058267 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

UTハートフル株式会社

PR

カテゴリ

サイド自由欄

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


UTハートフル

カレンダー

コメント新着

名無しさん@ Re:まじ卍(まんじ)!(04/24) まじ卍ですね!!

ニューストピックス

2018.06.21
XML
カテゴリ:テレビ・ラジオ
こんにちは、Majic Knightです。
SF作家やジャズミュージシャンの間で「九州の怪人」と噂(うわさ)されていた無名時代から、タモリさんは私の目標としていた人物です。東京12チャンネル(現テレビ東京)で深夜放送されていた「空飛ぶモンティ・パイソン」の幕まで、マスコミにメジャーデビューして以来、ずっとその姿を追いかけ続けています。

気負うでもなく、権威におもねるでもなく、どこか反骨の匂(にお)いを漂わせながら、飄々(ひょうひょう)としている様(さま)に強く惹かれます。それでいて、自らの関心のあることに対しては、深く掘り下げていく姿勢には憧(あこが)れを感じています。

そんなタモリさんが、ぶらりと旅しながら関心のある物事を深掘りしていく番組が、NHK総合で土曜の夜に放送されている「ブラタモリ」です。

日本全国どこにでもタモリさんは出没します。関心のある事柄は多岐にわたります。鉄道・鉱物・地形・土地の歴史、エトセトラ。どのカテゴリーにあっても、タモリさんの造詣の深さには脱帽させられます。NHKには珍しくオールロケーションの撮影です。

台本はあってもないようなもので、タモリさんのアドリブを中心に番組が進行します。合間合間に草彅(くさなぎ)剛さんのナレーションで繋いでいくのですが、草彅剛さんがタモリさんを敬愛している雰囲気がそこはかとなく伝わってきて、なんだか少し安心します。

同行するNHKの女性アナウンサーは代替わりをしているのですが、タモリさんと連れ立って旅を重ねて行くに連れ、知的好奇心が高まっていくのが手に取るように分かります。

夕食後の憩いの時間にくつろぎながら、ボーッとテレビを眺めていても、「へぇ~」と感心するばかり、私の好奇心も十分にくすぐってくれるのです。

スポーツ中継や特別番組などで「ブラタモリ」が放送されない土曜の夜は、ちょっぴりさびしい気がします。
これが話に聞く「タモロス」かぁ~、と一人、ゴチたり、嘆息したりしています。

タモリさんの番組は、長寿番組になる事が多いのですが、「ブラタモリ」も長く続けてほしい番組です。

私もタモリさんのように、「心の命ずるままに」生きて行きたいと思っています。
それでは、また。

作:Majic Knight

【中古】邦楽CD タモリ/タモリ2

ブラタモリ 1 長崎 金沢 鎌倉[本/雑誌] (単行本・ムック) / NHK「ブラタモリ」制作班/監修

ブラタモリ 2 富士山 東京駅 真田丸スペシャル (上田・沼田)[本/雑誌] (単行本・ムック) / NHK「ブラタモリ」制作班/監修

ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台[本/雑誌] (単行本・ムック) / NHK「ブラタモリ」制作班/監修






最終更新日  2018.06.21 23:38:25
コメント(0) | コメントを書く
[テレビ・ラジオ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.