923146 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

LOYAL STRAIT FLASH ♪

第十六章

34 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:30:38.80 ID:CWRlad7X0


     第16章 ラブレター ~クリスマス前編~


専用の鶏がらスープをベースに数種類の岩塩をブレンドした塩で味をつける。
隠し味は白湯とフレッシュ生クリーム、ホワイトソースを少し。
茹で上がった麺を軽くほぐしてトッピングは
玉葱の千切り、白ワインで煮込んでバターで味をつけた人参とコーン、アスパラガス。
温泉卵。
海苔を一枚。
鉄板で焼いて作った薄焼きチーズせんべいも一枚。
パルメザンチーズを振りかけて、自家製のローストビーフを3枚乗せれば。

( ^ω^)『うん、旨そうだお!!』

内藤ホライゾン特製クリスマス限定ラーメンが完成する。

むさぼるように食べたいのが本音だけど、
これからスタッフに試食を頼まなくてはいけない。

( ^ω^)『みんな~!! クリスマスラーメンの試食を頼むお』

言いながら両手に一つずつ丼を持って声を上げる。

僕の声を聞いたスタッフが我先にとこっちにやって来た。





36 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:34:13.19 ID:CWRlad7X0
(*゚∀゚)『へぇ、これが前っからブーちゃんが考えてたってラーメンかい!!
    美味しそうじゃないか!!』

デザートの試食ではしぃちゃんが真っ先に飛びついてくるのだけれど、
こう言った料理の試食になるとこの人が一番早い。
包丁くらい置いてきてほしかった。怖いから。

( ^ω^)『つか、なんでツーさんは厨房なのにサンタコスなんだお?』

(*゚∀゚)『季節のお祭りには参加しないとねっ!! 言うなれば趣味ってヤツさ!!』

( ^ω^)『ミニスカートで厨房走り回られると腰が引けて仕事にならないから勘弁してほしいおwww』

(*゚∀゚)『下はブルマだから安心しな!!』

(=゚ω゚)ノ『それは逆に破壊力上がるから脱いだほうが良いよぅ』

(*゚∀゚)『黙りなさい、犯罪者!!』

ξ゚△゚)ξ 『お姉ちゃんの分まで衣装買った記憶はないんだけどね』

次に登場したのはツンだ。
真っ赤なサンタ衣装から惜しみなく足をさらけ出している。
僕的には網タイツのポイントが非常に高い。

(*゚∀゚)『これ? 安心しなって!! わたしの私物だよっ!! 女なら一枚は持ってるのがデフォじゃないかっ!!』

その言葉にはどことなく聞き覚えがある。

( ;^ω^)(一家に一枚サンタコス…マジだったのかお)

38 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:39:14.92 ID:CWRlad7X0
昔の偉い人は言いました。
伸びたラーメンほど不味い物はない、と。
それを知ってか知らないでか、いつの間にか僕の周りにはスタッフの壁が出来上がっていた。

(,,゚Д゚)『黒い丼に白いスープがいいじゃねぇかゴルァ』

('A`)『うん。野菜も色とりどりで綺麗だしな』

話しながら各自手にした小鉢に麺や具を移していく。

(*゚ー゚)『うん、あっさりしてるけど味は深いねっ☆』

(´・ω・`)『嫌な後味が残らないし、野菜も下ごしらえがちゃんとしてていいと思うよ』

( ^ω^)『その野菜は一度白ワインで煮てるんだお』

( ゚∀゚)『ちなみに使った白ワインは俺のお勧めでリープミルヒ・フラウ。【聖母の乳】って名のドイツワインでな』

ξ゚△゚)ξ 『黙れ』

川 ゚ -゚) 『わたしはこのローストビーフが気に入ったぞ。
     見ろ、この美しい桜色。絶妙の火の通し具合だ。
     スープを含ませた玉葱を巻いて食べると最高だぞ』

さすがクーさん。
僕は今までに何度この台詞を言っただろう。

( ^ω^)『そこは一番苦労したんだおwwwでもある方法を使えば誰にでも簡単に作れるんだおwww』


39 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:41:53.86 ID:CWRlad7X0
話は2週間ほどさかのぼる。

( ^ω^)『ジョルジュさん、クリスマスにローストビーフを作りたいからオーブン貸してくれだお』

( ゚∀゚)『だが断る』

肩に小麦粉の詰まった袋を担いで厨房にやってきたジョルジュさんにオーブンのレンタルを頼んだ僕は
秒殺的に拒否されていた。

( ;^ω^)『そんな!! オーブンが無いとローストビーフ出来ないお!!』

( ゚∀゚)『知るか!! オーブンに肉に匂いが染み付いたらケーキが焼けなくなっちまうじゃねーか!!
     ダメったらダメだ!!』

( ^ω^)『今度ツンのおっぱい触らせてあげるから!! お願いだお!!』

ξ( #゚∀゚)『あんなえぐれた乳触ってどーするんだよ!!』

              ~残酷描写につき自主規制~

とにかくそんな会話があって僕はオーブンの使用を断られてしまった。
これ以上交渉しようにも今頃ジョルジュさんはスタッフルームで生と死の狭間を
彷徨っている事だろう。

( ^ω^)『…今のうちに勝手に使っちゃおうかお』

そんな僕の独り言を聞いていたのはギコさん。

(,,゚Д゚)『やめとけ。そんなもんオーブンが無くても作れるぞゴルァ。教えてやるから見とけ』


40 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:44:25.18 ID:CWRlad7X0


         (,,゚Д゚)がオーブンなしでローストビーフを作るようです

(,,゚Д゚)『まず肉だ。これは牛肉ならランプだろうがサーロインだろうが何でもいい。
     一番旨いのはフィレだけどな』

( ^ω^)『はいですお』

(,,゚Д゚)『最初に肉に塩・胡椒等のスパイスをすりこんでやる。
     サラダ油と混ぜてやると簡単だぞゴルァ』

( ^ω^)『はいですお』

(,,゚Д゚)『次に表面を軽く焼く。フライパンでいいぞ』

( ^ω^)『はいですお』

(,,゚Д゚)『軽く冷ましてラップで何重にも包み、ビニール袋に入れて真空状態にしてくれ』

( ^ω^)『はいですお』

(,,゚Д゚)『そしたらそれを熱湯を張った鍋にぶち込む。
     温泉卵を作る時と同じようにお湯の温度が下がらない場所で保管してくれ』

( ^ω^)『はいですお』



41 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:45:16.38 ID:CWRlad7X0
(,,゚Д゚)『火の入り具合を確かめるには、鉄串を肉の中心部まで刺して2~3秒待つ。
     それを唇の下に当てるんだ。ほんのり温かければ完成。あとは余熱でいい感じになるぞゴルァ』

( ^ω^)『はいですお』

(,,゚Д゚)『…お前ちゃんと聞いてたか?』

( ^ω^)『勿論ですお。ところでギコさん、これじゃローストしてないですお』

(,,゚Д゚)『ま、正確に言えばローストビーフじゃねーぞ。 
     だが、ステーキなどの平面加熱ではなく空間全体を使ってゆっくり加熱する原理は同じだゴルァ。
     これを知っていればキャンプで薪の下に肉を埋めておくだけでもローストビーフが楽しめるぞゴルァ』

( ^ω^)『つまり、2次元でなくて3次元な加熱をするって事でFA?』

(* (,,゚Д゚)『そうだ。お前もこれを機会に3次元の素晴らしさに目覚めろ。
      昨日は暖房消して【雪山登山遭難プレイ】に挑戦したんだが、これが燃えてな…』

              ~残酷描写につき自主規制~


---------------------------------------------------------------------------------------------------

とにかく、そんな試練を乗り越えて完成したローストビーフなのだ。


45 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:48:48.03 ID:CWRlad7X0
12月24日。
いわゆるクリスマス・イブ。
しかも金曜日。
忘年会の予約客と押し寄せるカップル客の波状攻撃に厨房は混乱の渦の真っ只中にあった。

( ;^ω^)『ド、ドクオッ!! すまないがローストビーフのスライスを頼みたいお!!』

(;'A`)『無茶言うんじゃねぇ!! こっちだってケツ叩かれっぱなしなんだ!!
熱っ!! クソッ!! 誰だ!! 海老の尻尾切ってないじゃねーか!!』

(*゚∀゚)『ブーちゃん!! こっちに貸しな!! イヨゥ君頼んだよっ!!』

(;=゚ω゚)ノ『何言ってるよぅ!! 僕だってドクオさんのフォローで手一杯だよぅ!!』

(*゚∀゚)『さっきドサクサ紛れにわたしのお尻触った人がいます』

(#'A`)『あんだと…?』

(;=゚ω゚)ノ『ローストビーフでも何でもやってやるよぅ!!』

( ;^ω^)『それと!! 裏の冷蔵庫から細麺2ケースと太麺1ケース!! 大至急だお!!』

(;'A`)『俺にはXO醤を缶ごとだ!! こんなに混むと補充がおいつかねぇ!!』

(,,゚Д゚)『牡蠣は解凍されてるか!? 無いだと!! ポリバケツにぶち込んで水かけとけ!!』

その状況にホールからの催促が拍車をかける。


46 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:50:38.61 ID:CWRlad7X0
ξ゚△゚)ξ 『ギコさん!! 座敷卓の宴会料理前菜まだですか!?』

(,,゚Д゚)『…!! 17名分の料理なんかそんなすぐ出せるか!!
     ドリンクで繋いでくれ!! おい、ツー!! そこの水菜切ってくれ!!』

(*゚∀゚)『3分後ならOKだよっ!!』

(,,゚Д゚)『チッ!! それなら自分でやる!!』

(*゚∀゚)『すまないねっ!! それより4番も前菜出ないと次がつっかえてるよ!!』

(*゚ー゚)『ジョルジュさん!! 9番デザートまだですか!!』

( ゚∀゚)『あとは仕上げだ!! ちょっと待て!!』

そう言ってジョルジュさんはプレートにホイップクリームを搾り出す。
幸せそうなカップルを祝福する言葉をつぶやきながら。

( #゚∀゚)『馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね
     馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね
     馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね
     馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね馬鹿ップルども死ね』

(,,゚Д゚)'A`)*゚ー゚)*゚∀゚)『いや、お前がちょっと待てwww』

( #゚∀゚)『あぁ!! うるせぇぞ!! テメェラはいいよな!!
     仕事終わったらサンタプレイだもんな!!
     こっちはハインが妊娠してっからクリスマスなのにヤレねぇんだよ!!』

(,,゚Д゚)'A`)*゚ー゚)*゚∀゚)(…また孕ませたのかよ)

48 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:54:48.16 ID:CWRlad7X0
終電がなくなる時間。
それは近辺のラブホが満室になる時間でもある。
この頃になるとようやく客足は収まり、早番のスタッフは仕事を終えた者から帰路に着く。
嵐のようなクリスマスも終焉を迎えようとしていた。

( ^ω^)『ドクオ、ツーさんお疲れだおwwwちょっとクーさんのトコで飲んでから帰らないかお?』

('A`)『いや、止めとくわ。今日はクリスマスだしな』

そう言ってドクオは手にした小箱を掲げ見せる。
中にはジョルジュさんが作ったケーキが入っているはずだ。

(*゚∀゚)『ゴメンネ~!! 今日はエッチなトナカイさんの角に襲われる予定なのさっ!!』

( ;^ω^)『そ、そうかお…つか、そんな予定教えなくてもいいおwww』

なんか今日はクーさんが話があるから来てくれって言うから2人も一緒にって思ったのに。
僕がそう言うと2人は顔を見合わせ言った。

(;'A`);*゚∀゚)『いや、それはダメだろ…常識で考えて』

( ^ω^)『え? なんでだお?』

本気で首をかしげる僕。
ため息をつく2人。
そして、僕に近づく栗色の髪をした女性。


ξ゚△゚)ξ 『内藤、ちょっと話があるんだけどいいかしら?』


49 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:56:17.91 ID:CWRlad7X0
(*゚∀゚)'A`)『お疲れさん、また明日』

そう言ってツーさんとドクオは店を後にした。

(*゚∀゚)『ブーちゃん、ちゃんと結論出さなきゃ許さないよ。
    2人ともわたし達にとって大事な2人なんだからね!!』

ツーさんの言葉は全く意味が分からない。

( ^ω^)『おっwwwちょーど良かったおwwwツンも一緒に悲しい一人身同士飲むおwww
      飲みながら話せばいいおwww』

そう言って歩き出した僕のコートの袖をツンが掴んだ。
普段の荒々しさはどこにもなく、今にも離れてしまいそうな力で。

ξ゚-゚)ξ 『…ここでいい』

それっきりツンは俯き黙っていたがやがて意を決したように顔を上げ









ξ゚-゚)ξ『内藤。あたしはあなたが好き』

はっきりとそう言った。

51 名前: ◆RDnvhIU7bw [] 投稿日:2007/01/26(金) 00:57:45.72 ID:CWRlad7X0
( ;^ω^)『え? は? お?』

何だ?なんて言ったんだ?
ツンが僕を好き?
ありえない。こんな可愛い子が僕を好きなんて…。
そうか、これはなんかの罰ゲームだ。隠れてみんなで見てるに違いない…。

ξ゚△゚)ξ 『罰ゲームでもなんでもないわよ』

僕の心が読めるのかっ!?

ξ゚-゚)ξ 『いや、あなた声に出してるし。
      これが今のあたしの気持ち。ううん。あたしの気持ちの一部分。
      もっともっと言葉にしたい気持ちがあって、それを伝えたい。
      …VIP駅の大時計の下で待ってるから…来てね』

それだけ言うとツンは僕に背を向け歩き出す。

( ;^ω^)『ちょ…待つお!! 実は今日クーさんから大事な話があるって言われてて…』

知ってる。
歩みを止めずツンが答えた。

ξ゚-゚)ξ 『その話が終わってからでいいの。あなたの答えを知りたい。
      もし来なくても…それがあなたの出した答えなら何も言わないわ』

( ;^ω^)『……』

そしてツンはスタッフ専用出入り口の扉の奥に消えた。
一生忘れる事が出来ない。本当の意味での嵐のクリスマスが始まろうとしていた。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.