000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

只今かんがえちゅう

H17.1.10-1.15

    *注* 一部 個人名 名称など、仮名や伏せ字にさせていただいています。



1月10日 成人の日
6時半検温 36.0
8時体重 44.7
よく眠れた  6時45分痛み止めを飲む。
朝食 全部食べる
昼食 全部食べる 赤飯でた
今日から胃薬 岡大でもらったぶんを飲む タケブロンOD錠(1日1回 朝食後)
採尿がしにくいが、カップに受けて機会にかけるだけ 勝手に処理してくれる。
午前十時半ごろ姉夫婦来てくれた。洗濯物を持ってきて 持って帰る。
着替えるとき熱い湯でからだを拭いてくれた
前開きの半そでシャツ持って来てくれた。
蓄尿しようと思っても、いつも0.000gになってしまう何故か? 後で聞く必要アリ→量が少ないとはかれないことがある
再々トイレに行くので量は少ない 納得



1月11日
テレビでは寒い一日になるといっているが、家のほうは雪があるか。

土日月とあまり用事(?)がなかったので、のんきにテレビ見たり新聞見たり寝たり出来たが、今日からいろんな検査があり、忙しそうだ。
7時まで蓄尿
自由にトイレにいけれるぞ・・・
朝一で採血あり
骨シンチの検査  AM注射 PM撮影 核医学教室
昼食抜きでCT検査あり
造影剤入れてすい臓を見る 3時半

O姉夫婦 主人と私と K先生 N先生  4時から説明受ける

すい臓のかたまりはガンと宣告、される
明後日胃カメラを入れてガン悪性かどうか・・・

すい臓の管  ビニールの管からステント管に入れ替えた。


1月12日
今日は用事がない日なので、シャワー浴を13時から30分する。
シャンプーをして 身体をごしごし洗う
とても気持ちが良かった。
かかとがザラザラしていたので軽石でこする。
洗濯もしてみる  30分100円
乾燥機 50分100円
少し湿り気があるが腰かけにかけたりして乾かす
明日は色々検査があるし、絶食だ。

昼前本家のA子さんの部屋をのぞいた。
整形外科。この南○棟の○階 ○○○9号室
J男さんがきていた 昨日朝も今朝も家のほうは雪がちらついていたという
A子さんの手術は今日。もうすぐだといっていた。
おばあさんの話になり、
本家も、先に逝ってくれていてまあ良かった
我が家も、福渡病院まで帰れたので安心して任せておけるからまあ良かった
と いう話になった。

無事に手術おわっていることだろう。
明日は私も検査検査でのぞく事が出来ない
がんばるより仕方なし

隣のベッドのTさん  前向こうのMさん
同じすい臓がんという
色々話が聞けて 一人ではない、なるようになるさ と甘く考えることにした
面向かいのT永さんの肝臓は全部とり、母様の何分の一かを移植という


1月13日
超音波内視鏡検査(すい臓の細胞診もあり 少し取るという)←1/14 K先生に結果を聞くと悪性ではないといわれた

NHKほっとモーニング
  柳田邦夫
   絵本の魅力
   絵本との出会い
      フランダースの犬
     ‘だいじょうぶ だいじょうぶ‘
 
     ‘どんどんどんどん‘
   座右の絵本を持とう

隣のベッドのTさん 昼前退院して帰る
血液検査の結果 赤血球もあがってだいじょうぶとか
12月中旬入院~1月中旬13日退院 約1ヶ月で50万円の請求だとか
私も同じくらいを予定すべきだ
彼女の治療と同じ状態だから

10時過ぎから点滴はじめる
13時15分処置室へ到着予定で病室を出る

夜半 吐血 2回あり 自分でびっくり
吐き気止めを点滴の中に入れてもらう



1月14日
8:30からMRI検査に行く。 メガネ入れ歯外す。金属はだめ
休館の地階であった
MRUドームに寝かされて 息を吸ってはいて 息を止めて・・・・20秒くらいに感じられる。
どくどくという音がヘッドホーン越に聞こえてくる
胎児が母体で聞く鼓動?はこんなものかなと感じられる。
目を瞑っていると心地よい感もする。
造影剤も点滴で入れられての撮影。

夕方
外科 S先生から私の病状について説明受ける  すい臓がんだけで、今は外にはなさそう
今なら手術も可能 もっと小さい前だったら手術を絶対すすめるけれど、今は本人次第という。
色々迷うことばかり。
姉にTEL
主人にTEL     術後のしんどさを思うと、前に決めたように化学療法のほうが良いのでは・・・・・・・

私も家に帰りたいし、ぼつぼつ たま や まると絵本を読んだり、遊んだりしたい。

内科療法に決める

外科の先生も 治療方針を決めたら後は 迷わないでそれに専念すること と助言された

一日中下痢に悩まされる(ヨード剤か青黒いわかめか昆布のようなどろどろした便だ)
夜半整腸剤飲む
夜中こわい夢を見て 叫んだ声にびっくりして目が覚めた


手術日1月20日で予約入れている
1月17日までに返事するように言う
主人にサイド説明したいので来てもらう16日




1月15日
風呂10時から シャワー浴する シャンプーもする
今日は向かいのベッドのT永さんの家族5人(父 夫 子3人)が先生の話を聞きにきた。
18日手術予定
昼からSさん(私と同じすい臓・・・で入院 12月20日からですって 7人の子持ちだとか)が
ご主人の迎えで退院された。毎週何曜日かに抗がん剤治療に来られるとか
また会えることがあるかもしれない
みんな平和そうな顔をしていても悪いところがある人が多い
自分だけ苦労しているのではないと 自分で自分をなぐさめる。

整腸剤エンテノロンR を朝昼夕のむ
だいぶ楽になる

昼本を買って帰ると 姉夫婦が来ていた
昨日の外科の先生の話をして、内科治療をすすめようと思う、そのほうが良いだろうと話す
テレホンカードをたくさん持ってきてくれた
少しして妹Y子 K子が来てくれた
Y子は初めての本(イラスト集2冊)を買ってきてくれた
K子はまた今度に来るという
その折絵本を買ってきてくれるという
K子も大変 おばあさんが子供帰りをしてデーサービスに行くのを嫌がる
なだめたりすかしたり。行ってくれた方が安心して仕事にいけるから。
合併問題でご主人も大変そうだし


次の日





© Rakuten Group, Inc.