雨水もすなる雨水日記 

ベロニカ a destiny of her own

娼婦 ベロニカ

16世紀末の商都ヴェネツィアが舞台。

当時女性は、男性の所有物として扱われていた。

また若い娘は、家継続のための道具でしかない。。

時代と

いえば

それまで

なんでしょうか。。。

自由に物がいえ

行動

できる



思えるだけ

しあわせな時代なんでしょう

いまは。

時代物



みると

日本の

もの

含め

そうおもいます。

だから、いいわけ。



すまい!




家のために

売られる

ことは

いまは、

逃げれば

なんとか

なる。

みたいだし

そこまでして、守るべき家



そうは

ないだろうし^^もう。



そして

当時のまちなみ



ベネチア建築



宮廷や邸宅。

貧しい下町。

なんかの再現も見事。


衣装も、目を見張るほどにすばらしい!

中世とはこのような^^



当時の世界に酔いしれ浸れます。

これは、一見の価値

おおあり。

です!

なんせ、イタリア中を旅し

デッドストックの古いベルベットを仕入れ

色を変え、刺繍をほどこし仕立て時代色をだしたそう。。

すばらしく、すばらしいです^^


とにかく、時代性、宿命、自己実現?、ほんとうに大切なもの、美について、おとこの勝手さ


などなど、

いくえにも、重なった

含みのある

作品。

でした。。。


失うものは何もない、
すべてはこころのままに生きること。 ベロニカ









Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.