10177246 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マジン・ゴー!な日々

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

USS-YAMATO@ Re[1]:空飛ぶスーパーロボットと空を移動するガンダム(07/01) ピカピカヘッド艦長さんへ おっ? お帰り…
ピカピカヘッド艦長@ Re:空飛ぶスーパーロボットと空を移動するガンダム(07/01) ひ・・・久しぶりに戻ってきました・・・…
USS-YAMATO@ Re[1]:巻島顎人は非情な男?(06/26) G生物さんへ 確か、テレビだったかOVAの方…
G生物@ Re:巻島顎人は非情な男?(06/26) こんばんは。 え!!あれって巻島が画策…

フリーページ

バックナンバー

ニューストピックス

2022.05.23
XML
カテゴリ:ウルトラマン

今、ジャリ番と、かつて呼ばれた番組がメジャーとなった。

複数のヒーロー番組が、数十年の歴史を持つ作品となった。


今やヒーローは、若手俳優の登竜門となった。


無名の中堅俳優たちが、かつて怪獣映画やヒーロー番組に登場していた時代は終わった。

今は反対に、メジャーなヒーロー番組や怪獣映画に、名の知れた俳優たちが登場するようになったのです。



かつの、昭和ヒーロードラマを演じた役者たちは、歳をとって消えるはずだった。

しかし、ファンはそれを認めなかった。

スタッフとして、あるいはいっかいの
ファンとして彼らを盛り立てて来ました。


結果、彼らは歳をとってもヒーローとして「夢」を演じ続けてくれている。


ヒーローのおかげで「経済的に救われている」と言うパターンもありですけど。


しかし、今は名の売れた俳優たちが怪獣映画やヒーロードラマに登場しております。


ありがたい話です。


果たして彼らは昭和の俳優たちのように”ヒーロー”を”怪獣”を背負ってくれるのだろうか
?

今から30年後、彼らは怪獣や宇宙人、ヒーローをまた演じてくれるだろうか?




それはもうわからない。




なぜなら、我々の世代はもうその時”この世”にいない。


願わくば、売れっ子の俳優たちがヒーロー怪獣映画を演じたと言うことを誇って欲しい。


そして口先だけではなく、心からファンのために怪獣やヒーローを愛してほしい。



夢を守る人…で、あってくれたらいいなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

見たら…押して~♪

ウルトラマンティガ Complete Blu-ray BOX


防災セット ラピタ mini[ミニ] 1人用 【c】防災士×専用メーカー開発の防災セット地震対策セット 防災リュック 防災グッズ 長期保存水 保存食 防災用品 災害 震災 地震 家族 一人用 女性用 中身 テレビCM おすすめ【発送予定:25営業日(土日祝除く)】







最終更新日  2022.05.23 17:00:28
コメント(0) | コメントを書く
[ウルトラマン] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.