雨水もすなる雨水日記 

雨水がパリで出遭った天使と悪魔^^

わたしが、
ひとりでパリ旅したときの
めちゃ必死体験。。です

冬でした。
12月のクリスマス

マドレーヌ寺院の通りを抜けて
ひたすら歩いていました

さむくってね。
わたしは、トイレが近くって…

寒くてね(笑)

とうとうエッフェル塔が見えてきて
もう少しで、広場に出そうなとこでした。

もうだめだ!って
思ったときに

あるショッピングセンター
のような
ビルをみつけた!!
(大阪でゆーなら、駅前第4ビルみたいな…)

助かった!

さむかったから…

さっそく、目的地めざし、
階下へ

海外のトイレは
ただじゃない!

鍵付き。

やっとみつけたのは
鍵付き。。。

あー、、、

the end.

と思ったら。

なかから、

スーツを着た
キャリアウーマン風赤毛の美人おばさま
がでてきた!!

やった!!
助かった。(今日何度目?)

笑顔の私に

彼女は冷たく

non!!

と言い放った。

えっつ??

背を向け鍵を閉める彼女。。

待って、まってーー!!。
助けてーー!!!

すがるわたしに、

むこうの通りのギャラリーで借りなっ!

と言った。。(たぶん英語で。。)

そして、なにごともなかったかのように
去ってった。。。

おに~
あくま~。。

それより、
もう死ぬよー^^

と思っていたら。

向かいの男子トイレから
革ジャンを着た
(見たことないけど、たぶん)ジェームス・ディーン?
みたいな綺麗なお兄さんが、

手招きしていた。。。

おいで!
こっち使いな!

って。


わたしは、

えっつーー!??

ワタシ違いますぅー

ありったけ首を振った。

いいです。。

それでも、ディーンは

いいから、いいから
こっちきなよ!



てまねきした。

え~い!ままよ。。。

わたしは、

床に

ペイパー



ちらばった

トイレに入った。

たぶん、

だれも

居なかった。。。

助かった~。


生き返ったわたし



階上にもどると

ディーンがいた。

ふ~
助かったよ!
ちゃお(ちがう、ちゅーの!!)

merci

感謝で、満面の笑み。を返しておいた。

ほんと、ありがと。ディーン
助かった。


考察。

パリの女の人はつめたい(あのおばさま限定!!)
子どもに見えたであろうわたしを見殺しにした(笑)
どうみても、異国の子なのに…
困っているのに。

パリジャンはやさしい。
パリジャンは子どもの味方♪
しかし、このうえない幸運。
でした。

結論。

海外では、トイレに要注意!!(わたしの場合。)

以上

わたしが、
パリでであった天使と悪魔。でした!!

必死感。伝わりますかね~?
asamiさん?
次は、モンマルトルの生地問屋街の話を書きますね~!



雪のモンマルトルに たったひとりぼっち
このrueを右にまがれば わたしがいたこと
誰も知らない。



追記

とうとう、雨水!です。。

今日は。

なんか、第二の誕生日。

みたいでうれしいな~

たいとる。

なんか、

うるるん。みたい

とおもうのは、また、わたしだけか。。

雨水が、ぱりで~、天使とあくまに~ であった~。。

てなかんじかな。。

そして昨日!

なんと、

474p

うわっ!

だれ??

感想もっとくださ~い!



モンマルトルは、また今度

いつか!


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.