835363 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HandMade Jungle -ハンドメイド・ジャングル-

全608件 (608件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 61 >

2017/06/03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
このたび新しいブログを作りました。

今後はそちらの方で、ハンドメイドはもちろんのこと、
他のジャンルについても色々と書いていこうと思います。

この楽天ブログは私の作品貯蔵庫ですのでこのまま残しますが、
新ブログへも、ぜひお越しくださいませ。







Last updated  2017/06/03 03:29:41 PM
コメント(0) | コメントを書く


2017/04/29
カテゴリ:手作り

GWも始まり、
そろそろかごバッグの季節です。

去年の夏、ちょっと奮発して
山葡萄のかごバッグを買いました。



かごバッグ自体はとても気に入っているのですが、
これに付いてきたチャームが、
私的にはどうもイマイチ…。

ぱっと見、茶色いヒモしか見えない。





そして、このタマタマ、
単なる玉々飾りとして見ればいいのか、
ぶどうとして見ればいいのか・・・。

私としてはぶどうと見たいところだけど、
そうは見えない・・・。

それはなぜなのかと考えると、
葉っぱがないからでしょう。

それなら作っちゃえ~!

・・・ということで、
ウッドビーズとレース糸で作りました。



最初のうちは、
レース糸で長編やら細編やらをしながら
ビーズを編み込んで・・・
と試してみましたが、
どうにも形が整わず断念。

最終的には、
糸にウッドビーズを通すだけの
シンプルな作りとなりました。





これ以上複雑な形は私にはムリ。





でも、ほら、
シンプル・イズ・ベスト!





葉っぱのおかげで、
玉の塊がやっとぶどうになりました!





色もマッチしてるし。





葉っぱ1枚でグレードアップです。







   

  







Last updated  2017/04/29 09:15:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/03/24
カテゴリ:手作り
先日、新しいデジカメを買いました。

デジカメを買ったら最初にすることは、
液晶保護フィルムを貼ること。

でも、今回これはキタムラのおにいさんが
サービスでやってくれました。

私がやるべき最初のことは・・・これ。







この色気のないストラップを
どうにかすることです。

前にもやりましたねぇ・・・。
ヘンプで巻き巻き。
1014/7/21のブログ)





このたびのデジカメはSONYのRX100M3。
付属のストラップは全周約40cm。
「このくらいで足りるかなー?」と
目分量で切ったヘンプは5.4m。

結果からいうと、これがもう、
ぎりっぎりの長さだったので、
6mくらいにしておけば安心でしょう。

・・・って、前の自分のブログを
ちゃんと読み返していればよかったんですが、
学習能力が足りませんでしたわ。





ヘンプは左右同じ色になるように2つ折りにして、
まずは真ん中をストラップに結びます。
あとはひたすら結んでいくだけ。







気をつけるのは、
常に同じ方向で結んでいくこと。

「ストラップの上を通るヘンプは右から左」
と決めたら、最後までそのままで。
変えると、らせん状になりません。







最後は木工用ボンドで留めて
できあがり。







最初の真っ黒より、
カラフルな色の方が断然気分が上がります。







ねっ!







次はケースをどうするか。
既製品にはイマイチ気に入ったのがないから
作ろうかなぁ・・・?




ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3 《納期約2週間》









Last updated  2017/03/24 09:52:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/02/26
カテゴリ:手作り
ひなまつりの季節となりました。
もうだいぶ前のことになりますが、
ぎんなん雛を作ったことがあります。
今は残念ながら絶版になっている
『ちりめんで作る小さな押し絵と小箱
(高山順子・著/雄鶏社)』
を見て作ったのでした。

最近この本を見てたら
また作りたくなってきたぞ~!





というわけで、製作開始。
今回はうさぎ雛にします。

まずは銀杏を立つように切って乾かし、
底に紙を貼っておきます。





ちりめんの貼り方は、
以前は本のとおりにしてみましたが、
今回はもう自己流。

でも、大事なことは、
木工用ボンドを塗る時は筆を使って、
薄くムラなく端まで塗るということ。





そしてちりめんをシワができないように
きっちりと貼り付けます。





ボンドを丁寧に塗れば、
周りをはさみで切ったときに
ちりめんが銀杏にぴったりとくっついて
きれいに仕上がります。





そして今回工夫したのはうさぎの耳。
つまみ細工の要領で作りました。

でも、白とピンクを普通のつまみ細工みたいに
2枚重ねしてしまうと厚すぎるので、
ピンクは小さく切って最初から貼り付けちゃいました。

正方形を三角に折って…





ピンクを内側にしてまた折って…





もう1回両端を折り返します。





ボンドでとめて耳の出来上がり。





着物はこんな配色で。





巻き巻きしていくと…





おひなさまっぽくなってきました。

一番上の着物は紙を台紙にしています。





今回、もう1カ所こだわったのが目です。
人形は目が命!

でも、名前書き用ペンとかポスカとかでは
どうしてもにじんでしまうのです。

かといって、ビーズや刺し目では
ぎんなん人形には大き過ぎる…。

何かいいものないかなぁ…と
探しに行った100円ショップで見つけたのがこれ。





ネイルシールの一番小さいのを
ボンドで貼り付けたらバッチリ!





完成でーす!











Last updated  2017/02/26 10:20:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/22
カテゴリ:手作り

さて、靴下編みの続きです。
今回の『かかと』は、
はめ込み式にしてみました。

この編み方のいいところは、
履き古してかかとに穴が空いても
そこだけ編み直しができるところ。





かかとの位置でいったん休み目にして、
休んだ場所はくさり編みから別糸で
足首から上を編んでいきます。

そして、上まで編む!





ゴム編みを終えたら、
いよいよかかとを編みます。
私の足は甲高なので、
かかとは深めに編むことにします。

休ませていた目を拾って編み始めますが、
両端の角の目が伸びて穴にならないように
角で2目ずつ増やして64目にしてみました。






そして1段おきに1目(両端で計2目)ずつ減らして
最後12目になるところでやめたら
ちょうどいい感じ。





ハイ、完成!





ソックブロッカーに履かせると
こんな感じで、なかなか・・・!





ところで、
前に私が靴下編みに夢中になったときに
楽天内でソックブロッカーを探しても
取り扱いがほとんどありませんでした。

あれから何年も経ってるし、
木製のかわいいのがあるのでは・・・?
と思って探してみましたが、
今もないようですねー。

あったのはこれだけ。


ソックブロッカーって、
あんまり需要がないんでしょうか・・・?

本来の用途は、洗濯して干す時に
形を整えるのに使うらしいのですが、
私は撮影用小道具として重宝してます。

まあ、足モデルが自分できる方には
必要ないかも・・・。

私の足は年を追うごとに
くびれがなくなり、足首ズドンなので、
これからもソックブロッカーは必需品です。








Last updated  2017/01/22 08:50:08 PM
コメント(5) | コメントを書く
2017/01/09
カテゴリ:手作り
先日、ネットでOPALの毛糸を眺めていたら、
いつのまにか出ていた新色が目に留まりました。

家にまだ手をつけていないのがあるけれど、
この私好みのポップな色合いは買いでしょう!





OPALについては、
マルティナさんのこの本に
糸の魅力から作品集まで
詳しく載っています。



この本によるとKFSシリーズは、
ヨーロッパではほぼ完売した
スウィート&スパイスシリーズの中から
人気の高かった6種を
復活させたものだそうです。

ということで、
今回は、右側のキャンディで
久々の靴下編みです。



段染め糸で編む靴下は、
左右で柄が違うのもいいのですが、
私は左右同柄の方がなんだか落ち着きます。

なので、まずは2玉に分けるところから。





そして、同じ色の位置から編み始めます。





私の好きな編み方は
1本の輪針で左右同時に編んでいく方法。



この方法だと、
今回みたいに左右同柄にしたい場合、
片方だけ1目増えてしまったりした時に、
柄が合わなくなってくるので早めに修正できます。

「この辺から踵にしょう」と思ったら、
左右の段数をいちいち数えて
合わせる手間がいりません。

そしてさらに、私の好きな編み方は
つま先から編んでいく方法。

つま先まで毛糸が足りるかな・・・?
という心配がなく、
毛糸を使い切ることができるし、
逆に好きな長さでやめられます。

今回参考にしたのがこちらの本。
つま先から編む方法も載っています。



ちなみにこの本の表紙の靴下は、
左右同時に編む方法ということですが、
これが中表に2枚重ねで編んで、
編み上がりに2枚をペリペリっと
はがす方法だそうで・・・???
私の脳ミソでは理解不能です・・・。

左右つながった靴下になりそうなので
挑戦は止めておきます。

ということで、
私はオーソドックスな左右同時進行で。





使う輪針は1号80cm。
2本の針に8の字に糸をかける
作り目10目から始めます。

OPALの靴下は周囲60目なので、
適当に増目していきます。

多少形がいびつでも、
左右一緒なら怖くない!

模様編みしたみたいに
柄が出てくるのが楽しい~!





上の写真は足の裏側です。
OPALは、メリヤス編みにするのが
模様がはっきり見えて一番かわいい。

でも、靴下の場合、フィット感も重要なので、
甲と足首から上は2目ゴム編みにします。





続きはまた後日・・・!








Last updated  2017/01/09 03:35:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/03
カテゴリ:カテゴリ未分類
フェルト羊毛の文鳥ぴーちゃん、
せっかくなのでポチ袋にもしてみました。





A4縦に2面印刷すれば、
あとは適当に折って切って貼ると
ちょうどいい大きさに仕上がります。

何枚か並べてみると、
なんかいい感じに見えるでしょ!?





文鳥好きには、酉年に限らず
毎年の必須アイテムかも・・・。











Last updated  2017/01/03 08:46:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/01/01
カテゴリ:手作り

あけましておめでとうございます!






のんびりマイペースのブログですが、
今年も地味に更新していきます。





どうぞまた、
忘れた頃にお立ち寄りくださいませ。

2017年 元旦







Last updated  2017/01/01 05:27:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/12/25
カテゴリ:手作り
年末恒例の
ドタバタ年賀状作成の時期となりました。

来年は酉年ということで、
鳥といえば我が家の文鳥ぴーちゃん。





ぴーちゃんといえば
今年5月にフェルト羊毛で作ってみましたが、
今度は年賀状用に再挑戦です。

作るのはモチモチ文鳥の鏡餅。
作り始めは雪だるまみたい。





頭の茶色を植え付け・・・





グラデーションがちょっと難しい
くちばしを作って・・・





ほら、文鳥らしくなってきた!





お愛想程度に羽もつけてみます。





よし!





アイリングは赤なのですが、
目玉が目立たないのでピンクにしてみました。

そしてみかんも忘れずに。





だけどこれで完成と思うのはまだ早い!
小物作りもしなくては・・・。





年賀状になるまでにはまだ時間がかかるのでした。
続きは仕事納めの後に猛ダッシュでがんばります。

・・・さて、久々のblogでしたが、
きっとこれが今年の書き納めです。
完成品は年明けに・・・!

ということで、ちょっと早いですが、
みなさま良いお年を~!







Last updated  2016/12/25 09:11:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/10/08
カテゴリ:手作り
このところ、週末になると
何かを撮りにどこかに出かけることが多く、
私の脳内はカメラモード・・・。

こちらのブログはしばらくご無沙汰でしたが、
今日は雨ということもあり、久々に戻ってきました。

前に作って写真を撮りっぱなしにしてあった
フェリシモのウッドカトラリー6回目、
アイスクリームスプーンです。





この前の回でランプを使わず、
危なっかしいナイフの使い方で痛い目にあったので、
今回はちゃんと使います。





角を丸く削って・・・
ほらほらやっぱり便利。

スプーンのくり抜きも楽しい。







今回のチャレンジは柄の先っぽに小鳥!
これは難易度高いでしょ。

でも、がんぱる!





しかし・・・
数分後には、あえなく撃沈・・・。
尾っぽはどこへ?






それでも敗者復活戦で文字どおり復活!
なんとかアヒルに見えるでしょ!?





クルミオイルを塗ったあとの
すべすべ感がたまりません。





いつか必ず小鳥をリベンジ!








Last updated  2016/10/08 12:29:49 PM
コメント(0) | コメントを書く

全608件 (608件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 61 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.