922799 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

LOYAL STRAIT FLASH ♪

第十三章

4 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:31:58.81 ID:ajC0DBd70


     第13章 休日


川 ゚ -゚)『内藤。君が本当に料理人として生きて行きたいのなら…
     わたしは君の道標(みちしるべ)になりたい』

クーさんが紫水晶色の瞳で僕を見つめている。もちろん僕の答えは1つだ。

( ^ω^)『ありがとうだお。本当は僕から言わなきゃって思ってたんだけど…
       なかなかきっかけが掴めなくて困ってたんだお』

うまく出来てるか分からないけど…多分今の僕に出来る最高の笑顔をしている筈だ。
クーさん。ちょっとミステリアスなところもある人だけど、
ずっと僕の事を見守っていてくれていたのを僕は気付いていた。

ξ;゚△゚)ξ『ちょ…ちょっと待ってよ、内藤…本気なの?』

( ^ω^)『ツン…僕は真剣だお。本当はツンにも相談したかったんだけど…』

ξ △ )ξ『……』

ツンは血の気が引いた顔で呆然としている。

( ^ω^)『いや~、ホントに今日は最高にハッピーだお。
       クーさんがついていてくれれば僕には怖いもの無しだお』

川 ゚ ー゚)『嬉しい事言ってくれるじゃないか。
      わたしも勇気を出して言ってみてよかったよ』

6 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:37:27.92 ID:ajC0DBd70
 ξ △ )ξ『……』

( ^ω^)『チキンな自分がバカみたいだおwww
       じゃ、さっそく御教授願おうかおwww』

川 ;゚ -゚)『ご、御教授? 何を教えると言うのだ?』

( ^ω^)『またまたとぼけちゃってwww分かってるくせにwww』

その僕の言葉にクーさんはハッとする。

川 ////)『い、いや…確かにわたしは未経験と言うわけではないが…
     やはりいきなりわたしがリードすると言うのは流石にちょっと…』

( ^ω^)『ご謙遜をwww。ドクオもショボンさんも発注の事ならクーさんに聞けって言ってましたお』

ξ゚‐゚)ξ川 ゚ -゚)『……』











_, ,_ _, ,_
ξ゚△゚)ξ川 ゚△゚)『   は  い  ?  』

8 名前:顔文字ずれたwww ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:43:19.12 ID:ajC0DBd70
おかしい。
なんか話が噛みあわない。

( ;^ω^)『え? クーさんは僕が来月から発注も覚える事になったのを聞いて
       サポートを申し出てくれたんじゃないのかお?』

ξ゚△゚)ξ『……』

おろおろと説明をする僕の隣にツンが腰を下ろした。

川 ゚ -゚)『ツン…わたしは今とても虚しい気分だ』

ξ゚△゚)ξ『…心中お察しします』

川 -△-)=3 ξ-△-)ξ=3

2人揃って大きなため息。
全くワケがわからない。


10 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:46:03.61 ID:ajC0DBd70
ξ゚△゚)ξ『…なんかすごい茶番を見た感じで疲れたわ。
     クーさん、軽いカクテル1杯頼んでいいかしら?』

川 ゚ -゚)『うむ、そうだな。わたしも今無性に酒がほしい気分だ。
     ツンに相応しいカクテルを作ってやる。ちょっと待ってろ』

そう言ってクーさんはウォッカ・オレンジジュース・ストロベリーリキュールを取り出した。
丁寧に計量して氷を入れたシェイカーに注ぎシェイクする。
そうして出来たカクテルをツンの前にそっと差し出した。

ξ゚△゚)ξ『これは?』

川 ゚ -゚)『ストロベリー・ボール。苺サイズの胸…という名のカクテルだ。
     ちなみにわたしの手元にあるのはグレープフルーツ・ボールと言う』

ξ#゚△゚)ξ(ビキビキ)

それは明らかな嫌がらせ。
それは宣戦布告。

( ;^ω^)(ちょwwwクーさんいきなり何をwww)

にこやかに笑いつつ火花を散らす2人はグラスを軽く合わせ一息でそれを飲み干した。

ξ゚△゚)ξ『ごちそうさま。内藤帰りましょ』

( ;^ω^)(何がなんだかワケわかめだお)

僕は首をひねりながら一人スタスタと歩き出すツンの後を追った。


13 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:49:13.25 ID:ajC0DBd70
(*゚∀゚)『上野ー!!』

(*゚ー゚)『と言ったら!?☆』

(*゚∀゚)*゚ー゚)『どーぶつえーん☆』

(*>∀<)*>ー<)『イエーイ☆』

( ^ω^)'A`)゚△゚)ξ,,゚Д゚)『……』

僕達は今日、休日を利用して上野に来ている。
ここから地下鉄銀座線に乗り換えて田原町、
つまり合羽橋道具街へ僕の包丁を買いに行くのが目的だ。
本来であれば上野動物園に遊びに行くギコさんとしぃちゃんとはここで別行動になる筈だったのだが、

ξ゚△゚)ξ『あ…国宝刀剣展示会、今日までなんだ』

とツンがあまりにも残念そうな顔をするので
僕らも予定をちょっと変更して寄り道をしているわけだ。

しぃちゃんをお供に刀剣展示会場へ向かったツンをよそに
僕達は芝生に座ってコンビニのおにぎりを詰めこんでいる。
晩夏の日差しも厨房の熱気と比べれば微風のような物。
たまにはこんなのんびりした一日も悪くない。


15 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:54:04.58 ID:ajC0DBd70
( ,,゚Д゚)『ところで内藤。もうどんな包丁を買うか決めたのか?』

両手におにぎりを持ったギコさんが話しかけてきた。

( ^ω^)『まだですお。合羽橋を探検しながら決めようと思ってますお』

( ,,゚Д゚)『そうか…とは言ってもある程度イメージは決めておいたほうがいいぞ。
     料理人にとって包丁は命だ。
     後になって後悔しても遅いからな』

(*゚∀゚)『それは言えてるねっ!! あたしなんかはドッ君とおそろいが良かったから
     【藤次郎】以外考えてなかったけど…
     例えばメーカーにこだわるのも1つの決め方だと思うよっ!!』

('A`)『そうだな。俺は自家用の包丁ですら【藤次郎】以外使う気はしない。
    例えば内藤が今家で使ってる包丁のメーカーから探していくって手もあるぜ』

( ;^ω^)『なるほどだお』

(*゚∀゚)『で、ブーちゃんは家でどこのメーカーの包丁使ってんだい!?
     スタンダードなトコだとヘンケルス、グローバル・プロってトコかな!!』


( ;^ω^)『…そんな大層なメーカーじゃないですお
無銘の包丁とでも言うべきか…。
       そ、それより鮫の話しませんかお!!
       ジンベイザメって知ってますかお!?』

あまりこの話はしたくない。
僕はとっさに会話の流れを変えようとした。

16 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:56:26.24 ID:ajC0DBd70
(*゚∀゚)『あやしい…』

('A`)『別に隠す事ないだろ』

( ,,゚Д゚)『そうだぞゴルァ。お前がどんな包丁をプライベートで使っていようと気分を害したりせんぞ』

どうやら僕の作戦は失敗したらしい。
僕は覚悟を決め口を開く。

(  ω )『ダイソーだお』

一瞬の沈黙。

('A`)『ダイソー? ギコさん知ってますか?』

( ,,゚Д゚)『国外メーカーか? 俺はあまりそっちに詳しくないんだが』

(*゚∀゚)『へぇ、結構マニアックなメーカーの包丁使ってんだね!! 
     なんとなくどっかで聞いた記憶があるよ!! どこで買ったんだい!?』

( ,,゚Д゚)『そう言われて見れば俺もどっかで聞いたことがあるような気が…』

3人揃って首をかしげている。

(  ω )『…100均だお』




( :,゚Д゚);*゚∀゚);'A`)『…あ』

18 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 00:58:44.82 ID:ajC0DBd70
(  ω )『……だから言いたくなかったんだお』

(;*゚∀゚)『ダ、ダイソーいいよね!! あたしも好きだよ!!』

(  ω )『…ツーさん目を見て話してくれだお』

(;'A`)『遊戯王にダイナソー羽蛾っていてな…ダイソーとダイナソーって似てるよな?』

(  ω )『無理に会話作らなくていいお。それとダイナソーは竜崎だお』

( ;,゚Д゚)『俺も持ってたぞ100均の包丁。キャンプなんか行く時重宝するよな。 
     失くしても困らないし…』

(  ω )『……』

( ;ω;)ブワッ

空気が重い。

( :,゚Д゚);*゚∀゚);'A`)『…その…なんつーか…ごめんなさい』

そんなコントをしている内に分厚いガイドブックを手にしたツンが意気揚々と戻ってきた。

ξ゚△゚)ξ『ただいまー!! やっぱり国宝は違うわね!!
     あら、内藤なんで泣いてるの?
     早く合羽橋行きましょうよ』


( :,゚Д゚);*゚∀゚);'A`)(ナイスタイミングだ、ツン)


20 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:02:29.17 ID:ajC0DBd70
そのまま動物園に向かうしぃちゃん・ギコさんペアと別れ僕達は地下鉄に乗り込んだ。

('A`)『そう言えばショボンさんも今日合羽橋に行くって言ってたぜ。
    なんでもバースペースのグラスを補充したいんだそうだ』

( ^ω^)『おっwwwおっwwwもしかしたら会えるかもしれないおwww』

(*゚∀゚)『そりゃないだろうね!! ショボさんは午前中に行くって言ってたもん!!
     この時間じゃとっくに帰ってるだろうさ!!』

ξ゚△゚)ξ『…どうでもいいけどあの人って影薄いわよね』

そんな事を話しているうちに電車は田原町に到着した。
改札をくぐり、地下鉄の階段を登りきると目の前には仏壇屋。
調理道具の専門店など一軒も見えない。
降りる駅を間違えたのかとも思ってしまったが、壁に貼られた調理道具店の宣伝看板がそれを否定していた。

( ^ω^)『…なんかイメージと違うお』

(*゚∀゚)『うん!! わたしも最初同じ感想持ったよ!! ま、着いといで!!』

観光ガイドのように先頭に立ちツーさんが歩き始める。200メートル程歩いただろうか?

( ^ω^)『…なんだありゃ…』

巨大なコックの胸像を屋上に乗せたビルが見えてきた。
どれくらい大きいって? …ウルトラマンサイズだよ。

それが合羽橋道具街の入口だった。


22 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:06:13.60 ID:ajC0DBd70
5階建てビルの頂上にそびえたつひげコック。
こんなシュールな光景ははじめて見た。

ξ゚△゚)ξ『…だれよコレ』

ツンがそんなどうでもいい感想を述べる。

(*゚∀゚)『なんでもこのビルのご主人だってさ!! さ、まずはココから見ていこう!!』

( ;^ω^)(なんて無駄な豆知識だおwww)

ツーさんに先導されてビルに入った僕は度肝を抜かれてしまった。
そこにあるのはありとあらゆる食器・鍋・調理器具。
見た事がある物から見た事がない物までずらりと並んでいる。

(*゚∀゚)『さしづめ調理道具のドンキ・ホーテってトコかな!!
     ここだけでも欲しい物全部見つかるって言っても過言じゃないね!!』

( ^ω^)『ハ、ハァ…』

これだけ揃ってると色々欲しくなって衝動買いしてしまいそうだ。
すでに中華鍋やスープを作る寸胴鍋が欲しくなっている。
ツンも何やら皿を一枚手にとってまじまじと眺めている。

(*゚∀゚)『あっはっは!! 今からそんなんじゃ欲しい物買う前に資金尽きちまうよ!!
     この街は料理人の強い味方だけど、魅力的過ぎてお財布には大敵だからね!!
     まずはこの店で免疫つけないと、あっと言う間にお財布空っぽさ!!』

ツーさんはそう言って豪快に笑った。

23 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:10:17.43 ID:ajC0DBd70
1階奥で包丁を見させてもらう。
左利き用の包丁も揃っていて、この街がどれほど料理人にとって重要なのかよく分かる。
残念なのは僕のイメージにピンと来る包丁がなかった事だ。
ツンはさっそく皿を何枚か買い込んだようで、
何故だか僕はそれを持たされている。

('A`)『この街には幾つも包丁専門店がある。そこを全部見てから決めても遅くないだろ』

ドクオの言葉に自分を納得させ2階に上がる事に。
階段にも陳列棚が並び、所狭しと調理道具が並んでいる。
なるほど、確かに調理道具のドンキ・ホーテって感じだ。
それを買うわけでもないのに眺めながら階段を登っていると…

(´・ω・`)『おや?』

見慣れたしょぼくれ顔とバッタリ遭遇した。



26 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:16:01.31 ID:ajC0DBd70
(´・ω・`)『君達、今から買い物かい?』

ショボンさんが普段と全く変わらないどこか困ったような笑顔で言った。

(*゚∀゚)『あれま、ショボンさん!! まさか本当に会えるとは思ってなかったよ!!』

('A`)『もっと早い時間に来るって聞いてましたからね』

ショボンさんはチラと2階フロアを見て

(´・ω・`)『確かに家を出たのは午前中だけどね。
      ちょっとツレが原宿で洋服を買いたいって言い出してさ。
      付き合ってたら遅くなってしまったんだ』

( ^ω^)『ツレ?』

僕ら4人もショボンさんの目線を追ってみる。
確かにその先では一人、店員と何やら話しこんでいる。
問題はその服装が黒いヒラヒラのついたメイド服…いわゆるゴスロリファッションだと言う事だ。

ξ゚△゚)ξ『…ジミー、ちょっといいかしら?』

それを見るなり階段を降りたツンが手招きする。
僕の答えは決まっている。

( ^ω^)『呼んだかい、ナンシー』



29 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:20:24.86 ID:ajC0DBd70
ナンシー将軍閣下の命令により僕らは階段下に集合した。
ショボンさんはそんな僕らを見て頭の上に大きなクエスチョンマークを付けていたが、
上階の女性との約束もあるらしく退屈そうに陳列棚を眺めている。

ξ^ー^)ξ『ジミー。 まずは標的の詳細を説明して』

( ^ω^)『OK、ナンシー。 我らが敬愛する料理長のツレは女性と確認しましたおwww』

(*゚∀゚)『それだけじゃ報告が足りないよ、ジミー。
     将軍、【ゴスロリファッション】【原宿】以上のキーワードから
     ターゲットは10代の女性と思われます』

('∀`)『ショボンさんから浮いた噂聞かないしな…娘さんかもしれないぜ』

ξ^ー^)ξ『流石ねキャサリン、ボブ。
      娘さんにしても彼女にしても 

      ξ´・ω・`)ξ 

      こんな顔してるのは間違いないわね』

( ^ω^)『ちょwwwバロスwww』

そんな会話で盛り上がっていると、ショボンさんが用事を終えたらしいゴスロリファッションを連れて階下に来た。



川*゚ -゚)『む。内藤ではないか。これも運命の赤い糸…』

( ^ω^)'A`)゚△゚)ξ*゚∀゚)(ちょwww待てwww)

35 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:28:56.04 ID:ajC0DBd70
ξ;゚△゚)ξ『ちょ…なんでクーさんがここにいるのよ』

最初に口を開いたのはツンだった。
クーさんは平然と答える。

川 ゚ -゚)『なんだ、内藤withその他大勢その1。
     バースペースのグラスを買うのにわたしが来て問題があるのか?』

そう言ってクーさんは軽やかにくるりと体を一回転させた。
フリルのついたスカートがふわりと翻り、白黒模様のタイツに包まれた太ももを露出させる。

川 ゚ ー゚)『みんな、わたしの私服を見るのは初めてだろう?
     どうだ。なかなか似合っていると思わないか?』

透き通るような白い肌。
宝石のような瞳。
丁寧に切りそろえられた緑がかった黒髪。
バーテンダースタイルのクーさんも素敵だけど、
今のクーさんも上品な人形のような美しさがあった。
でも。
だけど…。



('A`)『クーさん確か四捨五入したら三十路ですよね?
    それでそのファッションはちょっと…』

川#゚ -゚)『ドクオ。貴様は来月から無期限の減給が決定した。覚悟しておけ』

(;'A`) ガーーーーーーン!!

40 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:34:41.73 ID:ajC0DBd70
 (;'A`)『…減給…減給…』

ボソボソ呟きながら肩を落としているドクオを最後尾に、僕らは料理長&マネージャーと別れビルを出た。

( ^ω^)『当たり前だお』

(*゚∀゚)『ドッ君はちょっと乙女心を勉強した方がいいかもね』

( ^ω^)『そう言えばツーさんも来年には【四捨五入したら三十路】にリーチがかかるはず…』

(#゚∀゚)『…!!』

…睨まれた。

ξ゚△゚)ξ『別にいいんじゃない? 三十路手前であの服はないと思うわよ』

( ;^ω^)(なんか最近ツンとクーさん仲悪い気がするお)

そんな事を話しながら探索を続ける。
途中ドクオとツーさんは50センチ大の竹製の蒸篭を、僕はチタン製の軽い中華鍋を購入した。
ツンは…何に使うのか分からない竹篭やら鉄鍋やらを買い込み、僕の両手はどんどん塞がっていく。

( ;^ω^)『重いお』

ξ゚△゚)ξ『男でしょ!! 頑張んなさい!!』

なんでせっかくの休みに体力消化しなきゃいけないんだ?
ヒーヒー言いながら歩くうち、僕らは西洋風の甲冑が店頭に飾られている包丁専門店に到着した。

(*゚∀゚)『ここは合羽橋道具街で最も歴史がある包丁屋の1つだよ!!ここならブーちゃんが気に入る包丁がきっと見つかるはずさ!!』

42 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:39:09.04 ID:ajC0DBd70
なぜか嬉しそうなツーさんを先頭に僕らは店に入る。

( ;^ω^)『うはwwwスゲェwww』

その空間は4面の壁全てに包丁が展示されていた。
家庭用は勿論、その道のプロが使うような専用の包丁が到る所に陳列されている。
例えば出刃包丁・柳葉包丁。
寿司切り包丁や麺切り包丁。
鋸の様な刃をしたパン切り包丁。
生まれて初めて見た鉈の様な包丁はウナギを裂く専用の包丁との事だ。
更には『鯵』『鰯』『鮪』など魚の名前が寿司屋の湯飲み茶碗風に刃に彫刻された包丁や、
竜が掘り込まれた青竜刀までなぜか展示されていた。

ξ;゚△゚)ξ『…確かに凄いわね』

(*゚∀゚)『でしょ!? ここまで充実した品揃えの店はなかなか無いさ!!』

忙しなく店内をキョロキョロと見渡すツンと、何故か自慢げなツーさん。
僕は包丁を1本1本手に取るようにチェックしていく。
……それにしても、包丁ってこんなにメーカーや種類がたくさんあったのか。
……もし、今地震がおきたら間違いなく死ぬな。
そんな事を考えながら店内の殆どの包丁を手に取り、
残るは高価な和包丁のみになりかけた時。




僕は店内の最奥片隅に『それ』を見つけた。


44 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:44:40.40 ID:ajC0DBd70





見つけた…と言っても、あの感覚はなんて言ったらいいんだろう。

     『それ』は鋼の

僕だけが探していたんじゃない。『それ』も僕を待っていたような気がする。

     黒鉄色【くろがね】の中華包丁。

陳腐な表現だけど、まるで磁石のN極とS極の様にお互いに惹かれあう感じ。

     冷たく光る刃に無骨に掘り込まれた

僕はゆっくりと『それ』に近づき。

     一刀斎虎徹の銘。

おそるおそる手に取った。









45 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:45:39.96 ID:ajC0DBd70
ずしりとした重量を右手から感じる。
それでも何故かドクオの包丁を持った時のような過重感はない。
程良く伝わる重さは自己主張しすぎない位の存在感を伝えてくる。
柄の部分は太すぎず細すぎず僕の手にフィットし、
そのせいかまるで自分の手がそのまま刃物になったような錯覚すら覚える。

ξ゚△゚)ξ『…ょっと!! 内藤!!』            ( ^ω^)

遠くの方でツンが僕を呼んでいる。

振り返ると

ξ゚△゚)ξ(^ω^ )

何故か目の前10センチの距離にツンがいた。

( ;^ω^)『うおっ!! ツン、いつの間にこんな近くにwww』

ξ////)ξ『いつの間にって…ずっといたわよ!!
     何回声かけても返事しないし…蹴っ飛ばそうかと思ったわ!!』

( ^ω^)(赤面する意味が分からないお)

(*゚∀゚)『ずっと見入ってたみたいじゃないか!! そんなに気に入ったのかい!?』

ドクオとツーさんまで僕の右手の『それ』を覗き込んでいる。
全く気がつかなかった。




46 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:47:18.29 ID:ajC0DBd70
('A`)『一刀斎虎徹か…西の方の刀鍛冶だったな。
    もともと和包丁専門だと思ってたが中華包丁も作ってたのか。
    それにしてもマニアックなの見つけたな』

ドクオが人差し指をあごにあて、思い出しながら話す。
同じしぐさをクーさんがすると綺麗だが、ドクオがするとやたらキモイ。

(*゚∀゚)『虎徹!? 凄い銘だねぇ!! ギコさんの【菊一文字】にも負けてないんじゃないかな!!
     ブーちゃんが見とれてたのも分かる気がするよっ!!』

( ^ω^)『僕そんなに見とれてましたかお?』

ξ;゚△゚)ξ『気付いてないの? 魂が抜けたみたいになってたわよ』

(*゚∀゚)『う~ん、まさに魔刀だねっ!! で、ブーちゃんそれに決めたのかい!?』

僕は首を縦に振る。

( ^ω^)『僕の包丁は…これしか考えられないお!!』


48 名前: ◆RDnvhIU7bw [sage] 投稿日:2007/01/15(月) 01:48:45.38 ID:ajC0DBd70
随分長くこの店にいたらしい。
店を出た時には夏の日は落ちかけていた。

当然両手にはツンの荷物を持たされていたけど、足取りは軽い。

(*゚∀゚)『ブーちゃん嬉しそうだね!!』

('A`)『俺も初めて自分の包丁買った時の事思い出すぜ』

改めて僕は入社当時ドクオの包丁を破損してしまった時の事を思い出していた。
今ならドクオがなんであれ程怒ったのか理解できたし、
逆になんでもっと怒らなかったのか理解できなかった。

( ^ω^)(これは僕の宝物だお。 誰にもさわらせたくないお)

みんなと別れてから僕はスーパーで大根を1本購入した。
家に着くなり、さっそく箱から出した一刀斎虎徹を手にして台所に立つ。
慣れない中華包丁だったけど、意外なほどにスムーズに大根は刻まれていった。

切りすぎた大根を味噌汁の具にし、ノンオイルのゴマドレッシングをかけてサラダにした。
それでもあまったので、袋詰めにして冷蔵庫にぶち込んだ。

( ^ω^)『こんなに明日が楽しみなのは久々だおwww』

僕は丁寧に洗った包丁を箱に仕舞いこみ、枕元において寝た。
なぜかクーさんの夢を見て、

( ^ω^)(冷たいけど暖かい…僕の包丁はクーさんに似てるお)

そう思った。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.