 日本で普通に生活している人の持っているイメージ ”外国”=”飛行機をつかって海外にでて高価”というイメージでしょうから、これを覆すのは、まあ、無理というものなのでしょう。 

海外生活をしだしてから、ホテルの趣味が変わりました。
以前、日本にいたときは、海外にでる機会も少なかったので、どうせ海外だからと、比較的良いホテルや大型ホテルに泊まっていました。

ですが、海外生活をするようになって、旅行慣れしてきた性もあり、ホテルは、
1) 比較的小型 3-4ツ星 くらい
2) テロの標的にあわなさそうなホテル
3) 途上国ならばゲストハウスにもいいところあり
4) プールなしで可
5) メジャーなチェーンではないホテル (その国らしいユニークなところ)
6) ギラギラしていなくて落ち着いているところ

を選ぶようになった気がします。宿泊は、上記のホテルにして、日本人がとまるようなホテルは、レストランなど、サービスを利用しにいく時に使い、滞在は、リーズナブルにすることも多くなりました。それと、旅行中、前半は安いゲストハウスにとまり、後半に そこそこ良いホテルに泊まったりして、変化も楽しむようになりました。

5ツ星って、好きな人は好きなのでしょうが、あんまり、世界各地で変わりがなくて、面白くないし、お得感もないし、自分は、あまり好きではありません。それに、アメリカ系大手ホテルだと、なんだかテロの対象になりそうで、気が引けます。

今年泊まったホテルで、個人的に、”味があって良い”とおもったところは、

上海  Villas 1931 Hotel Shanghai
ミャンマー Savoyホテル
カンボジア Kep knai bang chatt

でした。大手ホテルよりも、その国らしいユニークなところ、Only one的なホテルが好きですね。







Last updated  Dec 12, 2008 12:48:13 AM
Nov 23, 2008
カテゴリ:海外生活
このところの金融危機、とても他人事とは思えません。

アメリカの預金保険機構FDICには、Failed bank listというものあり
アメリカには全国で8000くらいの金融機関があるそうですが、2008年に、破綻した銀行が相当増えているのが分ります。

海外生活をしていると、海外送金や外貨の扱いが便利な海外・日本の銀行にお世話になることも多いはず。 身の回りには、シティバンクを使っている人、おおいですね。 このところの米シティグループの不調、恐るべしのスピード。

Citigroup についてのまとめがTimesonlineにありました。

Bank account

200m
Citigroup retail account holders in 106 countries

$2,000bn
Citigroup's total assets and operations in 140 countries

$250bn
Citigroup's worth two years ago - it was the world's largest bank until February

$20.5bn
Current value, making it fifth-largest US bank by market cap

$60bn
Citigroup's total writedowns in past year related to credit crunch

$20bn
Mortgage-backed bonds still on Citigroup's books

75,000
Jobs to go this year, taking Citi's global headcount to 300,000

----------------------------------------------------

どのくらいの時間差で、かつ、どの程度、日本のシティバンク銀行に、影響するのかは、分りませんが、日本の銀行の破綻に、仮に巻き込まれても良いように心積もりだけはしておいたほうが良いのかもしれません。

 
□ 心積もり1  日本の預金保険機構

日本の預金保険機構のサイト DIC
預金保険制度の解説-制度概要及びQ&A (PDF 2MB)  

--------------------------------------------------

□ 心積もり2  (日本の預金保険機構でカバーされない)
日本の銀行の外貨預金への対応

いざというとき用 「”定期ではない外貨預金”の対処法 オプション」を考えてみました。 シティバンク銀行を例にとってみました。

■ 店舗にいかないオプション (ネットバンキングかテレフォンバンキング) 

1)(海外の銀行口座持っていて、すでにネットバンキングに海外送金先登録している人) 
海外の銀行口座にに外貨のまま送金
 → かかる費用は、日本のシティバンク側の海外送金料
 途中のコルレス銀行のチャージ、海外口座側で着金するときのRemittance手数料

蛇足ながら、送金する先の預金保険機構を要チェック。
以前の日記で書いたとおり、 香港、シンガポールの銀行は 2010年までその国の外貨も含めて全額保護されます。 

2)円、外貨あわせて 破綻しても保険でカバーされる額までに、預金総額を抑えておいて、 いざとなれば、外貨から円転
 → 円転時の為替手数料 

■ 店舗にいくオプション 

3) 日本の他金融機関の外貨口座をもっていればそこに外貨のまま送金
 → 送金手数料4000円

4)TCの存在する外貨ならば、TCを作成する 
 → シティバンク口座もっていれば、TC作成 の手数料なし

5)ドル預金ならば ドルキャッシュで引き出す 
  → ただし、ドル現金で引きだすのに 手数料 1ドルあたり2円

--------------------------------------------------
こんなところが考え付くところです。

海外居住では、後者の日本の店舗にいくオプション は、帰国しない限りつかえないわけですから、前者のオプションが取れるよう、準備をしておくと、少しは安心かもしれませんね。 






Last updated  Nov 24, 2008 09:01:57 AM
Nov 17, 2008
カテゴリ:海外生活
休暇でミャンマーミャンマー(ヤンゴン、バガン)に行って来ました。 バガンは、世界3大仏教遺跡の一つです。なんといっても、まだあまり観光地化されていないので、遺跡群が非常に良い状態で残っています。  

バガン Wiki

その美しい遺跡群を回るのは ”馬車” なんです。優雅です。 

バガンを巡ってみてのお勧め メモです

1) バガン  馬車をチャーターしての遺跡めぐり  なんといっても夕暮れ時がきれいで、 おとぎの世界にいるようでした。 
2) バガン   人形劇をやっている Nanda レストラン (人形劇のレベル、高いです) 

3) 漆器類 
4) オールドバガン内の ティリピサヤサクラホテル でのランチ (アジア、洋風 どちらも7ドル ++ です) 
5) オールドバガン内 バガンホテルでのドリンク  (Watermelon juiceがお勧め)

個人的には、ニャウンウーに泊まって正解と思いました。 人々の暮らしに近いので、面白いし、ホテル代も とても安く上がりました。 

------------------------------
そして、今回、最大のお勧めは、
現地でのホテルや航空券手配をしていただいた旅行会社です。(私はこの会社の回し者ではありません。) 

Saney travelさん -> 非常にきめの細かい対応をしていただきました。


Yangon now 


この旅行会社の現地情報サイトも参考になりました。
ミャンマー発最新現地情報

先進国の都市などのホテルや航空アレンジは自分でも容易に海外からできますが、ミャンマーのような国は、自らのアレンジは難しいです。ネットや電話も通じませんし、ホテルのサイト自体、ウイルス感染していたりしますから。。。こういった場合、信頼の置ける現地日系旅行会社を頼るのは、たいへん有用&安心と実感しました。 






Last updated  Nov 17, 2008 02:23:50 AM
Nov 16, 2008
カテゴリ:海外生活
日本に一時帰国したり、当地の大型連休で留守にしたり、で更新が空いてしまいました。日々過ぎるのは早いものです。

 金融危機のため、このところ日記も金融関係トピックが続いています。
が、今日は、ゆうちょのgood news

平成21年1月から、ゆうちょ銀行と他の金融機関のあいだで振込ができるようになるそうです。

ゆうちょ銀行のサイト 

海外生活をしていると、ネットバンキングは欠かせませんが、一般銀行とゆうちょ間のやり取りがしずらかったのは、これまでネックでした。

 海外居住者にとっては、ゆうちょ銀行のメリットって(利便性という意味で)、ほとんど感じないことが多かったのですが(ものすごく店舗数あってもいずれにしても日本にいませんし、ゆうちょダイレクトも使い勝手悪いですし)、昨今の金融危機の情勢を踏まえ、安全性重視、そして利便性が改善するのであれば、ゆうちょ銀行について、見直す価値があるのかも、と思ったりもします。 

上記サイトをみると、 ゆうちょ銀→ 一般銀行への送金は、 ATMか窓口からになるそうで、 つまり 海外生活者には利便性向上にはなりませんね。 

一方、一般銀行から -> ゆうちょ銀へは、 今後、ネットなどで 振込みができるようになってくる可能性あり、海外居住者にとっても注目の価値あり、と思います。   

 金融機関から、振り込むときは、 現在の口座番号(記号・番号)のままでは振り込むことができないそうです。「振込用の店名・口座番号」というのを使う必要があるそうです。 上記サイトで、 ゆうちょ銀行の(記号・番号)をいれると、「振込用の店名・口座番号」が分りますので、まずは、これを確認するところからのスタートですね。  






Last updated  Nov 17, 2008 01:57:55 AM

全141件 (141件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 15 >

PR

Profile


日和ひより

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Calendar

Archives

Feb , 2020
Jan , 2020
Dec , 2019
Nov , 2019
Oct , 2019

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.