1081759 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はざくらの気ままな暮らし

PR

Calendar

Category

Freepage List

ア行作家


恩田陸


伊坂幸太郎


いしいしんじ


絲山秋子


浅田次郎


あさのあつこ


有川 浩


逢坂剛


大崎 梢


小川洋子


朝倉かすみ


五十嵐貴久


伊集院 静


石田 千


朝井リョウ


井上荒野


上橋菜穂子


榎田ユウリ


池澤夏樹


秋川滝美


荻原 浩


大沼紀子


小川 糸


池井戸 潤


カ行作家


北村薫


金城一紀


五條瑛


桂 望実


近藤 史恵


川上弘美


角田光代


海堂 尊


加納朋子


門井慶喜


貴志祐介


桐野夏生


サ行作家


朱川湊人


坂木 司


佐藤多佳子


篠田節子


瀬尾まいこ


椎名 誠


小路 幸也


真保裕一


瀬戸内寂聴(晴美)


柴田 翔


辛酸なめ子


タ行作家


辻村深月


平 安寿子


高田 郁


戸板康二


竹内真


高村 薫


瀧羽麻子


武田綾乃


ナ行作家


梨木香歩


長嶋 有


中村文則


中島京子


仁木英之


南木佳士


中山七里


中島たい子


ハ行作家


畠中 恵


東野圭吾


橋本 紡


初野 晴


華恵


原田マハ


百田尚樹


橋本 治


マ行作家


三浦しをん


森見 登美彦


宮部みゆき


三崎亜記


万城目 学


湊 かなえ


森 絵都


光原百合


村上春樹


松井今朝子


宮下奈都


三島由紀夫


道尾秀介


三上 延


望月麻衣


ヤ行作家


横山秀夫


吉田修一


山本幸久


米澤穂信


夢枕 獏


吉川英治


椰月美智子


柚木麻子


柳 広司


ラ・ワ行作家


アンソロジーほか


ノンフィクション・エッセイ


クラフト・エヴィング商會


北大路公子


田丸公美子


伊藤比呂美


その他 エッセイ


佐野洋子


エッセイ集


音楽・舞台関係


茂木 大輔


文楽


歌舞伎


美術・宗教・歴史関係


中野京子


磯田道史


ヤマザキマリ


海外作家(ア~サ行)


カズオ・イシグロ


スティーブン・キング


ゲーテ


海外作家(タ~ハ行)


ジェフリー・ディーヴァー


アレクサンドル・デュマ


ダン・ブラウン


海外作家(マ~ワ行)


スティーグ・ラーソン


旅行


ソウル旅行


ハノイ旅行


フランス旅行


プラハ旅行


ウィーン演奏旅行


伊勢旅行


音戸の瀬戸見学旅行


イギリス遠征


バンコク家族旅行


Favorite Blog

ドイツ製Zwillingの… New! カーク船長4761さん

金沢帰りに New! けんとまん1007さん

雲の中から現れた富士 New! Mitch29さん

白くなりました New! ピピノさん

紅葉とコスモス街道… リュウちゃん6796さん

Comments

はざくら2005@ リュウちゃん6796さんへ この本を読むのに必要なので、楽譜を買い…
リュウちゃん6796@ Re:マタイ受難曲(10/23) バッハの「マタイ受難曲」、やはり「特別…
はざくら2005@ Mitch29さんへ 小曽根さんの名前は昔から知っていたので…
Mitch29@ Re:小曽根真さん(07/03) この方、クラッシック音楽も大したもので…
はざくら2005@ Mitch29さんへ ご無沙汰しております。 しばらくぶりに書…
ようこそお越しくださいました。

大好きな合唱や音楽、美術、読んだ本などについて、

思いつくまま書いております。

どうぞよろしくお付き合いくださいませ~♪
2020.11.15
XML
カテゴリ:合唱・音楽



びわ湖ホール声楽アンサンブルによる「マタイ受難曲」の演奏会に行きました。
各パート2人の2コーラス、それと少年少女合唱団(前半だけ)。こんな少人数のマタイは初めてですが、バッハの初演した時代はこんなものだったらしいです。

舞台のいちばん奥の上段一列が少年少女合唱団。
次の段にオーケストラ。

指揮者、横に福音史家の清水さん、イエスの津國さん。
ベタには声楽アンサンブルを左右二つに分けて、間隔も広めでという並び方でした。
合唱団とソリストという形のコンサートとちがい、全員がソロを歌いました。それで、まるで受難劇を見ているような気がしました。さすが。どの人もよかった!
でもなんといっても、福音史家の清水徹太郎さんがすばらしい。

今回すこし勉強してから聞いたので、たくさんの曲のメロディや歌詞の意味・背景などだいぶ頭に入ってきて、より一層この曲が好きになりました。そのせいか、3時間半のコンサートもあっという間でした。機会あればまたこの曲の演奏を聴いてみたいなと思います。







Last updated  2020.11.15 20:15:57
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.