000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

UTハートフル株式会社

PR

カテゴリ

サイド自由欄

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


UTハートフル

カレンダー

コメント新着

ハートフルの六角精児@ Re:カラオケで必ず歌う曲(08/22) AKB良い曲多いですよね~!私もギブミーフ…

ニューストピックス

2018.06.22
XML
カテゴリ:日記・体験談
こんにちは。ゴーナナです。
前回の私の記事でも書いたとおり、とりあえず国立障害者リハビリテーションセンターから西武新宿線新所沢駅までは、どうにか白杖を使って歩くことができるようになりました。

そのルートはほとんどに点字ブロックが設置されているので、多少は安心して歩くことができます。でも、今後行動範囲を広げていくためには、点字ブロックのない道への対応のしかたも身につけておかなくてはなりません。そこで、前回の私の記事で書いたルートでの歩行訓練と並行して、点字ブロックのない住宅地の道路を歩く訓練も行いました。

訓練は新所沢駅に近い住宅地の道路で行いました。点字ブロックがないので建物の壁や、路面と宅地の間の段差、道路脇の側溝のふたなどを手掛かりにして歩くわけですが、ここでやはり一番悩まされたのが路上駐車の車や自転車です。もちろんこれを避けて先へ進む方法もケースワーカーさんに教えてもらいましたが、エンジンを止めて停まっている車や自転車は存在が分かりにくく、毎回の訓練で最初に通るときには非常に緊張しながら歩きました。
また、交差点などで道路と道路が交わる部分の「角」が直角でなく面取りされているような形状になっているような場所では、方向感覚が狂いがちになり、意図する方向へ進めない場面もありました。

白杖を使って点字ブロックのない道を歩くと、目が見えていたときには特に気にも留めずにいたいろいろなものが、視覚障害者にとってはときに困難をもたらすことを身をもって知ることになりました。それでも、約8カ月の障害者リハビリテーションセンターでの歩行訓練や、その後の生活の中で日々「歩く」ということを繰り返す中で、いろいろな「気づき」を与えてくれたことも事実です。

今後も、安全には気をつけながら積極的にいろいろな所へ出掛け、白杖を使っての歩行の技術を上げていきたいと思っています。

作:ゴーナナ






最終更新日  2018.06.22 10:36:47
コメント(0) | コメントを書く
[日記・体験談] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.