000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

UTハートフル株式会社

PR

カテゴリ

サイド自由欄

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


UTハートフル

カレンダー

コメント新着

名無しさん@ Re:まじ卍(まんじ)!(04/24) まじ卍ですね!!

ニューストピックス

2018.06.11
XML
カテゴリ:日記・体験談
こんにちは。ゴーナナです。
前回の私の記事では、白杖を使っての歩行の基礎を習得し、国立障害者リハビリテーションセンターの敷地内の道路の歩道上を歩く訓練をしたところまで書きました。

センター敷地内での歩行訓練が一通り終わった後は、いよいよ敷地外に出て一般の公道での訓練に入ります。
訓練のルートは、センターの建物の出入りにいつも利用している出入口からスタートしてしばらく敷地内を歩き、それから敷地害に出て公道の歩道を歩き、センターに近い西武新宿線新所沢駅に向かうというものでした。まず最初は担当のケースワーカーさんの手引き(腕につかまって)訓練ルートを歩き、ケースワーカーさんの説明でコースの特徴を把握し、それから歩行訓練に入りました。

訓練コースは、障害者リハビリテーションセンターの利用者が通所・通院などで日常的に利用する経路でもあるので、基本的には全区間にわたり点字ブロックが整備されているので、点字ブロックのある部分に関してはケースワーカーさんの指示も聞きながら歩くことで、比較的早いうちにスムーズに歩けるようになりました。
しかし、コースの途中にはブロックの敷設されていない歩道橋やT字路、信号のある交差点もあります。歩道橋に関しては、階段部分は屋内の階段と基本的に同じように上り下りすればよく、その他の部分(水平な部分とスロープ部分)も適切な歩き方をワーカーさんが指導してくださいましたが、T字路や交差点を渡ることに関しては最初のうちはかなり苦労しました。自分から見て左手あるいは右手に車道があるT字路では、何かの拍子に体の向きが変わって方向感覚が狂ってしまうと、自分としてはまっすぐに歩いているつもりでもいつの間にか車道側に出てしまったり、または逆側に進んでしまって建物の壁に突き当たって行き止まり状態になってしまったりしました。

さらに信号のある交差点は、音響信号(青信号となっている方向に鳥の鳴き交わしなどのの音声が流れるもの)があるものの、その音声が聞こえる時間は長くはなく、訓練のたびに緊張しながら渡りました。この交差点の横断歩道には、交差点の前後の点字ブロックとつながるように敷設された凹凸のあるガイドが付いているのですが、車の交通量が多い場所のため凸部分が摩耗して目立たなくなっている部分もあり、白杖でガイドをうまくキャッチできないと交差点の真ん中などあらぬ方向へ曲がってしまうことになり、何度もひやひやしたものです。
幸い、ケースワーカーさんが早めに指摘してくださったり、周囲の通行人の方々が声をかけてくださったりしたおかげで、事故やけがにつながるような失敗はしないで済みましたが、T字路や交差点の渡り方のコツをつかむには時間がかかりました。

この訓練で歩いたコースは、今でも障害者リハビリテーションセンター内の病院に通院する際などに時々歩きます。一時は平日はほぼ毎日このルートを歩いていた時期があるためか、歩行訓練を始めた当初から比べればスムーズに歩くことができている感じがしますが、まだまだ交差点など点字ブロックのない部分を通るときには緊張します。もっとも、慣れた道こそ慢心から事故につながることもあるので、これはこれでよいことなのかもしれません。

さて、歩行訓練はこれで終わりというわけではありません。そのあたりを次回の私の記事で書きたいと思います。

作:ゴーナナ






最終更新日  2018.06.11 10:04:19
コメント(0) | コメントを書く
[日記・体験談] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.