080625 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

UTハートフル株式会社

PR

カテゴリ

サイド自由欄

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


UTハートフル

カレンダー

コメント新着

ハートフルの六角精児@ Re:カラオケで必ず歌う曲(08/22) AKB良い曲多いですよね~!私もギブミーフ…

ニューストピックス

2018.06.25
XML
テーマ:沢登り(187)
カテゴリ:日記・体験談
私は学生時代にハイキング部に所属して、奥多摩の山など低い山から南アルプスの高い山まで、いろいろな山を楽しみました。その中でたった1回ですが、沢登りを経験しました。
まだ、入部して2、3カ月経った頃です。先輩の方に誘われるままに行きました。確か、丹沢のモミソ沢だったと思います。沢登りとしては初級の沢です。沢の水が流れる脇の岩場を次々に超えていくのです。

初めは3メートルぐらいの岩場が続き、そこは難なく超えることができました。そのうちに5メートルぐらいの岩場が出てきました。ただ、足場とホーールドの部分ははっきりしているので、そこを頼りに上がっていきました。

あともう少しという時です。手が滑り、バランスを崩して、そのまま下に落下しました。ただ、そのままストンと落ち、落下地点で振動とちょっとした痛みが全身に響きましたが、倒れること無く、立ったままの姿勢を保つことができました。先輩の方々も心配して集まってきましたが、ほとんどケガは無く、ホッとしていました。

しばらく休憩し、私は落ち着きをとり戻し、沢登りを再開です。私はより慎重に登り、次々に岩場を越えていきました。そして、最後の難所です。高さ7メートルの岩場です。ただこちらの岩場も足場とホールドの部分がはっきりしていました。高さがあるので、念のために安全ロープを着用することにしました。
いわゆる、命綱です。上で登った先輩がロープを持ち、私にそのロープが装着されていました。もし、落下しても先輩がロープで引き上げてくれるということです。高い岩場のわりには、結構楽に登ることができました。

そして、登りきって、安全ロープを先輩が外していた時です。「あっ、安全ロープがしっかり装着していなかった!もし落ちたら大変だったよ」と平然とした顔で言われました。私としては一瞬、顔がこわばり、ぞっとして驚きを隠すことはできませんでした。まあ、なんとか沢登りを終え、丹沢の尾根に出ることができ、無事に下山することができました。

しかし、私にとっての初めての沢登りは、落下に安全ロープの未装着と遭遇し、私には沢登りは合わないのだろうと考え、これが最初で最後の沢登りとなったのです。

作:ターボー






最終更新日  2018.06.25 10:42:48
コメント(0) | コメントを書く
[日記・体験談] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.