101283 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

UTハートフル株式会社

PR

カテゴリ

プロフィール


UTハートフル

2018.06.09
XML
カテゴリ:知識
この昨今、電気自動車(EV)の加速的な市場の拡大の話題が目立っていますね!半世紀前には、とても考えられなかったことが広く普及されつつあります。
動力源として電解液にイオンを流して放電や充電を行う「リチウムイオン電池」に関連している会社が主役の座を占めています。またその製造を担う企業を中心に装置メーカー、部材メーカーなどにも注目が集まってきました。

250兆円と言われている自動車市場が、いずれEVに取って変わられるという壮大なシナリオは益々多様な流れになっていきそうです。
そこで、次世代のEVのバッテリーとして最右翼と評されているのが「全固体電池」!!なのです。
これまでのリチウムイオン電池の液体の「電解質(電解液)」を固体に変え、プラス極とマイナス極を含めているすべての部材を固体で構成する電池とのことです。
電解液は元来可燃性の物質を含み、「液漏れ」や発熱による「発火」のリスクがあります。
それらを固体化することで、よりリスクを緩和、そしてそれにEVに搭載した際には、航続距離の大幅な延長や「フル充電時間」の画期的短縮、長寿命化など期待されています。

これまでの量産車での全固体電池の実用化は困難とみられていました。
ところが、固体電池の特許の盟主であるトヨタ自動車が直近の東京モーターショーで、2020年前半には全固体電池の実用化を目指し、これまでのリスク課題を乗り越える自信ととれる宣言!未来の私たちの生活に身近になることで、このバッテリーは多くの用途と安全性を提供してくれそうですね!
このバッテリーで次世代バッテリー時代に火がつくことを期待するとともに、このバッテリーを搭載した車に早く乗りたい気持ちでワクワクしています!

作:H・O






最終更新日  2018.06.09 10:00:09
コメント(0) | コメントを書く
[知識] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.